プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ったぜ

東京は曇ってるな。

すごい湿気だし。

それにしても今日の羽田空港の車の多さには驚きます。

ってことは、そろそろ東京の人達も田舎とかに帰ったりして、人がいなくなってるのかな?

羽田の町はお祭りです。

実は漁師町な羽田でして、たくさんの大漁旗が町中に立ち並ぶ、少々荒っぽい祭りですな。

国際ターミナルのすぐ隣でローカルな祭り!

素晴らしいっすな。

オイラは昨日のライブで燃え尽きてまして、かなりフラフラっす。

デラルスを待ってくれてた人達、初めてラテンのライブを見るって人達もいるだろうし、企画してる七尾のスタッフの気持ちにも応えたいし、競演してるミュージシャンにもギャフンと言わせたい・・・と、いろんな想いをぶつけてライブしてきました。

七尾で23回目となるジャズフェスでして、町中がジャズをこよなく愛しているのです。


そこでラテンです。

きっとラテンジャズとかのバンドが日本は多いので、主催側はそんなことを期待してたかも知れませんが。

デラルスですから。

ジャズと言うよりハードロックに近いラテンバンドっすからな。

会場は立つことも禁止だったようですが、なんも知らなかったのでギンギンに煽ってたら、前の方は凄いことになってしまいました。

ラテンは座って聞く音楽じゃないっすからな。

オバアチャンからオジサンから、若いオネエサマまで乱舞してましたな。

オイラは基本的にはジャズフェスは苦手でして。

お客さん全員が評論家のように思えてしまうし、弾けちゃイケナイとゆう暗黙なルールみたいなのが会場を取り巻いてるのです。

そこにジャズミュージシャンじゃないオイラが、パッション込めて弾けさせようとするから、空回りしてしまう。

でも昨日のフェスは、メンバーから聞いてた通り、町の人達の音楽を楽しみにしてくれている想いが伝わる、素敵なフェスでした。

オイラが初めてサルサを聞いた時、何日もずっとピアノのフレーズと打楽器の絡み合うリズムが耳から離れませんでしたが、そんな人達が今日の七尾にいてくれたら嬉しいっす。

特に、最近またデラルスはグルーヴが深みを増してきてます。

デラルスの次のライブは、8月15日、青山月見ル君想フにて、東京でバリバリ活躍中のセントラルとのジョイントライブ!

燃え尽きますぜ!

2011年の夏をラテンしてくださいな。

スポンサーサイト

七尾、終了!

能登は七尾のジャズフェスを終え、しこたま飲みました。

七尾は魚が旨い!

ま、ジャズフェスにしては、浮いたデラルスでしたが、浮いた分盛り上がりましたぜ。

オイラも死ぬ気でプレイしました。

出演ミュージシャンとお客さんにはウケたけど、主催側の人達には今ひとつわかってもらえなかったかな?

ま、お客さんと出演ミュージシャンにウケたんで満足っす。

帰ってからは、しばらくは人に逢う日々。

週末に、由比ヶ浜でbirdのライブがあります。

で、京都ですな。

次は、ドラム用に体を作って望みます。

今日は一番前でオバアチャンがはじけて踊ってました。

北陸でのデラルスは再結成して初だったのですが、待っていてくれてたラテン系の北陸人も多かったようです。

なんか嬉しかったな。

また、近い将来に北陸でデラルスのライブをやりたいっす。

リズムが見えます

世界水泳、見てます?

北島康介は100メートルは予定外な記録だったけど、200メートルは期待しちゃおうかな?

100メートルの時はリズムが北島康介のリズムじゃなかったのが見ててわかりました。

で、200メートルの予選。

まだ完璧じゃないけど、リズムを取り戻しつつある。

リズムだけであんなに結果が変わるスポーツを初めて見ましたわ。

リズム主義なオイラは感動したわけです。

リズムは大切ですよ。

一年のリズムがあって、1日のリズムがあって。

でも同じ繰り返しはないのでして。

季節が変われば変化していかなくてはならない。

年月が過ぎれば、若い頃とはリズムは変わってもきますし。

リズムは、はめるものではなく、自ら作ってグルーヴしていかなきゃならない。

今の自分のリズムを知り、向かいたいリズムに徐々に近づけていくことに気を配ってこそ、作れるのでして。

人と人も、リズムが合わないとうまくいきません。

そして人間の時間は24時間サイクルではない。

だから日々、調整しなくてはなりません。

リズム主義になると、いろんなことがわかりやすくなります。

南米とか特にそうですが、リズム感がいいことがセクシーに繋がるのでして。

リズムって、サウンドだけじゃないんですわ。

わかりやすいのが今回の北島康介なんです。

リズムを取り戻しましたからな。

これ、注目っす。

いざ、能登なれヤマとなれ!

さぁ、能登に行くぞ!

今年の夏は驚くくらいにライブがないんで、一つひとつを大切にやらないとだな。

仕事とゆうより、生きてる証として演奏してきますわ。

もう7月も終わるからね。

今年の夏は、二度と来ないからね。

今、藪蚊がふくらはぎに止まってオイラの血を吸っている。

吸え!

いくらでも吸いやがれ!

