プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島が近づいてきましたな

また今日は寒くなった我が町。

宮古島は今頃、日中なら半袖で大丈夫なんだろうな?

オイラは次の宮古島行きでついに、家を探す予定。

まぁ行ったり来たりだが、宮古島に自分の住む場所をキープしようとついに行動に移すわけです。

行き始めのころはすぐにでも宮古島に移り住もうかと考えました。

が、やはり島なら、島の住民とコミュニケーションをとっていけるのか?生活はどうする?
両親のことは?
と、すぐに行動には移せなかった。

特に、勝手に移り住んで都合が悪くなったら出て行く移住者の話とかを宮古島の住民から聞かされちゃあ、なかなか行動も慎重になります。

移り住む、ってことは、宮古島に税金を納めること。

そう考えています。

高い税金を支払っていく上で、我が町川崎のオイラがひとりくらいいなくなっても大差ないはず。

オイラは、どうせ税金支払うなら、宮古島に落としたい!と常々思ってきました。

実家も川崎だし、仕事の中心はまだ島外がメインとなるので、宮古島で稼いで生活をするわけではありませんが、宮古島に自分が移り住み、毎日ひたすらゴミ拾いをしようか?と考えています。

内地から行くオイラが宮古島を変えてはいけないし、変える気持ちを持つことすらおこがましい。

変えるのは宮古人じゃなくてはいけない。

ただ、その宮古人に刺激は与えられるはずです。

オイラの恋する前浜の風景さえ、宮古人にとっては日常の風景として慣れてしまってます。

昔はもっと綺麗だった!なんて聞くと、そのちょっと昔の海に戻して感動してみたい!と思うのが新参者なオイラのような内地からの人達でしょう。

宮古島の住民も、がっちり宮古島を綺麗にしよう!なんて動きはありません。

旅行者よりもむしろ、宮古島の住民が宮古島に平気でポイ捨てをする、と宮古人はよく言ってます。

ポイ捨てを無くすのは意外と簡単です。

一回、ゴミ拾いをすればいい。

そうしたら、なかなかポイ捨てはできなくなります。

宮古島には、ポイ捨ての習慣があったそうな?

生ゴミなどは、海に捨てればなくなるさぁ~なんて昔は思っていたそうな。

その頃はもちろん宮古島にはマックスバリュはなかったし、要はゴミの質は科学的なものが少なかったはずですが。

まだ自然的なゴミなら自然に還るからいいものの、科学的なゴミは自然を破壊する。

今や宮古島も、我が町のマックスバリュより立派なマックスバリュなどがあり、商品は我が町と変わることなく手に入れられるわけですな。

その分、自然に還らないゴミも増える。

これは仕方ないことです。

オイラの周りの宮古島住民は、そのあたりをちゃんと意識しています。

なぜか?

まぁ、観光関係者が多いってのもありますが、ほぼ全員が若い時に島外で生活し、いかに自分の生まれた島が美しいのか?をそこで確認できた人達だからでしょう。

宮古島はエコバックの常用も行き届いでいます。

でも五万五千人が暮らす島、みんながみんな宮古島を美しく保とう!と考えているわけではありません。

これも仕方ないことです。

大切なのは、まず自分が宮古島を直接的に汚さない!ですが、できれば他の人達が捨ててしまったゴミも気づいたらちょっとでもいいから捨てる、ですな。

そして海には、海外から流れ着くゴミの問題もある。

いくら宮古島の住民がゴミを出さなくとも、潮に乗って海外から科学的な読めない字の書いてあるゴミが流れ着くのです。

これを拾うとなると、さらなるエネルギーが必要!

ミュージックコンベンションでやれるのは、川満漁港、前浜くらいです。

が、皆さんに協力していただきたい。

流れてきて、今年も溜まってます。

特に今年の川満は、去年の台風もありますから、かなり溜まっているでしょう。

そして今年も皆さんが宮古島に入る前に、宮古島の学生にパイナガマビーチクリーンをしてもらって、学生無料チケットを配ります。

これにはいろんな意味があります。

ここで触れてないことでのひとつの意味は、
宮古島の学生のほとんどが高校卒業と同時に島を離れます。

その時、自分の島を語る際に、宮古島の美しさはもちろん、宮古島では毎年音楽イベントがあるんだぜ!と自慢してもらいたい。

自分の町で音楽イベントなんて、なかなかないですからな?

