プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなるのか?

日本の政治は益々、国民と温度差を拡げてきましたな。

どこへ向かうんでしょうな。

何を支持し、何を望めばいいんでしょうな。

あっちはあっち、こっちの話しはわからない人達の権力合戦をやられても、ね。

日本全体が、これを真似してるからね。

人間ひとりに一つの想いがある。

それを、まとまった一般市民として一つの塊として、上から目線でコントロールしようとすることが、成し得ることと勘違いしている。

まぁ、それに乗っかってしまう人達も多いんだろうけど、ね。

あ、そうそう。

SONYが盛り返してきてます。

オイラが一切持っていないリンゴ屋さんに迫ってきてます。

頑張れSONY!

SONYが潤えば、ミュージシャンにも還元してくれる会社ですからね。

今より音楽界が活性化されるはずです。

反リンゴ屋なオイラです。

リンゴ屋はミュージシャンにも映像系にも、フォローしてくれない。

ただハードを売り、ソフトは勝手にやって!とゆう、賢いアメリカ的な会社っす。

SONYは、ハードを売るためには良いソフトがないと!と考える会社です。

SONYが世界的に強かった時代は、世界の音楽が元気良かったんですわ。

大雑把な意見ですが、ね。

政治もそう。

仕分けを全面支持はしていないオイラっす。

金は天下の周りもの!

金持ちが金を使ってくれて経済は廻るのです。

なんでもかんでも仕分けして、楽な生活になったとは思えません。

一番仕分けされやすいのは文化事業となりますしね、あの感じだと。

楽しみのない生活を送れ!と言ってるような感じがします。

遊びがなきゃ、生きてて面白くないっすからね。

スポンサーサイト

<< 家族は大切だからなっ。 | ホーム | もうすぐ! >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゲンタさん、こんばんは。
SONYは日本の優秀な会社ですし、ぜひとも、頑張ってほしいですね。
私は、SONYのプロダクトのクリエイティブ性の高さが好きです。
ゲンタさんのおっしゃる通り、
確かに、音楽や映画にも、会社を作って
より良いソフトを作ろうとされている
姿勢は感じます。

でも、個人的には、リンゴ屋さんも嫌いではなく、
ついつい、買いたくなるような、
心くすぐるハードを作るのは上手だなと思います。

残念ながら、今のところ、i-podもi-padも持っていませんが。
ただ、ハードのみを作っているというのは
確かにもっともかもしれませんね。

リンゴ屋さんは音楽や映像をフォローしてくれないとありますが、
でも、曲をダウンロードをする際に料金が発生して、
それは、ミュージシャンに還元されるのではないのでしょうか?
私は、ダウンロードした事ないので、
ちょっと、その辺りの事が良く分かりません。

ゲンタさんは、おそらく、お金の話をしているだけでは
ないような気がするのですが、
ソフトをフォローしてくれないのは、
具体的にどういう事なのか、
差し支えなければ、教えて下さい。

業界の内々の話で、私たちが聞くような話ではなければ、
もちろん、コメントしていただかなくてもいいですよ。

ただ、個人的には、ソフトもハードもクオリティの高いモノが出て、
世の中がより豊かになればいいなと思っています。

政治も、今は、景気対策が中心かもしれませんが、
もっと、文化を継承したり、盛り上げたりする事に
力を注いでほしいなと思います。

消えて行く日本の伝統産業がたくさんあります。
後継者がいないという問題もありますが、
手間ひまかけて、作り上げる素晴らしい工芸品がたくさんあります。
そういう、日本の伝統産業、工業、文化をもっと
大事にする事に、国が力をいれてくれたらいいなと思います。

そして、子ども達に、そんな日本の文化を
学べる時間をたくさんとってあげて欲しいです。

文化を感じられる、高感度な感受性が持てて、
文化を創り上げられる、高い技能と美意識を持てる、
心から豊かになれる日本になったら、素晴らしいなと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

開高健さんの家


話は違いますが、大阪は東住吉にある、昭和初期に建てられた「大阪長屋」と呼ばれる二階建て住宅は、開高健さんが22歳頃まで住まわれた場所で、2年前まで親族の方が住まわれていたけれども、お亡くなりになられた為、この度取り壊しが決まったと、新聞に書いてありました。

当時は日曜になると仲間が押しかけて、文学や政治、恋愛話など何でも語り合った場所で、当時から『よっしゃ、よっしゃ』口癖だったんですってね。

お生まれは、天王寺だとも書いてありました。

戦後生まれの作家が精神の骨格を形成したモニュメント的な建物が失われるのは、とても残念だ!と地元の方も話されているようです。


そういうことなんや
音楽業界・・・

せっかく、与野党変わったのに、何しとるんや!
変わっとらん!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。