プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラッとは好きだが

ついに旅に出るにも半袖短パンな季節となりましたわ。

本当はサンダルで旅したいが、足の調子が悪いんでそれは我慢。

なぜだか腹筋が痛い。

やっぱりグルーヴは腹筋なんだよねぇ。

かなりマニアックなライブを昨日はやっちゃったからなぁ。

一般的なサウンドじゃないからな。

世界にないサウンドでライブしちゃってるんで。

でも、意外と普通にも聞こえちゃうんで、本当にコアな音楽好きじゃないとなかなかキャッチできないだろう?グルーヴでして。

明日もぶちまけますぜ。

世間は、オイラが半袖短パンなくらいなんで、女性もかなり露出がよろしい。

不思議なもんで、出し過ぎてると盛り上がらないんですわ。

やはり、想像力を掻き立てられるってのがいいわけでして。

これは多分、音楽にも共通するかもね。

言葉にしちゃうと手を抜いてるように聞こえちゃうかも知れないが、全部出しては色気がない。

出すにも加減ってのが必要でして。

がしかし!オイラがティンバレスセットでライブをやるってのは、さらけ出すってことでして。

全裸で暴れてるようなもんです。

実は、あまりデカい会場ではやりたくないプレイ。

会場にビジョンなどあった日にゃ、伝わりにくいプレイなのです。

あのトリオで長年やってますが、一部のファンの方達に昔、
アナタにお金を払ってるんじゃないから、目立たないでください!
と、叱られてから、そりゃごもっとも!と、率先しては自分から前へ行かないように(演出で言われたらやってましたが)してきましたからな。

おかげでいい勉強になったし、中村さんがどんどん前へ出るようになっちゃったし。

でも、ティンバレスセットの場合は無理です。

ドラムならバックバンドになれますが、ティンバレスの時は外タレ化してしまいます。

外国から来たプレイヤーとして見てくれるのがちょうどいい。

だから今まで、日本のポップスの現場では叩かないようにしていました。

目立つな!って言われても無理な楽器でして。

実はbirdも、ティンバレスをやってくれ!と今年は言ってきてる。

これがあと10年早かったら、オイラもギンギンになってるんだが、一回のライブの身体の消耗が並みじゃないお年頃っす。

あと10年後には出来なくなってるかも?知れませんぜ。

なんせ、片足でずっと立ってのプレイなんで、ね。

チラッと見せる、なんて余裕はないプレイ方法なのです。

あとは、ちゃんとそのサウンドが音響で伝えられたらいいんだが。

ステージ上はすごい盛り上がりなんですが、例のないサウンドなんで音響は悩むでしょうな?


今も、昨日のダメージで、ようやく歩いているような感じでして。

明日までにダメージをなくさないと、だな。
スポンサーサイト

うっほぅ!

うっほぅ!と叫んでみる。

世間が休むときほど忙しいがミュージシャンだからさ。

今日は大阪へ行く。

行く前にライブの台本書きがある。

うっほぅ!

また叫んでみた。

ティンバレストリオは、予想を超えて疲れます。

M体質なオイラは、さらに盛り上がるのです。

帰らなきゃ。

きつかったぁ。

初のティンバレストリオは、予定よりオイラをボロボロにしましたぜ。

帰りは、人生初のグラスクラスってゆう新幹線が用意されていて、快適過ぎてあっという間に東京駅に着きました。

今は、歩く力がなく、縁石に座りボーっとしています。

帰らなきゃ。

やはりドラムの何倍も消耗しますわ。

やったるぜ!

最終電車で仙台に着いたぁ。

その足でチームと合流。

どうやら、ティンバレスセットの盛り上がりが凄い。

なので、この先の夏が終わるくらいまで、ティンバレスセットをメインにやろう!と言う話に。

でも、宮古島だけはセッティング的に無理かなぁ?

寝不足だが、盛り上がっている今日です。

感動したわぁ


今日は夕方から仙台へ向かって、今頃は牛タンあたりでクイッとイってたはずだが、絢香に招待されて復活ライブの武道館へ行って、終電の新幹線に乗っています。

長いライブ(気分的にはあっという間だった)で、本編まででダッシュして東京駅に着きました。

グッズ紹介がライブ中にあるんだが、あと一品多かったら乗り遅れていたわ。

オープニングから本編ラストの二回を含む、計五回も涙しました。

絢香は凄い。

絢香は美しい。

そして、抜き差しとゆうオトナの技も手に入れて、最強なライブでしたぜ。

ちなみに最終日のチケットも買ってあるんで、アンコールはそれまでのお楽しみ!

まだ24歳だからなぁ。

この先、もっと凄くなるぞ。

今日から全国ツアーなんで、見に行ったほうがいいぜ。

オイラは走ったんで、ランニング姿で新幹線に乗ってます。

あと1ヶ月切りましたぁ!


近づいてきました、ミュージックコンベンション!