この藪蚊だって、今年の夏を必死に生きてるんだぁ。

そんな感じです。

能登の夏は初めてだからな。

楽しみだ。

夏を必死になってるのに、年末のカウントダウンのスケジュールまで入ってきてる。

もう今年は、やれることがほぼ決まってしまいましたわ。

もっと時間が欲しいっす。

やりたいこととやれることは違うからね。

隙間を探して、もっともっとやりたいっす。

でも流されたくはない。

まずは能登の夏に刺激をもらってきますわ。

気合い入ってます!

電車がなくなる日

特に今年は増えてます、自殺者!

で、電車への飛び込みが多いのですな。

電車を、走ってくるモノとして考えての方法かも知れないけど、運転手がいるのでして。

このままじゃ運転手になりたくなくなりますな。

だから、電車に飛び込むのは止めて欲しいっすな。

最近、電車の人身事故と見るたびに、運転手さんがかわいそうになります。

電車はよけられませんから、ね。

東京だとほぼ毎日のように、電車で人身事故があります。

死にたければ、息止めてろ!って思います。

自分で死ぬ気で息止めてついつい息を吸ってしまう自分を可愛く思え!と。

駅も、対策を考えないと運転手さんがいなくなりますぜ。

運転手さんがいなくなったら、電車はなくなりますからな。

そのくらいの危機だと思います。

なんとかならないのかなぁ?

看板には物語がある

高速を走ってると、やたらにラブホテルがあるのが気になるのはオイラだけではあるまい。

どんな山奥を走る高速でも、ラブホテルはある。

愛に溢れてる、ってことさ。

他の国にはラブホテルというものはないのです。

ホテルだったりモーテルだったりでして。

愛に溢れてなくても利用できるホテルっす。

だから外国のカップルは大変なんですわ。

で、高速沿いのラブホテル。

そのネーミングとデザインを見るのが好きでして。

間違いなく誰かがネーミングを考えて、デザインも考えるわけです。

煌びやかな横文字ファッションビル系のタイプはまだ想像できますが、ファンシーな色合いでネーミングも、小さな恋の物語、とかだと、なんだか優しそうなお姉さんが作ったか?とも思いますが、やはりゴツい人達が作ったんでしょうから、そんなあたりのギャップを想像すると可笑しいわけです。

オイラはガキの頃、看板屋になるのが夢だったので、やたらに看板が気になってしまうのです。

看板からいろんなストーリーを膨らませるのが好きでして。

古い、職人が手作りしたような看板はたまりません。

そうゆう看板が並ぶ飲み屋街に、まだ灯りが点る前に散歩してストーリーを膨らませるのが好きでして。

生まれ変われることがあるなら、次はやっぱり看板屋になりたいっす。

地元の商店街を自分のデザインした看板で埋め尽くしたい。

それが子供の頃からの夢でした。

伊香保も、なかなかビンテージな看板がたくさんありましたな。

温泉地は看板の宝庫です。

別府もしびれる看板がありましなぁ。

いい看板は、キュンとするくらい人の想いが詰まってまして。

その点、ラブホテルの看板はキュンとはきませんな。

今日は看板をいつもより気にしてみてくださいな。

いい看板を見つけください。

早くライブしたいっす

さ、明日からはデラルスモードっす。

いっぱい練習してるんで、調子いいはずなんだが、あまりそこを意識すると空回りするんで、ね。

皆さんは、赤レンガっすか?

赤レンガは暑そうっすね。

オイラも野外なんですが、能登の夜の野外は虫が多いのかなぁ?

蛾がね、かなりダメでして。

野外で蛾を怖がるミュージシャンって、カッコ悪いでしょ?

だから夜の野外は極力お断りしてまして。

ミュージックコンベンションが日の入りまでなのは、そんな理由もあるのです。

昔、長野で野外やったときは虫が凄くて、失神しそうになりましたわ。

飛騨の時は、ジャンルのわからない虫が大量に襲ってきて、生きた心地がしなかったっす。

夏の野外の試練ですわ。

LEDの照明だと、虫はこないわ、熱くならないわ、らしいんですが、高いらしくて、あと光も柔らかさが足りないんで使ってくれないんですわ。

そんなことにビビりながら、野外ライブをやるオイラっす。

カッコ悪いっ。

オイラは、能登にラテンの夏を届けに行ってきます。

初めてサルサを聞く人も多いだろう能登のフェスティバル!

気合い入りますわ。

ぶっ飛ばしメニューで能登をラテン化してきますぜ。

いろんな場所で

今ちょうど、オイラのダチの親方の敷島一家が初宮古島をエンジョイしてまして。

宮古島はずっと天気がいいみたい。

オイラと一緒じゃなくて良かったぜ。

今年のオイラは台風を呼ぶからな。

やたらに写メールがくるんだが、それを見ているオイラは今、伊香保。

冷房がいらないほどの場所にいます。

昨夜は、各旅館の人達と意見交換をし、発売日が9月初旬と決まりました。

まずは一回目!って気分で、失敗を恐れずにやってみます。

あまり例のないイベントなので、不安と期待と面白さがごちゃ混ぜな感じです。

こんな間に宿題も半分終え、明日から能登に行きます。

ライブっす。

燃えるなぁ。

伊香保!へ

いざ、伊香保へ!

