プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽鑑賞!

久しぶりに、音楽をじっくり聞いてます。

アベレージ・ホワイト・バンドのベストを、ね!

イギリスの白人のソウルバンドっす。

昔の音源だから、レコーディングはアナログテープによる、せいぜい24チャンマルチって感じでしょうな。

ドラムとベースの音がいい。

特にダンスミュージックなんで、作り込んだリズムのサウンドなんで、今の音楽じゃありえないサウンドになっちゃう。

全体にリズムの音量も小さいっす。

音楽は、盛り上がってくれば音量は大きくなるけどオイラは、大きな音量からスーっと小さくする瞬間に音楽の至福の瞬間があると思って、そこを一番大切に演奏してます。

が、ミュージシャンの多くやスタッフも、音量を小さく演奏するのが我慢をすることのように感じているようで、いかに大音量で盛り上げるか?に気持ちがいってしまってます。

だから、オイラとはうまく噛み合わなかったりします。

フィニッシュに激しく動いて、一緒にイッて、サヨナラ!なんて、若いやつがやる表現っす。

激しさは、その後の余韻の為にあるっす。

激しい時間は気持ちいいかもしれないけど、余韻こそ大切な、熱い想いが伝えられる瞬間だと思ってまして。

すんません。

ついつい音楽をシモで表現する癖がありまして。

昔の音源は、こちらが引き込まれる音量バランスなんですわ。

最近の音源は、与える感じですな。

昔の音源には色気がある。

久しぶりの音楽鑑賞で、幸せな気分っす。

スポンサーサイト

うまい。それが幸せ

高知、札幌、仙台と続いたんで、すっかり肥りました。

だから次の名古屋までは、粗食を心掛けなきゃ!と。

昔に比べたら食が細くなったとは言え、やはりツアーの楽しみは各地の食事でして。

行きたい店が各地にあります。

食べなきゃ!と思う味が各地にあります。

名古屋かぁ。

ひつまぶし、台湾料理、みそかつ、味噌煮込み、カレーうどん、スガキヤ。

これのどれをチョイスするのか?

全部は無理っす。

その分、大阪は長めにステイなんで、まんべんなく廻れる。

帯広もありますな。

豚丼!

函館は、イカにラッキーピエロ。

青森は、いちご煮っすな。

素晴らしいっす。

日本はうまい。

今年のランキングだと、石巻の木の屋のサバ水煮缶と宮古島の腰原食堂の酢豚が印象深い。

あとは、やはり高知のうまさの再確認っすな。

タタキももちろんだけど、しじみラーメンもインパクトあった。

あとは、大阪のたまちゃんのホルモンとTS!

以上の新しい味に出会いましたわ。

こんなこと言ってちゃ痩せるはずがない。

今は我慢の時。

川崎で飢えてます。

いつの間にか冬の地元っす

桜の葉もすっかりなくなっている、地元の公園での朝の風景っす。

10月の終わり以来、今日みたいに腰を落ち着かせた日がなかったからなぁ。

とは言え、明日から新たな山場があることを忘れていました。

今日はその準備で追われそうっす。

明日から2日間、Zepp東京でスタンディングライブ!

明明後日が朝からデラルスのリハーサル、夜は渋谷ルームでリハーサルの夜中に金原さんとライブ。

その翌日は朝からコレド室町に向かい、でっかいサルサイベント。

明後日くらいからのタイトなスケジュールを行うには、明明後日は渋谷あたりに泊まらないと無理なようです。

ホテル探さなきゃ。

こうなると、仕事とは言えません。

きっと、ホテル代のほうが高くつく3、4日の行動ですから。

でも、音を出すからには、収入よりコンディションっす。

今、ギリギリっすからな。

でもすべての会場に、音楽を待ってる人達がいる。

その為に、めいいっぱいやることが、次へ繋がることだと信じています。

スタンディングツアーも早くも1ヶ月が過ぎましたな。

季節は冬っす。

何しろ青森が終わるまで、コントロールしないと!っす。

がんばれ!と自分に言い聞かせる朝っす。

東京駅ならこれ!


大阪のグランドホテルがあったころは、宿泊の楽しみの一つに、このインディアンカレーを食べるってことが含まれてました。

最近は、ミナミ宿泊が多く、長堀の地下街に行くとインディアンカレーはあるのですが、ちょっと先にある風月のお好み焼きランチになってしまうオイラっす。

なぜか?

それは東京駅からちょっと行った場所に東京唯一のインディアンカレーがあるからです。

インディアンカレーの場所の前は、お好み焼きのきじ、があります。

きじ、も混んでますが、東京ではインディアンカレーがオイラの中で勝ってます。

インディアンカレーの魅力は辛さと甘さにあります。

具なんてほとんどありません。

オイラはタマゴのトッピングと付いてくるピクルスの増量が定番。

味は一種。

ご飯にかけるか?
スパゲティにかけるか?