自然と音楽と酒に溺れましょうぜ。

宮古島に行きたいかぁ?

昨日の砂山ビーチ



あと1ヶ月で、ここで泳げますぜ。

これは幻の風景ではありません。

昨日の風景っす。

これは新しい!

ゴールデンウイークのライブの為のリハーサルをしてきたぜ。

長年やってきたトリオだが、今回オイラはティンバレスがメインなのさ。

別にラテンをやるわけじゃないんだが、かなりイケイケにやりたいらしく、ティンバレスなのだ。

ドラムセットはないぜ。

申し訳ないが、ドラムの時のように抑え気味なプレイはないのさ。

かなりイケイケなのだ。

ま、外タレとして見てちょうだい。

こんな変なトリオはないぜ。

それでポップスやっちゃうんだからな。

久しぶりにアコースティック以外で、パーカッショニストでライブやるぜ。


かなり気合い入ってます!

1ヶ月!

ついに1ヶ月前っすな。

1ヶ月前でようやくポスターとフライヤーが出来る!とゆう、ゆる~いイベントっす。

フライヤーは事後報告的な感じ?

ま、まだあと二週間はオフィシャルパッケージツアーの発売はやってますから、大丈夫!

ちょっと関西方面が、修学旅行と重なって、那覇までの往復チケットが取りにくい。

スタッフにも関西からがいますし、出演者にもいまして、大変なことになってます。

メジャーな航空会社はいっぱいだけど、例のマイナー航空会社なら空いてるのかも?ね。

まだ悩んでる方!

来ちゃえばいいんですよ!

責任は取りませんが。

オイラ達は、とことん遊びますぜ。

帰ってきたら、自慢話もしちゃいますぜ。

その後、しばらくは宮古島の事しか考えなくなっちゃいますぜ。

誰かのレポート読んで、
行った気持ちになりましたぁ!
なんて言わせないぞ。

行かなきゃわかるはずがないのさ。

ま、人のレポート読んで行った気分になれちゃう人は安上がりでいいっすな。

オイラはそんな想像力を持ち合わせてないんで、実際に体感しないと気がすまない。

ネットで無料で中継をしないか?なんて言われるけど、実際の現場の空気までは映像にならないだろうし、お断りしました。

イベント中は、宮古島に来てくださる人達が一番大切ですからな。

イベント中、コンビニとかで皆さんと挨拶を交わす感じが好きですな。

時々、睨まれるけど。

あと1ヶ月で、皆さんと数週間いっしょに宮古島で過ごすわけですな。

よろしくお願いします。

歴代、一番肥ってる体型で挑みます。

ブログでは、語っちゃうと混雑したりするために具体的な店名まで教えたり出来ないし、スポットもおおざっぱな有名観光地しか語れませんが、宮古島で逢った際に質問してくだされば、ゲンタ情報は口頭で教えますぜ。

サボり過ぎ


久しぶりにベロベロっす。

ん、いい酒だった。

飲んだのはケミカルな焼酎だったけど。

ラストはニコニコ太郎と今が旬の地元野菜のノラボウナで。

スコールでひんやりする帰り道。

半袖短パンは早かったかな?

サボります

もう今日は、天気も気候もいいんで、サボります。

地元で生ビールっちゃいます。

さぁ!ノクチ集合!

いい酒、飲もうぜっ!

台本終わり

今日は朝からシブヤバイラの台本を書き上げ、昼からは業務連絡しながら楽器の積み込みで、疲れましたわ。

台本は、かなりオイラは面白い!と思ってますが、メンバーや往年のデラルスファンがどう感じるのか?は不安っす。

何もしないでライブをやる方法もあるんですが、ラテンをお利口さんにやりたくないんで、わざわざ感たっぷりな企画をシブヤバイラではやりたいのです。

会場が、踊る感じでもないし、ね。

始め書いていたのは、完全なる続編。

前回は、1980年のメンバーが、デラルスをやっていない設定でした。

今回も続編を書いていたのですが、NORAから、
ファンがサルサを聴きたいと言ってます。
とメールを受け、
ちょっぴりなファンが言ったからって今更、変えられるかぁ!
と怒ってはみたものの、んじゃぁ仕方ない!と書き換えました。

頭の中で出来てるものを書き換えるには、かなりな能力が必要でして。

企画していた事柄をすべて白紙にしなきゃなりません。

新しく書いてても、元々の企画がチラついてしまってね。

一切、捨てきらないと新しく書けないのです。

デラルスではよくあるんですわ、書き換え。

アルコイリスなんて、それで苦労しました。

始め、NORAが歌うって言ってたからそんなイメージで歌詞を書いていたら、Jinが歌うってのに変更になりまして。

イメージを変えて書き始めたら、デュエット!となった日にゃ集中力がなくなりました。

大変なんだぞ!

