プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりでイく大切さ!

催眠術みたいな効果がライブにはありますな。

でもあくまでもそれは集団催眠ではないはずでして、見ている個人とステージにおけるプライベートな感触なはずでして。

一番気持ちよい瞬間は、誰とも分かち合えないはずです。

知ってますよね?

いい匂い、美味しい食事、Hの快感などは分かち合えない。

でも、この感触に自信を持てない人達が日本人には多いようで。

何故か人の意見を参考にして安心したがる。

下手すりゃ、誰かの強い意見によってそれこそ集団催眠にかかったりするわけです。

個人の感触に自信を持たせないように、戦後の日本はコントロールされた部分もあるんですが、ね。

何故、ライブで必要以上に周囲を気にするのか?わかりません。

周囲を気にする事と、大人としての個人がキチンと自己責任を持つ事では、かなり方向が違ってきますから。

周りに合わせる・・・これもある種の集団催眠ですからね。

自分の意志で行う行動が何故か周りも同じ、と言うのが人間同士の絆を深くすると思うんですわ。

人間同士だから、意見や行動が違うなら個人の意志ではっきり言えばいいんですな。

オイラはついつい、集団に巻き込まれるのを避けてしまいます。

集団として考えるのではなく、あくまでも個人として考えたいのでして。

個人の独立なくして、集団として常に生きていくくらい虚しく、そして危険なものはありません。

いじめ、なども集団による意識が作るものです。

個人対個人から外れていく怖さは、最終的には犯罪や戦争などを起こすきっかけにもなります。

誰かが良し!としたものをみんなして良し!としなければ除け者にされるような事になったら、本当の自由は手に入りません。

しかし、個人で考えるより集団に属しているほうが安心、とゆう、見事にコントロールされてしまった人達も少なくありません。

ライブのアンケートなどで、
「みんなが楽しそうだったので、盛り上がりました。」
ってゆうのが、以外と多いのです。

逆を返せば、みんなが楽しそうじゃなければ盛り上がらない!って事になりませんか?

そんなにみんなが大切なのかな?と思ってしまう。

あなたはみんなのひとりじゃないのか?と突っ込みたくなる。

そんな自立してるなら、みんななんてどう感じているか分からないけど、自分は面白い!とか、そんな発想はないのかしらん?と。

そんなことに疑問さえ感じずに生きているのだったら、本当に怖いな、と思ってしまうのです。

ライブで感動させて、自分だけしか分からない感触を与えたいのです、が。

そうゆう方は、知らない感触に出会うと、何故か笑うのです。

おかしくない、感動するような衝撃的瞬間に、笑うのです。

これは、恋した時に初めてキスをしようとした時に笑われる、のと同じようなものです。

どうやったら、もっと解放出来るのでしょうか?

ん~難しい。

まぁ、きっと美ぎ島ミュージックコンベンションが一番分かりやすく解放と個人の感触への自立が伝わりやすいですけど、ね。

常に個人にぶつかってくるイベントですからね。

個人が自立していないと、どうしていいか?分からなくなるイベントですからね。


でも、来ないだろうな?

そしてミュージックコンベンションに来てくださる皆さんについつい甘えた記事を書いている年末です。

日本人がもっと個人として自立し、責任を持ち、ひとりで楽しめるようになったら、国は変わりますぜ。

エクスタシーは個人でしかキャッチできない事となってますからね。

イきましょう。

まずは個人がイきましょう。

みんなはどうやってイくのですか?なんて質問がきそうだけど、ね。

それだけは、自分で知るものですから、教科書にも載ってませんからね。

来年はさらにイきましょう。


スポンサーサイト

<< あと残りわずか | ホーム | 半蔵門線の出来事 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みんなが楽しそうというのは、そこにらぶがたくさん溢れているからではないかと。
だから私もそれをキャッチして楽しくなること、いっぱいありますよ。

でも、同調するのは簡単だから。
以前書いてらした、ゲンタさんと、よしとさんのご関係はとても素敵だし、羨ましいなと思いました。

ライブ

ひとりでも行きますよ~イきますよ。
友達と一緒でも、楽しい瞬間を共有できるかっていうと難しい。
だからひとりでも行くのです。
来年はもっとイきたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

年末ですね。

ゲンタさん、こんにちわ。

さすがに今日は、電車も空いてました。


毎年、年末年始、あまり関係なく仕事なんですが、季節や行事を感じることは大切にしようと、年々、思います。


今年の、特に後半は、ライブにたくさん出掛けたなぁ。と振り返ってます。

先日、予定よりも仕事が早く終わり、思い立って、ラッキーにも三宅伸治さんのライブに行くことができました。
ライブ後、とっても嬉しいお話聞けました!!


年明け早々から、しばらくの間は、勉強ばかりの日々になるのですが、それを楽しめるように努めたいな。そして、お休みの日は、心おきなくライブが楽しめるように、めりはりつけてがんばらなきゃ。と気を引き締めてます。


来年の宮古島へ向けて、夢が膨らみます!


今日も冷え込んでますので、ゲンタさん、お身体にお気をつけて。


周りと同じが安心な国です

そしてその風潮が個としての存在感を失わせます。

ライブの時くらい解放していただきたいし、ライブとは心を解放するためにあるようなものですから。

なのになぜ、周りと合わせる事に必死にならなきゃいけないのか?

腕振って解放されるなら構いませんが、腕振る段取りに必死になったら解放にはなりませんからね。

ミュージシャンはお客さんの盛り上がっているだろう姿など気にしないものです。

それより、ちゃんとキャッチボール出来ているか?を感じてます。

投げた球を受け取ってもらいたいし、投げ返してもらいたい。

昨夜も、泡踊りのように踊り出すご年輩や座ったままだけど吠えてるような兄さん達がいました。

それぞれとキャッチボールしてる気持ちでライブ出来ました。

中には微動だにしないで染み込むように聞き入る人もいるでしょう。

それぞれがその瞬間に解放してくれたら、ライブは存在する意味を持てます。

大切な時間ですからね、ライブの時間は。

日本人全員が自由にライブで解放できたら、いい国になりますぜ。

まだまだ日本はその点は発展途上です。

そうなる為にはまず、ミュージシャンが魔法のような時間をつくらなくては、ですな。

オイラも頑張りますぜ。

お疲れ様です!

ゲンタさんの伝えたいこと、理解できた気がします。

楽しみ方、感動するところって、一人一人違って当たり前。ですね。


ずいぶん前の話ですが、キヨシローさんのライブで、腕をふりあげたりとかできなかったんですが、こんなに楽しく感動して熱くなっているのに、キヨシローさんから与えられるだけで、返せない自分って、もどかしくてヤダな。って気付いた時があって、悩んだことがありました。
でも、そんなことをライブ中にふっと思ってしまった時間がもったいなかった!とまた反省して、ライブに集中するようになると、ゲンタさんが言われていた、個と個の空間が生まれて、ライブがもっと楽しく、ワクワクしたものになり、自然と、自分なりに、全身で楽しめるようになりました。

みんな思い思いの楽しみ方、表現の仕方がありますよね。

マナーは、とても大事ですが、みんな、ライブを観たくって集まった人達なんだな。って思うと、とってもらぶ&ぴーすな気持ちになります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。