人生で一番多く食べてるカレーっす。

うまい。

ある意味、ソウルフードなような感じっす。

昔は、大盛にルーをダブル!なんてのを食べてましたが、最近は食事も細くなりまして。

なのに痩せない。

あれは食べたら痩せる、辛いものは痩せる、とかは嘘っすよ!

食べたら肥ります。

正しくは、肥りにくい!くらいなもんです。

食べて痩せるものなどありません。

オイラは空気と水でも肥ります。

インディアンカレーうまかったぁ。

今日ラストの食事っす。

出た答えは?

白い恋人が、面白い恋人を訴えたらしい。

北海道の銘菓、白い恋人と、大阪のパロディ銘菓、面白い恋人の話です。

白い恋人は、
笑えない。
と、コメントしているようっす。

洒落も、受け手次第っすからなぁ。

味も全く違うんだけど、ね。

白い恋人に、間違えて面白い恋人を買った!とゆうクレームが多いらしい。

きっと、買ったのは大阪で?でしょ?

そんなクレームをいちいち聞いちゃいけませんな。

大阪で、白い恋人が売ってるほうが不思議ってなもんです。

朝から、ホテルの図書館にあった
くじけないで
とゆう詩集を読みながら涙してるオイラっす。

旅ばかりの生活をしていますが、ひとつの場所に根を張って生活している人達にしかわからない絆ってゆうか?情ってゆうか?そうゆうのに憧れっぱなしです。

もう、できませんからね。

明日のオフは、両親に逢いに行ってこようかな?

別に用はないけど。

たっぷり寝て、清々しい演技をして逢いにいかなきゃならないからな。

心配されても仕方ない。

石巻で感じたこと、詩集、いろんなものを消化して出た今の答えが、
両親に逢いに行こう!
ってことになりました。

大切な人に逢いに行かなきゃ!だな。

いざ川崎へ

さ、川崎へ帰ります。

今日は帰るってことで1日が終わりそうですな。

クタクタっす。

ふた山目を越えました。

あとは来月の北海道~青森の山を越えれば終わりっすな。

何しろ休まないと、倒れてしまいますからな。

寝不足や多少のネガティブをエネルギーに変えられたのは40歳台の頭だけ。

今は、休める時に休まないと、そんな年齢っす。

明日はオフ!

寝てやる。

それが明けたら、意外とハードな東京2連チャンがありますからな。

地方だと、比較的に会場から近い場所にホテルがあって、ロビー集合で会場に車で送り帰りしてくれますからな。

東京は、自力で会場まで行き帰りしなきゃ、が案外疲れるわけです。

いろんな関係者も増え、楽屋も落ち着かない。

それを2日間連チャンでやるんですからな。

音楽業界がバブリーだったころは、東京の2日間連チャンの場合は、帰らなかったっすもん。

家に帰ると、なんか切り替えスイッチを入れたり切ったりで、それもまた大変なのですわ。

さ、オイラはすでに昨夜からスイッチはオフ。

かなりユルユルな、人前に出せない人間となってます。

帰ったら、地元の温泉の露天風呂にでも浸かってようかな?

この1ヶ月、どんなことがあったか?があまりわからなくなってるんで、普通な生活をしてみたいっす。

体調さえコントロールできれば、ライブ自体はいい塩梅でやれるチームとなってきてるんで、ね。

揉まれたいっ。

一番は揉まれたいっ。

がっつりマッサージされたいっす。

東京のライブまでには仕上げた身体にしておきますぜ。

石巻っす。

今日は、キタローさんが仲良くなった石巻の人達に逢いに、ほとんど拉致のように連れてこられました。

初めての被災地でした。

初めての被災地は、辛くて泣けました。

あそこに、温かい家庭があったんだよな、なんて考えただけで、発狂しそうなほど悲しくなりました。

それでも、そんな単純で簡単な言葉や態度を、石巻の人達に見せられませんからな。

キタローさんに連れられ、石巻のラジオにも出演しました。

今まで、休みなく!な1日でした。

缶詰めの、木の屋さんの従業員の皆さんのためのちっちゃなライブもやりました。

皆さんは喜んでくれたけど、なんだかオイラは力不足なような気分になっています。

喜んでくれたから、良かった!では終われない感じを引きずってます。

そして、だからって力不足な自分もわかってます。

今日逢った石巻の人達は、あの震災と津波を生き残った人達です。

オイラが想像したところで、到底描ききれない恐怖と悲しみを経験し、今や復興にエネルギーを注いでいる人達なのです。

オイラは、対等な気持ちにはなれません。

すごい人達なのです。

一生懸命にライブするしか、やれることがありませんでした。

今は、なんとも複雑な気持ちなのです。

あのバカ会長がギャンブルで使った金を、被災地に届けたいっすよ。

でも、お金だけいくらあっても、明日すぐ復興するわけじゃないのでしょう。

時間はどうしてもかかります。

この年末年始に、是非とも被災地の冬を想像してみていただきたい。

そして、被災地にエネルギーを送る気持ちを忘れずに!

