プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと聞いてる

突然のオフィシャルパッケージツアー発売になり、朝からドタバタしています。

昨日の夕方に、
今日の17時から発売!
と言われ、慌てて、
せめて明日にして!
と言ったのはいいが、よくよく考えたら今日は祭日で旅行会社が休みだったのね?

さて、1日の猶予でどこまでできるか?

まずは、腹ごしらえしてからやらないと、な。

ってことで車でコンビニまで、気持ちいい朝日の中を走ったのさ。

オイラの車の中には、あのレコーディング以来ずっとラフミックスの音源がカーステに入りっぱなし。

一曲をひたすらリピートしている状態でして、もうどれだけ聞いたか?ずっと聞いているわけです。

飽きないんだな。

昔、山崎でマチャアキのカバーをやったサウンドもかなり気に入ってたんだが、それ以上に、まだラフミックスなのにたまらなくナイスなサウンドなんだな。

正直、デモを聞いた時はあまりピンと来なかった。

それを具体的なサウンドにするのに、いろんなミュージシャンがその曲に、自分にしかわからないような技を駆使し、エネルギーを注いで肉付けしていくと、飽きの来ないサウンドになるんだな、きっと。

やっぱり生演奏っすよ。

マイクなんていい加減だから、その楽器の音以外の音も拾っちゃう。

だから常に倍音がなっている。

それが温かみのあるサウンドにするんだろうな?

今ある、コンピューターソフトは優秀で、あらゆる楽器の音をサンプリングしてあるんだが、倍音はでない。

倍音は別名で空気感とも言えるからな。

人間が集まって演奏する、ってこと自体が贅沢とされ始めた現在のCD制作なんですよ。

売れない前提なら、制作費も安く設定され、となると打ち込み!となっちゃう。

人を集めても、流れ作業のように時間をかけず、悩まず、疑問を持たないで進めていく現場が多い。

前もってデモを聞いて、それをさらに良くするための宿題期間が設けられ、その楽曲に想いを込めてレコーディングする、なんてなくなってきちゃいましたから。

言っちゃあ、低予算だとデモの状態をCDにしちゃうようなものでして。

人間関係ってのは面倒くさい部分もあるが、やっぱり人間が関わってこそ生まれる温かみってのを一番大切にしたいものです。

どんどん便利な機械が溢れ出してきて、人の手を必要としなくなり、便利なはずが人間の仕事を奪い生活を苦しめているわけです。

駅の切符切りの駅員が朝、切符を切りながら空打ちのリズムを響かせ、切る度にひとり一人に、
おはようごさいます!
と声をかけていた時代のほうが温かみを感じる。

Suicaじゃ、プ~ン!て鳴っておしまいです。

駅員が少なくて済むから会社はいいだろうけど、社会全体で考えると、仕事が減るわけです。

温かみも。

社会的にはもうどうしようもないサイクルになってしまったようだけど、せめてエンターテインメントの世界は人と関わり想いをぶつけ合い、温かみのある作品を発表していきたいものです。

機械社会に疲れた人達のために音楽を送るってのが、今の時代の打楽器奏者の仕事なんでしょうな?

今、必要な音楽って、機械じゃないものですよね?
スポンサーサイト

<< 速報2! | ホーム | 速報! >>


コメント

はい、生音です。

打ち込みならではの良さを活かした音もあると思いますが、正直デジタルには食傷気味です。
(キレイ過ぎちゃって味気ないんだもん(-.-;))

やっぱり、音楽は生音に優るものなし!

ミュージシャンがエネルギーを注いだ音には血が通っているし、そういう音楽こそ人を引き付けるもの。

消費者だってアホじゃないから聞き分けますよ…
業界の方、読んでますか?(笑)

なんとなく分かります・・・

専門的なことは全く分からないし、音痴で音感ないですが、機械で作った音は最初は良くても、しばらく聞くとなぜかいやな感じになります。
倍音の意味は分かりませんが、別々に録音したCDは音が共鳴して無い感じで、コラボやセッションで聞いたのと全然違うのは分かります。音の聞き分けは一般の人にはできないと言われるけど、なんとなく感じてる人がいっぱいいると思います。レンタルしてきてコピーしたCDがだんだん劣化するのも感じます。意外と分かるものです。
やっぱり、機械より人間!生演奏にはかないません。
家庭の味は飽きないのに、機械的に全く同じに味付けした大量生産の食べ物はすぐ飽きるのと一緒じゃないかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そう思います!

なんたって生演奏に勝るものはないと思います。


だから、感動が生まれるんだとも思います。
感動したり、何かをキャッチしたりできたら、リスナーにとっては唯一無二の、宝物みたいなものになると思ってます。
わくわくして聴きたいです。

発売日が楽しみだなぁ~!

機械じゃ倍音、出ないのかぁ

そのうち、倍音作る機械も出来たりするのかな?すでにあったりして。


本当に欲しいのは機械のじゃなくて、ミュージシャンの産み出す生きてる音楽です。

魔法のかかってるほうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。