プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋が肥らなくて○

よく、どうやって本を選んでるんですか?って聞かれますが、これはCDを選ぶのと似たようなものです。

まずは作家。

全ての作品をを読みたいと思ってしまうくらいに好きな作家の作品は即買いなのです。

そしてジャンル。

これも作家選びに似たようなものですな。

オイラはほとんど、恋愛小説やファンタジー小説は読みません。

人の恋愛を読む時間があるなら、自分で恋愛したほうがいい。

ファンタジーは全くもって興味ありません。

時代小説もまだ我慢中。

時代小説はシリーズモノが多く、読み始めると止まらない危険性を感じていまして。

影響受けやすいタイプですから、武士になってしまう可能性もありますんで。

制作者としては、恋愛小説って書きやすく思うんですわ。

さほどストーリーもないでしょうし。

だから無理矢理に主人公の設定が、エグくなったりするねなが苦手でして。

その点、ミステリーはかなりの研究の元に書かれていて、いろんな勉強になります。

ミステリーを理解してない方は、単に事件が起こり犯人を探す火曜サスペンスみたいなモノを想像するようですが、端っから犯人がわかってるミステリーもあります。

要は、そのエグい題材を通して見る人間模様を読むのがミステリーです。

ミステリー以外だと、三浦しをんのエッセイ、中場利一の岸和田シリーズ、金城一紀は読まずにいられないっすね。

エッセイに関して言えば、三浦しをん、奥田英朗、中場利一は最強です。

金城一紀はもしかすると同世代では一番好きな作家かも。

あとは開高健、山口瞳、岡本太郎はバイブルに近い。

もう一つ基準があるとするなら、江戸川乱歩賞受賞作品は外しません。

そんな感じで読む本を選んでおります。

なんてったって読書の秋!


目から入る情報は文字だけ!な読書は、いろんな絵を見せてくれます。

読もうぜ!

オススメも、よろしく!

多分、有名作品はほとんど読んでますが。
スポンサーサイト

<< 目が覚める気分だぜ | ホーム | 変わり続けるのも大変です >>


コメント

(またまた、お邪魔します...。)
私は、エッセイも読みたいとは思うのですが、
小説を優先しているので、なかなか手をつけきれずです...。
私も、時代小説とか、長いシリーズのものは、読んでないです。

特にジャンルは選ばずで、時々、恋愛ものとか、
ファンタジーもおりまぜてます。
その時々に、読みたいと思ったものを、読んでいる感じです。

有名な作品しか読んでないので、オススメしてもムダだ
と思います(苦笑)。

忙しいのに、ホントたくさん読まれてますよね・・・!

時代モノ。わかります。
「武士・ゲンタ」も、期待するんだけど・・・!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

断然時代物!!!

わたくし、時代物か歴史物しか読みません!

影響されちゃった「サムライゲンタさん」みたい!

ちなみに、今は池波正太郎に久々に戻り
「侠客」を読んどります。

江戸や古代物だと人間が人間くさくて大好きです。

興味ありますな

ポプラ社小説大賞に水島ヒロ初作品が大賞受賞をしたってニュースが!

事務所辞めて作家デビューするって言って、いきなり大賞ですって!

世の中には凄い方がいるわけです。

かなり興味沸きます。

早く読んでみたいっすわ。

本はなんでも読むのですが、三国志と水滸伝と塩野七生さんのローマの本は、読み出すとものすごくハマってしまいそうで、老後の楽しみにしようかなーと思っています。

昨日は本と漫画とDVDをまとめ買いしました。帚木蓬生さんのと森博嗣さんと、今邑彩さんのです。
本を沢山買って、抱えてワクワクしながらの帰り道がとても好きです。
特に寒くなって、寒いのと今すぐ本を読みたい衝動を堪えながら帰ってきて、スープかなんか飲みながら温かい部屋で「寒かったなぁ」と思いながら読むのは格別だなぁと思うのです。
電子書籍にはこういうワクワク感、全然無いのでオール電子書籍化はすごく嫌ですねぇ。

本屋から買って帰った時のあのワクワク感たまりませんね
主婦なので、家族が寝静まってからしか集中して読めないんで、かなりお預けの時間が長いんですが

私もミステリーが殆どです
伊坂孝太郎さんと奥田英朗さんのは新刊(文庫)でたら即買いです

次は金城さんのを購入予定です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

以前はミステリーは、ゲンタさんが書いているような理由で読んでいなかったのですが、最近はミステリーが多いです。
心理描写が細かいのが多いので深いですね。

ミステリーにはまったのは天童荒太さんの「永遠の仔」からです。
あとは三浦綾子さんの「細川ガラシャ夫人」
灰谷健次郎さんの「太陽の子」は何度も読んでます。
金城さん、まだ読んだことないので読んでみます♪

もう何年も時代物しか読んでないです。
たしかにハマると抜け出せません。松平健が夢に出てくるくらいハマります。
私は司馬遼太郎さんが好きですが、池波先生の本も美味しそうな料理がたくさん出てくるので惹かれますね…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。