プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイラが出来ることを信じてやります。

今日はこれから、各音楽事務所に連絡を入れます。

オイラと同じような気持ちな人達、または違う人達もいるでしょうから、確認をとって、準備をし始めます。

きっと5月末の頃には、必要な人達がいらっしゃると思うから、先は見えないけど準備だけはしっかりとやらなければ、と思ってます。

もうこの時期に、やるか、やらないか、の決断をしなければ時間的にもそろそろリミットなのです。

ライブ時の電源も、グリーン電力などで極力、一般電力を使わずに計画します。

この時期なので、参加される方も減るかも知れませんし、ミュージックコンベンションの当初の企画だと大赤字を抱えるかも知れませんが、5月末にいろんな想いを持って全国から宮古島に集まり、みんなで何かを感じて発信する事の必要性の方をオイラは選択しようと動き始めます。

美ぎ島募金に毎年、募金を集めさせていただいておりますが、今年は変更して東北への義援金をお願いすることになります。

元気なはずなのに悲しみと歯がゆさで行き場のない気持ちをお持ちの方達はたくさんいらっしゃると思われます。

オイラはそんな方達が6月には元気に日本を廻してくれることも、ひとつの復興と想像し、企画を練り直して行動に動きます。

やることがどれだけの効果を生み出すか?など考えると、それは微々たるものかも知れません。

が、毎年ミュージックコンベンションに集まってくださる、会場にゴミ一つ残さない皆さんに今だから逢いたいのです。

音楽の下で確認したいことがあるのです。

もう一度、自然についても考えたいのです。

花火は、徳川吉宗がコレラや飢饉で亡くなった人達を追悼するために江戸で打ち上げたのが始まりと言われています。

なのでその意味も含めて花火も上げたいのです。

行動することで、不謹慎と思われる方達もいらっしゃるでしょうが、音楽で出来ることは悲しみに打たれる事ではなく、元気付ける事しか出来ません。

ミュージックコンベンションはオイラひとりでは出来ません。

この時期に、こうゆう事態だからこそと賛同してくださるミュージシャンとスタッフ、そして集まってくださる皆さんと、行動を共にできる3日間を作るために動き始めます。

やるからには思いっきり楽しめるイベントにします。

きっと5月末には、思いっきり楽しむ事も必要な人達もいらっしゃるのです。

そして、元気になって、日本の復興へ!周りの人達へエネルギーを送る事が大切な時期になっているはずと想像しています。

具体的な事は募金となりますが、無駄ではないとオイラは信じています。

昨夜から、日テレはバラエティー番組を始めました。

笑うことの大切さを噛み締めました。

今回の悲しみは終わる事はないですし、あまりにも残酷な出来事でした。

が、地震の直接の被害とは違う、他の問題も生まれてきています。

被災地に直接的ではない、それに添って生じた問題の多くは、被災地以外の人達の悲しみから生まれてるような気がします。

直接的な何か?は出来なくて歯がゆくても、間接的な問題は元気な人達から変えて行けるはずです。

だから、元気な人達から早くポジティブにエネルギーを発信していかなくてはならないとオイラは思うのです。

全く被害の受けなかった西側の日本でも、影響の波は感じていらっしゃると思います。

被害のない場所から、どんどん元気なエネルギーを発信することも、ひとつの方法と思うのです。

まだまだ見えない事がたくさん山済みですが、今日くらいにこの気持ちを伝えて元気になってくださる人達が出てきてくれることも必要かな?と感じ、被災地などからは不謹慎とは思う方達もいらっしゃるかも知れませんが、多くの同じような気持ちを感じている皆さんのご協力をお願いした次第です。

オイラのやれることは、元気な人達がどんどん元気になって、日本を出来るだけ早く正常化しよう!とゆうメッセージを抱いて全国に発信することなのです。

出演者発表も当初予定していたミュージシャンと変更があるかも知れませんし、出演はするが今はまだ発表を控えたいミュージシャンもいるはずなので、予定は見えません。

オフィシャルパッケージツアーの発売日も、今は白紙状態です。

が、やるぞ!とゆう気持ちがあることだけはまず、伝えたかったのです。

自粛が全てではないはずですからね。

賛同してくださる人達と、宮古島からエネルギーを送り出すために頑張ります。

宮古島も協力してもらいますよ!

ぜひ、宮古島から多くのメッセージをこのブログに送ってください。

出来るだけ早く、日本が正常化し、被災地や被害者の傷が少しでも早く癒やされ笑顔が戻りますように願いを込めて。
スポンサーサイト

<< ダンディーガダンディー | ホーム | 未来へ繋ぐ余裕を! >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私たちダンサーやDJが皆さんにできることは
心のケアなのだと思います
音楽でつないだみんなの心と元気を送る必要を感じています
とくに、5月には。。。。。。

ゲンタさん みんなでがんばりましょう!

