プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島に想う

ミュージックコンベンションに初めて参加する方も多いでしょう。

宮古島は沖縄ですが、世間が考える沖縄と宮古島はちょっと違う。

このちょっと違うところに惹かれてオイラはミュージックコンベンションを始めてしまったのですが。

まずは、方言がまったく違います。

どちらかと言うなれば、宮古島より西にある八重山の方が沖縄本島に言葉は似ていて、宮古島だけが独自の言葉を使っているみたいですな。

有名な「めんそーれ」は使いません。

WELCOMEは「んみゃ~ち」となります。

ちゅら(美)島も、かぎすま(美ぎ島)となります。

島全体にも、世間がイメージする沖縄ノスタルジックなものは少ないです。

オイラはそこが好きなんですけどね。

リアルな生活感を感じて、旅行客と住民の隔てがなく思えるって言うのかな?

観光!観光!していない所がいいんです。

郷に従え!と言う言葉通り、宮古島には特有のしきたりはあります。

特に目上の人に対しては厳しい。

酒の席で乾杯するのも、自分のグラスを年上の相手なら必ず下側に当てなければなりません。

礼に厳しい島です。

その分、同じ年の結び付きが深い。

宮古島の人は、シャイです。

いきなりWELCOME!なムードは出しません。

が、ちゃんと付き合おうとしてくれます。

観光地によくある、表面上の盛り上げは苦手なようで、だからこそしっかりとした人間同士のお付き合いが生まれ、ミュージックコンベンションも開催出来ているのですが。

この、不器用な感じが宮古島の最大な魅力です。

シャイだけどポジティブな宮古島の住民が好きなんですわ。

あと、これ言ってしまうと沖縄本島の人には辛いかも知れませんが、本島と違って米軍の基地がない、って事を実感します。

今、問題になっていますね。

安保ですか。

護衛用にピストルを持っていなきゃ危ない!と言ってはすぐドンパチやるアメリカがあります。

安全を守る為に、アメリカの軍事力を頼り、そして一部の住民の負担になる。

ピストルを持っている奴がいると思うから、みんなピストルを持つアメリカ的発想な訳ですから、安保は。

隣国に対して、どこの国でも軍事力をちらつかせ、いざ!に備えるなんて、平和が来るハズがない!とオイラは考えてしまいます。

兵器や軍事力で平和を保つ方法ではなく、もっと純粋に世界中が世界の平和を願う事が出来たら、日本にアメリカ軍の基地などいらなくなるのです。

太陽系に唯一、知的生命体を持つこの地球と言う惑星を、宇宙から見たことはありませんが、宮古島にいると、この惑星の奇跡を実感出来るのです。

地球があり、その惑星に今と言う瞬間に生きている自分に堪らなくなります。

宮古島の満天の夜空に光る星のいくつに生命体があるのか?解りませんが、この地球は知的生命体が文明文化を成し得た惑星です。

奇跡です。

自分が生きていることも。

音楽は、その惑星に生まれた人間にとっての文化です。

人間にしか音楽の感動はわからない。

現在のように、情報網が発達して、地球の隅々までの情報がすぐに入り、世界中の人が地球をひとつの丸い惑星と考えられるようになっても、まだ戦争をしようとする人間は愚かです。

オイラが死ぬまでには、世界は平和にならないかも知れない。

世界の平和を願うメッセージを繋いでいってもらいたいです。

そんな想いを宮古島で強く持つようになりました。

理想論ですけど、ね。

理想論を掲げなきゃ、平和になんて絶対になりませんから。

現代人が学ぶべき事は、個人の損得勘定より、世界の平和であるべきです。

自分の幸せの為に犠牲者は作らない!と思うだけでかなり平和になります。

周りの幸せの為に、多少の損は許す気持ちで、周りの幸せを自分の事のように喜べれば、幸せが循環していきます。

そんな想いがミュージックコンベンションにはあると信じて毎年、開催しています。

この惑星に命を受けた喜びを、音楽と共に今という時間を感じて、今年も全員で幸せになれたらなぁ、と思っています。

あと、39日!

そろそろ、本格的な準備を!

パッケージツアーもキャンセルが出始める時期です。

躊躇している方は、諦めず再トライを!
スポンサーサイト

<< らぶ!な暮らし | ホーム | ラララ~っ! >>


コメント

準備と計画

このブログを毎日読むことにより、宮古島への気持ちがどんどん高まります。本当にすごく楽しみにしています。宮古島がどんな島かというGENTAさんの話も感じがしっかり伝わってきました。前にも書きましたが、こんなにワクワクするなんてびっくりです。DVDの中で「これがお正月で終わったらまた一年このために頑張る」というような話をしている方がいましたが、わかる気がします。初めての宮古島でたくさんの音楽と海、夕日、風―自然に囲まれて、いい時が過ごせればと思います。まだ行ったことがないのにとても懐かしい気持ちがしてきているのですが、縁によって島に導かれているのでしょうか…


みゃ~くテレビ!

みゃ~くテレビ(宮古テレビ)がネットで見れますぞ!MTVなのね。

http://media.miyako-ma.jp/mtv/

島の生活やなんかが見れていいですよ!

野犬の捕獲とかやってるけどね~v-7平和でキレイな島なの
がよ~く分かりますv-221

メロスのお姉さんへ

初めてのミュージックコンベンションへの参加なら、あまりいい事ばかりは言いたくない気持ちもあります。

良いイメージを先行されて思ってたのとは違う!なんて思われたくないですからねぇ。

かなり暴れん坊なバンドと、それを期待しているお客さんが来ています。

今、よくある規律正しいイベントはオイラの目指す所ではなく、各自の自己責任にて自由に感情をぶつけることがオイラが本来目指すライブです。

子供も犬も会場にはいます。

ありのまま、です。

昨年も終わってから、激しいバンドが、その方達のイメージしているミュージックコンベンションと合わなかったようで、出さないで欲しいとの要望がありましたが、その方達がイメージする野外イベントとオイラのイメージするミュージックコンベンションがかなり違っていたようです。

ので、せっかく参加されるなら、の注意を促しています。

しっとりうっとりから、リアルモッシュまで、幅の広さでは多分、日本で一番幅あるイベントです。

今年はクラッシックまで企画していますから。

そして激しさは昨年を超えるでしょう。

そんな事があるんだな!くらいには思っておいてくださいね。

かなり過酷です。

しかし、ハマっていただけた方達には、一年に一度のお祭りとして、毎年5月の最終週末を空けてミュージックコンベンションに備えてくれているリピーターが年々増えてきています。

好き嫌いのはっきりするイベントです。

よろしくお願いします。

追記

メロスのお姉さん!
思い出しました。

デラルスのライブの時は、トマトありがとうございました。

メンバー絶賛して、楽屋で食べおわりました。

なんじゃ、これ?って言ってるうちに見る見るなくなりました。

ご馳走様でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。