プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはどっち派?

音楽って、ポピュラーな音楽でも大きく2つに別れるんだな。

オイラは片側にしか興味がないのもわかった。

唄うってことも含めての演奏の妙があるからこその音楽ね。

でも今の日本はまだまだ、タレント的な人達が楽曲を唄うことで満足していたり、アイドル的に容姿などにうっとりするから存在する音楽シーンが強いみたい。

一時期、いいバランスに両方が存在していたんだが、最近はまたそっちがメインを走り、楽器演奏も聞かせるような音楽は主流から外れているようで。

オイラのガキの頃は、歌謡曲ってのと、それ以外があったわけです。

それをガキながら敏感に分けて聞いてました。

それ以外にも、硬派と軟派に感じるものがあって、ま、当時の意識あるミュージシャンはテレビに出なかったりしたわけです。

テレビに出なくても凄い人気で、ベストテンでも二組くらいはテレビに出演しないミュージシャンがランキングに入ってましたからな。

今は、そんなツッパリはなくなり、みんな同じように音楽としてメディアで並ばされる時代です。

最近、外のレコーディングの仕事をやると、間奏のソロってのがない楽曲が多い。

ボーカリストが歌詞を歌って歌となるんだが、歌詞に表現できない想いをソロによって表現するからこそ、音楽として深くなる。

でも、今やボーカリストの言い分だけをキャッチできればいい!と視野を一点に集中しちゃう音楽制作が主流なようです。

となると、ステージ上でもボーカリストが観客を煽る!煽る!

色気がないステージングになるわけですな。

演奏なんてのは、カラオケと同じように感じてるんでしょうな。

そもそも、サポートミュージシャンって言葉が嫌いでね。

そんなにボーカリストってのは天下人みたいな存在で、楽器やってるやつは使われる立場じゃなきゃいけないわけなのか?

アマチュアでもサポートなんてのがあるらしい。

自分のやりたいことだけで天下取れるような才能溢れるボーカリストなんて、ほとんどいないわけですよ。

逆に、才能あるボーカリストって、その周りの人達が本当に自分にナイスなエネルギーを出してくれるのを知っていて、感謝して、それを上手くまとめられる人だと思っている。

だから、サポートなんて気持ちで一緒にやりません、オイラは。

そんなミュージシャンが集まって演奏すりゃ、オイラの思う側の音楽が出来上がるわけです。

オイラの青春だった70年代から80年代前半は、イケてる同世代の生活とそっち側の音楽ってのがマッチしていたんですな。

女子大生がみんな大瀧詠一を買ったわけですわ。

これがバブル直前の日本だったわけです。

消費税がなかった時代っす。

つまらん音楽でも納得する時代になったから、消費税増案がまかり通るのかな?

ありゃ、悪代官のやり方と同じですぜ。

みんな国民がいい人に成り過ぎなんですかね?

レコーディングした音を流したり、レコーディングと全く同じサウンドでライブやられて満足するらしい。

仲間で同じ感想を共有して、仕舞いにゃ
みんなが盛り上がってて楽しかった!
なぞと言う、自分はどうだったか?言えない人達が増えているようで。

扱いやすい国民となったわけですな。

オイラはひねくれ者っす。

自分の人生を風潮や国にコントロールされてたまるか!と思ってます。

だから、今や主流じゃなくても、演奏が唸る音楽をやり続けて、各個人の皆さんに個人として何かを感じていただきたい。

サポートミュージシャンになんてなってたまるか!です。

まだ、バックバンドのほうが呼ばれて気持ちいい。

その代わり、そう呼ぶミュージシャンからはきっちりギャラをいただきますがね。

でも不思議なもんで、きっちりギャラをくれる現場ほど、バックバンドとかサポートミュージシャンなんて思っていないものでして。

さ、夏も近づいてきたんで、カラパナのベストでも聞きますか?

バンドのサウンドっす。

気持ちいいっすよ。

スポンサーサイト

<< 果実の女王! | ホーム | ミャーク3 >>


コメント

よかった~

わたしもかなりひねくれているのでうれしいです~(o^∀^o)

ねじねじとかよりよりとかトルネードとかユニット名にも良さそうですね


人気者は売り方にもあると思いますから矜持が問われる部分がありますよね。

事務所とか会社とか売れないと困るんでしょうから本人によほど実力と信念がないと(^_^;)


さてさて日曜日のヨウヘイさんはいかがな感じでしょうか?