11月22日のギグイグの打ち合わせに向かっています。

8月末くらいに発売開始しようと企んでますからな。

出演者も七割きまりました。

発表せずに発売開始します。

大きな宴会場でのお座敷ライブなので、入場をブロックごと区切ります。

一番公平な、早い者順でブロックを区切りますんで、出演者がどうであれ伊香保での温泉ライブに行くぞ!と思って予約してくれた方達から優先に当日は会場に移動していただくシステム。

50人くらいのブロックになるのかな?

とは言え、座敷なんで入ったら適当っすけどね。

オプションの話とか、何しろ楽しんでいただく為のアイデアをたくさん話してきます。

紅葉狩り兼ねての温泉旅行にしてはライブも付いてるし、伊香保あげてのおもてなしな日となりますので、日頃の疲れは取れないかも知れませんが、ストレス解消にはバッチリっすよ!

ってゆうか、温泉でお座敷でライブをやっちゃう!とゆう他ではない試みに立ち会える1人になってください。

お泊まりだし、ね!

多少のハメ外しくらいはしないと、ね!

とゆうイメージで、しっとりした音楽はありません。

全アコースティックライブ!

ディナーショーが出来るホールがあるのに、あえて宴会場でのライブにこだわってます。

たくさんの人達が飲み物をこぼしそうですが。

浅草ホリデーが大きくなったイメージかつお泊まりっす。

大宴会場っていっても、ライブハウスみたいなものですから、ホールみたいな大きさじゃないっす。

来てくださいな。

頑張って企画ねってきます。

ムズムズ。

今日は久しぶりに一日中、スティックを離さずずっと振り続けてましたわ。

体が楽器となり、筋肉も細胞もビートになってしまって、眠れません。

音楽が全て、体にフィットしてきます。

あまりにも凄いので、夜中だけど車で音楽ガンガンかけて走ってます。

このままクラブにでも行こうかな?

全身が音楽とシンクロしてる夜でして。

踊りたい。

叩きたい。

音楽を止めたくない夜です。

静かに社会生活をするなら、こんなに練習したらダメなんです。

おかしなオッサンがいる!と近所から怪しい目で見られてしまう。

でも、この感覚はたまりません。

ナチュラルトリップ状態なのです。

酒も女もいらないぜ!

音楽は最高さ!

な気分なのです。

わかるかな?

あぁ、ライブやりたいっす。

コンパクトになってるのかな?

春にやったサントリーホールがなんかになるらしく、サウンドチェックの為の資料が送られてきまして。

10周年の時とはまた違うサウンドです。

クラシック音楽のホールだからね。

楽器も、鳴らない楽器をわざと使ってました。

歓声が、響くホールだから凄いっす。

贅沢なサウンド。

こうゆう企画、またやりたいっすなぁ。


時期が時期だったし、サントリーホールで2日間のみ!のライブだったから、体感できなかった人達がたくさんいるライブだったからね。

サントリーホールで年に一度やればいいのにね?

そ、山崎は、今年はビルボードもやったけど、サントリーホール同様に、生音を抑えた演奏だったのね。

これが良くてね。

オイラはこうしたい。

でも、ベースの人も山崎も音がデカいので小さくなかなかできませぬ。

そ、御時世は小さな音で音楽をやる時代なのです。

爆音でやる音楽を求めてる人達なんて、オイラの周りにはいませんからな。

山崎とは次は磔磔ですな。

爆音は出せないライブハウスっす。

やったね!

最近は小さな音で演奏できるように練習してますからな。

生音が響く会場はいいっす。

こちらのコントロールで音量が作れますからな。

デカいホールだと、会場がどのくらいの音量になっているのか?なんてわかりませんからな。

デカいホールでも、音量を上げずにリラックスしてやりたいんですけど、ね。

ホールは、自分の音さえ広がってしまってシャープに聞こえないので、ついつい音量が上がります。

みんなして上がるので、大変なことになります。

もう、ホールとか、野球場とか、そうゆう場所でやる気分ではないのです。

そこそこの大きさがいいなぁ。

お客さんがひとり一人感じられる空間で、その人達と、ワイパーみたいなフリとか無しでシンプルに盛り上がりたいっす。

それが最近の希望。

また早起き

また早起きしてしまった。

朝5時台に目が覚めるのは、若者じゃない証拠だな。

涼みに公園に来てボーっとしてたら、坊主頭のガキ共が朝から元気よく遊びにきた。

公園はオイラも含めてみんな坊主頭さ。

川崎のガキの夏のスタイルはやっぱり坊主頭だな。

まぁ、朝から元気がいいこと。

オイラは圧倒されて帰ってきました。

昨夜も、マイフェイバレット焼鳥屋の孫と遊んでね。

ヨーヨーが流行ってるらしくてね。

オイラ、40年くらい前に、ヨーヨー大会で川崎チャンピオンだったからね。

だいぶ下手になったけど、基本的なヨーヨー技くらいは今でもすぐに出来るからね。

孫がオイラを尊敬してたさ。

で、ブランコとゆう技ができない、ってゆうんでレクスチャー。

出来るようになったって喜んでたね。

友達に自慢できるぞ!

昨夜は、焼鳥屋ばかり3軒ハシゴするとゆう、謎な行動だった。

オイラの育った新丸子は、昔は料亭が建ち並ぶ芸者町だっただけあって、食文化のレベルが高い。

でも、昔みないな威勢のいい川崎らしいオヤジが町から減ったね。

オイラのオヤジが若いほうだったのに、そのオヤジが今じゃヨボヨボなんだから、あの頃の威勢の良かった皆さんのほとんどは今頃、天国で酒盛りしてるくらい時は過ぎたんだろうなぁ。

もう労働者の町ではなく、東京で働くホワイトカラーのためのベッドタウンになってしまったからな。

東京で働いて、家で発泡酒を飲んで寝るのかね?

