プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドの同窓会

さ、今宵は高校生の時にやってたバンドの同窓会だ。

コンテストに出るために、10分のステージのリハーサルを半年間くらいやったりして、オイラは柔道部だったのだが、その思い出よりずっと濃い仲間との再開だ。

昔は、他のメンバーは老け顔で、高校生には見えないようなメンバーだったが、オイラだけが童顔で(25歳くらいまで警察に補導されそうになった!)羨ましかったわけです。

が、この前数人のメンバーに逢ったら、みんなピチピチで、もうすぐ50歳には見えない。

ミュージシャンやってるオイラと大儀見が老けて見える。

ズルい連中だ。

高校生の頃から週末は飲み歩き、今じゃ許されないような若気の至りを散々やりまくった仲間だ。

もうすでにみんなは別の仕事に就いているが、オイラと大儀見が今でもミュージシャンとしてやっている。

ま、オイラの音楽のベースになった時期だ。

盛り上がるだろうな?

オイラの人間形成に重要なバンド活動だったからな。

みんな大学へ進学したけど、オイラはミュージシャンの道を選んだ。

メンバーにも、
そんな非現実な夢を見てどうするんだ?
と言われたが、オイラは必死にプロミュージシャンになる努力をしたわけだ。

ところが、我がバンドには天才がひとりいた。

ヤツは楽しみながら音楽をやっているだけなのに、脅威の才能で周りの先輩ミュージシャンをもビビらせた。

それ以来30年、今だにヤツの才能を意識しながらオイラはミュージシャンをやっている。

持って生まれた才能のベクトルが違うんだろうけど、近くに天才がいたことに感謝もあるし、煙たい部分もある。

それがオイラの運命なんだな。

練習や努力をいくら積んでも届かない領域を持っているヤツは、その先何人か出逢った。

その度に挫けた。

それが今のオイラを形成しているんだな。

オンリーワン!なんて温い曲が流行り、日本中がプライド高く生きるようになっちゃったけど、ナンバーワンを目指すからこそ挫折し、己の道を開拓してこそオンリーワンなんだとオイラは実感している。

ナンバーワン目指す前にオンリーワンなんて言うなよ!男なら。

オイラは、30歳くらいにナンバー2の生き様を目指したんだな。

パーカッションやってもナンバーワンになれない、ドラムでもナンバーワンになれないオイラは、両方をナンバー2でやれるタイプの器用貧乏なミュージシャンになってたわけだ。

そこから見え始めた数々の音楽の妙は、今でも役にたっている。

諦めたんじゃなく、発見したのさ。

一番すごい打楽器奏者になることの視点と、一番になれない悟りを開いた後に見えるものはかなり違っていた。

それを見据えて努力していくうちに、音楽業界内でオイラのポジションが出来てきた感じなんだな。

まだまだ努力します。

が、やはりナンバーワンにはなれないようで。

ドラマーなら、山木さんを筆頭に、小田原、佐野、カースケあたりにはかなわない。

パーカッションなら大儀見だな。

すごい匂いのあるグルーヴが出るんだな、このあたりのミュージシャンは。

オイラにはそんな匂いがあるのだろうか?

オイラが上手いのは、楽器選びとチューニング。

あとは、シンプルな16ビートのドラムに、タンバリンとシェーカーとトライアングルとゆう、一番ポップなパーカッション。

それとティンバレス。

ティンバレスって楽器があって良かった。

オイラを一番自由にしてくれる楽器だ。

これがあるから、オイラはなんとなく胸張ってミュージシャンを続けている。

他の楽器にはまだ、照れがありまして。

さ、今日の同窓会。

オイラや大儀見に他のメンバーから質問がたくさん来るんだろうな?

昔話に花咲かし、この年齢になったからわかってきたことをお互いに交わし、いい夜にしたいな。

ちなみに師匠である、当時のよく利用した楽器屋の店長だった人も参加。

盛り上がらないはずがないな。

スポンサーサイト

<< あれから一年 | ホーム | 開眼 >>


コメント

ゲンタさんの

友達?のことを認めていて、
そして自分のことをわかっているというか、
たぶんもっとゲンタさんはすごい人なんだけど、
そんな姿勢をミュージシャンとして、
ずっと続けてほしいと思っています。

結局朝3時半

朝3時半まで飲んでました。

寿限無ってバンドだったんで樹下夢に流れて。

あそこのよくわかんない太鼓で大儀見はすげーグルーヴを作ってた。

はい、かないません。

結局は寿限無を再結成する!ってことでお開きに。

一年後にライブします。

単なるアマチュアのオジサンバンドっす。

おぉっ!!

再結成!!!?
それは、ぜったいに聴きに行かなくてはっ(^O^)

盛り上がったんですね~!
寿限無(樹下夢との縁を感じますね~!すごい。)再結成!って、いいですね。楽しそう!

10分のステージのリハーサルに半年かぁ。凄い情熱!そんな濃い時間は、忘れられないですね。
その頃とは違っても、今もゲンタさんの音楽への情熱は凄いな!といつも感じています。

魅惑のリズム

自由にしてくれるもの、私にとってはサルサです。

サルサには魅力的な楽器がいろいろありますが、ティンパレスが一番好きです。

ゲンタさんのティンパレスがあるから、デラルスが好きなのかもしれません。
そして、デラルスが好きだからサルサが好きなのかもしれません。

ティンパレスがあって良かった、と私も思います。

おかげさまで、とってもhappyです♪


祝☆再結成!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。