プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回から続いて

前回の記事を枝分かれさせて、気になった事を書きます。

今年、四国に行った時に聞いた話し。

近い場所には大学も専門学校もないので、高校を卒業した若者は大半が都市へと出すのが親の務めのようになっているらしいのです。

これは宮古島でも同じような話しを聞きます。

が、違う部分があり、四国だと車や電車などでいつでも帰る事が出来ると思うのか?若者は帰って来なくなるようです。

宮古島は男性のほとんどは戻ってくるようですが。

女性は、行った土地で結婚しちゃう場合が多いみたいですが。

若者が戻ってこないから、若者のいない町になりますな。

若者がいないから若者文化もない。

その町の中学生や高校生は早く地元を去り、若者文化のある都市へ行きたいと夢見てしまう。

そしてどんどん若者がいなくなってしまうのでしょう。

オイラの生まれ育ったあたりは、人が増えすぎて困っています。

70年代くらいまでの東京は、今よりスカスカな町でした。

その頃は、きっと各地方都市やちょっとした町も活気があったことでしょう。

大学を卒業して仕事がないなら、地元に帰って地元に根付く仕事をして、ふるさとを盛り上げて欲しいな、と思うのです。

なんでも機械で便利に簡単に出来るようになった時代ですから、都会の仕事が減り、就職難となるのは当たり前です。

が、必ず人間の力なしには出来ない仕事があります。

第一次産業などは、やはり人間の手にかかりますからね。

他にも沢山あります。

ふるさとは若者の手が不足しているのです。

ふるさとに人が戻れば、ふるさとも潤いますしね。

シンプルな景気対策なのですよ。

なぜ、政治はこのことを真剣に国民に問わないのでしょうかね?

もちろん中には、東京などの大学や専門学校で勉強したことをふるさとで生かす人達もいますが。

今の都会にはもう仕事がないのですな。

ふるさとは若者の力を必要としているのですな。

オイラ、来年のミュージックコンベンションは、地元の高校生に見てもらえる為のシステムを考えました。

皆さんが来島する前に、地元の高校生に砂山ビーチとかパイナガマビーチとかを清掃してもらおうかな?と。

そしてそれに参加した高校生には無料でミュージックコンベンションが観覧出来るようにしてあげたいのです。

オイラの地元では、あの規模のコンサートやイベントなどありませんでした。

宮古島から離れていく高校生が、他の土地で自分の島を語る時に、宮古島ではこんなイベントがあるんだぞ!と言って、胸張ってもらいたいのです。

そして都会で学んでいても、いつかはふるさとの力になってもらいたいのです。

それはこの先、いろんな地方でやる手打ちイベントに全て行いたいくらいです。

東京近郊は人が多過ぎて、困っています。

ふるさとは人がいなくて困っています。

シンプルな話しですよね?

教育のロマンの話しを前回書きましたが、是非みなさんに読んでもらいたい一冊を紹介します。

中学生の教科書
四谷ラウンド 発行

オイラはシリーズ3巻読みましたが、まずは
中学生の教科書 死を想え

をお読みください。

各学科のエキスパートが、その学科の魅力やロマンを語る一冊です。

そしてタイトルとなる、死を想え、に関しては、なぜ人間を殺してはいけないのか?を説明しています。

素晴らしい本です。

勿論、中学生でこの本に出逢えたなら最高でしょうが、大人が読むと尚、学問の魅力やロマンを感じ、学生時代を少し反省し、大人になっても勉強したくなってきます。

これは是非、読んでいただきたい。

本当の学問の意味が理解出来る本です。

学問は、いい成績を取る為のものではなく、ロマンなのです。


ロマンは学問だけではなく、仕事にも持てます。

ロマンある仕事は都会にだけ、あるわけではありません。

ふるさとにロマンを抱いて仕事をしていく事は素晴らしいと思うのですが、いかがでしょう?
スポンサーサイト

<< さ、働くぞ! | ホーム | 大学出ても就職できるとは限らない日本 >>


コメント

大分・別府も同じです。
地元では、地味な仕事しかない、等の理由で、
若者は、どんどん都会へと出ていきます。

だから、少しでも人を増やそうと、国際大学を設けて、
外国人の留学生を受け入れているのが現状です。

それが悪いというのではないのですが、
そうやって、同じように、若者文化が少なくなって、
だんだんと、廃れていっているんです...。

なので、ぜひ、ゲンタさんには、イベントを行って、
別府を、盛り上げていただきたいなと、
心から思っています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

久しぶりコメント

「中学生の教科書」読ませていただきます。

来年度に私も就職します。
深みのある人間に、なりたいな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私の故郷徳島でも、全く同じ事が言えます。
遠く離れ「自称親善大使」として愛し続けてますが
念願のUターンは、想像を絶する厳しさです・・・

それでも必ず帰って、徳島を元気にしたいと思ってます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↑の方へ

オススメを早くも読んでいただけて、嬉しいっす。

ブログでオススメする物は、軽い気持ちの物から是非!とオススメしたい物があります。

是非!と思うオススメは、その割にリアクションが少ないのでして。

この本は、シリーズの3巻を読みましたが、どれもオイラを成長させてくれました。

特に1巻目の、死を想え、はインパクトが強く、今読み返しても勉強になる本です。

きっと、読者が苦手な方もいらっしゃいます。

本以外でも、このような事が世間に伝われば、と願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。