プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅が食べられますわ。

朝から車屋行って、住所変更していないことが発覚するわ、リハーサルやるわ、車税の窓口は税務署!と向かえば別の場所と言われるわ、また車屋に戻って、そのあと青山で打ち合わせってか?

昨日からずっと動いてる。

あまり実のない動きである。

大変よ、師走は。

早く年明けしてしまえっ!ってなもんです。

冬越せるかな?ってくらい寒い懐も、二次使用料の支払いがあり、温かい物が食べられそうだぞ!

ありがたや。

ミュージシャンは、レンタルされた音源のみ、演奏者にも少しの分配金があるんですわ。

ダウンロードばかりの時代だから、二次使用料も少なくなるのかな?と思いきや、毎年並みにありがたや。

レコーディングした曲が過去に、オリコン一位に沢山なってますからな。

ありがたや。

でも、売り上げとは関係なく、あくまでもレンタルで、の事ですから。

これ、微妙なんですわ。

売れているCDはレンタルしない。

要は、シンパなファンが少なく曲がいいとレンタル数が増えるようです。

二次使用料の権利はミュージシャンにはありますが、役者もやっと再放送などから二次使用料をもらえるようになったようでして。

作家は大変です。

ないに等しい。

古本屋の売買は、作家には何も入らないわけです。

図書館は支払っているようですが。

だからか、電子図書を歓迎する作家は多いようですな。

貸し借りとか、中古販売がないですからね。

1月の収入の薄さに昨夜びびってましたが、少しホッとしましたわ。

11月~1月までで蓄えもなくなりまして。

正月に餅が食べられますわ。

来年は頑張らないとな。

スポンサーサイト

<< 素敵な仲間 | ホーム | 美ぎ島ミュージックコンベンション・ミニのインフォメーション >>


コメント

日本昔話にありそうな

温かいお正月を迎えられそうで…なんてくだり、まんが日本昔話で聞いたような、ホッと胸撫で下ろす結末ですね。
良かった、良かった。
凍えるお正月では浅草ホリデーで、ゆるーく楽しめませんから、ね!

しかし、音楽業界も俳優業や作家…クリエーティブ業界は私のような雇われサラリー業には想像できない収入制度です。
過去の仕事でお金が入る、知的財産というのでしょうか?
もっと護られるべきだと思いますョ。


懐かしい言葉

「正月に餅が食べられる」懐かしい言葉ですね。
冬のボーナスを餅代、夏のボーナスを氷代と父が言ってました。
「正月は職人に餅代持たせて帰らせんとあかんから、現場ようけ取ってくるわ!」とゆう父に口には出さないが、毎月そないしはったらええのんに。ほんならお金持ちになれるのに。と、思っていた子供時代です。(笑)
職人の方々も、「のんのん!正月にぎょうさん餅食べれるように、働くで!」と、頭を撫でてくれました。
今じゃあすっかり隠居生活の父。
餅代の心配もせずに、むしろそんなことすっかり忘れてしまったかのように日々送られています。
お餅詰まらせんごと、長生きしてね!と祈る年末です。

私は、図書館で、本を借りることが多いので、
作家さんには、いつも申し訳ない気持ちでいっぱいです...。

「KAGEROU」で、久々に、単行本を買ったくらいです。
読まれましたか? 私は、面白いと思いました。

二年前までは

二年前までは、弟分に餅代を渡していましたが、さすがにこの不景気で、自分の事も必死っす。

ま、来年は音楽業界だけではなく、社会全体が今年よりは上向き景気になるはずです。

頑張らないとな。

弟分に餅代出せるくらいに、ね。

二次使用料

そんな収入源があるんですね!
私は久々のボーナスをもらいました~

ミュージシャンも大変なんだなぁ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。