そうすれば必ず、被災地にエネルギーが伝わるはずです。

復興するまでは、いつも頭の片隅には被災地のことを置いて暮らしていきたいっす。

がんばれ!石巻!

いやぁ、疲れました

ひとまずスタンディングツアーは半分終わった。

身体はかなり悲鳴をあげている。

今朝も、疲れ過ぎで早く目が覚めてしまった。

ツアーの合間も埋まってたからなぁ。

暇よりずっといいが、そろそろ一回、ゆっくりした時間が欲しいものだ。

そ!今日が終われば2日間オフ!

長年、この仕事をやっているけど、つくづく好きじゃないと出来ない仕事だなぁ、と思います。

肉体も精神的にもギリギリまで使って、生活リズムは崩れ、食生活は乱れ、毎日違う枕で寝るって、大変っす。

ツアーの合間にのんびりすればいいけど、やはり先々の事を制作しなければ!な時代でして、のんびりする気分になれないっす。

でも半分が終わり、オフを目の前にして、さすがに緊張が切れてる今朝っす。

南の島に行きたいなぁ。

連れてって!

仙台!終わったぜ!

大変に疲れましたが、今日はなかなかな納得プレイが出来たので、飲んでしまいました。

納得プレイは個人的な感想ですが、ZEPPU仙台はやりやすかった。

暑いけど、ね。

最近、やっとトリオバンドでも納得できる状態を作れるようになりました。

ライブ後、ギグイグ伊香保の申し訳なかった件がどばっと大波で心をまとい、また反省しています。

イベントを知らない地域の人達と制作する場合のこの先も起こるかも知れない事が、起こってしまったのは、オイラに責任があります。

謝っても、謝れきれません。

絶対に次は起こさないように気合いを入れてます。

寝る前に、反省しています。


仙台の洗礼?

覚悟はしていたが、昨夜はたんまりテキーラを飲まされ、仙台の仲間から大歓迎されていました。

いつ寝たか?覚えてません。

あくまで昔から伝わる俗説だけど、三大ぶちゃいくに仙台は入るらしい。

オイラの目はどうかしてるのか?

それともオイラの趣向が変なのか?

いやいや、間違いなく仙台はベッピンの多い町っす。

博多もベッピンが多いが、博多はカッコイイ!女性が多い。

仙台は、セクシーっす。

目力が強い。

博多の女性が脚が美しいなら、仙台の女性は二の腕が美しい。

おしりが大きめなのも、オジサンにはたまらないっす。

と、二日酔いでもテンションが高い今日の理由!を言ってみました。

それにしても、まだコメカミでテキーラがサンバを踊ってます。

お!信号待ちのオイラの後ろ!

すごくベッピンだぁ。

うらやましいぞ!仙台の男達!

こんな思いを胸に、ぐっとこらえるからブルースになるのさ。

今宵もきっちり、泣きのドラムを叩きますぜ。

異次元なニュース

大王製紙と言えばあの、しこちゅーを支える大企業っす。

エリエールっす。

しこちゅーに行きだしてから、大王製紙のことは必ず話に出ました。

100億円ってのが、どれだけの金額の重さがあるのか?さえ、わかりませんな。

ま、一生関わりのない額ってのは知ってます。

いくらギャンブルにハマったからって、100億円もすっちゃいけませんな。

工場などでエリエールを作ってる社員などは、いかがな心中か?

エリエール、何箱買えます?

100億円って言ったら、貧しい国の国家予算くらいでしょ?

だいたいカジノで一時間に2千万円くらい負けてたらしい。

2千万円あったら、五年間優雅に宮古島で暮らしますわ。

犯罪で逮捕されたけど、きっとギャンブル依存症としての病もあるんでしょうな。

そりゃ、数年間で100億円使ったら、さぞ楽しかったことでしょう。

本にして欲しいくらいっす。

震災で大変な時期に、日本も、いや世界が不景気って時期に、ね。

オイラとは違う世界で生活してたんだろうなぁ。

で、すった!なら、儲かったカジノってのもあるわけです。

日本にもカジノを!って、各都市でキャンペーンをやる気持ちがわかりますな。

そんなんだったら、四国中央市に大王製紙がカジノを作ったらいい。

前会長を支配人にして。

ギャンブルやるより儲かりますぜ。

100億円なんて、あっという間に返済できますわ。

ってことがわからなかった前会長。

経営者としては、ダメ過ぎっすな。

カジノで一時間で2千万円使うなら、その金でもっと面白いイベントを制作できるのに!と考えてしまうオイラでした。

大道りを歩いてたまるか!

