プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーバースデー!

NORAのバースデーライブ、ナイスなライブでした。

いい日だ。

さ、明日からツアーが始まります。

頑張ってみる。

そして、ギグイグ伊香保のホームページに、伊香保サイドのブログが立ち上がりました。

伊香保の情報が次々とアップされますぜ。

と言うことで、さっさと寝ます。
スポンサーサイト

いざ東京へ!

鹿屋は雨だったけど、ホットなライブだった。

さ、東京に行くぞ!

デラルスだ。

日々の忙しさで声が枯れてきたけど、ね。

鹿屋にて。

ところで、鹿屋って知ってます?

高速も電車もない、ナイスな町っす。

鹿屋はあいにくの雨。

明日の午後までは降り続くようです。

本番までにはやんで欲しいなぁ。

スタッフは、雨対策で忙しいようで、ひとり鹿屋を今は満喫しています。

ポンと入った焼鳥屋でまったりと。

店主と話したりして、これぞ旅の醍醐味っす。

そろそろスタッフが迎えにきてくれるようです。

鹿屋のスタッフが一生懸命に頑張って作るイベント。

雨よ止めっ!

明日は、8時にリハーサルっす。

早く寝ようっと!

何の為?

何の為に仕事をするのか?

なんてことを考えても答えは複雑すぎて一言じゃ言えません。

じゃ、誰のために仕事するのか?

これに関してはオイラはシンプルっす。

音楽を必要としてくれる人達のため、です。

これがダイレクトに繋がるのがライブですな。

とは言え、ミュージシャンやツアークルーのみんながみんな、オイラと同じように考えているわけではありませんな。

プロデューサーやバンマス(あ?トリオバンドのバンマスはバンドのマスコットの略で意味がちょっと違います)事務所やレコード会社などの思惑も出てくる。

このあたりの人達が、オイラと同じように、音楽を必要としてくれる人達に向かってくれてるといいのですが、経済が先になっちゃう主義だと困っちゃうわけです。

クライアントの要望に応える、って感じの、力関係がはっきりしてる仕事はオイラに向いてません。

もちろんその要望が、見事にオーディエンスの心を鷲掴みにするくらい素晴らしいものなら、感動してやりますが、まぁ大概が経済が一番になってる話が多いわけでして。

特に今の音楽業界の、まぁ演奏側じゃなく、周りにいてミュージシャンを金で使ってた感覚の人達は、大変な時代となってまして、次から次へとエグい商売のアイデアを出してきますからな。

そうゆう人達は、ほとんどが汗もかかず、甘い汁を吸って、外車乗り回し、今更ささやかな生活に戻れないんでしょうし、自分じゃ音楽が作れないんで必死なわけで。

でも、そんな人達も生きていかなきゃならない。

要は、その辺りの人達に振り回されている今の音楽事情なんですな。

ミュージシャンは楽っす。

収入は減っても、場所と身体があればライブできますから。

で、今の時代。

CDの売上やレコード会社の宣伝費もあるわけじゃない時代。

音楽を必要としてくれる人達がライブに来てくれて、ミュージシャンはライブが出来て生活も出来る!とゆうシンプルな時代となったわけです。

早く、より多くの音楽業界の人達にこれを理解してもらいたいっす。

そうすれば、もっと楽な活動が出来るし、音楽のクオリティーも向上しますしね。

わかりやすいのは、作り込むなら少女時代をベースに考えて今の時代の制作しないと!か、もっとシンプルなライブを地道にやるか?しかない。

オイラは地道にやります。

観に来て下さる人達を身近に感じながらライブしていきたいっすからな。

ちょっと寒い朝っす

昨日のリハーサルの音源を聞いて、ようやくちゃんと形となった安堵感がありまして。

そしてあとちょっとで10月も終わります。

秋深いっす。

ギグイグ伊香保の受付も、31日までです。

今日は、鹿児島でギグイグの宿題をやらなければ!っす。

それにしても冷え冷えしてきました。

ついこの間、先週の木曜日まで泳いでいたオイラには、ついていけない寒さっす。

周りも風邪が流行ってきてます。

気を付けてくださいな。

な~んて、風邪引きっぱなしのオイラが言うようなことではありませんな。

これだけ忙しいと、社会的な事を考える余裕がありません。

起きてから寝るまで、音楽のことしか考えてない。

関わる人達もシンプルなので、閉鎖的となりますな。

受験生のような一週間でしたからな。

やっと、外の人達と関われますわ。

このキツい一週間を経て、外に向かうのです。

いろんなところへ行ったり、いろんな人達に逢うには、その前の準備とゆうか、忍ぶ時期が必要なんでして。

春ぶりに鹿屋の人達に逢いにいきます。

明後日は、青山でデラルスっす。

明明後日は、ホームグラウンド川崎でツアーの初日!

3日は札幌!

楽しみっす。

ここから2ヶ月。

気力も体力もコントロールして、バッチリなライブをやり続けたいっす。

音楽が、いろんな場所に行ける喜びが、いろんな人達に逢いに行ける喜びが、充満中!