希望の光なのです

まだ、正直に言ったらわからない状況です。

だけど、オイラにとってミュージックコンベンション開催は希望の光なのです。

やる方向で動くことしか今は希望がないのです。

やらない決断をして、後で後悔するより、やる決断で失敗するなら本望です。

やらなければ、誰からも文句は言われませんが、やるからには言われることも増えるでしょう。

が、オイラの知ってるハンドルネームな方達がこのブログでミュージックコンベンションを希望してくださるのも感じ、かなり勇気付けられました。

誰かが何かをやらなければ進みません。

やらずに何も言われない事を選ぶより、言われるだろう行動を選んで進んでいます。

今回、参加できなくなってしまうリピーターの人達の分もキッチリ、イベントを仕上げたいです。

来年も開催できるように。

よろしくお願いします。

その言葉を

待っていました!!

私は参加します。

正直、地震直後は、
ライブを楽しめるか、楽しんでいいのか、
などと考えがまとまりませんでした。

でも、
今は、

私にできること、、

楽しんで元気を送りたい!!!

笑いや音楽、本当に大切だと思います。

自粛も必要ですが、誰かが始めることはもっと必要だと思います。

きっと宮古から大きなパワーを伝えられると信じています。

やろうぜ

ミュージシャンの佐野元春さんの、震災に対する詩や、侍ハードラーの為末 大さんのブログを見ました

皆さんも一度探してみて下さい

ゲンちゃんと似て、今からの東北を元気づけようと、各々のやれることや自分ができることを見つけて、動き出そうとかいてます。


今年で7回目のミュージックコンベンションが微力ながらも、被災者の方々に笑顔と力を出して貰えるように…、

宮古島もやりますよ

ゲンタさんができることを!!!

そのほうがきっと被災地の方へも元気を送れますよね。
参加できる方もいっそう元気になって
被災地を、この日本を支える力となるでしょう。

話はちょっとズレますが。。
停電してても弾ける楽器っていいですね
いつか被災地にも楽器の音が、音楽が響きますように。
人々のこわばった体と心を少しでもほぐせたら。

レレで、いわき舞台のフラガールとか
弾いてみたのですよ。
アンパンマンのテーマも。

そうさ!おそれないで!みんなのために!
いけ!みんなのゆめ、まもるため!!

希望の光

ゲンタさんの考えに賛同します


私は西日本に住んでいます
被災してない私たちができる事。その一つに、「希望の光」を灯し続ける事、もあると思います

不安な毎日を過ごす中、もし、私たちに余裕が無くなれば、被災地の方は誰に頼ればいいのでしょう

それぞれ出来ることをし、力強く、支えていきましょう。
そして近い将来、みんなで一緒に笑いましょう。
私たちはきっとやれます。
それまで、一緒にがんばっていきましょう!

宮古!

宮古、宮古って聞く度にやっぱり想いはつのるのです。

パッケージなんて無くていいよ!現地集合・現地解散の原点に戻って、本当にサバイバルな日々を送ってる人に「出来る事」をやりましょうよ。

便利さに慣れ過ぎて、電気があるのがアタリマエに思ってたし、こんなに原子力に頼ってるなんて驚いたり 

音を出せる場所が奪われる事は、一番辛いよね
開催します!の言葉だけ聞ければ、まだまだ頑張れまっせ  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この指とーまれ

いつものゲンタさんらしくなってきました。
ゲンタさんが、この指とーまれってしたら、多くの人がとまります。
私の住んでいる市でも、お祭りを自粛しようという動きがありましたが、結果市側は「全国が静まり返っても仕方が無いので、祭りの中で募金をしたり出来ることをやろう」と回答されました。
来月の桜祭りは平常通り行ないます。
私も、職場の人たちと支援物資の登録をしました。
出来ることをしましょう。

[i:63732]

よっしゃあ!!!

希望の光だぁ

ゲンタさん ありがとう

ありがとうございます!!

ゲンタさんの言葉がどれほど嬉しいかっ!
ここに書くだけでは表し切れません。

ついて行きますよ!

昨日のバラエティ番組を見て、久しぶりにテレビを見て笑ってる自分がいました。

人って、笑うと気持ちも上がってきますね♪


宮古島、楽しみにしています。
みんなで日本中に元気を贈りましょう!

きっと。

ミュージック・コンベンションに参加した事のある方、参加してみようと考えていた方達にとっても、
『希望の光』なハズ!