人気と実力ってのは決して一緒ではなかったりするミュージシャン業界。

野球とかだと、殿堂入り!なんてのがあって、実力を一番に見てくれるシステムがあるわけです。

アメリカも、音楽に関しての聞く力がしっかりした国民が、個人的な判断でちゃんとミュージシャンを盛り立ててくれる環境があります。

さてさて、何の話か?とゆうと、日本の音楽シーンの変貌によって、ついに望んでいた波が来ています。

オイラ、日本のメインストリームで音楽をやっていく気持ちを持ったことがありません。

日本人の大半が今、思ったり感じたりすることを代弁したって、本来の音楽の意味を成し得ない、と考えているからです。

世の中はこんな風潮だけど、違う考え方もあるんだぜ!を表現することが音楽には必要と信じてます。

が、気がつきゃメインストリームに立たされ、辛い思いもしてきました。

裏かいてやってたはずが、世の中のメインになってしまう流れってあるのですな。

そうなれば、周りの観客はメインストリーム好きな観客っす。

オイラのイメージと重なるはずがない。

うまく絡み合うはずがない。

そんな数年間がありました。

ところが、今やメインは、アンダーグラウンドを制覇したオタクがシーンの大道りを歩いているんです。

もいくは沢山で踊ることとか。

マスコミですら、オイラがやってる音楽をメインストリームと見ていない。

チャンス到来!っす。

人気より実力の音楽シーンが、アンダーグラウンドとして悠々とやれる時代が来ましたな。

今、スタンディングツアーってので全国を廻ってます。

たいした仕掛けもない、ひたすら音楽で攻めるツアーっす。

音楽で魅力できなきゃ、ミュージシャン辞めてしまえ!ってくらいに、ひたすら音楽だけで攻めるライブっす。

アンダーグラウンドなんです。

メインなやり方じゃない。

がしかし、ミュージシャンとしては基本中の基本に帰ってます。

この快楽!

メインに対して反逆的な気持ちを持って挑めることが幸せっす。

やはりメインストリームはつまらない。

オイラにゃ向いてませんわ。

どうぞ!そちらはそちらで!って気分っす。

先輩ミュージシャンが一世風靡してた時代に、テレビに出ないってことでメインに行かないように努力をしてた時代がありました。

今や、ライブでわかせる!音楽でいわせる!が最大なる反逆なのです。

音楽が生まれるライブ!だから、ヒット曲をやる、やらない、なんて関係ないところで発信したいっすな。

きた!きた!

寝るんだから!

塩ラーメンを食べたし、寝るのです。

寒いの苦手だし。

寒いのが好きだったら、ラテンをやってませんもん。

今日も思いっきりやったし。

まだまだ先は長いんで、寝ます。

そ、読み終えた
貫井徳郎著 乱反射 朝日文庫
やばいっす。

第63回目の日本推理作家協会賞の受賞作っす。

現代の日常にある、ありきたりな問題を、見事なエンターテイメントに仕上げてます。

久しぶりのヒット!

オイラが口にすると、いろいろ怒られてしまうような、モラルだの、ルールだの、マナーだの、が歪んで引き起こす事故の話っす。

是非とも読んでいただきたい。

特にオイラの発言が嫌いな人達に。

オイラがこの先の日本の何に不安を感じているのか?の一つが、ここに小説となってます。

オイラも、こんな才能が欲しいっ。

すごくオイラはシンクロしながら読んでいました。

ま、わからない人達には理解できない小説でしょう。

貫井さん、代弁してくれてありがとう!って気分っす。

なかなかなボリュームですが、一緒に考えてみませんか?

次なる塩ラーメン屋は!



本日、夜は塩ラーメン!

これは信月の、っす。

大変よく似ています。

が、信月は生姜ラーメンってのがあります。

麺は鴇の家とほぼ同じ。

具は、チャーシューが一枚な代わりに大きな麩が入ってます。

スープは限りなく透き通り、品がいいかんじ。

鴇の家も、メガネのお兄ちゃんがやってたときは、もっと透明度が高かった覚えがあるなぁ。

今、圧倒的な人気の塩ラーメン屋っす。

あとは好みっす。

微妙に違うけど、ね。

旨いってことも間違いなし。

いる場所が、どっちが近いか?みたいな感じっす。

でも、東京や川崎にはない塩ラーメン達っすからな。

さすが札幌!

おかげで、今日は塩ラーメンしか食べてません。

ポカスカジャンのライブ!

ギグイグ伊香保終わりでポカスカジャンからメールがきました。

かなりご機嫌だったようです。

面白かったな!ポカスカジャン。

そんなポカスカジャンが、新作ばかりのライブをやるそうです。

行こうぜっ!