よろしくお願いします。

終わったぁ!

怒涛のリハーサルの日々が終わりましたわ。

さすがにライブさながらで通しリハーサルしたら、キッツいっす。

リハーサルを終えたご褒美に、マッサージに行ってきました。

さ、明日からは鹿児島は鹿屋っす。

明日はほぼ向かうだけ?なスケジュールですが、宿題もたくさんあるんでやらなければ。

明後日のリハーサルが朝7時?って聞いてまして。

こりゃ大変!

旅の仕事も、昔みたいに余裕あるスケジュールじゃなくなってます。

ツアーの行程をみたら、朝にその土地に向かい、ライブやって、夜走りで次の土地へ向かい、翌日はその土地でライブ!なんてゆうハードな?青春を感じちゃうスケジュールがありましたわ。

久しぶりに行く土地の美味しいものも食べられずにライブやったら移動しなくちゃ、でして。

何もない日ってのが、来月の29日。

あと1ヶ月後っす。

このご時世に、嬉しい忙しさっす。

ライブハウスが基本の仕事となってきました。

もう、ホールの時代じゃないのかな?

ホールをやるってことは、それだけ人件費もかかりますからな。

オイラには願ったり叶ったりっす。

よりダイレクトにライブが伝わりますからな。

さ、早く寝て、鹿児島へ向かう準備をしますわ。

あ、暇があったら、YouTubeで、少女時代のメンバーの個々の歌ってる映像をチェック!

ラジオでの放送で、スタジオの隅で歌ってる映像なんて、腰ぬかします。

ジャズもいい。

GEEのジャズバージョンも素晴らしい!

ただ、ニューアルバムは、シングルの曲が突飛していて、なんだかなぁ?って感じました。

もう一曲くらい頑張って、テディーにプロデュースしてもらえば良かったのに、な。

しかし、やはり少女時代は別格です。

特に、テヨンの歌唱力と存在感は、天才ですわ。

オイラはティファニーが好みですが。

少女時代で日々、幸せになっております。

スゴいっす!

今日は、ドラムのヘッド(皮ね!)を変えました。

あまり新品は好きじゃないので、今日くらいから叩きこなすとちょうど、川崎くらいには馴染み出すかな?と。

しかし、スネアのヘッドを間違えて持ってきてしまって、試しにそれを使ってみたけど、やはり今回のイメージとは違うみたいっす。

明日、張り替えます。

ついに、通しリハーサル1日目っす。

通してみたら、こりゃスゴい。

やるだけで必死だった今日です。

微調整して、明日またチャレンジしてみます。

リハーサルも大変だけど、明後日から鹿児島は鹿屋に行きます。

鹿児島~東京~川崎!川崎~札幌!とライブが続きます。

こりゃスゴい!

頑張ってみよう。

鹿児島は鹿屋のライブは、birdはもちろん、NORAとsaltともやるのがいいね!

NORAのバースデーライブは、またまたコアな選曲だしね!

で、久しぶりの札幌。

その間に、ツアーが始まるのですな。

素晴らしい!

さ、明日も気合いで頑張りますわ。

いい感じ!

今朝、起きて感動したのは、耳がよく聞こえるようになってたこと。

耳ぬき出来てないときには酒を飲んではイカン!とここで教えられたが、リハーサルもひと段落したんで昨夜は、久しぶりに下山してきましてね。

そしたらなんと!起きたら耳が治ってた。

身体も、あらゆる筋肉が力を帯びているのがわかる。

疲労感より、出来上がった感がする今日です。

今、イメージ通りのプレイが出来てきたのが嬉しくて楽しくて仕方ない。

ドラマーとしての波が今までのキャリアの中で何度かあるが、その何度目かがキテますわ。

昨日のリハーサルの音源、ご機嫌です。

音楽業界の衰退や、日本各地の災害など、いろんな想いがある今年でしたが、だからこそオイラはよりいいプレイをしなきゃ!と心掛けた一年が形になってきてるようです。

今のプレイがオイラの到達点!と思える。

久しぶりに満足いく感じに仕上がってきました。

やっぱり、いい感じで音楽を演奏してる時が一番幸せっす。

自分にとって、唯一の飽きないものが音楽です。

音楽バカです。

企画も、目標も、あのトリオバンドでは初めての試みのツアーとなります。

スタッフからも、これは賛否両論ですな?と言われるくらいに過激です。

過去に、domino around とゆうツアーをやって、その過激さは再演の企画もありましたが、あんな過激なライブをやる体力は今はないだろう?と、企画は消えました。

が、今回はそれを超える過激さ。

ぶっ倒れるまでやるぜ!と言うようなライブです。

これを今、やれることが嬉しい。

過激な企画に参加できて嬉しいっす。

メッセージは、言葉以外で伝えるべきだろ?ミュージシャンなら!と、毎日ガムシャラにリハーサルしてます。

髭をそる時間もないんで、髭トリオっす。

曲にこめられた想いとか、曲の間のMCとか、そんなのを超えてしまう、音楽で伝えるライブを制作できてる喜びがあります。

そう考えると、言葉にすることで奥行きのなくなることって多いっす。

でも、今の日本は言わなきゃわからないようで。

想いなんて、実際は言葉にできません。

言葉じゃないものから伝わるのが想いです。

オイラは太鼓を叩くことで想いを表現したいです。


今日も頑張って、全国に想いを持って旅したいです。

おはよーごぜーます

今朝はついに冬の香りを感じた。

季節があれよあれよと移り変わってます。

気がつきゃ、もうすぐ11月っす。

夏がついこの間だったのに、この早さはなんだ?

