プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆境に燃えてます

まぁ今日までなんです。

ミュージックコンベンションの準備にあてられる日は。

明日からは忙しく、ミュージシャンとしての生活が始まってしまいます。

ここに来て、ひとつクリアしていない問題があります。

ずばり、花火!

花火を上げるのには、いろんな役所に許可申請するわけです。

これが二転三転としまして。

海辺と言うのはややっこしくて、浜は宮古島市、海から沖縄県の管轄となります。

今年はトライアルロンの花火を自粛したこともあり、宮古島市の役所はあまり協力していただけない感じでしたが、市長にご挨拶した際に、協力していただける言葉をいただきました。

が、沖縄県の管轄は、簡単に言えば、やって何か起こると困るなら、やらなければ何も起こることはない!的な、わかりやすい方針でして。

それでもスタッフは努力して、昨日やっと沖縄県からの許可をいただきました。

許可をいただけた時になって初めて、場所使用料の話しが出ました。

昨日、初めて聞く話しです。

宮古島市が上げるならタダになるそうで、ミュージックコンベンションで上げるとなると、花火の代金より高くなってしまいます。

今朝からスタッフが宮古島市役所に向かっていますが、多分そんな早く判子を押してくれるはずもない。

花火の話しをし始めた何ヶ月か前に、場所使用料の話しをしてくれていたら、その準備も出来たのですが、きっと向こう様は、うちは最終的には許可は出しましたよ!でも他が間に合わないから上げられないでしょうけどね?と言う、わかりやすい気質でやられてしまっています。

関係者、スタッフが必死になった数ヶ月の時間が弄ばれた気分でして。

なぜ、初めからノーと言ってくれないのか?

許可は昨日おりたけど、場所使用料を今から支払うなら義援金にしたほうがいいでしょうな。

いろんな想いを込めた花火でしたが、それは上げたいこちら側の想いであって、関係ない人達にしたら余計なことはしてくれるな!と言うことなのでしょうな。

大丈夫!

ミュージックコンベンションの立ち上げだって、当初は理解してもらえなかったんです。

誰も儲からないイベントを何の為にやるのか?と、不審者のように疑われてスタートしました。

それがすでに7回目。

相変わらず、ミュージシャンやスタッフは一円も貰わずに、宮古島と宮古島に集まってくださる皆さんを想い開催しています。

花火も、今年は追悼の意味を持って、あと宮古島の住民にミュージックコンベンションがしてあげられることのひとつとして上げたかったのです。

前例がない!と役所に言われ、前例を作ることを一番嫌がる気質なのを知れば知るほど、燃えてきます。

もうかなり今年は、花火を上げられる可能性が低くなってしまってますが、花火師の方達やスタッフのこの数ヶ月の努力を無駄にしたくはないので、最後の打開策を検討しています。

少なからず、県からの許可は昨日いただけたので、来年はそこからスタートも出来ますが。

あげられなかったら、パイナガマビーチで線香花火大会でもしますか?

新しい事をやるのは大変ですが、やれることで報われます。

やれなかった場合は、その為に努力した時間が虚しい。

絶対にこの努力を無駄にしたくはありません。

またひとつ、勉強になりました。

スポンサーサイト

<< 感謝! | ホーム | 夜中に遠吠え >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

打ち上げ花火にそんなにあちこち許可を取りに行かなくちゃいけないんですね!
びっくりです。(駆け引きのコツもありそう)
都内のレストランで、オプションの打ち上げ花火100発前後、っていうのを見たことあって
花火って意外とリーズナブルで気軽にできるんだと思ってました。
あのお店も許可がでるまで色々あったのかもしれないな~、としみじみです。

前例が無いことに燃える、っていいですね!「それでこそ!」って感じです。
私はビーチで線香花火大会も(ちょっと違う意味で)どきどきで楽しそうだし(^_^)
どんな状況でも楽しんだもの勝ち☆って思えますが
できたら皆さんの努力が報われますように、と願ってます。