WAHAHA本舗PRESENTS
ポカスカジャンの新作ギャグ100連発!
「ぐっじょぶ」

[構成・演出] 喰始

[出演] ポカスカジャン
(大久保ノブオ タマ伸也 省吾)

[公演日時] 2011年 12月10日(土)

[公演時間] 1回目 14:00 開場/14:30 開演
2回目 18:30 開場/19:00 開演

[会場] CBGKシブゲキ!
 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム6階 TEL:03-6861-7733
 http://cbgk.jp/
[料金] 全席指定席 前売 3,900円(税込)
      当日 4,500円(税込)
(*WAHAHA本舗ファンクラブ優先あり)

[チケット] 2011年10月24日(月)より一般発売開始
Mail予約:info@wahahahompo.co.jp
ローソンチケット:0570-000-407(オペレーター電話番号) 
0570-084-003(Lコード:近日発表)
http://l-tike.com/ (PC・携帯)
イープラス(e+):http://eplus.jp/(PC・携帯)
WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11:00~19:00)
(*ファンクラブ倶楽部優先予約:2011年10月中旬)

[問い合わせ] WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11:00~19:00)
http://wahahahompo.co.jp


さ、オイラはこれから札幌をわかせてきます。

札幌ランチ


札幌は寒いね。

すでに午後三時で3℃。

楽屋の弁当を食べるなら、とオイラのお気に入りラーメン屋までランチっす。

鴇の家、しおラーメン。

なんでもなくって、好きなんですわ。

シンプル。
インパクトもない。

でも飽きない味っす。

憧れっすな。

いざ、札幌へ

おはようございます。

一言目がこの言葉だと、清々しい?

ギグイグ伊香保の思い出も頭の隅に置き、新たな気持ちで札幌へ向かいます。

まぁ、あの感じから切り替えて今日の仕事に行くってのも寂しくもありますが。

最寄り駅までを荷物転がして坂を下っていったら、猫公園の端っこをマイケルが登ってきました。

おう!マイケル!
と声をかけると、
ミャ~
と朝のご挨拶をいただきました。

坂を下りきった所にある蕎麦屋が、朝の掃除をしていたので、
おはようございます!
と挨拶し、今日はなかなかいい感じで朝を迎えています。

秋より冬に近づいた感触のある朝。

川崎の我が家から札幌へ向かいます。

札幌は冬なんでしょうな。

今日も、今日のオイラが出来ることを全力でやり遂げる気持ちです。

皆さんもよい1日をお迎えください。


未練と後悔はちょっくら違いますな。

人間、欲があるうちは未練も残る。

もっと生きて、いろんな日を体感したい!ってのも未練につながる。

人間は考える生き物だから、未練は残るのでしょうな。

その分、後悔は自分次第でなくせます。

反省しても後悔しないように思いっきりやる!

反省ってのは未来へつながる事です。

後悔ってのは、過去の瞬間に自分を閉じ込めてしまうこと。

そこから抜け出せない自分を作ってしまってる現在を、後悔と言うんでしょうな。

なんでやっちゃったんだろう?なんてのは後悔。

失敗を反省して、次に同じようになったら別な方法でやってみよう!ってのが反省。

人間、いつ突然の死がやってくるか?わかりません。

未練は残るだろうが、後悔しないように。

明日、死んでも後悔しない!とゆう毎日を自分に問いかけて生きていくと、毎日が楽しくエネルギッシュになりますぜ。

判断力も冴えてくる。

もちろん、だから後悔しない生き方なのです。

みんな死にますからね、絶対に。

近頃は、死なない気分な人が多過ぎる。

死ぬってことから離れ、見ない振りして生活する人が多過ぎですからな。

病院勤務の方達が、いい弾けっぷりな人が多いのは、常に死に接しているからでしょうな?

いつ、突然に自分に来るか?わからない死!です。

オイラが倒れて入院したら、
アイツもムチャし過ぎだ!
と言ってくれた先輩が、退院する前にバイクで亡くなったことをたまに思い出します。

だから、いつ来るかわからない死を怖がってもあまり意味もないんで、それより明日死んでも後悔しないように今日を生きる!を目標に生活するのがスッキリしていいっす。

そんな気持ちで今日もライブしてきます。

札幌は寒いかなぁ?

よし!頑張れゲンタ

寝る前にマッサージ店に行ってきました。

明日は朝から札幌へ向かいます。

寒いだろうな。

マッサージ行って、いろんな疲れを取り、寝て、明日のライブに備えます。

明後日は仙台でイベント!

夜中にDJっす。

し明後日は仙台ライブ。

だから、今の内にマッサージっす。

酒も昨日、今日と抜きました。

明日も抜く予定。

仙台のライブの翌日もちょっくら寄り道してきます。

まずは4日間を全力で!

12月も忙しいぞ。

12月4日には最大級なサルサイベントがあるからね。

ツアーの合間も埋まってますからなぁ。

久しぶりにオフしたら、弱気な感じっす。

よく1ヶ月、頑張った。

あと1ヶ月、頑張れオイラ。

そしたら、年明けて正月だ。

誰にも文句言われずに眠れるぜ。

正月明けたら、宮古島に行ってミュージックコンベンションの立ち上げさ!

早いなぁ。

あと半年くらいでミュージックコンベンションっす。

さて、来年はどうしよう?