ゲンタさんの勇気ある決断に賛同します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今日…

今日の夕方疲れてぼんやり寝ながら携帯のツイッターを見ていたら、あるお母さんのツイートでお子さんが幼稚園で習ってきてトイレットペーパーを節約しましゅう、節電しましょうと習ってきて、3歳の妹に教えていたそうです。しっかりしていて可愛いです。人はやはり教えて大きくなる。ちゃんと教えた先生も偉いですが、それをちゃんと小さい子も理解しているという事なんですよね。私も頑張ろうとまた勉強になりました。出来る事からやっているんですよね。偉いなぁ。私ももっと教わりたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

宮古島には世界に発信できエネルギーがあると思います。ミュージックコンベンションからいいエネルギーを被災地、日本へそして世界へ発信しましょう。

日常から繋がる希望

テレビで阪神大震災を経験した子供たちの書いた作文について紹介していました。

地震直後、子供たちは避難所で毎日泣いたり不安な日々を過ごしていたそうです。
一緒にいたお母さんも髪を振り乱して必死で頑張っていたそうです。
しかしそのお母さんが地震から4日後にいつものように口紅を塗ったそうです。
子供はそんなお母さんを見て『もう大丈夫なんだ』と安心して不安が吹き飛んだとの話でした。

その話を聞いて、普段の生活を取り戻すことが何よりも復興への希望になるのだと深く感じました。

被災地ではない私たちに今できることは普段の生活をできるだけ早く取り戻し、『大丈夫だよ』とこちらから元気なパワーを届けることなんだと思いました。
そしてそれが必ず被災地の元気に繋がるのだと思います。避難所の子供たちもアンパンマンの音楽を聞いて元気を出したりしているそうです。

音楽には言葉ではあらわすことのできない強いパワーがあると思います。
ミュージックコンベンションリピーターはこのイベントにはお母さんの口紅ぐらいのパワーがあると感じていると思います。
そこで得た被災地への想いは募金に込めて必ず届くと思います。
きっと大きな気持ちが溢れたミュージックコンベンションになると信じています。

はい!

ゲンタさんの決意、伝わりました!(^^)
私も自分にできることをがんばります。
そして、宮古へ行きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あの非常に過酷な状況の中で、家族をなくした子供達が頑張っています。
子供達の心の傷は勿論、親御さんの無念を思うと、胸が張り裂けそうです。
私は、親御さんの無念を無念のままで終わらせないように、子供達の未来に出来るだけのお手伝いをさせてもらいたいです。

戦後の日本の復興、チリ地震による津波の災害からの復興に貢献し、今回の災害後救出されて直ぐのインタビューに「また再建しましょう。」と答えた男性がいらっしゃいました。
きっと再建出来るのだと確信しました。
私は出来る限りの支援をさせてもらいたいです。

今寸断された道が開き、瓦礫が撤去された時に、希望の光を沢山沢山注ぎ込みたい。
その力をみんなにつけてください!
集めてください!
それが実現出来る場所だと信じています!

私も更に出来ることをしていきます。
今日も「お金が必要なんだ」としつこいくらいに言い回って来ました。
それは経験上感じたことだから。

みんなでがんばりましょうね!!!

この数日。
「何かしたい!」という想いは、形が違っても皆同じと知った。
かといって、情報と行動を慎重に選択しなければ、被災地の方々へ逆に負担をかけるおそれがあることもわかった。

私にできることは、今を嘆くのではなく、日々を大切に生きぬくこと。
そしてやはり「これから」が大事、と心に留めておくこと。

すべては繋がっている
ならばきっと時間を経て新たな課題も現れる。
長期的に力になるためには、まず自分の心と体を元気にしておかなければ何もできない!と。

自分なりに答えを出しました。

しばらく、ここへ書き込む勇気がありませんでしたが、ゲンタさんの決意に勇気をいただきました。

ありがとう!
みなさんと一緒に前へ、歩んでいきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゲンタさん

生まれて初めての長い停電。
町が消えた。と思いました。
期限がない暗闇の時間を過ごす方を思えば。
なんてことない。
でも。ひとりぽっちじゃ怖いのも正直。
宮古島で感じた、共有できる感覚って凄いなぁ。。。
その事を思っていました。

音楽とは素晴らしいものですね。
何かが廻り廻って、、、
心に灯をと願いつつ。
参加させていただけることを待っています。

よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今できること

ゲンタさん、ありがとう。
ミュージックコンベンションは開催されると信じていました。本当にうれしいです。
賛否両論で、いろいろ言う人はいると思います。今、音楽をやることは本当に勇気がいることです。
でも今大変なときだから、大切で必要なイベントだと思うのです。

