プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、出演者発表できたらいいな?

明日には出演者発表をしよう!と必死に準備しております。

今年のスペシャルは、宮古島の島唄を歌う素晴らしいおばぁ達をドキュメンタリーで仕上げた映画
スケッチ・オブ・ミャーク

をミュージックコンベンション開催中の午前中に連動した形で、ミュージックコンベンションのチケット割引で公開します。

貴重な映画です。

さらに宮古島が深くなります。


開催中3日間、行う予定ですので、ぜひご覧ぐださいな。


今年もサポーター募集をしています。

ミュージックコンベンションの会場に名前入りの幟を立ててみませんか?

幟は二枚制作し、一枚はお持ち帰りにできます。

友達同士での連名のお申し込みもオーケー!

ミュージックコンベンションをサポートしてぐださいな。

ミュージックコンベンションのことを考えながらも、今日は日中、今年の夏の他社のイベントのミーティングです。

去年、毎年10年以上携わっていたイベントなのに、電話一本もなしに外されたんで、金輪際二度とやってやるか!と、一応怒っておきました。

別に怒らなくても構わない部分もありますが、人間関係として電話一本もなしに外すようなテーブル仕事な事務所になってくれるなよ!とゆう想いがあって、わざと怒らなきゃいけない時もあるんですわ。

ま、若いプロデューサーがどこまで理解してるか?わかりませんが、反省しているようなので、オジサンもオトナになって今年の誘いに乗りました。

企画からの参加ですな。

はっきり言って、ここ数年は感動がないイベントになっちゃっている。

オイラよりもずっと数学ができる制作が、数学でイベントを制作しているように感じてしまってます。

ドキドキはどこにあるんだ?と毎回問う感じになってたし、な。

でも、あれが一番落ち着くお客さん達なら、オイラはとやかく言わないほうがいいのか?とも思ってる。

それを感じたのは、この前の武道館で、でして。

オイラは、ライブするからには、絶対条件でドキドキとかハラハラとかキラキラした部分が必要だ!と信じている。

そうやってやってきたし、ね。

ただ、祭り事となると、自分が関わっているミュージシャンとは別なアーティストのお客さんの感性は、CD通りを求めてたりするんじゃないかな?なんて感じてしまったからなぁ。

なんの曲が始まるの?みたいな仕掛けは、単に混乱させる要素となるらしい。

オイラが若ければ、それをぶち壊しにいったもんだが、最近は求めているものに逆らう必要も感じてないんだな。

でも、ドキドキ感は必要だろ?

どうやってドキドキ感を作り出せるのか?今日、模索しなきゃならない。

数学で制作するんじゃなく、身体張って、汗かいて、パッションで、お客さんを感動させるためにライブってのはやるんだぜ!ってゆう気持ちでミーティングしてきます。

若いプロデューサーは、
我々のやることは、ゲンタさんの宮古島とは違うんで!
と、謝りながらいいやがったからな、ヤツは。

あれ?お前、宮古島に来たことあったっけ?
ってもんだな。

ミュージックコンベンションと違うのは、ハナっからわかってるやい。

ミュージックコンベンションと同じイベントがあったらビビるわ。

一般大衆向けじゃない、サバイバルなイベントだからな。

さ、若者にキレないように、オトナとしてミーティングしてきましょ。

一度でもミュージックコンベンションに来てから文句言え!ってんだ、なぁ。
スポンサーサイト

<< 咲いた。 | ホーム | ポ!がいけない。 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます!

去年初めて、夏のイベント参加しました。そうだったんですね…。

今年、両日参加予定なので、ゲンタさんが企画から入ってくださるなんて、嬉しすぎます♪

どうぞよろしくお願いいたします。

ミャーク♪

スケッチオブミャーク、楽しみです。
どんなところで上映されるんだろうな♪

そして、出演者発表の準備、大変お疲れ様です。
発表なくてもいいけどー、タイムテーブルも知らなくていいけどー、と思いつつ、告知する!と言われると気になるものですね(^^)。

さて、夏のイベントについて書かれてあること、
なんだか色々と考えさせられました。
そのイベントも、ミュージックコンベンションも、先日の武道館も、体験している身として何を感じたかを振り返ってみました。
どれも規模が違うのですが、参加している身としては、
本当に3つとも楽しい!感動!笑う!泣く!アドレナリン出る!という、生きるエネルギーと繋がるものを体感できています。