そんな先のことはいいから、まずは明日のライブをぶっ飛ばします。

実は


実はギグイグの前日、デラルスのリハーサル後の伊香保入りの間に、番組のインタビューを受けていました。

Astudioです。

鶴瓶さんとシェリー。

今日、収録が終わって情報解禁がオーケーとなりました。

ユースケがゲストで、その関わりある人とゆうことでのインタビューでした。

鶴瓶さんはすごい。

す~っと話ができるオーラに惹きつけられるのです。

今までいろんな方とお話ししましたが、こんな気分になったのは初めてでした。

逢ってからのほうが力が抜けるのがわかるのです。

その空気をす~っと作れてしまう鶴瓶さんは、びっくりするほどすごい。

感動さました。

翌日、偶然にもデラルスのマネージャーがまた鶴瓶さんに遭遇したらしいのですが、鶴瓶さんもオイラをいい感じに受け取ってくださっているそうです。

ユースケの話が中心ですが、ユースケの話より鶴瓶さんと話している心地よさに酔っていました。

一時間に満たない会話でしたが、宝物のような時間でした。

すごい経験をしました。

オンエアーは、いつかな?

そんなこと、どうでもよくなるくらいに気分が上がりました。

あの番組が大好きでして。

情熱を感じる番組だし、鶴瓶さんの〆のあり方が、鶴瓶さんでしか出来ない素敵な〆ですよね。

実は、そんなことがあったあとのギグイグ伊香保でした。

あのインタビューが番組でどのような話になるのか?楽しみです?

川崎ランチ


オフのランチは?

川崎っ子の定番!ニュータンタンっす。

ニンニクと唐辛子が足りない日々でしたからな。

写真は、首を横にしてみて下さい。

ムチウチになっても責任は取りませんが。

ニュータンタンのセット950円、中辛っす。

四川のタンタン麺とは違います。

韓国とかで食べる麺に近い。

餃子も酢味噌で!

あぁ、苦しいっ。

川崎だぁ!

江戸の男

江戸を代表する男、立川談志が亡くなりました。

こうゆう人達がいなくなるのは寂しいっす。

人間、誰だっていい面もあればドロドロした面もある。

いい面ばかりを見せようなんて恥ずかしいや!ってな江戸気質がありまして。

いい人、なんて思われるくらいなら、ダメなやつ!と思われていたいとゆう照れがあるのです。

その照れくさい部分とドロドロした面をうまい具合にブレンドして表現してこそ、心に染みる芸となるのでしょうな。

最近は、いい話ばかりを題材に映画やドラマ、そして音楽の歌詞が作られつつあります。

だからオイラにはつまらない。

もしくは、ありえないストーリーだったり、ね?

人間の奥には、当たり前のような隠された部分があります。

みんな便所に行くし、エッチなことも考える。

人には言えない欲望や不満や、いろんなものを抱えている。

それを妙にいい話とゆうオブラートにくるんで誤魔化すだけじゃ、世の中は破裂しちゃうはずなのです。

だから文句言われても覚悟の上でねじ曲がった部分を表現していかなければ、心の開放は会場で生まれてこない。

そうオイラは考えてます。

そんな想いの先には、やはり立川談志とゆう、江戸を代表する人がいたからなのでしょう。

優しさなんて、世間に見せたら恥ずかしい!くらいな気持ちがあったはず。

ヒールを演じることで、世の中の毒抜きの矛先を自分に向けることで成り立つことを覚悟してる姿は、格好良かった。

そんな姿に憧れを持っています。

いい人、なんて言われてたまるかぁ!と今日は気合いいれました。

軽く悪口を言うのは、相手を試してる証拠です。

そこでくだけてくれたら、ゴメンよ!とこちらも言って、深い仲となる。

そうゆうやり方が最近は通用しなくなりましたな。

ちっこいプライドを掲げてる輩ばかりなり。

みんな、手元のカードで人生を終えようとしてるから、ちっこいプライドを守っちゃうんでしょうな。

オイラは、プライドがないのがプライド!な~んてね。

だからまだ成長過程っす。

おかげで、お腹がまん丸っす。

マナーを守りましょう!なんて言わなくても、なんとなく形となって、はじけ過ぎな人もいながらの大宴会ができた皆さんには、わかってもらえるのかな?なんて思ってる部分ですな。

いろいろあるから、人は愛おしいのです。

表面だけのいい子っぷりの付き合いなんて、味気ない。

そう思うからこそ、腹の底を見せたくなるのです。

それを見せたら、あとは楽ですからな。

でも、自分で言うのもなんですが、オイラの腹の底なんて、ひとつも危ない部分はありませんからな。

変態、変質、狂気なものがいっさいない腹っす。

スケベくらいかな?

だから、腹の底を出したからってたいしたことないんですな。

そして残念ながら、本来の自分はおとなしい人間でして。

仕事以外は、静かにしています。

つまらん腹の底っす。

立川談志はもっと、静かな人だったんだろうな?と思ってしまいます。

さ、腹の底の話をしてたらお腹空いたんでランチにしますわ。

オフ!

