プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和を叫ぼう!

人間同士なら、話し合ったり想い合ったりして、自分がいくら押し通したい事も遠慮しなきゃならない時だってある。

相手のやりたい事も、勝手にやられたら揉めたくもなるから、なぜ?やりたいのか?となぜ?やられたらこっちが困るのか?を照らし合わせる必要がある。

相手のやりたい気持ちの理屈を理解でき、やられたら困る気持ちも抑えきれるなら、時には我慢も必要なんだが、ね。

昨夜、ニュースで見慣れた宮古島の街が映った。

最近、宮古島がテレビに映る時は、美しい海とか穏やかな人柄をメインとした映像なんだが、昨夜は違った。

PAC3の配備のニュースだった。

話し合いをしないで、自分勝手に行動する孤立した国から、ロケットが発射される、とのことで、それを撃ち落とすためのものが宮古島に配備された。

どうやら近々、あちらさんは発射するらしい。

予定では、沖縄の先島諸島の上空を通過するんじゃないか?と予想され、沖縄本島、石垣島にも配備された。

あちらさんは、先日、お父さんが亡くなり、海外で遊学していた息子が戻ってきて、いきなり家長となったわけで。

いろいろ苦しい国なようだ。

苦しいなら、助けてあげなきゃ!といろんな国が支援もしているし、今は支援なしではやっていけないほどの国なのに、ロケットにお金をかけて使い捨てのように打ち上げまくる。

打ったら助けてあげないよ!と言うと、打たないから助けて!となり、助けてあげるとすぐに打ち上げる。

思想だの、宗教だの(共産圏はある種の宗教です)には、それぞれの考え方があるんだろうから、とやかく言っても仕方ないが、それよりもっと大切な、人間同士として話し合い、理解し合いたいもんです。

地球で暮らす人間として、生きるってことはみんな同じような想いがあるはずだし。

あちらさんが打ち上げなければ問題ない。

打ち上げて、撃ち落としたとなれば、次なる展開となります。

オイラ個人的には、平和ボケかも知れませんが、やられたらやり返すってより、じっと我慢して相手が理解する日が来るのを待ちたい考え方です。

そうじゃないと連鎖して、一向に平和が訪れない。

喧嘩をふっかける輩は、その喧嘩によって得るものに平和的要素がないってことを知らないのでしょうし。

宮古島のような平和な島に物騒なものを配備しなきゃならなくなった悲しみは、あちらさんはわからないだろうな?

本当に国民の平和を考えるリーダーなら、ロケットを打ち上げるよりやらなきゃならない事があるはずなんだが。

でも、オイラが生まれるちょっと前の日本も、あちらさんに似たような国だったことも忘れてはいけない。

たった70年足らずで、平和な国になっていることも誇りに思わなきゃいけない。

やられたらやり返すは、結局解決にはならない。

だけども、やられるってことは命に関わる問題だし、な。

平和を守るって、そんなに難しくないはず、とオイラは思っている。

なぜ、平和にならない?

明るくなれる歌を世界中にばらまいて、楽しく暮らせるようにしたい。

辛いことも苦しいことも忘れてしまうようなビートを叩いて、みんな笑顔にしてしまいたい。

そう思うのです。

もっとオイラに力があればな。

もっとオイラに才能があれば、な。

だから、皆さんにも協力していただくしかありません。

平和な世界にいたしましょう。
スポンサーサイト

<< 246 | ホーム | ヘロヘロっす >>


コメント

自らの手と足を縛って「これで平和だね!」と叫んでください。

平和ボケの理想論しか

平和ボケの理想論しか言えませんが、人間の意識をもって平和を脅かすような行動に悲しみを感じています。

有事に対しては、正直まだ想像さえできません。

そんなことを考えなきゃいけないこと自体が悲しいのです。

↑の方が何を言いたいのか?理解できていませんが、オイラに文句を言うより、はっきりとした相手がいるはずです。

そこに直接に文句が言えない憤りによっての方向違いな議論をしたいが為に書いた記事ではありません。

争いがなくなりますように。

そして全てが理解し合えなくても、許す気持ちがあれば平和に近づけます。

理想論です。

でも世の中の全ての人達がこの理想を抱けば平和になるはずなんです。

宮古島

気になりながら、PAC3はどこに置かれているのでしょうか?
ラジオや新聞では細かい情報がないのです。
ネット検索しましたがわからない。
宮古島と地対空誘導弾パトリオット3。そんな現実。

願い

どうか、争いが無くなりますように。

誰も悲しい思いをしませんように。

「平和」が理想じゃなく、現実になる日が来ますように。

なんだか複雑でうまく整理できないです。


でも、こういう場や日常でそれぞれの想いや主張を一人一人口に出すことって大事だと思います。自由に。

私も世界の平和が一番の願いです。

大げさなことじゃなく、人間ならきっとみんな当たり前に望むことだと信じています。

あちらの国のことは、よく理解できないから、不思議だしこわいです。

でも、将来のある子供達も暮らしているんだよなぁ。と思うと、こちらの国の一人の人間としては悲しく思います。

あちらの国のことを唄ったキヨシローさんの曲を、ライブで聴いたときのこと、(某ラジオ局が放送を中断して話題になりました。)今でも鮮明に覚えています。

独特のユーモアと皮肉にもとれる歌詞だけど、最後に、


いつかきっとみんな仲良くなれる。そんな世界がくるさ。差別も偏見も国境もない・・と歌い上げたキヨシローさんの願いがビシビシ伝わってきて、音楽のチカラに感動して圧倒されて、涙があふれました。


キヨシローさんが本当に伝えたかったこと、もっとたくさんの人達に生で感じてほしかったなぁ。


ゲンタさんが、 本当に伝えたいことは、言葉になっていないことがある。と、ブログや、本や映画の紹介の時など書かれていることがあるけれど、それと繋がっている感覚です。想像力を掻き立てられました。


本当は、日本のリーダー達が、今こそ胸をはって、そんなことするな!って言わなきゃいけないのに、と思ってしまう。日本は、経験したから学んだことも多いわけで、胸はって、誇りを持って、大切なことを伝えていく役割を担ってほしいな。と思います。世界のリーダー達とチカラをあわせて。

ほんのちょっと、理解し合おうという努力を、し続けるだけで変わることもあるかもしれない。
リーダー達が一番はじめにあきらめているような気がするのです。だから一般市民は、口をつぐんじゃいけないと思っています。


長くなったけど、音楽のチカラは偉大です。平和しかない。争いもない。ゲンタさんの持つチカラも凄いと思っています。

だから、ゲンタさん、これからも誇りを持って、今までのように、ゲンタさんの音楽で、世の中を平和にしていってください。めちゃくちゃ期待しています!








難しくても…

理想がなければ、始まらない、と思います。

憎しみと報復の連鎖ではなく、認めあい赦しあい、この小さな地球の住民みんなが笑顔になれるように。

ひとりの力は小さくても、思いを持ち続けること、実現するために行動することで、変わっていくと信じます。
カカに驚かされたり、深く心が共振したり。

ゲンタさん、ありがとう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↑の方へ

ありがとう。

そう思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。