プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィシャルパッケージツアー!

ミャーク3のオフィシャルパッケージツアーが発売されましたぁ!

これは安い!

普通に旅行に行くのでも、こんなに安くないんじゃない?ってくらいに安い!

これはチャンスです。

宮古島と音楽に溺れましょう。

http://www.ranrantour.jp/tyo/contents/myahk3.html


ミャーク3ホームページ

myahk3.com
スポンサーサイト

熱いのはこれからだ!

さ、あと2ヶ月に迫ってきたミャーク3!

そろそろオフィシャルパッケージツアーがミャーク3のホームページより販売されます。

日本最後の夏フェス!

盛り上がってきましたぁ。

明るいニュース

新聞、読んでます?

オイラは最近、携帯やネットでニュースも知るし、読んでません。

一番の読まないポイントは、暗いからかな?

明るいことはほとんど書いてない。

ニュースなんてのは、わざわざ暗い話題を拾ってきているような感じがします。

事実、そうゆう事件などがあるんでしょうが、肉を食べたら野菜を食べるじゃないけど、同じ分量の明るい話題も欲しいわけです。

ありゃ、わざと暗くしてるなぁ。

その点、オイラの周りも何名か?わざわざ定期購読している人もいますが、宮古島の新聞はいいバランスです。

よっぽどの凶悪事件じゃなけりゃ、インフォメーションされない新聞。

あとは島の事業とか、めでたい話ばかり

宮古島に犯罪が少ないのも、暗い情報が入ってこないってことが大きいと思います。

オイラもよく、宮古島の新聞に載ってます。

おかげで宮古島では我が町より有名っす。

一面が、
雨乞いの踊り、踊った!だったりします。

最低気温の朝だと、浜でオバアが仮死状態で打ち上げられた魚を拾っている写真が一面ね。

宮古島は自然も素晴らしいが、平和ってのが魅力なんですわ。

人間関係や年功序列や、都会以上に面倒くさい部分もあってこそ、平和だし、明るい島となっているわけです。

マニュアルなんてないんじゃないかな?

小さな島に足を運ぶようになってから、考え方が大きくなりました。

都会に疲れちゃったら、宮古島に行くといいっすよ!

行ったことがある人にはすぐイメージできるだろうし、ひとつやふたつは宮古島の笑える話を持っているはず。

そのくらいに愉快な島でして。

まだ行ったことのない人は、10月に宮古島でイベントやりますぜ。

26、27日の2日間!

ミャーク3!

myahk3.com

これがホームページ。

まだギリギリ泳げますからね、この時期。

幸せになっちゃいませんか?

ホームページが出来ました


myahk3.com

これがミャーク3のホームページっす。

昨夜も大阪ミナミで韻シストのリズム体の2人に逢いまして。

ライブのグルーヴも良かった。

テレビとか出ないミュージシャンばかりなんで、不安を口にするオトナもいるが、オイラと同じような音楽好きがこのイベントを黙っちゃいない。

リズム主義なオイラが絶対の自信を持ってオススメするイベントなのだ。

ハマりなさい!

リハーサルに向かうぜ

晴れ過ぎてて、そろそろ疲れが溜まってますわ。

今日は、明後日の大阪と9月頭の名古屋のリハーサル。

名古屋はティンバレスセットでライブするのですが、大阪が決まっていない。

大阪もティンバレスセットにならないかなぁ。

今、細かなライブが多くて、毎日違い過ぎると構成が覚えきれません。

頭が悪くなってきまして、ね。

構成を追いかけるライブではなくて、構成の中で毎日違うパッションを表現するライブならば、生き生きできるのですが、オイラが決めることじゃないんで、ね。

明日はひとり、関西の夏を感じに乗変して向かいます。

しばらく京都に行ってないんで、京都で鱧あたりでチビっと!ってのもいい。

大阪で、たまちゃんのTSを飲みながらホルモンをつまむのもいい。

吹田でのんびりも捨てがたい。

どうしましょ?

大阪ライブの翌日は、朝一番で東京に行き、四谷天窓でヨウヘイのライブがあるんで、ライブ後は大阪を遊べないんですわ。

関西も行く回数が減りましたからなぁ。

博多や札幌になると、激減っす。

なんとかならないものですかね?

タモリカップ!