実に1ヶ月以上ぶりの、偶然なるオフがやってきました。

宮古島から帰ってから風邪も引き、なかなか治らず、のんびりできる時間のない1ヶ月でしたからな。

よく頑張ったなぁ、と自分で自分を誉めてあげたいっす。

必死でしたわ。

そして、11月も終わりに近づいてます。

年明け1月は、のんびりしたいっす。

2月くらいからいろいろ入ってきますからな。

去年から周りの音楽シーンとは違う動きをやってきたことが、来年は具体的な形となってきそうですからな。

来年はいろいろ忙しくなりそうな。

やっぱり仕事してる時が一番っす。

その間にあるオフは最高っす。

結局はオイラ、フリーターなんで、仕事がなけりゃ簡単にニートになっちゃうんだな。

ようやく闇を新しいやり方で抜け出せそうな予感がします。

二年かかったなぁ。

なんでも、形になるまでに二年はかかるみたいっす、音楽の世界では。

去年の今頃は、焼鳥屋でバイトして、今までの傲慢さを捨てる覚悟をしてました。

あれでかなりかわりました。

自分も、だけど、周りに説得する力がついたように感じます。

来年はもっと、具体的になっちゃう。

ワクワクしますわ。

でもまぁ、今日はオフします。

マッサージに行って、晩御飯の仕込みをして、何かしらDVDをひとつ借りて見る。

そんな1日でいいっす。

寂しい。セカンドシーズン


いやぁ、寂しい夜っす。

伊香保はオイラの家からもそこそこな距離だし、スパッと終わっちゃった感じがなんか寂しいっす。

ミュージックコンベンションは、終わってから数日、宮古島で余韻を過ごして徐々に心を落ち着かせてから帰りますからね。

ギグイグはスパッと終わっちゃった。

ミュージックコンベンションほど、ヘロヘロにもなってないし、寂しい気分で叫びたくなります。

あの空間を!今宵も!

もっと遊びたかったっす。

皆さんが記念撮影会に、石段に集まってくださった時の喜びと、終わっちゃうんだなぁとゆう寂しさは、何とも言えない気分でした。

一言で言うなれば、らぶ!っす。

打ち上げも、サルサ5VSポカスカジャン的な盛り上がりで、爆笑でした。

でも、やはり大宴会にはかないません。

皆さんには本当に感謝しています。

そして、だからこそ至らなかった部分を反省しています。

絶対に次は、完璧に!と気合い入ってます。

今朝の晴れた石段の風景が焼き付いています。

あぁ、なんだか寂しいっ。

明後日は札幌っす。

早く札幌に行って、忘れてしまいたい!とゆう衝動に駆られるくらい、今は寂しいっす。

夜の長い11月なのに、昨夜はあっという間に夜が終わってしまいました。

今宵は長い。

明日、1日かけて、頭をツアーモードに変えなきゃ。

寂しんぼうな今宵

昨夜の大宴会からうって変わり、静かな夜を迎えておりました。

終わってみれば、数々の反省も。

何より初めてな伊香保でしたから、実際にやってみなければわからない部分も多々ありました。

でも、伊香保の実行委員やギグイグスタッフ、出演者の3組は頑張ってくれました。

オイラの中には外枠のようなイメージはあったのですが、各持ち場での関係者が自分の想いを込めてくれるようなイベントの制作をしてこそ、自分のイメージを超えるイベントとなります。

そんなギグイグ伊香保でした。

実行委員、スタッフ、出演者が伊香保を元気に!伊香保から元気を!とゆうキーワードで、ギグイグに集まってくださる皆さんに楽しんでいただけるよう、めいいっぱいはやりました。

