プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくり!

コンビニに立ち寄ったら、アンアンとノンノがエロエロで驚いてます。

オイラは引いてしまいましたわ。

そうゆうご時世なんですな。

女性もやる気!な時代ってことっすな。

日本ラテン化っすわ。

ま、オイラは現役退いてますから、今や監査役な気分で眺めさせていただきます。

性に対するグッズや探求心は、日本はかなりレベルが高そうな。

オイラはちっともそうゆう形には興味ありませんでした。

真っ直ぐにエロ!だったのでして。

相手が変化球待ちだったりすると、困ってしまいましたもん。

性に関しては、闇の世界であり、個人の秘密な部分でもありますな。

その秘密をお互いにさらけ出すことが、要は行為となるのですが、さらけ出されて困ってしまうことも多々。

プレイと呼ばれる方向とメイクラブと呼ばれる方向がありましてな。

相手がどちらを望んでいるのか?で、かなり相性ってのが違ってくるわけです。

真っ直ぐなオイラは、常にメイクラブ派でしたからな。

周りの野郎仲間でも、プレイ派はたくさんいるわけでして。

話しを聞いてると、びっくりしてしまいます。

オイラは全く興味がないけど、そうゆう男性とのお付き合いを経た女性には、オイラは物足りないんだろうな?と思います。

オイラが打楽器奏者ってのもあるのかな?

エフェクターとか使う前提がないのです。

生音でのセッション!って感じですかな。

ま、いつの間にやらすっかり監査役になってしまいまして、世間はスゴいなぁなんて驚いているわけです。

できるうちにやったほうがいいっす。

すぐできなくなる年齢となりますからな。

監査役になった自分も嫌じゃないもんです。

素敵な夢をくれた女性達には感謝したいっす。

素敵な思い出をありがとう!

それにしても女性誌はスゴいなぁ。
スポンサーサイト

<< 阿南をアピール! | ホーム | 洗濯中! >>


コメント

下世話な話

男性は今までお相手した女性を覚えてるもんですか?

ナイスです

監査役って!!

ナイスネーミングですね 笑

私は直球派です☆

まぁ

名前とか、日にちとかは忘れがちですが、その時の出来事は覚えてるのでは?

と、言うより、男性と女性はほぼ同数なので、男性ばかりがいろんな女性と・・・だと計算が合わなくなります。

女性でも、お盛んな方はいらっしゃる、ってことです。

女性で、忘れちゃう性格の方もいるようで。

忘れちゃう、と言うより、酔っちゃうと誰でもいいから!となる方はいらっしゃいますからな。

なるほど

女性は酒絡みだとリセットしている方が多いかもしれませんね

昨日の飲み会で話題にあがった内容でタイムリーだったもんで、、、

ありがとうございます

直球派って!

私は、直球派です!って、告白ありがとうございます。

そりゃ直球派の人達はまだ言えるからいいけど。

私は変化球が大好き!とはなかなか言えませんからなぁ。

直球派には、変化球が一切ダメな方もいるんでしょうし。

実に深い問題、闇な問題でして。

これをオープンにしたら、それはそれで違うんだろうし、中には変化球嗜好で真剣に悩まれている方もいるわけでして。

直球だって人前でやれば犯罪です。

変化球は、ギリギリなわけでして。

それを度が過ぎてしまうと、変態とされてしまうわけでして。

このラインを飛び越えるギリギリがいいようでして。

相手のラインを読まなきゃならない。

家庭やパートナーのラインでは、本来の満たされる感覚に到達しない人だっているはずです。

会社の重役が、赤ちゃんプレイにはしりやすいって聞きました。

わかるなぁ。

日常の影の部分が表面化されやすいものです。

で、キレイになれる!と言ってた女性誌が、今年は快楽の追求と多少路線変更してます。

キレイになれる!より、生々しいっすな。

日本の女性は

男から口説くのが基本的なんで、まぁその気がなくてもジャブくらい打たないと女性に失礼にあたる瞬間もありまして。

断られ、あとで陰口を言われるのがわかってても、ジャブを打たないと男は廃ります。

上級テクニックは、断られやすいジャブをうつ!でして。

それを理解して、また上手く断ってくれる女性は粋っす。

でも、そうゆうジャブを断ってくれないで、自ら当たってくる予想外の展開の場合は、困りものです。

日本の女性は、理由が必要なのです。

自分から!とはなかなかできない習性があるみたいでして。

お酒などは、なかなかいい理由となるわけです。

そんな時、男性として意気投合できるなら問題ないのですが、上手く断るにもテクニックが必要でしてね。

相手を出来るだけ恥かかせず、アナタの魅力がないから断るんじゃないんですよ!ともっていってあげるのが、粋ってもんです。

でも中には、女性がオーケーなら男はみんなオーケー!と勘違いしている方もいますからな。

誰でもオーケーな男性もいますが、オイラはそうゆうタイプではなかったようです。

最近の

草食男子の増殖の影響で、子孫繁栄の危機感が高まっている風潮をうけて?「女子から行きなさい!!」
ってことで特集が組まれたりしてるのかもですね。

うーん、そうは言っても日本女子、なかなかできません、、。

付き合い始めて、いざ、って時にその人の変化球が発覚し、ついていけずに別れてしまうなんてことも結構あるんでしょうね。

かと言ってオープンにすればいいってもんでもなく、マル秘だからこそ良い部分もあるわけだし、
まぁ需要と供給(需要と需要?)のバランスが成り立って、2人がよければそれでいいんでしょうけど。

あ、さらに付け加えると、
私、「ある程度の変化球に対応できる柔軟さを持ち合わせた直球派」です 笑

今後、監査役のゲンタさんを現役復帰させる女性が現れるかもですよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。