プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオ体操から発展しまして

思わずラジオ体操からの教育問題までに話題が発展した昨夜でしたな。

ま、オイラも含めて、思っていること、言いたいことが堂々と言えない世の中となっています。

言いたいことを言って、反論が出たとして、そこで双方が話し合えればいいですが、話し合いにならない人達が必ずっていっていいほど登場してくる。

落ち着いて話し合いも出来ない最近ですな。

一番参っちゃうのが、やはり本音と建て前ってことを理解できない世の中になりつつある、ってこと。

要はルールとかモラルとか法律って、基本的には建て前なはずなんですわ。

それをどう要領良く本音を混ぜ合わせてやっていくか?が社会には大切なことなんだ!とオイラは昭和の日本で教わった。

本音なんてニュアンスで理解するしかないっす。

一応、建て前ではある決まりがあるからこそ、本音は明かさず含むわけです。

それが段々と通用しない世の中になってきた。

1+1=2と教えるのは学校の授業で、人間社会は1+1=2にはならないのが当たり前で、それを学び考えていくのが人生の醍醐味なはずです。

が、人間社会での1+1=2以外になることを許せない、理解できない人達が多過ぎる。


自分に対しての損得勘定も、算数みたいな足し算引き算でしか考えていない、想像力が乏しい人達が多過ぎる。

耐える、忍ぶ、許す、ができないから、常に攻撃的で、損を避けるばかりいるから得も来ない。

こうゆうことを勉強する必要はない!とした日本の社会や教育システムが今の世の中にしてしまったんでしょうな?

子供の頃に、夏休みのラジオ体操の良い思い出を持ったオトナなら、たかが二週間くらい、朝の子供達が多少うるさくても我慢してやる、ってのが文化を繋ぐってもんですぜ。

オイラ達がラジオ体操やってた夏休みも、うるさいなぁ!と思った人達はいるはずですが、文化を繋ぐってことで我慢してくれていたんでしょう。

おかげさまで、オイラはラジオ体操にいろんな想いがあります。

オイラが育った昭和の町は、地域で子供を教育していたように思います。

町で有名なおっかないオトナが何人かいました。

きっと、そんなに怒ってはいないんだろうけど、役回りとしてイタズラ小僧には水を撒いたり、怒鳴ったりしていましたな。

イタズラ小僧は、本気で怒られるギリギリなイタズラをし、時にはギリギリを越え本気で怒られたりして、その加減を学んだのです。

本音と建て前を、ね。

本音と建て前がわかったから、建て前をちょっと破ったからってチクるようなヤツは仲間にしませんでした。

ま、チクるようなヤツはほとんどいなかった。

だって、本音と建て前がわかっていたから。

建て前なんて、一応の決まりです。

なんでもいいよ!とは言えないからね。

もちろん建て前には遊びの部分があって、そのギリギリがどこか?を見極めるのが勉強だった。

オトナは、学校の勉強より、そのギリギリのラインを見極めることがオトナになるときには大切だ!と教えてくれました。

今は、親が子供のレールを作りすぎていますよね?

親の思い通りにならないと、親が納得しない。

子供はそれがわかってるから、親の都合を見て演技するわけです。

下手すりゃ思春期も知らないでオトナになる子供も出てくるのでしょうな?

そんな子供がオトナになって、アニメのキャラクターに恋したりね。

人間が誰しも抱えているドロドロした部分を見抜けなかったり、本音と建て前がわからなかったり、耐える、忍ぶ、許す、ができなかったりする。

自分の世界と同じように、他人にも他人の世界があり、人数分の世界があることを理解できずに、自分の世界だけで生きてくオトナになっちゃうのでしょうな。

ラジオ体操がうるさい!と言ってるオトナをまず説得して、ラジオ体操を復活させましょう。

まずはオトナ同士が話し合ってみないと、子供に文化を繋げませんぜ。

禁句なんでしょうが、オイラはヤクザの取締り強化をこれ以上やらないほうがいいんじゃないか?派です。

恐い人が町にいなくなったら、益々この状態が悪化するんじゃないか?と。

毒には毒を!じゃないですが、わかりやすい毒ばかりを取り除けば、裏に潜む毒は蔓延していきます。

そうなった時に、日本の将来はどうなるのでしょう?