部屋の更新をした。

もう今の部屋に四年間住んだってことらしい。

やはり冬になると、夏場より元気がなくなるオイラっす。

昨夜はリハーサルの音源を聞きながら寝てしまった。

だから今朝は7時前に目覚めた。

これから、寝てしまって聞いてない所から聞き直しっす。

耳のせいか、すっきりリハーサルに挑めない。

でも予定だと、鹿屋に向かう飛行機で耳ぬき出来るんじゃないか?と践んでます。

もうかれこれ、一週間つまりっぱなし。

意外とこれが、疲れる原因となってまして。

トリオバンドの昨日の音を聞いてると、確実に個々が音楽的にこの数年で変化があったことがわかる。

このトリオ、オイラは鳥取での野外ライブをやった年にピークを感じていた。

そこからまた個々が次へ進み、久しぶりに腰を落ち着かせての音楽制作なのだが、まだ自分達の変化と昔のノリとが交差してうまいこと混ざってない。

が、これがちゃんと混ざれば、さらにグレードアップするように期待できるんだな。

若さや荒々しさはなくなったが、成熟した音楽を発信できるんじゃないかな?

でも、どこかで爆発力も必要なんで、そのあたりの戸惑いがまだ出ている。

今日を合わせて三回でなんとかそのあたりをうまく調合し、ちゃんと今あるべきサウンドに仕上げたいと思ってます。

それこそ気がつきゃ、全員オジサンと呼ばれる年齢となってるトリオバンドっす。

DVDとかの映像がたくさん残されてるこの時代、ライブに来てくださる人達が何度も繰り返し見てるライブとは違う印象の、今のサウンドを作り出したいっすな。

そりゃDVDは、後で音処理もしてるし、カメラが寄って近くで見えるんで、よく感じるわけです。

その印象より上回ることをライブではやらなきゃ!とゆうプレッシャーもある現在なのです。

でも、今の感じをうまく混ぜ合わせればきっと、新しいサウンドで圧倒できるはず。

これはミュージシャンとしての意地でもあります。

さ、今日も頑張って体内脂肪を燃やすぜ。

疲れたね。

八時間ね。

やるね、八時間。

予定通り七割はできたかな?

今回の激しさに、スタッフが、
ゲンタさん大丈夫ですか?
と、心配されるくらいの大変さ、なのだよ。

相変わらず耳が聞こえないしね。

ぼんやりしちゃうんだな。

八時間、リハーサルっす。

で、これから今日のやった音を聞くのです。

二時間はかかるかな?

ま、起きてから寝るまでほとんどを音楽しちゃってます。

そんなフラフラな中、鹿屋のイベントはbirdだけではなく、NORAとsaltのデュオに参加することになりました。

いろいろ増えます。

寝てる時間とご飯と便所と風呂以外は全部音楽。

羨ましいだろう?

オイラも少し代わってあげてもいいくらいさ。

おかげで夢は、色っぽい夢しか見ないぜ。

あと、なぜか?痩せない。

なぜだ?

今日の中村さん、曲順をくじ引きで決めよう!とゆうアイデアを出してきて、それでやってみたら新しい発見もありましたぜ。

ま、ちょっとな?って部分もありましたが。

大変っす。

くじ引き曲順なんて実験もしながら、八時間。

なのに痩せない。

頑張ります。

何をだ?

リハーサルだよ~ん

トリオバンドのリハーサルも、今日を含めてあと四回。

ってことは、今日には七割がた見えてないと、なんだな。

と考えるのがオイラ。

キタローさんは多分、今日もまとめたがらないだろう。

キタローさんの中にある漠然とした疑問や悩みを(小学校のような悩みだったりする)オイラが分かり易く解説して説得するのだが、説得してる自分の言葉とキタローさんが持つ疑問と、どっちが本当に音楽的なのか?と、語りながら思ってしまう。

多分、仕事としてのペースや予算などを考えると、オイラのやり方の方なんだけど、夢とか理想とか、掴み所のないイメージではキタローさんの疑問は出来る限り叶えたいとも思う。

こんな感じで、時間が足りないのです。

が、足りるくらい時間があるからって、出来るわけではない。

限りある時間だからこそ、必死になるのです。

看板さんも改革に必死っす。

と言うことで、燃えてます。

全くもって、予測を裏切るようなライブに受け止められるんだろうか?

ま、そんな為のツアーのようですからね。

今までで一番ハードなライブにしなきゃならぬ。

頑張ります。

忘れていく2?