声がわからないので想像できませんが、わっ!と驚きたいですねo(`▽´)o


でっかいそうなのででっかいライブを期待しています

ごまかせません

自分の感性を誤魔化してまで音楽に浸かっていたくありません。


まいどコンベンションで思うのですが、ここは誤魔化しが効かない場所。


身体が正直に反応しますし、いくら表面では『イイですよねぇ』と言いながらCD買わないしライブも行かない。

ゲンタさんが、おっしゃる通り
『煽るだけで色気がない』
『間奏がない』

色気って表現が今の時代にはマッチしないのかな?

エロと色気は違うのに。


モロ出しか、チラ見せを漂わすかの香りが感じないんだなぁ。

この表現変スかね?


今日、休みで昼からワイン飲んで書いているのですんません(__)


好きでも自分の感性と違う事、オブラートに包む必要ないと思うのですが…

全て包み込む方々、目覚めよぉ~。


また、フィリピンで台風出来上がったみたいで、またまた本州かけ上るらしいっす。

今年、デイゴ一杯咲きましたか?

デイゴ一杯咲くと台風一杯来ますよね。


台風みたいにゲンタさんが、音楽業界をかき回して一掃してくれたら本当の音楽に戻るのに…と思うのは私だけかな。


音楽は生きていく上で、
かけがえのないものですから これからもイイ音、ライブ頼みます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カラパナ!またまた嬉しい音楽の話をありがとうございます!私が小さい頃、相模原に住んでいる叔父が夏休みになるとハイエースで田舎に帰省して来ていて、海に連れて行ってくれる時に必ずかかっていた曲がカラパナでした。私が意味も分からずに「ワラドゥ、ワラドゥ」と歌っていた曲が何だったのか思い出せないないでいるのですが、【ナチュラリー】はハッキリ覚えています。夕陽が沈む頃に雑多な車内で切ないメロディが流れてきて、今でも何故か蚊取り線香を燃やすとその時の感じを思い出してしまいます。運転席の叔父と助手席の叔母が歌っていました。ゲンタさんの曲の話題はグサっと来ることが多い!感謝です。

おー

カラパナをYoutubeで聞いています。いいですね~

先ほど近所の定食やで、ジャネット・サイデルのウクレレの曲がかかっていて、
夏だなぁなんて思っていたところでした。よさそうなアルバムです。

扱いやすい国民
まさに そのとうり...

懐かしい

大滝詠一聴きながら、湘南~葉山までよく彼氏とドライブしてたっけ。
葉山マリーナで食事したりね。

カラパナもよく聴いてました。
レコードで持ってます。確かレアなカラパナバージョンアロハシャツがあったような?
杉山清貴さん(字合ってますか?)が着ていた記憶が…。
マイケル・フランクスはよく聴くからCDに買い替えたんだけど、カラパナはCD買ってないわ。
CDとしてまだ売ってますかしら?

そうそうあの頃はバックバンドと言ってましたね。
いつからサポート~になったのかしら?

あぁカラパナ聴きたくなりました。

私はこちら側

一切、琴線に触れない音楽ってのがあります。

この人も、この人も、こんなに人気があるアーティストなのに、なぜ私は興味がわかないんだろう?

考えても分からない。

そういうアーティストの音楽って、胸にズドーン!と来ないんだよなぁ、残念ながら。
下手すると苦痛な時がある。

でも、これがたまらん!って人も居るんだから、世の中ってホントいろいろだな。

結局、答えは見つからないまま進みます。



目玉焼きにはしょうゆ派です。

音楽は潤い

私は、中2の時にRCサクセションに出逢ってから、人生決まったな!という位に衝撃を受けました。


それに私は、バンドマンが好きなんだな!って思います。


唄と演奏は一体で切り離せない。
そう思います。
ゲンタさんの力強い文章がとてもわかりやすく、すっとはいってきます。


音楽は、楽しく、たくさんの感動を与えてくれるもの。

自分が心から感動したら、その感性を大事にしたいなって思います。

その感性が他人と違っていようと、そう思えたことで心が豊かになるし。


老若男女みんなで、音楽、芸術、日常のささいなことなどに、いちいち感動して、心を磨いていきたいものだなぁ~なんて思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。