プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くも一週間

早いもので、あの川満の夕陽から一週間が過ぎました。

どうもまだ、心は宮古島から帰ってこない状態ですが、身体は今日から東京で仕事が始まります。

なぜか?朝5時半に目覚めた今日。

まとまった睡眠が未だに取れず仕舞い。

そんなぼんやりした頭をスッキリさせるために、朝の公園で先週の川満を思い出したり、今の川満を空想したりしています。

先週は、上半身ハダカで作業していたら、川満のオジイに、
ハダカはみっともないぞ!
と叱られました。

Tシャツ日焼け跡を残したくなかったから脱いでたわけですが、それからってもの、グランド以外ではTシャツを着てましたわ。

宮古島は年功序列がはっきりしている。

長生きした人が一番威張ることができる。

素晴らしいです。

長生きしがいがある、ってわけです。

70歳になって老人会に入ってもぺーぺーからのスタートなのです。

川満の住民の人達は、川満に皆さんが集まることを楽しみにしていてくれてます。

川満漁業組合のお揃いのTシャツを着て、端っこの方で酒盛りをしていましたね。

オジイ、オバアに逆らえない地域性の場所って、素敵です。

オイラも、40歳になった頃に大先輩に呼び出され、
お前は若い頃から変わってないけど、下の人間から見ると先輩になったんだから、そろそろ若い頃のようなヤンチャな怒り方を改めろ!
と注意されましてね。

確かに!と、それからは極力おとなしくしてきました。

が、やっぱり先輩が怒らずして後輩は育ちませんな。

多少、理不尽であっても、いいような気がしてきました。

特に音楽の業界は、ヌルい空気になりがちですから、ピリッとさせなきゃなりません。

大切なことは伝えていかないと、です。

過保護なマネージャーとかが増えてる状況でして、ね。

業界における経緯とか、歴史とかを遮断して、自分達だけの世界で過保護にいられても困ってしまう。

まだお笑いとかの世界のほうがキチンとしてそうです。

ホントの愛情は、過保護にすることじゃないと思っていますから、な。

後輩を守るって気持ちがあるからこそ、叱ることもあるし、いざ!と言う場面では戦ってあげる気持ちもある。

そして、オイラが自分より先輩な方達に対して、敬う姿を見て感じてもらいたい。

後輩もいつかは誰かの先輩になるわけですからな。

40歳はちょうど中間管理職みたいな位置でしたが、50歳からは先輩になった意識を持たなきゃですからな。

そして、先輩なら経済的な部分でも後輩にプラスになるような動きをしてあげなきゃならない。

だから、オイラも奢るために稼ぐし、業界の動きの中で自分のエネルギーで廻して、ちゃんと結果も出さなきゃならない。

仕事も与えなきゃ、ですし、ね。

若い連中は固まりがちだけど、そんなんじゃ成長しないってことをオイラの周りの若手は理解しているようだから、一緒にイベントを手伝ってくれている。

ま、若手もすでに若手じゃなくなりつつありますが。

ミュージックコンベンションでの打ち上げバーベキューで、テーブルが足りなくて、一階から2つのでっかいテーブルを持ってこなきゃならなくなった時に、オイラは一階で片付け作業をしているスタッフにそれをお願いするのではなく、打ち上げ中のミュージシャンにお願いしたのです。

山崎、卓弥、井関、まぁそうそうたるミュージシャンが速攻で動き出します。

そして、遅れてくるスタッフの為に、梅津さんを始め沢山のミュージシャンがバーベキューをドンドン焼いて、焼き上がったものをスタッフに運んでいく。

そんな光景を後輩が見たら、なおさら後輩は働かなきゃ!ですな。

ついつい音楽業界は、アーティストなんて言って過保護にしがちですし、下手すりゃ士農工商みたいな業種による差別なんてのも出来がちな現場です。

舞台に上がらないスタッフがいて成り立つのがライブなんだ!ってことを理解しているミュージシャンが集まってるミュージックコンベンション。

関わった後輩達は、きっと別の現場に行ってもスタッフを労る気持ちを忘れないでいてくれると思います。

金じゃなく働いてくれるスタッフがいて、ミュージックコンベンションは成り立つんでして。

一番重要な部分です。

ミュージシャンとして輝くためには、スタッフの努力なしでは有り得ない。

それを金銭的な部分だけで結びついた関係で作り上げても砂の城のような脆い形にしかなりませんからな。

気持ちよい現場がお客さんを喜ばすパフォーマンスを生む!ってことを何よりも後輩に伝えていきたい。

そのためには、ある程度の本音もぶつけていかないと、です。

お客さんからは、アンケートや反応などで想いをまだキャッチできる部分はあるけど、スタッフの想いはミュージシャンから開放して近寄らない限り、なかなか掴むことができない。