忘れていく話をしたついでに。

リハーサルで、頭がお馬鹿になるほどいろんな実験をして、フラフラになって帰って寝る。

朝起きると、余計なことは消去されて、昨日まで苦労してたことが楽勝にできるようになってたりする。

オイラはこれを熟成と呼んでます。

だから、リハーサルでは決めごとを覚えるのではなく、可能性をチャレンジしていく時間と考えてます。

そしてフル回転で、めいいっぱいやるのです。

拘束時間も長いので大変ですが、めいいっぱいやって、寝る!の繰り返し。

するとどんどん熟成していくわけです。

その分、本番はめいいっぱいやりません。

余裕と隙間と遊びを持つために、七割くらいの気持ちでステージに立つ。

これがポイントです。

余裕のない男なんて、魅力的じゃありませんからな。

その余裕を作るためにも、オイラはリハーサルでフル回転するわけです。

練習は練習、リハーサルはリハーサル、そしてライブ本番は、スポーツでいうならば試合みたいなもの。

プロスポーツが面白いのも、エンターテイメント性があってのことです。

今季も優勝した中日の落合監督が、今季限りで辞めることになってます。

落合監督の目指すものは、勝つこと。

実際に中日は強くなりました。

が、人気は落ちています。

要するに、プロスポーツならば、オーディエンスはエンターテイメントを求める気持ちがある。

しかし落合監督は、エンターテイメントよりまずは勝つこと!とやってきた人です。

勝つためには、お客さんやファンが求めるエンターテイメント性を棄ててまで勝つことにこだわる。

それがファンを減らし、親会社からサヨナラを言われてしまった原因です。

今のスタンスでも、強くなった中日を、落合監督を好きなファンもたくさんいるでしょうが、強くなっているのにファンが実際に減っているのです。

似たような話で、相撲もありましたな。

八百長問題。

今はガチンコと言われてますが、果たしてどれくらい相撲が素晴らしくなったのでしょうかね?

まさか、プロレスまでガチンコでやれ!なんて言わないでしょうな?

朝青龍、ボクシングの亀田兄弟みたいに、エンターテイメント性を持つヒールをあえてやってる人達が叩かれたりした時期もありましたな。

叩いて、その後は面白くなったのでしょうかね?

プロとしてステージに立つなら、エンターテイメントとして見せて、その場でアドリブもかませるくらいに余裕が必要ですからな。

今の日本のメディアかわからないけど、いい人がいいようで。

いい人じゃなきゃいけない、ような?

芸人の私生活を暴いて、意外といい人だ!なんてやっちゃったら、芸人も商売あがったりですな。

そもそも、いい人って何だろ?

どんな優しそうに見える人だって困った部分は持ってるだろうし、どんなヒール役な人でも、それこそいい人な部分は持っているはず。

わざと悪い立場を演じることによって、周囲を悪くしないように被っている人だっているわけでして。

あれ?プロの話からズレたね?

まぁいいか。

みんなしていい人を目指しちゃ、世の中まとまらないし、こんなつまらん世の中はないわけですわ。

でも、一般社会でそんな滅茶苦茶な人は困る、ってんでエンターテイメントってのが必要となるわけです。

竹内力は、怖いままでいいんです。

オイラが大好きな、勝新太郎はヒールを貫いた。

エリカ様!楽しませてくれい!

海老蔵!元に戻れ!

と、思うのです。

絶対に、人間の奥底には、滅茶苦茶やってみたい!とゆう気持ちがどこかにあるはず。

それを我慢して社会に馴染むのが当たり前なんですが。

そのフラストレーションを発散するためには、エンターテイメントが必要なんですな。

だからそのステージに立つ人達の全てに、いい人を求めてはいけない。

気を付けなきゃいけないのが、いい人っぽい人が実はとてもいい人とは言えないタイプだったりするわけでして。

オイラは、ダメな人でも素直な人にはたまらない気持ちになります。

あとは、自らヒールに回る人も、グッとくる。

いい人を目指すと疲れちゃいますよ!

正直な人を目指しましょう。

正直に生きた方が、他の人に優しくなれます。

話がズレましたな。

要領良くとか贔屓とか

やったぁ!

今日のマックのポテトは当たりだ。

気分がいいね。

今日はNORAバースデーライブのリハーサルの予習を朝からしてたが、やはり頭の中のメインは今の時期は、トリオリハーサルのこととなってしまう。

これが見えてこないと、他も集中できないわけでして。

トリオリハーサルが全て終わってから、本番までの間に鹿屋でbirdと、帰ってから青山の月見ルでNORAバースデーライブと、そうゆう順番なので、今日の予習は他のメンバーに迷惑にならないように、の予習なのだ。