って言いたいくらいですが、言っちゃうとイメージが逃げてしまう。

グッとこらえて、書き換えなくてはいけません。

ミュージックコンベンション前の仕事、ひとつ完了!っす。

お楽しみに。

クシャミが出る

川崎はピーカンで暖かい。

昨日と10℃違うらしいっす。


今、楽器を車に積みながら、クシャミが止まらない。

太陽が明るいとクシャミが出る体質でして。

明日から、怒涛のゴールデンウイークっす。

ゴールデンウイーク明けても忙しいんだけど、ね。

だってあと1ヶ月だから、ね。

2日続き

今日は、見るからに狭いところを並んでいたら、後ろからオイラを押して通り抜けようとする中年男がいまして。

普通、すみません!くらい言いますわな。

押されたんで、ビックリして見たら、オッサンだったわけでして。

そしたら、なんと睨み返してくるじゃありませんか!

モゴモゴ言ってるし。

2日に渡ってやってしまいましたわ。

こんなことが続く日本が嫌になりますな。

これって、川崎に限ったことじゃないでしょ?

オイラね、宮古島が好きなのは、まずこんな事がないわけですよ。

日本も、のどかな場所に行けば、人ものどか、と思いきや、案外とギスギスしてたりするんですね。

ま、日本中どこもファーストフード食べて、量販店で買い物して、ユニクロを着る時代ですから、な。

しかも今日は、オッサンです。

若いならともかく、いいオトナがそれじゃ、ね。

あぁゆうオッサンを、ニューヨークのサウスブロンクスあたりに連れて行きたいね。

裏ケンで人を押して通り抜けたら、とってもスリリングな体験ができますぜ。

なんでこんな思いを2日続きでしなきゃなんないのかなぁ?

寒いなぁ。

今日も寒い川崎っす。

冬物を、秋まで預かってくれるクリーニングサービスに出しちゃって、唯一出し忘れたダウンのベストに他の服を合わせて着なきゃならない日々が続いております。

あと1ヶ月もすれば、真夏な宮古島っすよ。

正しくは、真夏の宮古島じゃないっすが。

真夏の宮古島の昼間にイベントやるほどオイラは若くありません。

暑い!なんてもんじゃないっす。

でも5月末なら、こっちで言う真夏と変わらない。

宮古島で言うなれば、梅雨の真っ只中っす。

宮古島は統計で、年間の4分の1しかピーカンがない。

その中でも、確率的に三番目くらいに晴れそうなのが梅雨時期なのです。

空梅雨って言って、あまり降らない。

冬場などはほぼ雨ですからな。

一番晴れそうなのは梅雨明けあたり。

ミュージックコンベンションも一度やりましたが、暑くて演奏になりません。

今、宮古島ロックフェスティバルが梅雨明け開催っす。

7月~のシーズンは台風シーズンでもあります。

晴れそうなのは10月かな?

ま、どっちにせよ今日は、来月宮古島で泳いでいる自分が想像できない寒さっす。

この感じから宮古島に行くとしますな?

自然に囲まれた会場に、だいたい二千人くらい集まりますからな。

自然と音楽と、酒も入りますわな。

横を見たら、なかなかなイケメンがいたりして、会話が弾んだりして。

夜の部で偶然にも逢っちゃって胸がドキン!としたら、幻の恋に突入しちゃいます。

中には結婚する連中も出てきたんで一概には言えませんが、幻を見させるのが宮古島です。

オイラは、長年の経験で必死に幻祓いをしますが、幻に捕まってしまう人達もいますからな。

もうオトナなんで、とやかくは言いませんが。

8回やってると、いろんな出逢いと別れを見てきましたからなぁ。

ミュージックコンベンションで恋に堕ちちゃう感じもわからないではない。

オイラも10歳若かったら、毎回恋に堕ちちゃうんだろうな?

幻とわかっていても。

な~んて、70年代のニューミュージックみたいな事を言っちゃった。

要は、幻の魔法が解けて現実に帰ったとき、何が現れるのか?なんですな。

そのギャップを越えられるのか?

な~んて考えるより、魔法に引っかかったほうが楽しいっす。

後で屁理屈は考えたらいい。

みんながそんな盛り上がりの中、オイラは必死に寝ずに働いてますから。

カップルや家族連れにはおすすめなイベントっす。

二人でよくライブに行ったけど、子供が出来てからは二人でライブに行けなくなってしまった若夫婦には、年に一度!ミュージックコンベンションで子供と一緒に楽しんでいただきたい。

子供も、子供用のフィールドを作りますよ。

カップルも、確実に盛り上がるだろうな?

一番のおすすめは、ひとり参加ですが、ね。

すべての時間は自分のために使えるし、すべては自分にダイレクトに入ってくるのが、ひとり旅の醍醐味です。

誰もいない無人島に行くわけじゃないし、ね!

我が家のある山の中腹に住むキリンってゆう若者が、ひとりで参加するらしい。

こやつは、幻も魔法もかかりに行く気が満々ですからな。

ま、恋に堕ちなくても、充分に宮古島の魔法にはかかりますからな。

あと、1ヶ月ですぜ。

やったほうがマシって言われるイベントですが、頑張ります。

怒れ!怒れ!

