プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスト!は正しいだけだぜ。

ジャストなのを正しいとして、機械で作りこむ音楽が氾濫してます。

ジャストは正しいけど、かっこいい!とかグッと来る!とかとは違うベクトルでして。

そんなフィーリングさえも最近じゃコンピューターを使って分析しようとする人がいたりする。

分析する人にゃ、一生かかってもフィーリングなんて理解できないんだろうな?

演奏中に各プレイヤーがイメージするフィーリングはきっと数学的や科学的なことではなく、文学的や写実的だったりするわけですからな。

一瞬に各プレイヤーが感じた異なったフィーリングが混ざり合って、ナイスな音楽が生まれるわけです。

一番難しいのは、ジャストより後ろにあるレイドバック。

レイドバックこそ、人が気持ちいいと感じるフィーリングだったりするのです。

もたる、とは違う。

タメって言うのかな?

ライブが盛り上がりゃ、ちょっとくらいハシッたほうが、気持ちいい。

そんなことがあってこそ、音楽は楽しくなるのさ。

ジャスト!ジャスト!って、正しい音楽を作ったって楽しくなけりゃ人は感動しないんだよな。

今、一番、日本の音楽制作に大切なポイントはここですな。

あ、リズムだけじゃなく、ピッチもおんなじだよね?

スポンサーサイト

<< 激安ってのもどうなのかね? | ホーム | 夕方は、ね。 >>


コメント

正しいかどうかなんて心と体には重要じゃですよね。
音を奏でて楽しい!気持ちいい!がナマで伝わってくると
音を感じる私たちもワクワクして楽しくなる。
嬉しくて笑顔になる。体が自然に動きたくなる。
ずっともっとこの時間が続けばいいと思う。
・・・ライブに行きたい〜!!!笑。

最近カラオケの採点を使ってご本人と対決という番組をよく見ますが
カラオケの採点は音の長さ、ピッチの正確さで機械的に得点するので
歌ってる挑戦者は得点を取るために正確に機械的に歌うので
何も伝わってくるものがない。
ご本人はやはりためたりして歌われるので、正確ではないと
判断した機械は点数が低めに出てしまい、ご本人が負けてしまう。
というシーンをよく見ますが、伝わるものが全く違うのに。っと
ご本人かわいそうにとみてしまいます。
このためがかっこいいのに、と思うんですけど。

さすがに私がずらしたり、ゆらしたりしたって
単にリズムがずれてるとしか感じられないので
難しい技だなと思います。

レイドバック

以前山崎さんのライブで、ゲンタさんのドラムのタメを感じました。
気持ちいいリズム。birdライブでもやってます?

ライブで踊っているときなど、ほかの人と微妙にずれているなぁと感じることがあります。
先日の奇妙さんのライブでは、友人にゆらゆら揺れていたと言われました。テンポが遅いのかな?
まぁ自分のリズムでよしと思っています。
自分が気持ちいいと思えるのが一番ですよね。楽しいし!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。