プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテンになりたい。

食べてる話し、寝起きな話しはここで散々書いているけど、人間の本能である排出と性の話しは書かきませんなぁ。

そりゃみんな書かないか?

こうゆう部分を隠しながら人間って暮らしているわけですな。

しかし、これは裏のある人とは呼ばないのが一般常識。

ってか、言わないほうが常識人となる。

でも、みんなやっているわけでして。

こうやってオイラが疑問を持っていること自体が変なことになっちゃう。

不思議っすな。

まぁ、女性から、今日は太くていいのが出たわ!とか言われても、凹むだけですが。

性に関しても、お盛んな方もいらっしゃるようですが、オイラはプレイ派ではなく、こう見えてもムード派でして、もっと言えば最近はちっともありません。

そんなことは誰も聞きたくはないはなぁ。

ってな事は隠しながら暮らしているのが現在です。

子供の頃、自分の両親がそんなことをしてるなんて、考えたくもなかったからね。

それが現在の日本でして、こうやってセックスレスな人が増えていくわけです。

男と女の間柄には、言葉があり、体があり、気持ちがある。

一番形にならないのが気持ちでしてね。

しかし、気持ちが繋がれば、言葉も体もあまり重いポジションではなくなります。

オイラの大好きなOL旅行記著者のたかのてるこ著「キューバでアミーゴ」を読み終えました、一日で。

オイラも2度、一度目は1ヶ月半も滞在したキューバの旅行記です。

オイラはキューバ旅行を周りに薦めてまして、やはり一番インパクトの強い、そして泣ける、人生観が変わってしまった旅のナンバー1はキューバでしたから。

そこには、おおっぴろげな国民性の日々があるのです。

ラテンな日々です。

最悪な人はいないけど、ことあらばみんなが奢ってもらおうと思っている国民です。

物がないです。

ない、って驚きます!

で、人は物がなくても陽気です。

まぁ、この陽気さになるまでには物がある生活の感覚がなくなるまで、多少時間が必要ですが。

ラテンの生きざまを知るにはバッチリな一冊です。

オイラもラテンの国で生まれたかった。
スポンサーサイト

<< ありがとう! | ホーム | 泣き虫。 >>


コメント

キューバ!!!

ゲンタさんのキューバ旅行記、旨かったシリーズみたいにぜひたくさん聞かせてください!
たかのさんの本も、今度読む!

今行きたい国どこだろうって思って、
ちょうど昨日、清志郎さんのサイクリングの本を久々に読み返したんです。
でもキューバのページ少なくて。
すごく興味あるけど、女ひとり旅はちょっと怖いなって。
情報がたくさんあれば、まだ行けそうかもなって、思ってたんです。

ぜひ!ぜひ!

キューバは

一番初めに行ったのはNHKのキューバ特集3時間番組のナビゲーターとして、行きました。

キューバは共産主義なので、アメリカからダイレクトには入れません。

メキシコで一泊です。

もしくはカナダ経由。

ビザも取らなくては行けません。

が、南米、中南米では間違いなく治安は一番いいです。

何もありません。

食べ物も正直、美味しくありません。

あるのは、酒と葉巻と音楽とセックスです。

お姉さんに毎晩、襲われました。

キューバの女性は激しいっす。

ラム飲んでサルサ聞いて、踊って葉巻くわえて、擬似恋愛を楽しむ毎晩っす。

もちろん、擬似恋愛はうまくかわすことも貴女次第。

タイムスリップしますぜ。

人生変わること間違いなし!

キューバは

一番初めに行ったのはNHKのキューバ特集3時間番組のナビゲーターとして、行きました。

キューバは共産主義なので、アメリカからダイレクトには入れません。

メキシコで一泊です。

もしくはカナダ経由。

ビザも取らなくては行けません。

が、南米、中南米では間違いなく治安は一番いいです。

何もありません。

食べ物も正直、美味しくありません。

あるのは、酒と葉巻と音楽と男女の交わりです。

お姉さんに毎晩、襲われました。

キューバの女性は激しいっす。

ラム飲んでサルサ聞いて、踊って葉巻くわえて、擬似恋愛を楽しむ毎晩っす。

もちろん、擬似恋愛はうまくかわすことも貴女次第。

タイムスリップしますぜ。

人生変わること間違いなし!

わぉ~

大人な香りがプンプンな国ですね。
入国準備も大変そう。
今の私にはまだ早そうだーちょっと手強そうだー
でも行ってみたいし、もっと自分鍛えねば。

以前、中米のグアテマラを訪れた時。
地元食堂のご飯は美味しくて、ホテルや警官、温かい笑顔が印象的な方ばかりでした。
コスタリカも気になっているし。
中南米は魅力的な国が多いです。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キューバって、なんか、すごいっ!!!

ラテンが熱い!!のも、そんなお国柄からなんですねっ。

音楽を知るには、まず国を知れ!文化を知れ!生活を知れ!って言うけど、国を知るならまず音楽を聴けっ!でも良さそうですねっ♪

旅行記とかって、読んでいると、自分もそこにワープしたような気分になって、ワクワクしちゃいますっ。

サルサ聴きながら、私も読んでみたいっ!

旅は

オイラは旅では観光地ってあまり興味がないんです。

興味あるのは、その土地で日々生活している人達、そしてその町、なんです。

人が生活していない、観光地として存在する生活臭のない場所にはあまり旅の醍醐味を感じない。

だから、たかのてるこさんの旅本はストライク!でして。

短い滞在なのに見事に、キューバを書いてます。

開高健さん曰く、その土地の女性と一晩すごせば、その土地の半分以上を知ったことになる…とは流石にたかのてるこさんはいけないでしょうが。

ラテン諸国の中でも、異色な国がキューバです。

なんて言っても、国民が勉強出来るし、ドラッグもありません。

こんな治安のいいラテンの国はありません。

それでいて、激しいのです。

いつまでキューバがこの状態でいられるのか?わからないので、早目にキューバに旅行するように周りには勧めています。

人生ひっくり返るような旅がしたくて、そこまでサバイバルな危険を冒したくないなら、キューバです。

今でもキューバがオイラの中には生きています。

言葉が通じなくても、テレパシーで通じてました。

テレパシーで恋に堕ちました。

テレパシーでコミュニケーション取れる不思議な国です。

すぐ誰にでも、タカラれます。

ダメ!と言えば諦めてくれます。

最高!じゃないからいいんです。

ビックリしますよ。

ぜひ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。