今では全国的に有名になった宮古島ですが、まだまだ想像でしか知らない人達ばかりに卒業後は逢わなければならないからね。

ミュージックコンベンションが宮古島から離れる若者の話のネタになって欲しい!と思っています。

宮古島の学生にはとても高いチケット代です。

こちらも宮古島を使わせていただいていますから、せめてもの気持ちです。

みんなで宮古島を美しく素晴らしいイメージで埋め尽くし、宮古島から環境美化を発信していく!

そんなことになったら、素敵ですよね?

今年もクリーンナップ大作戦はやりますが、絶対参加ではありません。

有志に期待する企画です。

ただお願いは、皆さんがいろいろ訪れるだろう宮古島の各場所で、ちょっとエネルギーを出して気になったゴミを一つでも拾って、然るべき場所に捨てていただきたい。

それがミュージックコンベンション・スピリッツです。

よろしくねっ!
スポンサーサイト

<< 今日も陽が落ちた | ホーム | アイドルデビュー! >>


コメント

HP

新しくなってましたね!!
一気にテンションあがってきました!!
ゴミ拾い、やってます。
でも有志の方が本当に沢山参加していて
ちょっと出発遅れると、正直拾うゴミがないくらいの時もあります。
ゴミ袋にちょっとしか入ってないで戻すのも気が引けたりします。
みんな綺麗な宮古島が好きなんだなぁ。と実感し
一緒にライブ盛り上がれるの楽しいです。
今年も楽しみにしています。

ついに

お家探すんですね~わぉ☆
すでに島内の良い場所、熟知してらっしゃるんでしょうねぇ。

今年こそは
クリーンナップ大作戦参加したいと思っています!!

もし出来なかったとしても、スピリッツは忘れないよう心に留めて過ごしたいと思いまーす。

ツイにデスね!

ヤドカニさんの宿を本格的に探すのですね。
viva viva

宮古島に想いをつのらせ、遠距離恋愛がちょっと滞在型になるんですね。

宮古ちゃんも喜んでいること間違いございません。

島のゴミについて書かれてる内容は、他の離島にも同様な事が言えます。


私も南の島に移住しようと、五島列島、種子島から南下、移住ツアーにも参加しました。
その結果、宮古同様、海がキレイで終戦後の昭和が残っている奄美大島の加計呂麻島にしようと半年毎に通いつめ、ツイに見つけたのですが色々問題が重なり一旦、断念せねばならなくなれました。

ここも流れつく外国語のゴミは浮いたまま。
『何故取らないの?』と聞いたところ
『そのままにしておけば、また流れていくから。
それに拾ったとしても焼却する所がない。
焼却する為に街へ運ぶにも船の燃料誰が払ってくれるんだ。』と言われて黙ってしまいました。

実際、お世話になった民宿の壊れた保存用冷凍庫を集落外れの空地に持って行って、そこで焼却してました。

これが現実なんですよね。
海へポイ投げも普通。

意識改革が必要なのですが、なかなか難しい。
ならば、I&Uターン組が率先して、コツコツと行なっていかねば始まらないし変わらないのです。


ゲンタさんが移住したら、もっとラブリーな宮古ちゃんになること祈ってます。

5月、楽しみにしてますよん!
なんたって初日の5・25は、私の誕生日。
この日は、毎度晴れッス。
ciao ciao

移住...いいな

一昨年、宿泊したペンションの管理人さんが不動産屋さんで
「土地買いませんか?坪3万からありますよ。」って勧められました。
その時は本気で考えてしまいました・・・
私には遠い夢ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ついに、念願が叶うのですね~!
多忙な中、着々と準備されてたんですね。
おめでとうございます!

ゲンタさんが宮古島に住むって自然な感じがします。

いいなぁ~。やっぱり羨ましいです~。



クリーンナップは、もちろん参加します!

パイナガマビーチの休憩所、椅子のあたりにもゴミが多いですよね。


気づいたら、拾う。をやっていきたいと思います。


そうですね。まずは、外の者から行動する。ってきっとチカラになると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。