町の誰もが、おとなしいと言ってる男子が通り魔になる時代になりました。

恐い人が恐いなら、よければいい。

おとなしい男子じゃ、よけられないです。

町にガキ大将は必要っす。

ガキ大将は、力が弱いやつを助けるかわりに、多少の命令をしてもいいんです。

そのかわり、力の弱いやつがイジメられたりしたら、体張って助けるべき。

オトナもガキ大将に頼めば、子供間の問題もクリアできたのが昭和な時代でした。

ドラえもんを見てても、ジャイアンの迫力がなくなった平成っす。

でも、子供の基本的なことは変わっていない。

オトナがダメ!と言ってるから、オトナから見えないところで潜って何かしていたりするわけです。

そんななら、ガキ大将を復活させたほうが安心です。

地域の子供の問題は、ガキ大将を叱ればいい。

地域のボスになる器に育てればいい。

そんな理想を持っていますが、無理なんだろうな?

どうしましょ?日本。
スポンサーサイト

<< クリスマスイブの喧騒の中 | ホーム | クリスマスイブ >>


コメント

そういう訳なのですね

昨日のラジオ体操の事、そうして今日のブログを拝見して納得してしまいました。

我が家のすぐ近くに小学校があるのに、夏休みの朝が静かで主人と「ラジオ体操ってやらなくなったのかな?」なんて話をしていたのです。まさか苦情があるなんて…。
夏の風物詩じゃないの?
夏休みでも子供は早起きして生活のリズムも崩れず。

何だかおかしな世の中ですね。名札も無くなった学校が増えたんですよね。
子供を護る為と個人情報の保護からだそうです。学年が変わる度に真新しい名札、嬉しかったのにな。

ガキ大将、必ずクラスに1人はいましたね。いじめっこではない、ガキ大将。
今はいじめっこが大将らしいですよ。

今度イベントでライブの前に身体をほぐす為にラジオ体操しましょう♪かなり久しぶりな人もいるでしょうし。で、チケットにハンコウ。プレゼントはライブ。

いかがでしょうか?(笑)

15、6年前に大阪の小さな回転寿司店で、その道のオジサンと隣り合わせになり、全ての食事代を奢ってもらった事がありました。なんでも、その世界から足を洗って、これから深夜の列車で迷惑をかけてきた嫁がいる山口へ帰るとゆうことでした。
帰り際に、嫁さんの土産のつもりだったけど、これも持って行けと渡されたものはヨレヨレの包み紙にくるまれた大福餅5つ。商店街の軒先で売っているような少し硬くなっていたものでした。故郷に帰るのをためらいながら数時間それを抱えて歩いていたのが分かるようなものでした。
ちょうど今ごろの寒い日で、お土産もなく帰っていったであろうオジサンを思い出しています。
長袖からのぞく色あせた彫物が、恐くて恐くて、でも哀しい気持ちで家に帰りました。

そして、BAND AID!
超懐かしい。当時私は小学校高学年か中学に入ったぐらいです。
友達の家に行った時、年の離れたお兄ちゃんがカセットテープをくれて、そこに入っていたのがまさに「DO THEY KNOW・・・」。
意味も分からずに背伸びして洋楽を聴き始めたのはそれがきっかけだったかもしれません。
ワムのラストクリスマスもおそらく同時期のものですよね。

今思うとほんとに豪華なアーティストばかりです。そこにポールマッカートニーやデビッドボウイなどなどが参加していたのを知ったのはだいぶ大人になってからのことでした。

子供の頃の記憶が今になってリンクしてくるのが、再発見でかなり上がります! また懐かしい音楽の話をしてください。

今夜は私がサンタクロースです。
コソコソ準備を始めないと。
今年もこんな夜が来たことに感謝しています。ゲンタさんのマッコリクリスマスもいいですね。

みんなで子育て

小学校の入学説明会での 話によると、
父親の家庭での役割は、規律。
母親は、受容。
温かく見守り、受入れる事だそうです。
 
本当に難しいです。
『母親』でいる事は、努力が必要です。

ゲンタさんが、プライドを持ってお仕事するように、
『私にしか出来ない事』は、
あの子達の母親である事だと思っています。

でも、分からないんです。
何がいいのか。合っているのか?
甘やかしているのか、受け入れているのか。

私は、すぐに怒ってしまう方です。
出来るだけ抑えているつもりですが。
よその子にも すぐ怒ります。

夏祭りで、知らない子供が、
射撃の行列に待ちきれなくて、
狛犬によじ登っていたんです。
狛犬ですよ。
親いるんですよ!
親の前で、怒ってやりましたよ。
何が「まだ小さくて、言う事聞かなくて!」ですか。
そこの親っ!
ホントそれでいいのか? でした。

ゲンタさん 注意出来ます?
私、世界平和に 貢献しましたかね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誤字脱字

『射撃』って!

すみません。
『射的』です。

最近になって

子供を産むことの意味(意義?)に気がつきました。
今さらなんですが…
子供たちは大切です。教育は大事です。
どんどん子供を産める世の中にならないとなーと思います。放射能は心配ですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。