プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面倒くさいことの大切さ

昨日、テレビで電子書籍の特集をやってました。

電子書籍になることによるメリット、デメリットを詳しくやってました。

メリットで興味あったのは、挿し絵などが今までは印刷料金がかかるので抑えられてたのが、このシステムだとふんだんに使える、とゆう紙時代には出来なかった利点もあると番組はやっていました。

オイラが心配する中抜け、いわゆる作家から読者までの間に入っている関係者がいなくなる事の不安も取り上げていました。

音楽の業界はもうとっくにネットなどでの流通が主流です。

そして、それが音楽の魅力を減退させた原因となっています。

なぜか?

これはいろんな要素がありますが、そのひとつに、優秀な制作者を挟まなくなったのも大きな原因です。

プロデューサー、ディレクターなど、音楽がどう育っていくか?を考える人達を除外しての制作が多くなった。

ま、名前ばかりのプロデューサーやディレクターがゴロゴロいる音楽業界となってしまった。

これが大きな原因のひとつです。

この件に関しては、音楽のネット化の前から戦ってきました。

優秀なレコード会社のディレクターが、自分が実権を握る為にアレンジャーをプロデューサーと呼ぶようになったからです。

そしてアレンジャーはその気になりました。

でも、アレンジャーはアレンジの才能はあっても、音楽を育てる才能があるわけではありません。

音楽は、自分達の手から離れ、リスナーの生活の一部に入ってこそ育つわけでして。

これを理解出来るアレンジャーなら、プロデューサーにもなれます。

が、そこの実権を握りたいレコード会社がこぞってアレンジャーをプロデューサーと呼ぶようになってから、音楽が伝わり難いものになってきてしまいました。

その流れからのネット化です。

ミュージシャンはやりたい放題となります。

簡単に作って簡単に聞かせられるシステムの登場により、今まで一生懸命に作り上げた能力も制作費も少なくすむようになってしまいました。

こうなると、ミュージシャン自らが、自分達を戒め制作していくしかなくなります。

小説も、ひとりで作る作業ではなく出版社などの人達との共同作業なんですよね。

その共同、ってことの大切さをなくしてしまった音楽業界は、この先も厳しいことになるでしょうな。

人とぶつかり合うのは面倒くさい、だけどそこから産まれてくる音楽はより深い味わいのある作品となるんです。

今、オイラが楽しんでいるライブはまだ、共同作業な現場が残っています。

このライブに関しても、最近では絶対なるバンマスをおだてあげる音楽事務所のやり方が目に付きますが。

で、バンマスはやはりアレンジャー。

アレンジャーは、アレンジは出来ますが、お客さんにどうウケるか?まで想像出来るアレンジャーがはてさてどのくらいいるのでしょう?

そのウケに関しては、事務所が実権を握る為に絶対なるバンマスを作り、バンドマンはバンマスの言う通りに演奏する、これがビジネスとしての主流になりつつある。

事務所の制作と直接話せるのがバンマスのみ、と言うシンプルな構造が楽なんでしょうな。

まぁ、ライブはお粗末になりがちです。

それでも喜ぶ観客がいて、ビジネスは成り立つ。

オイラはそんな現場はパスですが。

見にもいきません。

なぜ、ぶつかり合うのを敬遠するのか?わからない。

プロフェッショナルがみんなしていいモノを作ろう!とアイデア出し合った方がよりいい作品になるはずなのに、ね。

知らないアレンジャーに今でも、君の意見はいいから!なんて言われちゃうわけです、オイラは。

その前に、オイラの取扱い説明書をよく読んで、正しく呼んで欲しいっすけど、ね。

ま、次に呼ばれることもないっすし、オイラもお断りしますが。

ひとアイデアも加えさせてくれない、黙ってアイデア入れると、それ!採用!とか言って自分の手柄にしようとまでする器の小さなバンマスが多いわけです。

昔はどの現場も、バックバンドやってたらボーかリストと心中するくらいな気持ちで演奏してたものです。

だから、各バンドの個性も際立った。

今は、みんな無傷で仕事しようとしているみたい。

オイラにはやりにくい時代っす。

まぁ、自分が関わってる音楽は今でもベタベタな人間関係で音楽してますが、ね。

それが人を感動させる大切なエッセンスになっていると信じていますから。

面倒くさいことが大切なのです。
スポンサーサイト

<< 変わり続けるのも大変です | ホーム | 台風が来ます >>


コメント

前回のうんちく講座で書かれている事
ようやく数日前のワイドショーで理解しました。
今まで思っていても表に発する人がいなかったので
問題になったのか?
売れるためのベスト盤作ってあげているのだから
文句言うのはおかしい。というコメントがあり
なかなか難しいしがらみがあるのだと思ってみました。
事務所が変わって自分が作った曲が自分の物でなくなるのも
ファンにとってはこの曲好きなのに歌ってもらえないということもあり、なかなか複雑。

以前はCDや本は借りる派だったのですが
最近は購入するように自然となってしまいました。
ライブも行く機会増えました。
なんか音楽業界寂しいと趣味のひとつがなくなるし
音楽は元気の元ですから。

本当に微力な力ですが。

金言

>人とぶつかり合うのは面倒くさい、だけどそこから産まれてくる音楽は
>より深い味わいのある作品となるんです。
私は機械の音楽も好きですが、こういう過程を経ていない感じがするものは、
生でも機械ものでも、捨ててます。
音楽家があえて口を開くという気概があるのは本当に嬉しいです。
今50代半ばから上の人を除くと、そういう方少ないから。
もしいたとすると、おそらくゲンタさんとなんかしらの関係のある人しかいない気がしますし。
20代で言われると「力むなよ」と言いたくなるけど、
このご発言は「希望」です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ディレクター、プロデューサー

正確に言うと、プロデューサーが制作指揮者、ディレクターが監督となりますが、日本の音楽の世界では曖昧でして。

だいたいが、事務所サイドの制作者としてプロデューサーを立て、レコード会社の制作者としてディレクターを立てるのが一般的ですな。

オイラがここでよく使うディレクションとゆう言葉は、監修したとゆう意味で使っております。

本来は、事務所サイドの進め方、レコード会社の進め方を双方の立場で見て聞いて作っていきました。

実際に演奏したり作品を作る人は、なかなか客観的に見れなかったりするので、要は客観的に現場を指揮する人達ですね。

この人達次第で、作品もミュージシャンも見え方、聞かせ方が変わります。

ミュージシャンが作る作品が船ならば、それを動かす船長のような役割です。

もしくは、その船を外から見てもっとどうしたら素晴らしい船になるか?を指示する役割の人もいます。

デザイン重視の船は、荒れた海には似合いません。

機能のいい船を港に飾って置くだけでは本来の良さが伝わりません。

いかにその素晴らしさを生かせる海に出航させられるか?そして次の航海にはどんな機能を備えた船にしてどんな海へ出航するのか?を見据えるのが役割なのです。

船の機能をフルに生かして、またその機能が生かせる海へと導くのがプロデューサーでありディレクターです。

この役割がないと、ミュージシャンひとりで船を作りひとりでとりあえず近場の海へ出航、となります。

これじゃ、いろんな人に見て聞いてもらえません。

大切な役割なのです。

なるほど!

ゲンタさん、ありがとうございます。
「船」をイメージすることで今まで ?? だったことが
はっきりしました。
そして、携わる人はやはり音楽を好きな人なら
なおいいなぁ、とあらためて思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。