さて、今日は朝から三島に行き、沼津のヨットハーバーであった、
タモリカップ
とゆうヨットレースの催しで演奏してきた。

あずがっだぁ!

ついこの間、タモリさんがデラルスのライブをわざわざチケットを買って見に来ていただいた。

その時も、タモリさんはえらい盛り上がりようで、あの顔はオイラがガキの時分によく見た芸人のタモリさんの顔だった。

日本でラテンを盛り上げましょう!
と言ってくださってすぐの、タモリカップである。

タモリさん考案の、スイカジュースのラム割りと、タモリカップビールはご機嫌だった。

ライブも、閉鎖された中で冷房どころか、みんながバーベキューやってるシゴキのような環境で、メチャクチャ楽しくライブしてきました。

そして盛り上がり過ぎて予定の新幹線に乗れず、これまたタクシーに財布を忘れて、そのタクシーが届けてくださるまで三島にひとり、ずっと夕暮れを見ていました。

宮古島でみる夕暮れとまた違って、富士山を中心に広がる夕暮れは、日本人にはたまらないノスタルジック!

思わずビールをガバッと飲んでしまいました。

今日のライブも、スタッフも、オーディエンスも、タモリさんも、らぶ!を感じた後の、神秘的な夕暮れですからね。

今日、お世話になった地元スタッフも、もう二度と逢えないかも?しれないのだが、今日とゆう日のためにらぶ!でイベントを盛り上げてくれた。

なんだがとっても幸せなイベントでした。

ラストの曲で、タモリさんがコンガソロをやってくださったのですが、その顔はあのイグアナ時代と同じ顔でした。

なんとなくタモリさんと縁ができたような?デラルスです。

どのタイミングで、
ユースケ・サンタマリアをあまりイジメないで下さい!
と言えばいいんだろ?

司会のウッチーは、別格に美しかったっす。

スケッチ・オブ・ミャーク

ついにあの話題作!
「スケッチ・オブ・ミャーク」
が全国でロードショー!

まずは関東、関西、仙台、沖縄です。

9月15日から!

神歌、とゆう、宮古島の大昔からウタキの神事などで歌われてきた唄を歌うオバア達のドキュメントです。

神と言っても、宮古島の神様とは要は自然の事。

歌うことは神とひとつになること
と、フライヤーのトップに書いてあります。

オイラは都会の人間から見た、過ごしやすい宮古島ばかりを皆さんにインフォメーションしておりますが、それは伝統的な部分は簡単になんて伝えられないからでして。

今も、宮古島に残る行事などを、唄を中心として映画として収められています。

見て欲しいなぁ。

東京は、
東京都写真美術館ホール
22日からは
吉祥寺パウスシアター

神奈川は
横浜シネマ・ジャック&ベティ

大阪は
大阪第七芸術劇場

神戸は
元町映画館

仙台は
仙台櫻井薬局セントラルホール

沖縄は
桜坂劇場

にて!

他の地域も徐々に廻ってロードショーとなるようです。

必見!

まずは一番遅いイベントが立ち上がったぁ!

おっと!伊香保から連絡がきたぜ。

11月22日に、去年同様、いやそれ以上!の大宴会をやるぜ。

ギクイグ伊香保!

発売はあと1ヶ月ほど先だが、今から宣伝しておくぜ。

群馬県は伊香保温泉で大宴会!をやっちゃう企画なのだ。

今年は去年より、お気持ちくらいお安くなりそうな。

帰りに水沢うどんを食べて帰っておくれぃ。

去年以上に盛り上げるぜ。

と言うことで、また第一弾の発売は去年同様に、出演者(と言っちゃいけない、大宴会だからな)発表はなし!での受付にします。

定員400名!限定です。

オイラはその前に、ミャーク3とゆうコアなイベントを宮古島で成功させなきゃなりませんでして。

伊香保の前には、小ぶりながら熊野でライブの企画もあります。

熊野は、本当に地元の人達に向けての小ぶりなライブっす。

伊香保は、怖い。

去年もはじけましたからねぇ。

ミャーク3は、すごくいいイベントになる自信あり。

行けそうなイベントで、お逢いできたら幸いっす。

わからないことは、質問していただければお答えしますぜ。

戦争反対!

終戦記念日っす。

世の中から戦争をなくしましょう。

殺し合っても平和は生まれません。

平和は奪うものじゃありません。

閉会式のイマジンに、平和のメッセージを感じました。

平和な世の中をイメージして、世界中が笑顔になることをイメージして、来年の終戦記念日にもズレることない信念でいられるように、祈ります。

う~っ!