川崎は寒いっす。

来月、日焼けする自分がまだ想像できません。

花見の頃よりずっと寒いぞ。

今日、隣に座ったアンチャン。

座る時からぶつかってきたんだが、そのまま脚を組みやがって、靴の底がオイラの太ももにくっついてんのに知らんぷりなんだな。

さて問題です。

このような場合はどうしたらいいでしょうか?

答えは、
今後脚を組むときに必ず思い出すほどの恐怖を与える!
でした。

まぁ、ぶちキレてみました。

ちょっと可哀想だったが、彼は二度と人を押しやって座ったり、脚を組んで靴の底を人様にくっつけるようなことはしないでしょう。

いつしかナアナアな日本になってきた。

周りが何も言わないのをいい事に、好き勝手な態度を取る輩も出てきた。

自分の得ばかりを求める徳がない人間が増えてきています。

オイラはね、スルーって言葉が嫌いでね。

自分が受けたネガティブなことを無視したら、自分はその場は楽だけど、その後違う人が被害を受けなきゃいけなくなる。

スルーするから連中はつけあがるわけなんで、オイラはスルーしません。

しかし、分かり合えないかな?と思ったら、追わない。

理解し合えない場合もありますわな。

それでも怒れ!と思います。

理解し合うには、怒らないと伝わらない部分がある。

オイラはミュージシャンの中でもトップクラスの怒りんぼうでして。

その代わり、怒りは理解し合うためのものなので、謝るし、許すし、も大切でして。

いいところもダメなところもあってこその人間なのでね。

でも、たった一回カチンときたからって許さくなる人も増えてきましたな。

そうゆう人とも理解し合うことはないでしょう。

人間同士の美しい関係は、与え合う!です。

give & take より、give & give くらいな関係でいたいとオイラは思う。

そして、どちらかが凹んでいる時には一緒に凹まず、輝いている方に寄り添う関係でありたいっす。

弱まっている時に築き上げた関係は、いい方向にいきませんし、長続きもしません。

その人が輝いている姿を常に抱きながらの関係こそ、らぶ!なのです。


昨日、横浜中華街へ行ったら、占いの店が増えていました。

オセロ問題があったこのご時世に、大変な賑わいでした。

遊び感覚で占うならまだしも、本気で悩んでいる時は占いより、己に己を聞いたほうがいいか?と。

無意識の中で、ちゃんと自分の生き方をチョイスしているもんですからな。

将来、どうなるか?なんて、自分で切り開け!とオイラは思ってしまうんで。

正しいより、楽しいを選んでいけば、いいサイクルに人生廻っていきますぜ。

ようやくミュージックコンベンションのポスターとフライヤーのデザインがあがりまして、ホッとしている日曜日。

まさか朝から怒るとは、ね?

玄人ウケなプレイ

昨日の感謝の日のラフミックスに続いて、今日は山崎のシングルのサンプルが送られてきてヘビロテ中。

かなりお気に入りなテイクです。

こうゆう心地良い感じで演奏するのが一番好きなんですが、ついついキャラ的に激しいプレイを求められガチでして。

ま、かなり玄人ウケなプレイをしているんで、オイラのプレイの自画自賛ぶりはなかなか伝わらないでしょうな。

気持ちよく聞いていただけたらいいんです。

こうゆうサウンドが、今の音楽シーンの何かしらアクションになってくれるといいんですが、ね?

ま、それに比べ、ナイスなミドルのラフミックスの激しいこと。

同じ人物が叩いてるとは思えません。

で、もうすぐ巷にはオイラがバリバリにラテンしてるフラメンコなパーカッションで参加した曲も流れるはず。

どれがホントか?わからないまま30年以上やってきたんで、音楽業界もオイラの扱いが見えないようです。

オイラは、素晴らしい音楽を制作することに携わるには打楽器しかできないので、ひたすら叩いているだけなんですが。

先日もずっと、マイケル・フランクスのスリーピング・ジプシーとゆうアルバムを聞いておりました。

楽曲に対して、こんな風に演奏できたらいいな?と思う作品のひとつ。

自由なのにまとまっていて、ソフトなのに激しい。

いつになったら出来るようになるのかなぁ?

うまい具合に、あのアルバムのようになったらいいんが、なかなかそうはいきません。

さ、練習!練習!

凪のようなリズムが叩きたいっす。

激しくないけど気持ちよくて、あきないビートを、ね!