本番日には、全く違ったテンションで挑むのだが、今はまずトリオリハーサルで完成させなきゃ!他のことに気持ちがいかない時期なのです。

不器用でして、実は一つずつしかやりこなせないタイプです。

いっぱいかかえて、全てをこなせるフリをしている。

昔はもっと、堂々とフリをして煙たがれていたが、さすがに年齢的にも要領よくなってきた気がします。

要領よく、は人生最強のテクニックっす。

そう言えば、要領よくとか贔屓って、最近は良くないイメージで使われやすい言葉ですが、オイラは大好きっす。

贔屓されるには、努力がいるんです。

まずは、人として好かれなければ、贔屓を受けられません。

その上、まだいろんな努力を重ねて、ようやく贔屓がありますからね。

いきなり手に入れられるものではないのです。

例えば、贔屓の店のない町に今すぐに行きたい!とは思わない。

そりゃ一回や二回行ったからって、贔屓にはなれませんぜ。

長年旅してきましたから、いろんな町に、贔屓の店ってのを持ってます。

気に入った店に通ったからって、その店に嫌がられるような客になっちゃってたら贔屓になんてしてくれません。

昔から日本には、こうゆう文化があったわけです。

ニューヨークにいた時にも、何度も通うと店の小鉢が増えたり、割引してくれたり、があったのは驚きでもあり、嬉しくもありました。

要領も同じように、これもコツコツとは別な努力が必要です。

どちらも言えるのが、自分の損得だけを考えている人には難しい業ってことでしょうな。

相手もそのあたりは察してますからな。

そして、自分が気持ち良く感じた行為は同じように廻していかないと、文化として育っていきませんからな。

こう言っちゃうと、気分を害する経験のあった人が、要領よくとか贔屓ってことを良くないこととして廻しているってのも考えられる。

だけど、ポジティブな世の中を創造するならば、要領の良さや贔屓を楽しんじゃうくらいのほうが明るい未来があるんじゃないかな?

宝くじは買わなきゃ当たらない。

当たったら誰にも言わない。

最近はこんなこともわからなくなりつつあるようで、クレームがつきやすい。

Twitterとかですぐ、ラッキー!と呟いてしまう人がいるからね。

要領の具体的な話とか、贔屓された話は黙ってないと、粋じゃなくなりますぜ。

でも、あまりにも要領がいいと、信頼もなくなりますからな。

オチは用意しておかないと、ね。

何事も、要領良くやるってことっす。

きちんと要領良く、粋な贔屓も時々受けられるような暮らしっぷりがいいっすね。

贔屓にしてくれた相手の気持ちを大切にしたいっす。

得するってことより、その想いによって心が温かくなるようなこととして受け止めたいっすな。

覚える時期

NORAのバースデーライブのリハーサルをしてきたぜ。

マニアックなライブになりそうな。

リハーサル大変だったもん。

めったにやらない曲ばかりやるんだぜ!

昨日と今日で、どれだけの新しい曲が頭に入ったんだろ?

でも、ライブが終わると忘れちゃうんだな、これが。

忘れていくのもテクニックっす。

忘れるのは曲だけじゃない。

一番忘れてしまうのが人。

常に新しい人と逢って挨拶するので、忘れてしまうのです。

ごめんなさい。

あんなに好きだった娘さえ、名前を思い出せなかったりする。

人生で考えると素晴らしい機能っす。

最近では、宮古島の人達の人数分、誰かの記憶が消えてます。

昔、先輩の山木さんや島健さん達の忘れっぽさを笑ってたのが、自分がそんな年齢になったら忘れっぽくてね。

これはいわゆる極意かも?

出来れば素敵なことは忘れたくないんですが、見事に嫌な事は忘れていきます。

幸せなのです。

そう願っているからかな?

三途の川を渡る時には、嫌だったり辛かったりした思い出は全て消し去り、美しいことや素晴らしかったことや感謝で頭をいっぱいにして渡りたいっす。

でも今は、覚える時期っす。

忘れたら大変!

やっぱり、忘れるより覚えるほうが能力を使います。

忘れるについては、お任せください。

始まったばかり

この年齢までドラムをやってきて、ようやく自分の思い描くグルーヴが出来るようになってきた。

がしかし、これ以上のプレイとなると、自分の思い描くものに対しての限界ってゆうのかな?そうゆうのを感じてもいます。

右耳は日に日に良くなってきてるけど、古傷の右足首がかなりヤバい。

湿布張ったり、いろんな努力をしているのだが、根本的に壊れてしまってるので、スポーツ選手なら手術ってくらいの状態なんだろうな?

整形外科を何ヶ所か行ったが、たいした治療をしてくれない。

そんな右足首だが、調子が今イチなおかげで出来るようになったプレイがあるわけです。

足首に負担をかけないようにプレイすることによって、体全体の力を抜くプレイが出来るようになりまして。

力を抜くことで生まれるグルーヴが最近のお気に入りっす。

もう50歳も目の前。

だからこそ出来るようになったプレイがある!と強がりじゃなく実感しているのです。

さ、朝も早くに起きて今からNORAバースデーライブの予習しなきゃ。

新しい曲や久しぶりな曲があり過ぎ。

一回のリハーサルで本番に挑むには、予習が大切になりますな。

頑張ります。

2ヶ月間ノンストップ

始まりました!

ノンストップの2ヶ月間の初日!

