プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念っす。

こうゆうことになるんだな。

陸前高田の松に被災地のメッセージを込めて、京都の送り火で燃やす計画って素晴らしいと思ってたが、中止になったらしい。

放射能汚染もない松ですが、それでもいろいろ言う人達が出たらしい。

東海テレビの事故(テロップの!)といい、ひそかに被災地のことをまるで汚れたもののように感じている人達がいるってことだな。

友達になれないタイプの人達さ。

放射能汚染されてない、被災地と企画者の想いいっぱいの催しが、そうゆう人達によってなくなっちゃう御時世なのです。

いやんなっちゃうな。


すごく被災地を傷つけるわけですよ。

そう文句言う人達に限って、被災地から遥か遠くでご自分を守ってらっしゃる。

結構なことですな。

もう一回言うぞ!

陸前高田のメッセージがある薪は放射能汚染されてないんだって。

それでも燃やしちゃいけないのかい?
スポンサーサイト

<< 人力コマーシャル | ホーム | うまい飯 >>


コメント

本当に

残念な話ですね。


行うことに説得できなかった、押し切れなかった人達もかなり悔しい思いで一杯だと思います。


汚染されていないのに、断念せざるをえなかった。っていうことは、反対の数の問題だけじゃなくて、圧力でしょうか。


傍観者にはなりたくない記事ですね。


そこなんです

汚染されてない松を燃やすのに、ウダウダ言ってる人達の反対意見に結局は飲み込まれてしまった形をとってしまう今の日本の状態は、はっきり言って嫌いです。

ウダウダ言ってる人達なんて、性根がおかしいんですから、相手にする必要がない。

京都の送り火でいろんな木を燃やす中に陸前高田のメッセージ付きの薪を混ぜるのが、何がいけない?

気持ち悪がっている人達を守るのか?ってことです。

今、動くべきなのは被災地への想いでしょ?

気持ち悪がっている人達なんて、被災地にもなんのエネルギーも送らないような人達だ。

だから、そんな人達の意見に飲み込まれたことが情けないのです。

そんな人達の文句に負ける日本なのです。

貫け!と言いたい。

本筋からズレちゃいけない時期なのに、枝葉に惑わされる最近の日本なんですよ。

圧倒的多数が、口には出さず想いを繋げているのに、少数の言ったもん勝ちなくだらない意見がまかり通る日本なのです。

どうしちゃったんでしょうな?

そこです!!

私も昨日、この記事読んで怒ってました。

京都の送り火で薪を燃やす・・・なんてナイスなことを思いつく人がいるんだ!と感動し、それに反対する心ない人がいることに心底がっかりしました。
そして、ウダウダ言ってる人たちの反対意見に飲み込まれてしまったこと、これにもあきれてました。

たった数十件のメールと電話ですよ?
たった、と言ってはいけないのかもしれませんが、亡くなられた方々を想う気持ちに比べれば、本当に小さなものです。
胸にたまったどうしようもない悲しみを昇華させることは、とても大事なことです。立ち上がって一歩を踏み出すための大きな力となります。
そんな一部のわからんちんの言うことなんて、蹴散らかしてしまえばいいのに、と思いました。

でもきっと、そうはできない色々な事情があったのでしょうね。
頭を丸めて被災地に謝りに行ったという、送り火保存会の理事長さんの胸の内を思うと辛くなります。

本当に素敵なアイディアだったのに悔しい限りです。

ちょっとの違いが大きな違いでして

おっしゃる通り、素敵だな!と口に出さずも思った人数の方が圧倒的に多いはずなんです。

文句はたった数十名。

それも理屈はおかしな苦情です。

信念を貫いて多少の文句は流して行動するか?苦情が数十名きてるなら止めるか?は、ちょっとの違いですが大きな違いなのです。

きっと頭丸めた保存会の方は、やりたかったはず。

だから頭を丸めたんでしょうな。

でもお役所は今、少しでも苦情が来るなら止める体制なのです。

それが日本の政治ってことになります。

問題にぶつかっていくのが面倒なのです。

いい!と思っても、苦情を言ったもん勝ちな人達に飲み込まれてしまうお役所なのです。

なんてステキな日本なんでしょ!

おかしな人達を守り、粋な出来事は面倒だから止めてしまう。

粋な人達は、口では言わずに黙って行動しますからね。

こうゆうお国のスッバラシイ行為は、堂々とケチつけないと、日本がスッバラシくなり過ぎてしまいますからな。

そんなスッバラシイ国で子供達を教育していくなんて、スッバラシ過ぎてサブイボがでます。

本当にいいのかよ?と。

今からでも遅くないんで、送り火でやったほうがいいっす。

こんな前例(お役所の大好きなワードっす)を作ったら、他県もどんどんこんな風になりますぜ。

おかしな人達が言ったもん勝ちで大手を振って行進しちゃいます。

これが不公平のない社会のあり方だ!なんて言わないで欲しい。

下に合わせるより上を目指すのが道理というものです。

おかしな人達は自分の損得勘定だけに更にはしってしまいますぜ。

連中は誰も助けようとしてない人達っすから。

だったら、粋な人達の粋な粋な計らいを実行して、助け合う社会にすべき!なのです。

燃やすことに文句言う人達は、病気になってもレントゲンを撮るな!っす。

お役所は、聞こえた声じゃなく、聞こえない声を聞いてくれ!です。

スッバラシイ国っすよ、日本は。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

保存会負けましたね。

今回の送り火はいつも以上の想いを込めて。

二転三転して

二転三転して、これも中止にしたことに対しての抗議が多かったから、やることになったんですよね?

なんか後味悪いっす。

企画側の信念を貫き通しちゃえば良かったんですよね。

まぁ、中止のままよりは結果的に良かったんでしょうが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。