もちろん今日も頑張ります

桜がすっかり花も落ち、若葉な風景となった川崎っす。

やらなきゃならんことに追われています。

ま、自分だけの思惑ですべてが進むわけじゃなく、他からのエネルギーがさらに自分をプッシュしてくれる場合もあるし、足止めされる場合もある。

でも、やらねばならぬ。

昨夜は、感謝の日のライブレコーディングの仮ミックスCDをいただきまして聞いておりました。

いい感じです。

去年は音楽業界始まっての最大のピンチだったんだなぁ?とつくづく感じます。

今年に入ってから、前みたいには売れないだろうが、作り続けなきゃ何も始まらない!とゆう動きが出てきています。

今だから作れる作品を今出す必要こそ、ミュージシャンのやるべき仕事でしょうな。

昔のいい作品も素晴らしいけど、今だから気持ちいい作品!ってのを作らなきゃポップスやってる意味がないわけっす。

今年の夏場を感じさせるレコーディングにも何曲か参加していますが、自分の参加した楽曲以外にも世の中が、今を感じる音楽で埋め尽くされるように願ってます。

本当にここ数年は寂しい音楽シーンですからな。

都会に夢はございません

そっかぁ。

今年はシコチューがお休みらしい。

イベントをやるって、大変だからなぁ。

シコチューは若者がいない。

どの地方でも聞く話だが、高校卒業後にその地域に大学も専門学校もないから、ほとんどが都市に出て行くわけだな。

宮古島も同じだが、シコチューだと、出て行った若者がそのまま就職したりして、そんでもってそこまで遠くないからか?戻ってこないらしい。

若者が少ないのだ。

宮古島は、ある程度したら戻ってくる人も多いけど、20歳代がやはり少ないんだけど、ね。

若者が戻らないとなると、若い夫婦ってのも少なくなり、子供も少ない地域となる。

どんどん過疎化していきます。

人がいなけりゃ雇用も少ない。

みんな若者が都会に行っちゃうから、地元の雇用もさらに減るのです。

そして、仕事がないから!とまた、都会に出て行ってしまう。

都会は、人が多いから仕事があるような錯覚を生んでいるわけっす。

人口一位の東京都、二位の神奈川県を足したら、全人口の10%となります。

48ある都道府県の中の隣接する2つで10%になっちゃうのは、おかしいっす。

過疎化するわけです。

オイラの生まれた川崎も、子供の頃とは別な街となってしまった。

人が多過ぎます。

わざわさ家賃や物価の高い都会でギスギス暮らすことはないんです。

みんか、一斉に地元に帰って、地元で仕事を作りませんか?

人が減るから仕事も減るんですから。

インターネットも発達した今や、都会なんて無意味っすよ。

さ、地元に帰りましょう!

な~んて、言い過ぎかしらん?

今、臭いっす。

今宵は、琉球ホリック前に、お呼ばれで武蔵新城(アラグスクではありませぬ)の、おばら!とゆう小料理屋に行ってました。

ナイスな店っす。

やはり、オトナになったらこうゆう店でシッホリいきたいものです。

すっかりいい気分で地元に帰り、ジイの誘いを断りながらも渋谷へ向かっています。

もうすでに、日付も変わりました。

こんな時間に、オイラのイベントで誰かが肩を揺らしただけで、オイラは逮捕される日本。

そんなでも、オイラは心を揺らしに渋谷へ向かってます。

毎日のトレーニングでかなりの筋肉痛。

でも、やっぱり身体を鍛えるって、気持ちいいもんです。

今宵、昼に餃子とニンニクたっぷりなタンタン麺を食べて、新城でクサヤを食べて、かなりな口臭で向かってます。

いつもは、人に嫌がられないように、イベントの時は気を付けてますが、今日は開き直り。

日本酒もきまってます。

こんな捨て身な自分も悪くないっす。

今日、オイラがドブ臭かったらそれは、クサヤの臭いっす。

あれは、二口目から魔法の食べ物となりますからな。

きっと、台湾の臭豆腐もそんな食べ物なんでしょうな?

そ、オイラは今、幸せなのです。

臭くっても幸せなんです。

人に臭いって思われてもいいや!と、自分の幸せの方を選んだ今日っす。

そんな日は、さいこー!

しかしながら、渋谷に到着する前にベロベロなオイラ。

明日は、ゴメンナサイって感じですわ。

案外、忙しい

昨夜はずっと、5月11日にあるデラルスのシブヤバイラの本を書いてました。

前回がかましちゃったんで、今回はさらなるプレッシャーが。

前回の続編的にデッサンしてたものがありましたが、NORAがやりたい方向があって、急遽路線変更。

また、謎な企画で賛否両論なライブをいたしますぜ。

birdの新曲も一曲、デッサンし終わりました。

テーマがブーガルーなんで、こりゃ作れそうだ!なんて言っちゃったもんで、またもやプレッシャー。

ゴールデンウイークあたりは細かなライブも多いっす。

ツアーと違って、いろんなミュージシャンとライブするんで、切り替えが大変でして。

25日あたりから忙しいんで、それまでに片付けてしまわなきゃならない事がたくさんあるのを今朝、実感中っす。

絢香の復帰ライブも見に行くし、な。

休んでる間、たまにメールしたりすると、すぐに返信してきて、ゆっくり過ごして体調を整えて欲しい気持ち半分、今の音楽シーンに早く喝!を入れて欲しい気持ち半分、ってゆう想いが続いてましたからな。