そうやっても、想像していなかったミスも出てきてしまいます。

確実に、次回はクリアしてみせます。

が、きっと次回も何かしら問題は残るのです。

イメージするイベントが、この日本にまだ存在しないイベント!ってことは、いかに開催することが現実的には今まで思われていなかったか?ってゆうことです。

それを現実にやれば、スタッフがイメージし難かったり、いろんなトラブルもつき物です。

だけど、必ず何かしらある!ってことを恐がらずにやるしか実現化はありえないのです。

オイラは、昨夜くらいの羽目を外す感じが好きです。

あれ以上は危ないですな。

ギリギリっす。

でも、お行儀良く!を守られても、オイラはなんかつまらない。

どこかで、心を開放していただくのがイベントの一番の意味と思ってます。

まぁ、先にお隣に開放されちゃって、乗り遅れてしまう場合もありますが、お隣の開放を見て、開いて良かったね!とゆう楽しみ方もありますな。

お祭り、な気分を作りたいのです。

それには皆さんの開放具合がいかなる調子か?にかかっていますからね。

昨夜は開放してくださり、ありがとうございます。

あんな感じのイベントなら、もう行かない!と言われる方もいらっしゃるとは思います。

本当に申し訳ありません。

しかしながら次回もさらに爆発する予定です。

そして、そんなに楽しいなら来年は!と思われる方も、イメージと違っていたらゴメンナサイ!と来年は言わなければならなくなりますな。

今年、楽しんでいただいた方の為に、さらに来年は頑張りますから、来年初めて参加される方はかなり驚くと思うのです。

そう考えると、来年はやらないほうがいいのかな?なんて思ってしまうくらいに、今年ギグイグ伊香保に集まってくださった皆さん!と作り出した空間と時間が好きでした。

皆さん、ナイス!っす。

その分、オイラは気合い入れて頑張らなくては。

手元には今、別府のイベントの企画書があります。

こちらは別府のメンバーが気合い入れて企画書を作ったものでして、ギグイグ伊香保のような淫靡なイベントじゃなくなるでしょうが、これはまた別なタッチのイベントにしよう!とは思案中です。

ただ、やはりオイラがイメージするイベントじゃないので苦戦してます。

正しい感じのイベントなので。

これも、自分の幅を広げるためにチャレンジします。

オイラは、打楽器を叩かなくても、イベントを作っているのが楽しいのです。

長年、世間にはないイベントをやってきましたが、そろそろ次は正当なイベントもやってみようかな?

大宴会の翌日は、寂しくてやたらに次の事を考えてしまいます。

北も思案中。

2ヶ月に一回くらい、イベントをやりたいっす。

寂しいから、そんな事ばかりを考えちゃいます。

またギグイグ伊香保もやりたいけど、昨夜とは違ってきますからな。

そのくらい、昨夜はオイラは好きでした。

もう一回、伊香保で皆さんに逢いたいっす。


ありがとうございました。

無事に帰宅されましたか?

ギグイグ伊香保、終了!

ギグイグ伊香保に参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

石段の撮影も終え、今はまったりコーヒーを飲んでいます。

申し訳なかった部分も多々ありました。

今後の反省材料として、しっかり心に受け止めておきます。

でも、何より皆さんの楽しんでいる笑顔が見られたことが、オイラの中で一番嬉しく思う部分です。

よくわからない企画の一回目に、参加していただけて嬉しいです。

かなりイメージ通りのイベントになりました。

また、企画したいです。

企画やイベントがなくても、伊香保温泉をよろしくお願いします。

ありがとうございました!

快晴!

伊香保は、寒いけど快晴です。

さ、ついにギグイグ伊香保!

オイラ、昨夜はいろんな気をつかい、飲み過ぎました。

すでに宴会モード!

お待ちしております。

伊香保!

伊香保なう。

午後8時で気温は3℃!

寒いっす。

ギグイグは真冬な感じでいらしてくださいね。

湯冷め、湯あたりに注意!

では、ミーティングに行ってきます。

いざ伊香保へ!

さて、リハーサルも終え、もうひと仕事も終え、伊香保へ向かってます。

もうひと仕事が、凄かった。

空気を変える、相手のエネルギーを引き出すって、こうゆうことなのか?って、実感しました。

テンション高いまま、いざ伊香保へ!

関越道はすでに寒いっす。

明日も寒そうな。

川崎の朝

今日がまたまた忙しい。

12月4日の日曜日に、コレド室町で今年最大のサルサイベントがあるっす。

それのリハーサルの日を探すと今日になっちゃうんだな。

熱帯ジャズ楽団、ズィンゴッサ、とデラルス。

これを観ないと今年のサルサは〆られない。

そんなイベントのリハーサルなんで、頭を切り替えて朝から頑張ってきます。

で、夜には伊香保に入らなければ。

明日は朝から仕込みがあるからね。

温泉地に行っても、オイラはのんびり温泉!ってわけにはいかないっす。

仕掛けを作らないと、ね。

頑張ります。

宴会しましょう!

今日は冷えますな。

平年並みな気温の朝かな?

明日の伊香保は、もっと寒いはず。

伊香保で寒さに慣れてから、札幌や仙台へ向かうっす。

そしたら今月も終わり。

やっとオフっす。

宮古島に行ってから、全くオフがなかったからなぁ。

明日は、楽しい1日になるといいな。

腹の底から笑いたい気分っす。

晴れろ!

帰路~帰宅

やっぱり地元に着くと、どんだけ疲れてるか?がわかりますわ。

荷物を転がしながら、フラフラで帰ってます。

また、我が家は山の上にありまして、普通に歩いただけでも息切れするのに、荷物が重い。

途中に、はりまや橋みたいな橋があります。

歩いて五歩くらいな赤い橋っす。

よし、はりまや橋の話題に入る前に坂を登り切ったぜ。

はりまや橋のことは話ししないほうがいいからね。

札幌の時計台と、ね。

川崎も、11月下旬とは思えない暖かさ。

もう、町には灯りが点りはじめました。

明日も、明後日も大変なんで、今日はもう家でゆっくりします。

我が家のてっぺんの空は、今とても幻想的です。

しばらくは家に入らず、空を見てることにしますわ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。