個人経営の八百屋も魚屋もなくなってしまってて、みんなチェーン店のスーパーで買い物してるし、ね。

昔は、町中で同じような物を食べてたんだけどな。

八百屋や魚屋が仕入れた物を町中で消費してたからな。

どこん家の台所からも、似たような匂いが立ち込めてた。

今はないんだろうな?

お父さんも、寄り道せずに家で発泡酒。

これじゃ、日本も元気出ないよな。

川崎は、宮古島並みに三千円あれば焼鳥屋一軒は寄り道できる。

お父さんは三千円で寄り道をし、お母さんは悔しいから時々、ライブに行き、をみんなでやれば景気も良くなるのさ。

家で発泡酒!がほとんどだから、経済が回らないのだ。

働いた男には、止まり木が必要なのだよ、お母さん。

毎晩、お母さんの顔と愚痴を聞きながら発泡酒じゃ、体に悪い。

男同士の赤提灯飲みは、だいたい下品極まりないのだが、それは女性じゃ理解できない男のストレス解消とエネルギーとなるんだよ。

遊ぶために働くのさ!

楽しいことがなかったら、働く意欲もなくなるさ。

毎晩じゃ困るが、週に二回は赤提灯に寄らせるくらいに仕向けたら、いい仕事をしてくるようにもなるってもんで。

なんて思わない時代みたいね。

ま、いいか。

東横線沿線の方はぜひ、新丸子で飲食を試してみてくださいな。

東横線で飲食イケてるのは、中目黒、学芸大学、新丸子、綱島、白楽っす。

中目黒は有名だけど、他の駅周辺もかなり楽しいっすよ。

特に、神奈川県に入った新丸子と綱島と白楽は、旅行気分が味わえますぜ。

ハッピー泡アワー!

まだギリギリ暑過ぎないから、新丸子まで行って楽しんできます。

やっぱり仕事終わりは、これ!

働いて出た水分を注入っす。

幸せは、簡単に手に入るっす。

言いたかった文句も、グッとこらえてる毎日だけど、シュワッと泡として消してしまえっ!

完全なる野郎飲み会っす。

来ますか?

アイデアの作り方

寝るといいね!

昨日、分詰まったアイデアが整理されて、さらなる新しい要素がまたアイデアとして加わり、かなりテーマが見えてきました。

テレビで欽チャンが言ってたなぁ、くだらないアイデアをどんどん出してどんどん捨てていけ!って。

素晴らしいアイデアは、一つ降りてきたから出来る、ってもんじゃないのです。

いくつものアイデアを並べ、それらに肯定と疑問をぶつけ、ほとんどが使い物にならないことに気付いて、また一からやり直し・・・の繰り返しから生まれてくるのです。

アイデアが冴えない人達は、自分のアイデアに疑問をぶつけないからでして。

自分から浮かんだ発想を自分が否定するのって、出来ない人達がたくさんいるようでして。

まぁ、恐ろしい行為ですが、ね。

アイデアは、時間や時期次第で良し悪しが変わるので、今をわかってない人達のアイデアは使えない場合がほとんどです。

今!何を表現するか!ですからな。

面白いアイデアも、まだ早いとか、もう遅いとかあるのでして。

日本でビジネスにするなら、ちょっと遅い!が一番売れるのです。

オイラはそんなダサいコミュニケーションに身を置きたくないですから、ちょっと早い!を狙い、今だに慎ましく暮らしていますが。

若い頃は、五年早くて誰も理解してくれませんでした。

今は2年早いくらいに修正しましたが。

アイデアを具体的にするにはいろんなフィルターを通して、残ったものだけが予選通過なのです。

そして予選通過のアイデアをほったらかして、忘れる日々が次の段階です。

これを熟成とオイラは呼んでます。

するとこの中の一つくらいが、どこから見ても文句ないアイデアに成長を遂げるわけですな。

これでようやく、周りに発表!です。

が、周りがついてこない現場もあります。

オイラのアイデアは、バリバリに世を面白くしている現場ではすぐ採用されますが、じゃない現場だと不安がられます。

最近は、ちょっと不安の意見が出たらアイデアを引っ込めます。

不安な連中と、何をやってもうまくいきませんからな。

あ、そうですか!と引っ込めるのです。

アイデアは、アイデアでしかなく、実際に行動に移す人達が本気にならないことには、絶対に失敗しますからな。

せっかく、何日も悩んで作ったアイデアでも、失敗するよりなくした方がいい。

本気でやったって、成功するとは限らないのですから、ね。

もちろん、その現場のレベルも考えた上でアイデアを出さなければならない。

不安な意見が出るってことは、その現場の観察が足らなかったか、一緒にやる必要のない連中か、ってことですわ。

アイデアが生まれることだけに全てを注ぎ込んで、そこで完結するべきなのです。

その先は、周り次第。

いいアイデアは、周りの人達がさらなる肉付けをしてくれますからな。

そして、自分の予想以上の結果をもたらす。

だから、通らなかった時も、執着せずにさっさと忘れるのがいい。

またいつか、使えるアイデアかも知れないしね?