参加する人間自身が、何を感じ取ろうとするのか、何を求めるのかが「感じ方」や「感想」や「記憶」には大いに影響するんだろうな、と思います。

難しいことは考えていませんが、何回かこのブログで出てきている「CD通りの音源」についてですが、
ライブやコンサートやイベントでは、その日その回だけのスペシャルなアレンジ、演奏者、気温、空気、で聴くことができる貴重な機会だと思います。
だから足を運んでいる人が本当に多くいると思います。
きっとそう思っている多くの人は、スペシャルなことだと当たり前に思っているから書き込まないのではないでしょうか?
だって、「またやってください」って書いてもその時の演奏と全く同じ物は出来ないっていうレアなものって分かっているから…。

長文失礼いたしました。
あっ!と驚くアレンジや演出、どのイベントでも楽しみにしていることをお伝えしたくて書かせていただきました。
では今日のミーティング、暴れてきてくださいませv(^^)v

音楽とゆう言葉すら

音楽とゆう言葉すら、人によって捉え方が違いますからなぁ。

ライブって、一番に演奏力でもっていかなきゃならないはずです。

ワイワイガヤガヤも企画としてはいいが、そこで音にして発しなければ、アイドルのコンサートになっちまう!とオイラは思ってます。

CD通りなら、家で聞いてたほうが音もまとまってるんで、ね。

あと、ライブって、逢いに来る人達がいるから成り立つ。

逢いに来た人達に当日どうミーティングするか?がライブの大切な部分です。

こちら側は、逢いに来てくださる人達とその当日、どう楽しむか?であって、勝手に人が集まってくるわけじゃないし、ましてやでかいビジョンの映像を見せるためにライブやるわけじゃない。

あくまでもステージと会場がひとつになる瞬間があってこそ、ライブの醍醐味なはずです。

が、それを期待してくださる人達がいてこそ、そうゆうライブが成り立つ。

ステージよりビジョンのスクリーンに釘付けになって、ステージ上で起こる様々なやりとりなどは関係ない人達が集まるとするなら、オイラの想いは余計なこととなりますからな。

どんな環境であれ、チケットを買ってきた人達には、満足していただきたい。

集まる人達の一歩先にあるような表現をすることが、一番素晴らしいライブとなりますからな。

満足してくださらないようなライブだけは避けたい。

これが一番大切なことでしょう。

そこから話ししてきます。

CDでは味わえない

ライブの時間って、記憶に残って、
私にとって大切なモノです。

ライブの空気・肌触り・色?
ちゃんと残ってます。

楽しみにして、楽しみにして、
子供の頃の遠足以上に、期待を膨らませて臨むんです。

ビジョンのスクリーンなんかじゃ、物足りませんよ。
ちゃんと感じさせてくれなきゃ!
目を奪って、奥まで入り込んで、魅了して欲しい。

しかも、演者さんにも楽しんで欲しい。
しかもというより・・・
音楽を楽しんでいるところをみせて欲しい。
・・・楽しむ?じゃれる?挑む?

真剣に向き合って、遊ぶ?
そんな姿がみれたら 素敵です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いっぱいのアイデア

いっぱいのアイデアを話ししてきました。

実際に出来そうもない話しでも、ありえそうな事や必要としない事の理由や、並べるだけ並べてみました。

何回もミーティングを重ねて、挑むってことも話ししてきました。

頑張りますぜ。

うふふ。
ドキドキします。

いまさらですが、
この宮古島の海の色 本当にキレイ!
この場所で皆に音楽を。
って そもそもナイスアイディア。

この雰囲気を大切にして
自由に音楽を楽しむ。
ステキですね。

新しい試みですね。「スケッチ・オブ・ミャーク」楽しみにしています!

夏のイベント、毎年行っていたのに、どうしてもお休みがとれないことが数年前にあって、それ以来行かなくなってしまってました。

今年はちょっと興味がでてきました。
ゲンタさん、頼りにしていますっ!

同感2!

またまた全て同感です!
例えばギターのコードをコピーしたいって場合、耳コピの時代に育ったわたしなのでライブはとても貴重で…。おーこう押さえてるんだぁ~って。
それでもCDと一緒のライブなんて興味無しです。
でも以前エリック・ジョンソンのライブに行った時は、全くCDと変わらずのギターテクでそれはそれで驚きましが…。
川崎チッタでのライブでしたが、前の方は殆どギター小僧ばかりでしたね。

それと、先日のコマキでは失礼いたしました。
とっても楽しいイベントでした。
踊りすぎて足が痛くなりましたよ~。

あの毎年のイベントに今年は参加されるのですね。
断っちゃったら今後どんな風な展開になるかしら?なんて思いましたが…。
そしてベースも…でしょうから誰かはベース弾かなくてもOK?とも思ってしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。