プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別な香り

昨夜、仕事から帰ってきて車から降りると駐車場に微かな香りが。

オイラにとって、その香りは初恋の思い出と共に心に刻まれた香りなんです。

もちろん、初恋のあの娘は今頃なにをしてるのかな?なんて野暮なことは言いません。

あの頃のオイラも今ではすっかりオジサンですし。

初めて知った胸の苦しさ、理由も見つからずなのに好きでたまらなかった。

それが初恋。

あぁいった恋は、その後に何度もなかったはず。

幼すぎて、与えることも触れ合うことも出来ず、ただ想いを寄せて見つめているだけの、無条件な恋はあまりにも純粋で、そして切ない。

ある程度オトナになれば、もっと恋は具体的になって、確かめ合ったり、触れ合ったり、だのに別れたり、いろいろな形を知っていく。

でも初恋だけは、永遠に透明感を持ったままオイラの心に刻まれているのです。

この香りと共に。

今年もこの甘い香りが町を包んでいる。

我が町に本格的な秋の訪れです。

キンモクセイはオイラに毎年、初恋を思い出させる香りなのです。
スポンサーサイト

<< 会場変更のお知らせ | ホーム | こんなに楽しくて、ごめんなさい >>


コメント

プラトニック

そんなステキな思い出を毎年思い出せるなんて。
ゲンタさん、何事にもちゃんと向き合える方なんですね。

さて...
しかしゲーテは言ってます。

二十代の恋は幻想である。
三十代の恋は浮気である。
人は四十代に達して、 初めて真のプラトニックな恋愛を知る。

まだまだこれから。
かもしれませんよ~。

香りの記憶

すてきな思い出ですね。

この次、恋に落ちる人はどんな香りでしょうね。

いやいや

もうすぐ50歳。

充分にプラトニックは理解しております。

堕ちる!じゃない、素敵な感覚を、ねっ。

最初の2行でキンモクセイだと分かってしまいました。私が2番目に恋した人の家に続く道にもキンモクセイが咲いていたので。この季節になるとキンモクセイに誘われて散歩の距離が長くなってしまいます。

ゲンタさんの言葉、そのまま歌になりそうですね。素敵なお話です。作詞家になりませんか?わらじが二足も三足も必要になってしまいますけど。

fall.in' !!

キンモクセイの香り‥。
秋ですなあ~。。

何ともいえない心地よい、な-んか切ない懐かしい気持ち!

同感です〃

あ。ちなみに。
キンモクセイが香るとですね、
ゲンタさんの思い出して(笑)
ゲンタさんがポワ~ンぽわん~って、浮かんでくるようにも?なってきたかも‥(笑)

秋ですねぇ~

私の初恋の思い出は、初冬の降るような星空とセット☆

でもゲンタさんみたいに毎年思い出す、ということはないですね~。
だって最近は星があまり見えないから・・・。

トシのせいで記憶が・・・ってわけでは決してありません(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。