毎日、晴れてたのに。

水着も2つ持ってきたのに。

ひたすら打ち合わせやお願い事で終わった5日間でした。

さ、今回最後のミーティングをしてきます。

晴れてやがる。

女子バレーの竹下選手の涙にオイラも涙。

感動の涙はたくさん流したほうがいいぜ。

これは宮古島で教わったことです。

春おばぁの豆腐チャンプルーを食べに遠征中!

宮古島でのんびり、とはまだいかない。

新しくイベントやるにはいろいろ大変なんですわ。

特にミャーク3は、宮古島のオトナ達が知らない出演者ばかりなので、ね。

ブログも進みが悪い。

と言うのも、個人的なことは最近、facebookに書いているのです。

facebookだと、個人でいられますからね。

お友達には、プロフィールがちゃんとしている方なお断りはしていません。

が、オイラはファン心理とか理解できませんし、誰それのファンでそのライブとかやってるオイラってことでお友達になって夢が壊れても責任を取りませんぜ。

下ネタありますし、ね。

だから最近はついつい、ブログが軽くなってしまってます。

来ちゃった

すみませんねぇ。

徹夜で入りましたよ、宮古島!

ミャーク3の打ち合わせ等々でして。

本当は昨日から入りはずが、絢香のツアーファイナルが見たくて変更しましてね。

素晴らしかったな、絢香。

よくよく考えてみたら、8月の宮古島は初めてですわ。

あくまでも打ち合わせ、ね。

初のイベントを立ち上げるにゃ、大変なんですわ。

ギグイグ伊香保も来年の別府も、まとめて制作中。

ギグイグの前には、三重県は熊野でなかなか雰囲気ある小さなイベントもやるぜ。

頑張りますわ。

余韻に浸ってます

オリンピックがあると、ドラマなどの視聴率は下がるらしい。

この時期にドラマを制作したり出演してる人は大変だなぁ。

やっぱり、リアルな出来事に感動するのが人間なんでしょうな?

作り物ではない瞬間に感動があるんでしょうな。

これ、音楽にも言えます。

ライブイベントも大きくなると、最後に全出演者が出て何かやる!ってのが形式的な感動と勘違いして、要求される場合が多い。

イベントならではなコラボレーションとか、ね。

ミュージシャン同士がその気になっていないのに、企画が先行してしまって、やらざるを得ないイベントって多いんですわ。

オイラは、そうゆうの、やりません。

ミュージシャン同士がちゃんとリアルな瞬間を作れるならまだしも、決められた枠で仲良しを演じて共演するなど、気持ち悪いし、お客さんに失礼と感じてしまう。

やっぱりリアリティがないと、感動はないのです。

本編のライブ然り、決められたことを演奏するだけじゃリアリティがない。

リハーサルはあくまで、練習であり、本番ではない。

本番にどんな瞬間が訪れるのか?を楽しみたいし、そこに向けて特別なエネルギーを注ぐからこそ、ライブなのです。

昨日のイベントのラスト。

オーガスタの所属アーティストだけで編成されたバンドがトリでしたが、やらされてる感などなく、本当に気持ちがひとつになったエンディングだった。

オイラは客席で見ていたが、美しいエンディングだなぁ、とジーンとしたぜ。

あぁゆうのを見て、勘違いした制作がまた、ラストは全員で!とか言うんだろうが、もっとミュージシャンが心からやるための打ち合わせと想いがないと、あぁはならないぜ。

事務所のマネージャー同士が打ち合わせたって、うまくいかないし、感動は作れない。

やはり、ミュージシャンが心から向かっていかないことには、リアリティってのの感動は作れないのです。

いやぁ、今日は2日間の余韻に浸りっぱなし。

今回は、関われて幸せでした。

日本の音楽シーンの未来は、楽しいことになりますぜ。

閉店しております。

2日間、リハーサルも入れて3日間の赤レンガの仕事を終えて、打ち上げて!打ち上げて!本日は閉店しております。

明日からまた、次のことへ向かいます。

今日は何もで出来ませんわ。

暑いぞ!