これがオイラのやり方です。

中には、強引にアイデアを通すか、通らなかったら怒ってスネるタイプもいますが、それが出来る人は幸せ者です。

ベースの先輩はこっち側ね。

そうゆう場合でも、辻褄合わせするアイデアをストックしてありますんで。

人のアイデアにNOを言うってことは、見切られるとゆうリスクも負いますから、NOを言うからにはもっと優れたアイデアを出さなきゃいけません。

NOだけじゃ誰でも言えるし、次に出るアイデアがダサいと完璧に見切られます。

中には、金銭で説得してくる人もいますな。

これもいい説得材料っすな。

でも、長続きはしません。

こんなバランスをくぐり抜け、アイデアが形となって皆さんに届けられるわけです。

大変だけど、止められません。

さ、アイデア出してくださいな。

アイデアは1日ひとつ!でも素晴らしいのだ

無の中からアイデアを出すのは得意だけど、制限ある中からアイデアを出すって、手こずりますな。

ん~、今宵はダメかね?

ってゆうのも、師匠格にあたる先輩から連絡がありまして、被災地へミュージシャンは何が出来るか?のいいアイデアを聞いてしまって、今宵は頭がそっちに行ってしまってます。

素敵なアイデアでした。

この運動は、この先いろんなミュージシャンが関わって行動することとなるでしょう。

オイラも、ミュージックコンベンションなどで皆さんから集めた義援金を、このような運動に生かしたいと思います。

オイラの仲間で、やはり義援金を集めたけど、具体的にその集まった気持ちをどの様に形にしたらいいか?を悩んでいるヤツがいまして。

早速、アイデアとして話をしたら、彼もまた具体的に動き出しそうです。

もし、ヤツが動くなら、ミュージックコンベンションなどで集めた義援金を彼の集めた義援金にプラスしていけたらな?と思っています。

なんか、その話で気持ちがいっぱいいっぱいになってしまいました。

どうゆう形なのか?は、ヤツが本格的に動き出したら、ヤツに華を持たせたいのでここでは語りませんね。

オイラの口からより、ヤツが行動したほうがいいはずですので。

オイラが振ったのはアイデアだけで、具体的にどう行動するか?は任せてますし。

でも、きっと素敵なこととなります。

ま、いいか。

今日できなかった宿題は、一応悩んだってことで。

もっと素敵なことが生まれようとしてるんだし。

明日また、宿題は悩むことにしよう。

とは言え、悩みながらコンビニで缶ビールを買って飲んで、アイデアが降りてくるのを待っていたんだよな。

今、ちょうどいい感じでキてます。

夜風に吹かれながら、日曜日の静かなバス停でこれを書いてまして。

はたから見たら、危ないオジサンです。

ミュージシャンって、おかしな人種ですからな。

チャリンコ旅

あまりにもいいアイデアが浮かばないんで、チャリンコで4駅先くらいまでクネクネとしながら走ってみました。

我が町の駅から逆方向の沿線なら、実感も近いので各駅の周辺は何となくわかっているんですが、今日走ってた周辺は全く知らないも同然でして。

のどか、でした。

商店街は昭和な香りが。

途中、盆踊りをやってまして。

町中の子ども達が、この日ばかりとワクワクしてるのが感じられまして。

基本的に、川崎のガテン系の子ども達なんでしょうな。

なんか、自分の子どもの頃のワクワク感を思い出してしまいました。

そ、本来なら今日くらいが隅田川の花火なはず。

やれば良かったのに。

なでしこジャパンの優勝パレードを東京でやれ!という前に、隅田川の花火大会を中止にしないでよ、石原さん。

やっぱり、祭りは必要ですよ。

だんだん家に灯りが点ってきて、各家庭の温かさを想像しながら、帰路についています。

オイラには、こうゆう温かな家庭を作る才能がなかったようで。

だからこそ、ライブを作るのだぁ!と気合いが入りました。

約二時間、いいチャリンコの旅でした。

さ、頑張ってアイデアを絞り込んでみます。

汗水たらして働きましょう!

IT関連のお金持ちがチヤホヤされてた時代から、今はだいぶ落ち着いた感じもするけど、東北の地震をきっかけに、これぞ!ビジネスチャンス!と株の売買に必死になって儲けている人達もいるようで。

よく、そんな発想になれるよな?