今日は久しぶりなトリオリハーサル。

八時間ぶっ通しでリハーサルしたぜっ。

またまた新しい試みに挑戦してるんで、初日じゃまだ何も見えてません。

実験に実験を重ね、正解なき作品を作ろうと必死になってます。

スタジオが、都内じゃないのがいい。

かなりハードな、物凄く体力のいるライブになりそうな。

でも明日は、NORAのバースデーのリハーサル。

要はデラルスだが、NORAがやりたいようにやればいい!ライブなので、新曲や懐かしい曲もあって、またまた覚えなくては!

まだ右耳が詰まったままで、クラクラする体でリハーサルしてるから、大変っす。

今日からリハーサル6日間連続!

その後、鹿屋に行って、ライブ5日間連続!

5日目が札幌なんで、翌日は札幌でオフします。

それまでは休みなし!

札幌でのオフは、はじけるぜ!

そ!そ!
伊香保のチケットとなる手拭いのデザインがあがりました。

今回は、オイラの大好きなデザイナーである、宮古島のデザインマッチにお願いして制作!

ギクイグな感じになりました。

締め切りは31日まで!っす。

ツアーの間にやるイベントは、伊香保だけじゃないっ。

仙台のライブの前日は、仙台のクラブでゲンタ祭りだし、12月の始めにも渋谷で、井出靖さんや金原千恵子さんとイベントやります。

12月4日はデッカいサルサイベントもあるし、大晦日は名古屋ブルーノートっす。

働くっすよ!

詳しくは、またいろいろ詳細がわかったらここに書きます。

休みなし!

最高だぁ。

さ、今日はゆっくり寝ます。

新しい音楽を求めてまして

少女時代の新曲のプロモーションビデオを見たぜ。

ヤバいわ。

これで確実に他と差を開いた分、オイラからも遠ざかってしまった感じ。

多分、日本人にはウケ悪いかもね?

でも、飛躍の仕方にドキドキさせてくれるエンターテイメントが少ない今、オイラは少女時代を好きで良かったよ。

楽しませてくれます。

次々とやり方を変えてトライしていく姿は、素晴らしい。

これでオイラが言ってたように、世界的なエンターテナーとなったわけです。

絢香も復帰だってね!

待ってたからなぁ。

オイラは、ずっと待ってた。

待ってるぜ!とメールすると、最近はすぐ返信が返ってくるのが嬉しくもあり、寂しくもあり、だった。

復帰の知らせを聞いてからはまだメールしてないけど、世間が落ち着いたらオイラの喜びを伝えるつもり。

宮古島で見た絢香を忘れられなくてね。

この娘は、自然を体に吸い込んで、歌にして響かせることが出来るのかぁ!と感動してしまってね。

早く、生声の歌を聞きたいぜ。

そ!ついに少女時代の韓国盤がTSUTAYAでレンタル始まります。

たまらんよ。

最近は他にピンとくる音楽が出てこないなぁ。

良かったのは、屋敷豪太ドラムと松永さんペースの二人だけのアルバムがあってね。

これは良かった。

あのミュートビートの二人っす。

二人だけのアルバムってのがすごい。

ドラムとペースだけ。

松永さんはグレートなベーシストっす。

一緒にやったことのあるベーシストで感動したベスト3に入ります。

ドラムとペースだけで、気持ちいい音楽になっちゃってます。

こうゆうアルバム、これから増えそうっすな。

グランドギャラリーから発売されてます。

何の秋?

一週間で四冊の小説を読んだ。

メタボラなんて、二冊分の厚さだから、かなりなペースで読んだわけっす。

読書の秋だから、ね。

食欲の秋に関しては、出来るだけ我慢中。

宮古島でも、我慢したつもり。

この先にツアーがあるんで、どうしても食べ過ぎな感じになるんで、ね。

運動の秋も、リハーサルが始まれば、世間のオジサマ達より運動してることになる仕事っすから。

あと何の秋があるのかな?

ファッションは、この秋用には何も新しくしていません。

宮古島も行ったし、懐を温めるには今ある服で我慢っす。

昨夜はガンツを借りて見ました。

なかなかいい作品ですよ。

こうゆう作品を世界に持っていけばいいのに、ね?

