プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦労中!

今日は、宮古島の子ども達と演奏だ。

宮古島ジュニアオーケストラとゆうクラッシックなオーケストラに招かれてまして。

出来るのか?クラッシック?

大使はやらねばならぬ。

普段は音楽をアマチュアのように楽しんでいるオイラですが、最近はずっとお仕事モードですからな。

またにはお仕事モードも刺激的っす。

自分の引き出しにはない音楽を、やるわけでして。

日常ではまず、日本のポップスは聞きませんからな。

オイラの場合、自分の生活にマッチする日本のポップスって、ほとんどないわけでして。

じゃ、外国人みたいな生活なのか?とゆうと、それもまた違いますわな。

米食ってるし、風呂も入る。

そんな生活で海外の音楽しか聞かないのでして。

ま、ミュージシャンとして目指すものが、日本のポップスではないってゆう職人的な部分が長年染み付いちゃったんでしょうな?

だから、日本のポップスを演奏していて、描ける音楽と描ききれない音楽が出ちゃう。

この曲を聞く人は、どんなムードを求めているんだろう?ってことが、自分で想像できないと、描ききれないのですな。

ぶっちゃけ、不思議なもんで、日本のポップスが大好き!でミュージシャンやってるってゆう楽器系の人は、ほとんどいない。

ボーカリストも、海外の音楽に触発されてオリジナルを作るような人が多い。

そ!そうゆうボーカリストとは、オイラは仕事しやすい。

イメージしやすい。

そうじゃない、日本のポップスだと、オイラは本当に苦労します。

もっと日本のポップスを勉強すべきなのか?と自分に問うのですが、自分が勉強したいのは日本のポップスじゃないのでなかなか気持ちから向かっていけず、現在に至っている。

もちろん、そうゆうジャンルな現場からはお呼びがかかりませんが。

しかし、今回のようにお仕事だと、それをプレイするいいきっかけとなる。

なかなかうまく出来ない悔しさがあります。

今までのように、その音楽のルーツなる音楽を探しても、見当たらない。

日本で生まれた日本のポップスなのですな。

オジサンは長くミュージシャンをやっちゃったんで、自分の引き出し方が決まってしまっているようです。

ルーツになる音楽の気分になることが、良質なポップスを制作することだ!とやってきましたからな。

新しいシーンだったわけです、J-POPとは。

一番に、それを聞いて暮らしている人達の生活感をリアルに想像できなきゃ、香りも色彩も表現できません。

オイラの周りには、そうゆう人がいないのです。

そこが一番の問題かなぁ?
スポンサーサイト

<< 暑いっ。 | ホーム | あと2日かぁ。 >>


コメント

www

ゲンタさん、面白い!
外国人みたいな生活してないのに、って!!www

Jポップって、時代ごとのキャッチーな耳馴染みのよい曲♪ってことなんですかね。
音楽のジャンルって、未だよくわからず。
日本人が日本語メインで歌っていたらJポップの部類に入るのかと、思っていました。

ゲンタさんは、日本で生活するPASSIONのお国の人ですね☆夏が似合います!


わたし的、無条件にアタマの中の針が振り切れる★体が動く★ジャンルがPUNKとFUNKだってことに気付いた今日このごろ……
日本人が歌うので、JAPANESE POPULAR MUSICだと思ってました。
けど、ジャンルって垣根はいらないですね。

だって、ゲンタさんのドラムもパーカツもステキ!!って思いますもの。体も動いちゃいますし♪ヽ(´▽`)/
そんなPassionを生で聴けるLIVEが楽しみです!

夏の熱さを楽しみつつ、お体もご自愛くださいね☆


宮古島の子供達と!
いいですね~!
新しい試みですね。


大使!楽しんで演奏してきてくださいね~!



拍手喝采!!!

お疲れさまでした!


宮古島でも、ゲンタさんがゲストセレブリティ(この表現で、よろしいのかわかりませんが)として、出演してくれることが、大変な良い話題として、盛り上がっていましたよ!

宮古島民として、改めて、ゲンタさんのハートのでかさと、らぶに、あらためて感謝感謝です!!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。