プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海は誰のもの?

海は誰のものだろう?

線とか引いてないからな。

それを取り合う揉め事が起こってるね。

日本も中国やロシアと揉め事。

韓国と北朝鮮、そして中国とアメリカの揉め事。

海は誰のもの?だ。

それを考えると、EUとはなんてぴーすな発想なんだろ。

各国が各国として存在しながら、EUとゆう括りでひとつの集合体として存在している。

アジアはどうだ?

まだ共産主義国が多く、とてもじゃないがひとつの集合体になるにはあと100年はかかるだろうなぁ。

陸地の境はすでにはっきりしてるもんだから、線引けない海でイッチャモンつけてるとしか思わない。

オイラは、的外れだが、海は海で暮らす魚達のものと思っている。

そんな考えじゃ人間同士の争いに決着つかないのもわかる。

でも、海は人間のものではない。

魚達のものだ。

魚達から見たら、人間は何をやってるのか?と思うだろうな。

これ以上、揉め事がおこらないように祈ります。
スポンサーサイト

<< 男が情けない | ホーム | らぶ!とぴーすを! >>


コメント

その通りですね! 私も平和を願います。

もうちょっと

あいまいな感じにできないものなのでしょうか?
線が引けるものではないし。
魚も資源も山分けしましょう~感覚で。
現実はそんなに甘いもんじゃないんですよね…

かなしいです。

同じことを考えてました。

海は誰のものでもないはず。誰が線を引いたのか。

みんなが自国の事しか考えないと、また戦争が繰り返されてしまうのでは、と思ってしまいます。

戦争以外に解決の道はないんでしょうか。

よその国の誰かと殺し合うために子供を産んだんじゃない、って世界中の母親達は思ってるはず。
北朝鮮のお母さんも、韓国のお母さんも。

どうか悲しい歴史をつくってしまいませんように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。