現在の日本の国のシステムだと、よっぽど悪い事をするか?何かしらのヒットがないと高級な暮らしは出来ないようになってるからな。

このシステムが変わらない限り、こうゆうハイエナのような輩は堂々と金持って生きていくことになるのです。

そうやって稼ぐことで、良心が痛まない輩を、セレブとして紹介するマスコミもいけないんだけど、ね。

女の子の将来なりたい職業に、キャバクラ嬢があるらしい。

水商売を否定はしないが、子供の時に描く夢としては問題でしょう。

自分の仕事によって、自分以外の人達が助かったり、潤ったり、喜ぶことが仕事の基本ですからな。

それがあって、自分以外の人達がお金を支払ってくれて、みんなで想いもお金も廻していける。

これが、本来の経済っす。

そして、仕事が生きがいにならないことは、悲しいことです。

なんだかんだ言って仕事してる時が一番!と言える人達は、ちゃんと自分以外の人達の為に廻している人なのでしょう。

1ドルが78円っす。

それ以上のニュースが多過ぎて気になる人達は少ないようですが、日本経済の危機っす。

世の中を、オイラのようにフィーリングじゃなく数字で考える人達には、備えの時期なわけです。

汚い金も、汗水たらして稼ぐ金も、見た目は一緒ですからな。

でも、価値は違うはず。

その真価は、使い方で決まるのですな。

なんかうまくいかない時には

うまくいかないことを周りのセイにしちゃぁいけないと、自分を奮い立たせてるんだが、なんか無理矢理に頑張ってる風な感じがしてしまう。

要は、自分の何かがうまく回ってないわけでして。

それでも止まったら、完璧にドツボにハマりそうなんでいろいろ動いてますが。

己の中にある原因も探りつつ、ね。

毎日、音楽のことに集中して、いい音楽をやって、おいしい飯を食べられたら、これ以上なないのです。

じゃ、何がそうさせてくれないのか?

これを人のセイにぜずに考えていくから、また大変なわけでして。

人のセイにするのは、簡単ですからな。

人のセイにするより、自らの環境を変えるほうが美しいっす。

環境以外でも原因はあるんじゃないか?と考えていたら、ひとつ原因が見つかりました。

ニンニクが足りない。

そ、ニンニクを食してなかったのです。

こりゃ、前向きな気分にならないはずだぁ。

よし、ニンニク大量投入のキーマカレーパスタでも作って、気合い入れますか!

筋肉の奥から湧き出るパワーをニンニクで得るわけです。

汗がニンニク臭くなるくらいに、ニンニク効かせちゃうぞ!

皆さんも、なんかこううまくいかない時にはニンニクですぜ。

今日も1日、はりきって頑張ります。

嫌なニュースが続くね

もっと楽しいニュースが欲しいっすな。

なんで、こんな!ってニュースが多過ぎます。

まぁ、手に負えそうな酷いニュースならば、Twitterね。

会食中にTwitterって、どうゆうことよ?

気持ちがどっちに向いているのかね?

合っている相手になのか?それをTwitterで知る側の人達へなのか?

しかも男のくせに、一緒にいる女性を守るならまだしも、陰でコソコソやりやがって。

つぶやいてんじゃねぇよ!

彼女は立場上、公式に謝ったわけだけど、その男は頭丸めるくらいはしたのかね?

しないだろうな。

ま、そんな男と一緒に会食しちゃったのも、反省すべきだけどね!

今や、人間だれしもが発信源となれる時代っすから、困ったもんです。

使いよう、なんでしょうけどね?

間違った使い方をする人達はたくさんいるわけでして。

でもお陰で、オイラのブログは静かになりました。

だから否定はしないようにしよっと。

決別。

今日はある決別をつけるために、とことん付き合ってみたのさ。

そして、お別れしてきました。

オイラの貴重な時間、能力、そしてお金まで奪っていく。

長い付き合いだったし、時にはいい想いだってしたんだけど、ね。

いつかお別れしようとは考えてはいたんだけど、思い出がなかなか決心させてくれなかったのさ。

ここでお別れを書くことで、覚悟も決まる!と思って告白中。

もう二度とパチンコはしないぞ!

川崎グルーヴ

昨日、あれだけやった翌日に、川崎に1日いると寂しいね。

湘南から葉山にかけては、オイラの永遠の憧れの場所ですし、渋谷は世界一賑やかな場所です。

その間にある川崎は、まぁなんてひっそりと、しかも色彩的にはグレーなイメージなんでしょ?

ここで生まれ、ここで育ち、今もここで暮らしていることで、いろんな街への憧れは消えずにあり、その憧れとジェラシーの中で音楽を紡いでいるのです。

こんな微妙な街は、他の県を探しても出てきません。

本当は、湘南とか横浜とかにも暮らしていたかったっす。

きっと、凄いインスピレーションでまた違うアプローチも生まれたかも知れない。

でも、この憧れとジェラシーを持ち続けていられる環境も、嫌いじゃない。

きっと、川崎に暮らしている人間にしかわからない微妙なグルーヴがあるのです。

昨夜も、逗子から一時間くらいで渋谷に着いちゃいまして。

まるで時差みたいな感覚がありまして。

その間にある、川崎を抜ける時の街の暗さよ!