スタッフを味方にしたミュージシャンは強いっすからな。

スタッフ想いの後輩になるように願う朝です。

あれ?なんだか眠くなってきましたぞ。

今日もいい1日を!
スポンサーサイト

<< ミーティングしてきます。飲み会という名の。 | ホーム | 久しぶりな我が町 >>


コメント

兄貴!
この、BLOG読んで涙が出ました!最近 歳のせいか涙腺が弱くって…。本当に嬉しいっす!
来年も宮古島に集まって、感動を与えてください!
卓弥くんの唄 ”ありがとう”を思い出して、まだ癒えぬ宮古病を楽しんでいます。
兄貴!本当に ”ありがとう”

なぜこんなにミュージックコンベンションに魅了されるのか、よくわかった気がします。

音楽って特に、人の気持ちに寄り添い心に触れるものだと思うので、、、聴いている人はいろ~んなことひっくるめて敏感に感じると思うんです。

ミュージックコンベンションのような場が、もっともっとたくさん増えて、最高の音楽があちこちで生まれること、期待してます。

石を積む

おーれ~ゲンタさん~

半世紀近くも生きられたのだから、これからは、ちっちゃくてもひとつでも石を積んで行けたらいいですよね

まあ、一番怖いのが思い違いってやつなので確認しつつという感じですが

私は大きいことは出来ないので、数で勝負と思っています

そういえば最終日の夕方、空が美しく晴れた頃、ステージ下手側の空の雲の切れ間に虹が出ていたのに気づかれましたか?

ちょうど7人のフラガールが踊っている時でした

まさに七色で、みなさんとっても可憐でしたね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゲンタさん

初めてメッセージを書かせていただきますe-420

本当に痛感いたします。
やっぱりそうですよね。
それはきっとよくある会社の中でもそうです。

先輩達の背中を見て育ってきた人達と
そうでない人達とでは
全く人間味が違っています。

しっかりと受け継ぎ それを実行している人達は
やっぱりその人らしい味もしっかりと出ています。

マニュアルやプログラム
どこかからの過剰な過保護。

これらに埋もれてここまで来た人達には
味と言うものを感じられません。
匂いもないです。

私もきっと古い人間に属するので
ゲンタさんの言いたいコトが伝わってきます。

これからも ゲンタさんの味
教えて下さい。

いつでも楽しみしています。

ゲンタさん、本当にありがとうございました。

昨夜、無事に帰宅しました。今年は、前日入りしてから、コンベンション3日間を終えるまでかなり濃い日々で、友達や知り合いを見送った後、今年は欲張りすぎて長く滞在しすぎかなぁ。なんてぼんやりしていた時間も束の間、コンベンション後も色んな人との縁、出逢いや学びや感動があって、幸せでした~。


宮古島の人の温かさ、想い、自然の素晴らしさ、また今年も新たに知ることができました。スタッフの方とのふれあいもとっても嬉しかったです。


年功序列、いいですよね。愛情ある怒りかたって、人を育てるし、お年寄りを敬うことは、子供の頃から当たり前に思っているけど、いつのころからか、おかしな雰囲気になっていますね。

本当に言葉って難しい。
ありがとう。や感謝は、すんなりでてくるけれど、伝わっているのか、わかりません。
せめて、自分本位にならずに伝えようとする気持ちを大切にしていけばいいのかな。


ゲンタさんが今までブログで書いていたことが、より理解できたり、改めて考えるきっかけになったり、たくさん、ハッとすることがありました。


コンベンション3日目のラストの曲、ひたすら感動!

入ったお店で、コンベンションの話になると、いいイベントだ。すごいイベントだ。とみーんな言ってました。参加した私もとても嬉しくて。


本当に日本一のイベントだと心から思っています!


また更に想いが強くなった今年の宮古島、ミュージックコンベンションでした。

ゲンタさん、ありがとう!

私も今朝、まだ癒えぬ身体にムチを打ち満員電車内でblog読み熱いものが込み上げてきました。


人と人の繋がり、
支え合い支え合う、
当たり前の事が出来なくなってる世の中、本当に生きていく上で必要な事が宮古島に、ミュージックコンベンションにはありますね。

スタッフはほとんど寝ていないのに笑顔絶やさず頑張ってる姿に頭が下がります。

素敵な時空間をありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

早いですよね~
夕日きれいでした。

前浜で上半身が黒くて下半身が白い
コントラストの激しいげんたさんを見てちょっと笑ってしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。