ライブツアーやってこそ、本格的な復帰っすもんな。

日本のミュージシャンで唯一、自分でCD買ってまで聞くのは、今は絢香だけでして。

嬉しいことです。

山崎とアラバキやって、大阪やって、大阪の翌日はデラルスの大阪の為のリハーサルで一度、東京に行かなくてはならない。

birdの制作もスタートします。

5月20日くらいまでは怒涛な日々。

いやいや、そこからミュージックコンベンションの本番がオイラは始まるんで、もっと大変です。

ミュージックコンベンションが終わっても、6月頭からまた忙しい。

birdの制作やライブの続き、そしてきっと、山崎もレコーディングに入るんだろうし。

6月3日にbirdで静岡のライブをやり、4日にはナイスなミドルで石巻に行く。

7月になったら、オーキャンリハーサルだらけだろうし。

その前が、カナダが飛んだんでポッカリ空いてるんで、オイラは宮古島ロックフェスティバルを兼ねて宮古島でお客さんしてこようかな?

ま、そうゆうことで時間が少ないのだ。

今日も頑張らなくては!

今宵は琉球ホリックだし、な。

燃えるぜ!

宮古島の裏ランチ

オイラにとってごちそうとは、ウナギにトンカツにすき焼きだ。

宮古島ですき焼きは知らないが、ウナギ屋もトンカツ屋もあります。

ウナギ屋は、台湾のウナギを使った店に行ったっけな?

ウナギ定食¥1300だったが、プラス¥100でデカいトンカツが付くセットがある。

オイラにとっちゃ、黄金のメニューさ。

なぜ?トンカツが¥100なのか?は宮古島だからっすな。

トンカツ屋にも行ったが、沖縄県全体的にトンカツは旨いんだ。

豚料理だからな。

料理として、これを考えたアナタは偉い!と思う料理が、餃子とカレー。

宮古島で餃子は、何年か前まであった砂山ってゆう定食屋が旨かったんだが、なぁ。

宮古ソバに餃子ってゆう、ナイスな組み合わせが良かったんだが。

カレーは宮古島にはありますな。

レベルが高い。

本格的な店から、子供の絵のような黄色いカレーまで。

カレー専門店もいくつかありますが、実はちょっとした定食屋のカレーが旨かったりします。

お節もいいけどカレーもね?じゃないけど、島料理ばかりじゃ飽きてくるんで、そんな時にはカレーっす。

カレーはなかなかハズレがないですからな。

暑い所で食べるカレーが旨いんだ、これが。

宮古島の裏ランチとして、カレーも考えておいて下さいな。

質問は?

さすがにミュージックコンベンションも8回目ともなると、質問も少ないっすな?

ま、オイラもできるだけ答えます。

でも、この少なさがちょっと嬉しいのは、皆さんがオトナってことですからな。

今や世間では、自分で考える前に質問してくる人達が多いようでして。

しかも、その答えはアナタがご自分で見つけてください!みたいな質問も多いようでして。

質問をすることって、恥じらいがあるはずなんですよ。

恥じらい持ちながら質問された方には、恥をかかせないように受け答えをする、ってのが粋なやり方ですからな。

中には、自分の答えを持ちながら質問を投げる人もいる。

質問されたからには答えなきゃ!と答え出すと、いや、私の思うのは・・・なんて、攻撃されちゃったりしてね?

確実に嫌われるやり方っすよ。

観光協会とかにも、
明日、宮古島は晴れますか?
なんて質問がくるらしい。

観光協会は気象庁じゃないんだからねぇ。

ミュージックコンベンションを始めた同時も、インフォメーションが足りない!とたくさん叱られました。

常識的じゃない!って。

その常識的ってのさえ、ご自分の勝手な解釈なんでしょうし、オイラは決して非常識なイベントをやってるとは思っていないのですが。

まぁ、会場には子供も犬も駆け回っていますからな。

企業のフェスなら非常識になるのでしょうが、ごく自然なイベントっす。

オイラの仲間もいろんな仕事をしていて、そうゆう質問やクレームで悩まされています。

恥じらいある質問には、恥かかせない回答を心掛けていますが、やれルールだモラルだマナーだ、平等、不平等、などの言葉から発するクレームに関しては、それを言う人に対しての対処より、何も言わない人達の言葉を汲むことを一番に考えています。

ルールやモラルやマナーは、場所や時が変われば変わるものだし、その言葉で人を言いくるめたと同時に自分もその言葉に縛られてしまう力のある言葉です。

個人から発する言葉ではなく、集団に向かって使う言葉だと思っています。

それを個人に向かって使うならば、それはその人自身が実は無頓着なのか?表現を簡略化しているか?のどちらかですな。

平等、不平等に関しては、多分みなさんは、世の中ってみな平等にはならないのを知ってらっしゃると思うので言いますが、希望的な言葉ですよね。

実際は平等にはならないんだが、目指そうぜ!って言葉です。

なんで同じ量しか食べてないのに、オイラだけが肥るんだぁ!と不平等を嘆いても仕方ない。

人間はみな同じじゃないから、平等にはならないし、なったら面白くないし、自分が頑張った分の見返りがあれば幸せってもんです。

資本主義、自由主義の根本ですからな。

それをわかってらっしゃる方なら、口にはしない。

聞こえない声を聞かなきゃいけないのは、そうゆう方達のことでして。

全てがうまく行くわけじゃないし、でもクレームつけて憂さ晴らしするのも卑怯だし、とゆう人達の為に歌があるんですもんね!

