プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡々と

さ、レコーディングだ。

今日レコーディングした音楽が日本中に流れるって考えるとウキウキするわ。

一応、打ち合わせをして、そのイメージの元に楽器を選んで現場に持っていく。

全ての楽器は持っていけないんで、前もっての打ち合わせでのイメージ確認は大切なんだな。

特にオイラは、多様なスタイルをプレイする奏者なんで、楽器によってプレイも変わるんだな。

中村さんは、ベースをひとつしか持っていない。

多様な音楽スタイルに合わせるんじゃなく、己を強調するタイプなんだな。

そうゆうミュージシャンも多い。

いつもTシャツみたい、なミュージシャンスタイルだな。

オイラは、そのシーンに合わせたスタイルに染まるのが好きなんだな。

己なんて、勝手に後から滲み出てくる、と信じてそのジャンルに染まる。

だからこそ、たくさんの楽器も持っているし、場面によって楽器を変えるわけです。

どちらか?と言うと、オイラのようなミュージシャンのほうが少ない。

だいたいミュージシャンは、我よ!我よ!だな。

オイラはそこまで己の芯がない。

音楽が良くなれば、己なぞ黒子で充分と思っている。

自分が音を出すことより、作品が良くなることを一番と考えている。

だからきっと、打楽器奏者としての個性は少ないプレイヤーなんだと思っている。

今日も、作品が良くなればいいな!と思って出掛ける。

凄い打楽器のプレイと、気持ちいい音楽を作るってベクトルは全く違うんだな。

人が聞いて、驚かないほうの、ひたすら心地良いサウンドが作れたら、今日の最良な仕事だ。

だまって御輿を担ぐのも、大切な仕事だからな。

最近はプライドなんてゆう、安っぽい自己主張が若手に蔓延ってるが、自分が御輿と勘違いしているだけだな。

御輿になる人ってのは、持って生まれた何かがあるんだわ。

まずその才能がない限り、努力したって御輿にはなれない。

でも、素晴らしい御輿の担ぎ手には、努力次第でなれるんだぜ。

御輿になったら、自分の求めてない担ぎ手も集まっちゃうから大変そうだぜ。

オイラは担ぎ手のままの人生がいいな。

世の中、みんなが特別だったらスッチャカメッチャカになる。

オンリーワンもいいが、その他大勢のひとりになるってのも悪くない。

その他大勢がいて、世の中は治まっているんだからね。

オイラも、その他大勢のひとりでいる時間を出来るだけキャッチしていたい。

そこにホントの歌にするべき物語がある。

必要となる音楽がある。

目立たず、淡々といるだけの人間に憧れます。

昭和では、阿久悠作者のアナムのお父さんが歌ったいい曲があったな。

プライドやオンリーワンより、ずっとかっこいい生き様の歌だった。

あの当時でさえ、時代おくれ、なんてタイトルの曲だったな。

あれが昭和の男の生き様だったように思える。

ホントの優しさってのも、主張することじゃないんだと思う。

今日も淡々といい感じで1日を終えられたらいいね。

それを幸せって言うんだろうな?
スポンサーサイト

<< やったぁ! | ホーム | 春はまだか? >>


コメント

今日一日、自分の周りで起きた出来事に重なる部分が沢山あって、じんわりしています。

時代おくれ・・阿久悠さん、森田公一さんが作詞作曲なんですね。
歌詞を見ると、単純な言葉ばかりで、小難しい文字はひとつもない。
なのに、ストンと来る本当にいい歌ですね。

淡々といい感じで一日を終えられることは、素晴らしいことだと思います。
普通の幸せがどれほど大切で貴重なものか。当たり前のありきたりの生活を送ることが出来ている今に感謝です。

関東の揺れは大丈夫でしたか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。