明日からはリハーサルが始まり、始まれば空いてる時間のほとんどをリハーサルの音源を聞く時間にあてることになります。

大好きな少女時代も聞けなくなる。

オイラは何しろ、聞いて聞いて聞きまくる仕事のやり方をやってまして。

曲もライブの流れも完璧に体に入れないと出来ないのです。

それをすれば、ちゃんとその流れに適したテンポと温度でグルーヴできるのです。

自分がやった感じと、それを外から聞いた感じを調整するのがリハーサル。

よりイメージに近づけるような努力をする日々です。

そんな日々が続くと、日常生活などできません。

リハーサルとは、地味だし、長いトンネル工事のような作業でして。

ツアーに出ちゃえば、かなり頭は楽になります。

それまでは戦いの日々。

トリオバンドはさらに難しいのでして。

CDと比べたら、音が足りない。

足りないけどCD以上の作品に仕上げなきゃいけない。

こりゃ、難しいわけです。

大変だ。

一番調和が取りにくいのがトリオですからな。

だから面白いってのもありますが。

明日から、とりあえず休みなく年末までぶっ飛ばします。

間にも楽しいイベントが隙間なく入ってます。

気合いっす。

そんな秋です。

新しい手帳の季節


10月に宮古島に行ったら必ずやること、、、それは、来年のスケジュール帳を購入すること。

昔は、フォーライフレコードが配ってくれた手帳が便利で、それを無理にでもフォーライフの人に言っていただいてました。

その後は、ぴあ手帳。

まぁ、フォーライフ手帳のパクりっぽかったですが、やはり便利だった。

ホール、ライブハウス、放送局、スタジオなどの住所や電話番号も載ってる手帳でした。

ここ10年くらいは、沖縄の手帳を使ってます。

別に便利じゃないけど、和むって感じがたまらない。

今年も新しい手帳を購入!

まだ、2月の後半あたりのスケジュールしか書いてないけど、来年一年間はこの手帳と共に頑張ります。

そんな季節となりましたな。

楽しいスケジュールでいっぱいになりますように!と。

カッコイイを追求したいんだが

人はそれぞれ。

何が美しく、何がカッコ良く、何を求めるか?は人それぞれなのです。

とは言え、そのそれぞれな人も自分に似たような人達が集まるだろう、例えばライブとかにも集まるわけですな。

そこで、いくらお客さんが盛り上がっていようが、自分の求めていたものと違った時の違和感くらいガックリくるものはないっす。

オイラも、いろんなシーンでやってますから、いろんな人達に合わせています。

が、ダッサイなぁ!と思うライブもあるのです。

でもお客さんはこれを求めているとするなら、やるしかないのが仕事です。

自分がひとりでライブするわけじゃないので、他のメンバーが予定外のダッサイことをする場合もあります。

でも、そこに集まっている人達の楽しみがそれをオーケーとするなら、我慢するか、辞めるしかありません。

やってる側と受け取る側のギャップを感じるライブもありますな。

お客さんは選べませんからね。

ただ、絶対に譲れないものがやる側にあり、それをキャッチしてるオーディエンスが集まる場となると、かなりのこだわりを持ってやらなければならない。

実は、そんな現場がオイラは好きだったりする。

カッコイイを追求して、カッコ悪いことは絶対にやらないような現場が少なくなってきてます。

カッコイイ!は文化です。

いくらライブはお客さんあって!と言っても、カッコ悪いことをやってまでウケるような、そんな集まりには耐えられないわけです。

これはミュージシャンをスタートしてから、ずっと悩んでる部分。

そして、日本人の文化としていつしか衰退してきてる部分でもあります。

カッコ良くいようよ!ってのが、本当に減ってしまっている。

特に年齢を増すごとに、カッコ良くいることを諦めてしまうのが今の日本人の風潮になりつつあります。

カッコイイ度を日本中上げていきたいっすな。

女性はいくつになっても美しく、男は腹が弛んでも気持ちは弛まずに。

週末はドレスアップして出掛けるような文化が根付いていけば、文化だけじゃなく経済も上がりますぜ。

でも、人それぞれカッコイイが違いますからな。

これがまた難しい。

宮古島のお土産

宮古島のお土産に、鼻風邪をひいてます。

耳は飛行機が降りるときにつまったままでして、特に右耳は耳抜きできず聞こえない。

そんなためのオフ。

病院に行って、早めに治しますわ。

ってわりには食欲はあるし、耳鼻咽喉以外は至って元気!

明後日から休みなし!ですからな。

ま、のんびりしろよ!ってことでしょう。

時差ボケか?

少女時代が世界デビューってんで、盛り上がってるんだ。

テディー・ライリーがプロデュース。

マジソンスクエアにも出ちゃうらしい。

他のK-POPとは違うのさ!

なんてテンションで渋谷帰り。

やっぱり変だよな?

宮古島帰りの足で渋谷でイベントは。

なんだかわからなくなってます。

たいして眠くもないし。

海外旅行に来た気分に似てる。

あと二時間でいつも起きる時間だな。

目が覚めませんように。

いざ、渋谷へ!


首都高で渋谷に向かってます。

途中の芝浦あたり、まるでマンハッタン?

いや、昔見たヒーローもののアニメの世界?

人間は想像出来るものは実現させられるとは言うが、これも一例だな。

オイラも想像を実現に!

それにしても寒いっす。

さようなら宮古島



さようなら宮古島。

渋谷に向かいます。

宮古島のいろんな仲間の温かさに触れた旅でした。

また、来年にはゆっくり来ます。

来年に来た時にはもう、ミュージックコンベンションのスタートです。

スッゴく時間の流れが早く感じるけど、前浜の波はおかまいなしに、ゆったりとしていました。

風は緩やかでした。

一泊くらいにしか感じない旅でした。

チャージも済んだし、今年はバリバリに働きますぜ!

ありがとう!

タンディーガタンディー!