オイラが思う、本当に音楽が好きな人達は、忍耐があるはずなんです。

日常の忍耐を緩和するのに最適なのが音楽ですからな。

でも、お互いを知るためには質問も必要ですから、ね。

ミュージックコンベンションでのわからないことは、できるだけ回答いたします。

って、質問しにくいか?

スケッチ・オブ・ミャーク

ミュージックコンベンションと同時開催する、宮古島の島唄のドキュメンタリー映画、
スケッチ・オブ・ミャーク
の詳細がきました。

宮古島は、沖縄地方や八重山地方とは違う言語ですので、独特な島唄があります。

が、どうしても民謡酒場などでは沖縄や八重山の有名な歌が観光客にはウケるので、宮古島民謡などは埋もれがちなのです。

音楽家の久保田麻琴さんが宮古島の島唄を受け継ぐ人達に逢い、記録した映画です。

久保田さんは、夕焼け楽団同時、日本で初のような野外ビッグフェス、夕焼け祭りを行ったり、チャンプルーズのハイサイおじさんをプロデュースしたり、オイラはマンデー満ちるのアルバムと THE BOOM のアルバムをプロデュースされた時に一緒に仕事させていただきました。

ミュージックコンベンション開催中の3日間、イベントに被らないような上映時間で、しかも会場の近くでの上映です。

二時間ない上映時間なので、ぜひご覧下さい。


美ぎ島ミュージックコンベンションin宮古島2012 共同開催
映画「スケッチ・オブ・ミャーク」
ホール上映会 in宮古島part 3

5月25日(金)(開場11:45) 上映12:15 (( 終映14:00 ))
26日(土)(開場9:30) 上映10:00 (( 終映11:45 ))
27日(日)(開場11:00) 上映11:30 (( 終映13:15 ))
............................................................................................

映画「スケッチ・オブ・ミャーク」
~ 沖縄 宮古島に残る神歌と古謡、
それらを歌い継ぐ島人達とその生活を 刻んだ深淵なるドキュメント
* 公式ホームページ : http://sketchesofmyahk.com/


赤提灯



昨夜行った、池尻の店は良かったな。

四文屋。

新井薬師前が本店で、中野や高円寺や江古田あたりに支店を持つ店なんだが、同じスタイルで池尻もやっている。

お一人様3杯まで、のキンミヤ梅割りは旨いがキクぜ。

串ものから煮込みまで、オイラにゃたまらんメニュー。

ちなみに写真はニンニクの芽ね。

2人でベロベロになって、五千円!

ま、三千円飲み食いしたら、出来上がる店だな。

こうゆう店が池尻にできたのが嬉しいね。

最近は、気取った店は苦手でね。

赤提灯にしか興味が持てないんだな。

世間のミュージシャンに対するイメージはどんなか?わからんが、少なからずオイラはガキの時分、気取った店でかっちょいいギャルを侍らせる毎晩をイメージしていて、そんな生活に憧れていたはずなのだ。

今や、赤提灯で、サラリーマンと一緒に労働の疲れをアルコールで飛ばすような夜のほうが無理がなくていいんだな。

女性に対しても、興味減ってきた年齢だし、ね。

いい赤提灯に出逢えるのが嬉しくて、ね。

せいぜい週に1、2度くらいに酒を抑えてるから、もうたくさんの店の出会いはないのでしょうな。

だから、飲みに行くって、最近は気合い入るんですわ。

でも、最高の酒の肴ってのは、料理じゃなくて、一緒に飲む相手ですな。

すみません

あれだけ、フライヤーを撒いてくれる隊の募集をかけたにも関わらず、まだ概要が明確じゃないので制作できていません。

出演者もあとひとりの返事待ち。

映画もはっきりしないと、でして。

なんとか初日は15時スタートに出来そうですが、2日目、3日目は当初より早くからのスタートになっちゃいますな。

出演者をタイトにしても、やはり時間が足りません。

どうしたもんだか?

にっちもさっちもいかないんで、池尻に向かっています。

仲間と軽く景気つけて、世田谷界隈のフライヤー撒き。

うぅっ!頑張るぞぉっ!

今日はパッション!