残念ながら、花火の日は帰らないといけないので、見られないですが、どかーーーーん‼と大きな花火で皆の気持が打ち上がるよう、祈ってます!
役所なんてブッ飛ばしちゃえ‼

ヤるな、お役所めぇ

こんにちは、ゲンタさん。

こんな表現しては誤解を招くかもしれませんが、

お役所仕事 ですね。

市の主催でなければ  使用料払え って
そんなのまるで★★★さん稼業みたいなことを。
切り出すタイミングまで、計算していそうに受け取れますね。

前例なき事柄起こし、多大なる苦労がおありでしょうが
ミュージックコンベンションに熱い想いを寄せている
我々みーんな、協力したいと思っています。

ゲンタさん、スタッフの皆さん、頑張ってくれてありがとうございます!!


前浜で線香花火とは、恋におちちゃうヨォ(*^▽^*)

大変ですぞ

数年前にあった、明石の花火大会の事故以降、いろいろとイベントに対しての風当たりが厳しくなっております。

今年はミュージックコンベンションに対しても地元警察が目を光らせています。

海開きでも、前浜は海水浴場ではないから、とコーンで波打ち際を囲ったそうです。

駐車違反、飲酒運転はやめましょう。

似たような話しでユッケ事故がありますな。

生肉としての基準をみたした肉を出荷した記録がない!と役所は言う。

要は100%安心なんてないものには、許可しない!ってゆうのが役所ですな。

とゆうことで、宮古島には海水浴場がないわけです。

ない!とゆうことになっています。

今回も、前浜は泳ぐ人達がいないイベント?となります。

本音と建て前が通じなくなりつつある今の日本で、こんなやり方でいたら、必ずユッケ事故のような大きな事故にいつかなります。

そろそろ役所も気質を変えないと、文化のない日本になってしまいます。

協力してくださる宮古島市長、他の地方でも四国中央市長や阿南市長などには感謝です。

日本は規則が好きですからね?

免許の切り替えの際には毎回、新しい道路法の説明がある。

建て前ばかりがそびえ立ち、本音がどこにも見えて来なくなったら、日本とゆう大きな水槽に飼われている動物のようになってしまいます。

建て前はあくまでも建て前であって欲しい。

そんな想いもミュージックコンベンションではメッセージとして含みながら開催いたします。

よろしくです。

なかなか大変ですね。
打ち上げ花火ですものね。
私が住む所だと花火大会はわざわざ出向かないと
見れない場所で開催されるので年に1回見れるかどうか
そう思うといろんな場所での開催は難しいのかなと
実感しました。

てもあのポスターの少女のように花火に祈りを
捧げたいです。

平和に事が進みますよーに!

花火は

来年でもOKですよ~!

ミュージックコンベンションが開催されて、
今年も参加できることが本当にうれしいのです。
ゲンタさん、スタッフの皆さん、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんだか、ね?

100%安心・安全なこと、そんなの在るわけない。

生きていることの中にリスクも存在するのに、、、








逆境!逆境っ!

逆境・・・と聞くと、「逆境ナイン」を思い出すのは、私だけっ!?笑

なんだか、こんな逆境に立たされると、なんとか打ち上げたくなりますねっ!!

そうきたかっ!
そうくるかっ!
きぃ~っ(>_<)

新しい事をやる・・・というののは、本当に大変なことですね。
でも、「大変なこと」っていうのは「大きく変わる」証しでもあるんですよねっ!!!

「大変」だけど、「大きく変わる」。

「大きく変わる」ことに、たくさんの時間やエネルギーを費やすこと、今の世の中、立ち向かっていくことができる人が一体、どれくらいいるでしょうか。
ゲンタさんと、そしてゲンタさんの周りにいらっしゃる方たちだからこそ、できることですねっっ☆

みなさんが大変だった分、そのたくさんの時間と努力の分は、どんな形であれ、きっと何かしら変わっていっているんだと思いますっ☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。