不思議だぞ。

そうさ、琉球ホリックを休まないで間に合うように帰ろうと考えたスケジュールにしたのはオイラさ。

22日までは空いてたけど、ツアーが始まると欠席もあるかも?な琉球ホリックに、遊びで穴を開けちゃいかん!と思ってさ。

でも、なんか今から渋谷に行くのが不思議な気分なんだな。

6時だけどまだ宮古島。

町は夕日で赤く染まってるんたな。

オイラは今、晩御飯を食べている。

初めての店。

やっぱりひとつくらいトライしないと、ね。

で、今から渋谷だ。

定食屋の店員も、そこにいる客も、オイラが今から渋谷に行く!なんて思ってないわさ。

そんなには近くないぜ!

でも今日中には渋谷に着き、イベントをやるオイラがいるのさ。

飛行機でぐっすり寝て、バリバリなテンションで渋谷に向かってやる!

最後の海



最後に前浜にお別れにきました。

今年最後の海です。

メタボラを読み終えました。

この本は宮古島に置いていきます。

ピースアイランドに寄付。

ミュージックコンベンションをやる前に、沖縄でイベントやった場所がモチーフになっている架空の施設が出てくる。

なぜ、沖縄でのイベントは諦め、宮古島で続けられたのか?裏読みしてください。

ナイチャーやバックパッカーの心理がうまく表現されている。

オイラも、昔はそんな流れをプッシュしていたひとりです。

で、今は、宮古島の住民になりたがっている。

オイラは次のストーリーに行ったのです。

メタボラの最後のセリフは、
ズミ!ズミ!上等!
でした。

この一文で流れてしまった涙は、前浜の海よりちょっとしょっぱかったっす。

宮古島市公設市場





宮古島のカツ丼は、野菜たっぷりでうまいのだ。

リニューアルした宮古島市公設市場に寄って、覗いてみたら楽しそうな地元の市場になってました。

ここに新しい宮古島の魅力がありますぜ!

なんて思いながら廻ってたら、ミュージックコンベンションファンのお菓子屋さんに、チョコ黒糖をいただいちゃいました。

7月にオープンしたばかりだぜ!

カツ丼うまかった。

全国のカツ丼がこのくらい野菜たっぷりがいいな。

前浜に向かう道の途中、水溜まりができるほど道が濡れてる。

宮古島は車で10分も走ると違う天気だったりする。

西里は晴れてるが、前浜は雨。

そんな曖昧さが、宮古島の魅力っす。

ラスト日!


晴れてるさ。

さぁ、飛行機の時間まではたっぷりある。

またまだ楽しむぜ。

最高だぁ!

幸せっす。

宮古島の家庭での庭バーベキュー。

その後なのに、オイラをサンゴ屋で待っててくれる仲間。

最高だぁ!

明日は、この空気を持って琉球ホリックに行きますぜ。

宮古島からダイレクトで渋谷だ。

さ、メタボラの続きを読まなきゃ。

ピースアイランドの図書館に寄付するのさ。

さすが桐野夏生さん。

だんだん盛り上がってきてます。

いい日だな。




な~んもしてないぜ。

ずっとメタボラを読んで、暑くなったな?と思ったら前浜へ。

の繰り返し。

ここのブログを読んだ親族が、問題を感じて会議してなってるって電話が宮古島にまできたけど、そんなこたぁ気にしない。

オイラは、自分の恥や普通の人達なら明かさないだろう気持ちの奥を明け等様にして今まで生活の糧にしてきたからさ。

まぁ、親族にはそのあたりは理解できないだろうけど、一般的な常識では生み出せないことをやってナンボっすからね。

そりゃ、厄介者なわけですわ。

雲の流れをボ~っと見て1日を過ごしてる。

今は、たったひとりの人間として、自然の中に溶け込んでる1日。

この時間は、ひとり旅じゃなきゃ作れないのだ。

今日はまだ、まともに人と会話もしていない。

ずっと空の下にいる。

オイラがここで無駄に使う1日が、この先にどんなアイデアに変化するか?なんて、誰にもわかりっこないのさ。

まともな生活ができない、キリギリス体質なオイラは、冬さえこなければずっと音楽をやれたのに!とキリギリスに同情をし、アリが素晴らしいとするあの物語にはガキの頃から反発してきた。

だから、ほとんどの社会人にオイラの生活への想いなど理解できないだろうし、理解されたいとも思わない。

迷惑かけないから、そっとしておいて!と願うだけです。

雲が徐々に形を変えて流れていきます。

明日の空模様だって、どうなるのか?わからないんだから、ね。

それを無理矢理、思い通りにしようとするなんてことはできない。

オイラはしょせん、人間は孤独だと思ってるし、それを寂しいとか怖いとか思わない。

ただ、周りの人を悲しませたくないだけっす。

さ、ひとりぼっちの時間もおしまいだな。

今日は、入籍の保証人となった夫婦の御家族の家でのバーベキュー。

夕日、明日は見られるかな?

海が金色に輝いてます。

今日の日中は、自由と自然を手に入れましたぜ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。