今日のテーマはパッション!でして。

朝7時に起きて、スクワットと腕立てをやたらにやってみた。

一時間くらい無闇な運動をしてみた。

体から燃え上がるイメージなんだな、今日は。

今は9時。

吉野家で朝飯。

パッションだろ?

燃えるような気持ちになりたいのさ。

だって、ミュージックコンベンションまで40日を切ったからな。

宮古島の食事

宮古島に近づいてきましたな。

ミュージックコンベンションは皆さんライブを楽しみにしてくださるんでしょうが、宮古島の自然も楽しんでいただきたい!と言ってきました。

宮古島の自然よりライブ!とゆう方達でも必要となるのが食事ですからな。

宮古島は、いろんな場所に行ってるオイラが思うに、食べ物が美味しいです。

長年の感想とすれば、やはり宮古島の水がポイント。

天然の地下ダムから汲み上げられた水は、野菜やハーブを美味しくし、小麦粉との相性もバツグンなんだな。

必ず食べてもらいたいのが宮古ソバ。

宮古島住民の主食ですからな。

ソバと言えども、蕎麦粉は使ってません。

小麦粉です。

沖縄のソバは麺に油を吸わせてたりしますが、宮古島のソバは小麦粉!って感じ。

汁は動物を上回るカツオの風味の合わせで、塩と醤油の店に分かれます。

ソーキやテビチなどのトッピングがあるソバもありますが、至ってシンプルな宮古ソバが一番旨いと思います。

宮古ソバは基本的に昼間に食べるものです。

なので、入り辛そうな、地元民で賑わっている店が旨い。

オイラは、塩系なソバをオススメします。

宮古島で塩と言えば、雪塩ですからな。

ちなみに焼きそばも、宮古ソバで作ったのは旨いっす。

小麦粉系が旨いから、パン、ケーキ、ピザなども旨いってことですな。

リピーターはイタリアとかチャレンジしてみたら?

魚は、カツオが揚がる時期。

ちなみに海ぶどう、もずく、グルクンなどは宮古島産がほとんどで、旨いっす。

牛は宮古牛、豚もパイナップル豚から赤豚まで、肉食系にもたまらない島です。

酒はやっぱり宮古島の泡盛。

普段、酒を飲まないスタッフやメンバーも、宮古島では泡盛を飲んでしまうってくらい旨い。

やはり宮古島の水で割り、宮古島の水でできた氷が泡盛をさらに美味しくさせるのです。

宮古島の水が旨いからこその食材は、豆腐です。

島豆腐ですから、濃厚です。

オイラが好きな、カツオのなまり節を使って作るゴーヤチャンプルーも、島豆腐がいい仕事をしてくれる。

固める前の、ゆし豆腐も二日酔いのランチには最適っす。

変わりダネでは、イカスミやヤギがあります。

イカスミ汁は薬膳みたいなものです。

翌日、真っ黒なモノが出ますが。

ヤギも新鮮なら、臭みがありません。

きっと初心者な方達は、沖縄らしい食材を使うものが食べたいでしょうな?

町の居酒屋なら、楽しめます。

居酒屋も、地元民がメインに盛り上がってるところだと、あまり宮古島の食材がメインじゃなかったりします。

観光客をメインにしている三線ライブとかやってそうな店なら、沖縄らしい食材がメインとなります。

リピーターはいろんな冒険をしてみてくださいな。

宮古島にまで来て?と思うようなジャンルの店が実はすごく旨かったりします。

ちなみにオイラは、しばらく海ぶどうや島らっきょうやグルクンは食べてません。


島の人達もあまり食べないからなぁ。

よく、沖縄の食事が合わないって方達もいますが、宮古島は大丈夫!

旨いっすよ。

トライアスロンだな

宮古島はトライアスロンで今頃は盛り上がってるさ。

きいやま商店のライブもJang Jang であるらしい。

このところ人気がある、きいやま商店だからな。

トライアスロンがあるから、宮古島からは連絡ないだろうな。

宮古島で一番盛り上がるイベントだからな。

ようやく宮古島も、音楽の島!と言い出してくれたけど、やはり宮古島と言えばトライアスロン。

島をあげてのイベントだからな。

よし、明日はオイラもトライアスロンな気持ちで頑張ろう。

ベロ酔い地元


結局は、ベロ酔いな今宵。

言い訳は言いたくないが、要するに地元でフライヤーを撒いてたら雨が降り、ジイに捕まって酔いつぶれた夜。

ジイは現在、74歳。

オイラの目標は、ジイより長生きする、です。

ジイは、昭和の生き物ですから、合わない人には難しい。

が、オイラは大好きっす。

カメラを向けたら嫌がります。

ジイのせいで、ベロ酔いなのに、ジイはもういません。

ジイは、足の骨を二本骨折中。

でもジイは、そんなことさえ感じさせないジイっす。

罵倒がほめ言葉なジイを世間はなかなか理解しないと思いますが、オイラはジイが大好きっす。

悔しいけど、ジイの後ろ姿を!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。