谷間のような街だなぁ、と。

湘南や横浜や、東京のハイソな暮らしを川崎が油塗れになって支えてるんだぜ!みたいな、この感じが嫌いじゃないのです。

湘南や横浜に住む憧れは、憧れで置いておくこととなるオイラの人生なのでしょうな。

中学から、横浜市にある学校に通い始め、同級生が横浜や湘南や東京に暮らしていて、遊びに行ったときの衝撃は今でも覚えています。

今は川崎も、かなりそんな文化的に暮らしている人達も増えたでしょうが、オイラの街の同級生の家とは違う暮らしが湘南にも横浜にも、東京にもありまして。

川崎っ子から雑に見て、外国みたいな暮らし!と思ったわけです。

そのコンプレックスを打破するための努力は若い時代に散々やりましたが、結局は川崎に戻って生活することを選んでます。

要は、東京人にはなれなかった。

湘南や横浜など、さらに難しいのでしょうな。

血です。

これをどう表現するか?がオイラのテーマでもある。

川崎のグルーヴ。

きっと、ハイソじゃないし、オシャレじゃないけど、東京や横浜や湘南じゃ作れない人間味あふれるグルーヴは作れる!と信じてまして。

川崎にいるからこその憧れとジェラシーを、そして人間味をサウンドにしたいわけです。

川崎に住まないと、橋を渡ったらすぐの東京の、距離とは別の距離感はわからないはずでして。

こんな明確な県境はありませんから。

これが川崎のパワーとなるのです。

このフィーリングが、ちょっと立場の似た感じの宮古島とゆう土地に惹かれる部分でもあります。

間、って感じ。

川崎には、観光はありませんが、ね。

何があるわけじゃないけど、今日みたいに疲れてる日は、川崎に暮らしていて良かった!と思います。

刺激、0!な川崎でして。

ゆったりとできた1日でしたわ。

気持ちいい夕方


気持ちいい夕方っす。

力は入らないくらいダメージの残る1日なので、よけいに気持ちいいのかも知れません。

1日中、起きてても寝てるような感じで、何もしないうちに夜になってしまいますな。

ま、昨日は二日分働いたんで、いいでしょう。

明日からまた、バリバリやるぞ!

今日はやたらに水を飲んで、身体を浄化してました。

昨日の逗子で、気持ちがなんだか深いところで落ち着いてます。

それにしても、逗子の浜は綺麗でした。

係員のような人達も常にゴミを拾ってましたね。

海自体は宮古島はまだ綺麗ですが、このままだといつか、逗子と宮古島は逆転してしまうかも知れません。

宮古島はもっと清掃しなくちゃ、ですぞ。

宮古島の人達、この清掃員をご覧くださいな。

前浜に、やはりこうゆう人達を必要としていますぜ。

宮古島も検討してくださいな。

お疲れ様っす

笑っちゃうくらい疲れてますわ。

寝てられるスケジュールでも、寝てられないお年頃でして、目が覚めてしまいました。

昨日、お越しの皆さん、ありがとうございました。

特に、逗子も渋谷もお付き合いくださった方々には、感謝っす。

もう渋谷の後半は疲れすぎて、下ネタしか頭に浮かばない状態になってまして。

口から出る言葉が全て下ネタ。

限界なのでサッと帰りました。

もちろん!寝起きのまどろみも下ネタっすからね。

なんで疲れてくると下ネタになってしまうのでしょう?

早いもんで、7月も後半っす。

頑張らないとな。

いゃあ、昨日の音霊の後夜祭のようなクオリティーのライブで人が集まるようなシーンを形成しなくっちゃ!と、しみじみ思いました。

人が入るからいいライブってわけじゃないけど、いいライブにはもっと人を入れなきゃ!と思うのです。

もっと多くの人達に伝えたい。

ま、オイラの思ういいライブと、人がいいと思うライブは違うのかも知れませんが、いいライブはヒット曲を聞きに行くためのライブじゃないと思ってます。

ニコニコ演奏してて楽しかった!のも大切な要素ですが、ニコニコ出来ないくらい音を出すのに集中しているライブで圧倒されたいのでして。

よく、音楽のことはわからないのですが・・・なんて言いながらライブに来てる人達がいますが、その姿勢が問題なのでして。

わからないなら、ライブに来ませんから。

好きだな!と思える音楽があるなら、わかっているのです。

自分が、音楽はわからない!とゆう暗示にかかり、目の前を通り過ぎる音をキャッチしないフリをしてしまう。

もったいないっす。

逆に言えば、音楽は一生かかってもわかり得ないほど謎と魅力が詰まってます。

いろんな瞬間に出会う音楽は常に昇華されていくからこそ美しい。

その美しい瞬間をキャッチできたなら、キャッチできた自分も美しくなれるのです。

そんなフィーリングをもっと世の中に伝えていきたいっす。

寒いっ!

驚くほど寒く、人気のない逗子でした。

水着、0!

こんなムードの夏場の逗子も、ある意味貴重な体験でした。

ライブは良かったっす。

ミュージシャンが他のミュージシャンの演奏に触発されていくライブ!

これが一番楽しくなるイベントの作り方っす。

特に八木さんは痺れました。

ライブ後は、渋谷に向かい、琉球ホリック!

が、渋谷で食事をしたあとに、財布が見当たらない。

現金が7万円入ってましたからね。

ダメ元で、渋谷駅前交番に、落とし物はないか?と聞きにいきまして、書類を書きました。

すると、すでに交番にはその財布が届けられていました。

素晴らしい1日です。

今、フラフラで帰り道。

23時間、起きっぱなし。

もう、限界です。

凄い1日でした。

やるぞ!

さ、痺れる1日が始まるぜ!

美ぎ島ミュージックコンベンション後夜祭!at音霊!逗子!

そして今宵はそのまま渋谷に戻って琉球ホリックさ!

ライブ三昧さ。

オイラはDJやる気満々!

夕方には晴れるさ。

夕日が見られるさ。

そして、明け方には朝日も、な。

中村キタローはカッチョイイのさ!

オイラのナイスな仲間、中村キタローからこのようなメールがきました!