今日、野田秀樹さんのお芝居を見てきました。
昨晩から公演を再開されたそうで、テーマは、ちゃんと理解できていないかもしれませんが、戦争、天皇制、日本人、マスコミの報道、嘘、噂。
あえて、今このお芝居をやることの勇気を感じました。
今だから身につまされるというか、考えさせられる内容でした。

早く帰宅したい人のためにカーテンコールは2回。野田さんの心遣いが伝わる公演でした。

新たな一歩、踏み出せた日

ゲンタさん、こんばんは。

今日は強くて大きな決意をここへ来る皆に表明してくださり、有難うございます。
どっと、疲れてはいませんか?
いや、その逆で 皆からの熱いコメントや賛同してくれる仲間からの熱いものを受け、エネルギーで満ち溢れていて欲しいのですが。。

今日は、電波の通じない環境エリアの職場だったため
ゲンタさんの決断、それにいたるまでの考えを仕事帰り、電車待ちホームにて読みました。
目頭、熱くなり、涙こらえることが出来ませんでした。
周りには人はまばらでしたが、花粉症のせいにしてごまかしました。。
本当は、読んだ直後にコメント送りたかったのですが、ミュージックコンベンション開催へ向けて再始動報告の嬉しい気落ちや今回の災害についての考えが一揆に溢れ出してしまい、上手く文章で伝えることが出来ず
ただ、ただ ゲンタさんの気持ちを何回も何十回も読み返していました。
今すぐ災害にあわれた方がたのケアをすることは出来ないけれど、災害から1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、、、時間が経つにつれケアしていた方もまた疲れ果ててくることでしょう。そんな彼らも含めた被災者の支えになる者が弱っていてはダメなのです。災害に遭っていない我々が『その時』のために力を蓄えておかないと。
今回の決断、感謝の念でいっぱいです。そして、今までイベントには【参加者】の気持ちで行っていましたが、今回は【賛同者・裏スタッフ】の心持ちで加わりたいです。
頑張りましょう!!
戦争で被害を受けたのではない。敵がいるわけではない。日本人ばかりか、世界中の人達がが見方になって協力してくれているではないですか。

寒の戻りで膨らみかけた桜の蕾が硬くなってしまったかのように感じていましたが、今日のゲンタさんの決意でそれも再び緩み、膨らみが大きくなっていくように思えています。

有難うございます。

そして、素晴らしいイベントにしましょう、ね!!

追記:何だか、やっぱり上手く想いをつづることが出来ませんでした。読まれて不快に感じる方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

陽は、また昇る

この状況下で不謹慎と思われるかもしれませんが、
自粛という二文字に惑わされ過ぎていると思います。
必要な事と必要でもなく世論を優先してしまい過ぎる日本国。

マザー テレサが『何をすべきか判らず見てるだけでなく、手を差しのべたいと思うなら行動しなさい。』と。

本当に今が行動する時なのです。

買いだめして自分さえよければという行動でなく、災害で犠牲になった方々の命が私達生存してる者皆、生かさせて頂いているのですから私達が出来る事を行動にしていく時だと思います。

ゲンタさん、色々批判くらうかと思いますが、ミュージックコンベンションに参加した方、そうで無い方でもこのブログを読んでる方々はゲンタさんの主旨に賛同すると思います。


5月下旬、宮古から『らぶ』を発進しましょう!

必ず行きます。


そうこなくっちゃ。

みんなで 宮古島から元気を送りましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

届けたい

ゲンタさん
ご自身も停電の地域にある中、たくさんのことを考え、結論を出し、ここに想いと結論を書いて下さりありがとうございます。
大阪に本社がある弟の会社の会長さんは、あるプロジェクトの始動を今回の大震災で躊躇する他の偉いさん方を「絶対始動させる!関西まで元気を失ってどうする!?関西から元気を発信するんだ!何かあったらおれが全部責任取る!」と言い切って、一蹴したそうです。
こういう強いリーダーシップが、何かを始める時は必要なのだと思います。
そこに、信じてついていこう!と思える人物が必要なんです。
被災地には今出来ないことでも、被災を受けなかった地域では出来ることがたくさんあります。
直接的な援助と、間接的な援助もあります。
私は「今できること」「瞬間的に爆発的なエネルギーでできること」「長期的にできること」があると考えています。
ミュージックコンベンションを開催することは、
そこに集まるみんなで爆発的なエネルギーを起こせると信じています。そしてそれを届けられるはずです。
その場所と時間を確保しようと動き出したゲンタさんに感謝します。
5月末の宮古島、行きます!!!

宮古島から発信

4月24日のトライアスロン宮古島大会。
延期するか中止にするか市役所が検討していましたが、
今日の新聞で予定通り開催することに。

セ・リーグも開催。
読売のじいさんもたまにはいいこと言ったかな。

コンベンションも想いを込めながら参加することを楽しみにしてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。