こりゃ桜木町はピーカンですわ。

危ないなぁ。

昨日みたいに雨降ったり曇りがちなら、体調も楽なんだが。

ま、楽器はビショビショでトラブってますが。

気をつけましょ。

暑いよ、、赤レンガ。

あづいっ。

ミュージックコンベンションの比じゃないっす。

完全なる晴天だったからね、今日は。

明日は時々くもるそうだが、あの客席の詰まり具合だと、かなり過酷っす。

いらっしゃる方は、くれぐれもお気をつけて!

今日は夕日が綺麗で、十六夜の月もビッグサイズで素晴らしかった。

アンナちゃんは、絶賛されるサウンドらしい。

ナイスな音楽も、体調が悪くなったら楽しめないんで、適当に休みながらの野外フェスな感じにしてくれたらいいなぁ。

一カ所にずっと、指定席に座りっぱなしだと、倒れますぜ。

太陽をうまく避ければ、海からのいい風は吹いていますから。

メンバーは3日間、赤レンガですから、大変です。

最新の音響システムは凄い!

風が吹いても音が飛びません。

だから、後ろにいてもナイスなサウンド!

オトナなフェスの楽しみ方で、ゆる~く!

オイラバシッと頑張りますぜ。

暑いっ。

朝から炎天下でリハーサルっす。

明日、明後日と天気は晴れそうな。

暑いっすよ。

熱中症になりそうっす。

毎日、暑さとオリンピックで寝不足っすからな。

こりゃ、かなり過酷なイベントになりそうな。

夏が堪える年齢となりましたわ。

苦労中!

今日は、宮古島の子ども達と演奏だ。

宮古島ジュニアオーケストラとゆうクラッシックなオーケストラに招かれてまして。

出来るのか?クラッシック?

大使はやらねばならぬ。

普段は音楽をアマチュアのように楽しんでいるオイラですが、最近はずっとお仕事モードですからな。

またにはお仕事モードも刺激的っす。

自分の引き出しにはない音楽を、やるわけでして。

日常ではまず、日本のポップスは聞きませんからな。

オイラの場合、自分の生活にマッチする日本のポップスって、ほとんどないわけでして。

じゃ、外国人みたいな生活なのか?とゆうと、それもまた違いますわな。

米食ってるし、風呂も入る。

そんな生活で海外の音楽しか聞かないのでして。

ま、ミュージシャンとして目指すものが、日本のポップスではないってゆう職人的な部分が長年染み付いちゃったんでしょうな?

だから、日本のポップスを演奏していて、描ける音楽と描ききれない音楽が出ちゃう。

この曲を聞く人は、どんなムードを求めているんだろう?ってことが、自分で想像できないと、描ききれないのですな。

ぶっちゃけ、不思議なもんで、日本のポップスが大好き!でミュージシャンやってるってゆう楽器系の人は、ほとんどいない。

ボーカリストも、海外の音楽に触発されてオリジナルを作るような人が多い。

そ!そうゆうボーカリストとは、オイラは仕事しやすい。

イメージしやすい。

そうじゃない、日本のポップスだと、オイラは本当に苦労します。

もっと日本のポップスを勉強すべきなのか?と自分に問うのですが、自分が勉強したいのは日本のポップスじゃないのでなかなか気持ちから向かっていけず、現在に至っている。

もちろん、そうゆうジャンルな現場からはお呼びがかかりませんが。

しかし、今回のようにお仕事だと、それをプレイするいいきっかけとなる。

なかなかうまく出来ない悔しさがあります。

今までのように、その音楽のルーツなる音楽を探しても、見当たらない。

日本で生まれた日本のポップスなのですな。

オジサンは長くミュージシャンをやっちゃったんで、自分の引き出し方が決まってしまっているようです。

ルーツになる音楽の気分になることが、良質なポップスを制作することだ!とやってきましたからな。

新しいシーンだったわけです、J-POPとは。

一番に、それを聞いて暮らしている人達の生活感をリアルに想像できなきゃ、香りも色彩も表現できません。

オイラの周りには、そうゆう人がいないのです。

そこが一番の問題かなぁ?

あと2日かぁ。

そこそこいい感じになってきたリハーサルを終えて、今日は復習と休みとゆうのんびりモード。

疲れを取って、本番に挑みます。

スネアのアンナちゃんがいいサウンドです。

軽くていい。

やっぱり夏は、ヘビーなサウンドより軽快なサウンドがいいっすな?

そんなイメージで。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。