「ゲンキにさだまさよしんじバンド しこちゅー2010」
   お買い上げ頂いた皆様と制作に関わって頂いた方々へ ~ 中村キタロー

被災地のひとつ、宮城県の石巻市に「木の屋石巻水産」という水産加工会社があります。
そこの「金華さば味噌煮」というサバ味噌の缶詰をよくお取り寄せしてまして。
これ!絶品です!オレ的に世界一です!
そして3月11日の大地震、各地を襲った津波、石巻も・・・・・
しかし数日後ふと、もしや!と思い覗いてみた木の屋さんのホームページに、
「工場は流されてしまったけど復興へ向けて進んで行く」とのメッセージを発見! 
悲しいだけのニュースの中、オレはとてもうれしかったワケで。

この大震災に際し、自分に出来る事ってなんだろー?って皆さんもずーっと考えてるんじゃないかと思います。
そこで、今回のCD販売の言い出しっぺのオレ、もう1歩踏み出して、
出来ればお互いの顔が見えるカタチで収益を被災地に届けられたらいいな~と。
しこちゅーのイベントも顔と顔、人ありきである様に。

ならば!ピンポイント作戦でしょ!という訳で、
7月11日、石巻へ行ってその「木の屋石巻水産」さんに復興支援金としてドーンとお届けして来ました。
皆さんの”気持ち”ですね。もちろんCDもおまけに付けて!
木の屋さんはじめ、同じ地区の水産加工業の方々の復興にも役立てて頂けるそうです。

お買い上げ頂いた皆さん、メンバー&スタッフの皆さん本当にありがとうございました。

きっかけはオレとサバ味噌缶という些細なつながりではありますが・・・
しこちゅー2010と被災地の缶詰工場?
皆さんと石巻?
おや?
音楽と胃袋?????

あ、いつか「金華さば味噌煮」食べてみて下さいね。ぜひ!
食べて復興支援だぁ! うまいぞぉ~



ね!

まだ、シコチューのCDは発売しております。

まだお持ちじゃない方は!是非!この機会にっ!

やる気です。

明日、中止!と言わない限り、やる方向で!よろしくお願いします。

ま、台風2号を知ってる皆さんですから、明日なんてそよ風みたなもんですよ!

朝から台風情報。

朝からウェザーニュースに食い付いてます。

あれ?この感じはどこかで経験したような?

微妙っすな。

多分、本番時間には台風も落ち着いてるでしょうが、日本中が混乱している中、やりたい気持ちだけでやっちゃっていいのか?悩んでます。

それも、あくまでも予測でしかない。

今、川崎は落ち着いてます。

が、逗子の海岸はどんな感じか?わかりませんからな。

今日は昼からレコーディングなんですが、それ以外は台風を伺う1日となりそうです。

ニュースを見ていると、やはり宮古島は台風に慣れているんでしょうな。

誰も外に出ませんからな。

めったに台風の来ない地域は、風の怖さを知らないから、外に出てしまって飛んできたものにぶつかって怪我したりしているようでして。

ミュージックコンベンションの時の2号は、最大瞬間風速が70メートルを超えたものすごい台風でしたが、やはり今回の台風のほうがいろんな都市に沿ってる分、被害は多いみたいですな。

ま、平年なら関東が梅雨明けする時期です。

そこに台風が来るなんて、やっぱり今年は変な年です。

オイラにとっちゃ、今年三度目の台風っす。

ってか、まだ夏は始まったばかり。

今年は台風の当たり年となりそうな。

この先も心配っす。

元気の素?

コンビニでついつい、カラーページをチラ見してしまうんです。

セクシーショットっす。

多分、コンビニであの手の写真をチラ見できるのは日本くらいです。

そんなガッツリ見る気はないのですが、ついつい、ね?

ま、あの瞬間に少し元気が出るのです。

軽い夢を見るのです。

ああゆうグラビアに出てる娘と同じ年齢くらいの時には、まだ見つけられなかった女性への魅力が最近はよく見えるようになったわけでして。

いかにも、社会面に興味がある顔をしながら、チラ見してます。

さすがにジッとは見られない。

長居は禁物。

それがコンビニのいいところ。

照明も明るいし、ね。

レジのバイトのお姉ちゃんや、周りの客に悟られないように、チラ見っす。

今も、元気になりました。

男って、アホです。

音楽がやりたいっす

京都磔磔の初日が即完売したようですな。

何やるのか?まだ決まってないんだけど、ね。

翌日のナイスミドルは、今年は何度かやってるんだけど、ね。

磔磔で完売って、きっと会場は暑いんだろうなぁ。

オイラの心情としてみたら、三宅さんのライブをやりに行く気持ちでして。

その1日に山崎がゲストで、もう1日がナイスミドル。

純粋に、磔磔でやれる音楽を楽しむ予定っす。

意外ともうすぐっすな。

磔磔っす。

雰囲気のあるライブハウスっす。

しかも終わりが早い。

京都の夜も楽しめるってことっす。

その前に、オイラは能登に行きますな。

デラルスでジャズフェスっす。

能登は行ったことないからな。

こりゃまた楽しみ。

ジャズフェスでサルサかまして盛り上げてきますぜ。

もっとライブやる夏にしたかったけど、ね。

今年はいろんなことがあって少ないっす。

晴れ男から嵐を呼ぶ男に変わってしまったし、ね。

後夜祭も微妙な天気っす。

思ったようにいかないのが今年ですわ。

さ、何はともあれ練習しておきましょ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。