プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のエネルギー源は?

島崎ひとみ、奇妙礼太郎、birdと、異なるボーカリストとライブやって、昨夜は家まで帰れず、駐車場で車の中で寝てしまいました。

さすがに疲れましたぜ。

で、こんなオイラの疲れを取ってくれる最近の治癒の方法は、少女時代のPVを見ることでして。

サウンドも、ダンスも、脚も最高っす。

今や世界でナンバーワンのプロジェクトっすわ。

凄いプロデューサーっすな。

それに負けじと、遠藤時代もYouTubeで見ています。

日本では、少女時代みたいなユニットは作れないんだろうなぁ。

たしかヨーロッパデビューもしたんですよね。

もちろん、アメリカでもヒット間違いなし!です。

曲もいいし。

毎日、少女時代にヒントをもらっています。

日本語のバージョンよりやはり、韓国語のバージョンの方がサウンドにノリが出てます。

そう言った意味でも、日本語でダンスミュージックを作るのは難しい。

そんなこともちょっと考えながら、でも基本的には夢心地で少女時代を見て盛り上がってます。

ありがとう!少女時代!

オイラは今日も頑張れそうですぜ。
スポンサーサイト

暑い。

暑いよぅ。

暑さで目が覚めました。

身体はギシギシいってます。

さすがに駆使したって感じです。

デラルスとbirdだと、身体の中の使う筋肉が違うのでして。

三宅さんとやるときはまた違う筋肉なんですが。

そして最も違うのは今日やるパーカッションのみ!のライブ。

全く別の筋肉を使いますからな。

ステックがない。

手が直接、打楽器とぶつかって演奏するわけです。

オイラと一緒に演奏してくれるメンバーは慣れちゃって、オイラがドラムもパーカッションもやることを当たり前と思っているようですが、この2つの職種を仕事としてやってる打楽器奏者はあまりいないのでして。

呼ばれた時は、どっちのオイラを必要としてるのか?聞かないと、でして。

今日はパーカッション。

たぶん、出突っ張り。

しかも、今日は暑いっす。

気合いっすな。

場所は西麻布の新世界!

小さなライブハウスっす。

昨日の余韻に浸る間もなく、今日は別のライブをやってしまうのがイケてるぜ!

birdの昨日のセットで、大阪はやるみたい。

9月の頭。

名古屋も!なんて話もあります。

来年はがっつりツアーをやろう!と話しています。

やれることはサッサとやらないと、いつやれなくなるか?わかりませんからね。

よし、今日も限りを尽くしてライブしてきます。

ライブ終了!

ライブ終わったぁ。

70分が二回なはずが、90分が二回になってましたぁ。

こりゃ疲れるはずだわ。

神経の全てを研ぎ澄まし、90分の二回、180分のライブは痺れます。

でもね、楽しいからライブ中は大丈夫!

終わったらフラフラっす。

さ、明日も長丁場のライブっす。

ラーメン食べたいけど、我慢して寝ます。

ありがとうございました!

緊張するわけです。

久しぶりに緊張しているライブ前夜です。

プレイヤーとして緊張してるのは久しぶり。

この前はデラルスのツアーだったので、云わば自分が看板背負ってたんで、腹を括れるのですが、明日はbirdのアルバム発売記念ライブですから、birdの為に!と思うと緊張します。

いいライブにしてあげたい。

自分の出来る最大限のプレイが明日は出せるのか?なんて考えると、緊張するわけです。

若い頃は、練習で本気!本番では七割のイメージで挑むくらいがちょうど良かったのですが、今はたまに自分を追い込みたくなるんです。

今日のリハーサルの音を聞いて、凹みまくり、自分のあら探しをし、どん底から這い上がる気持ちで明日の本番に向かいます。

久しぶりにドラムのヘッド(皮ね!)も変えました。

タムはサクラちゃん、バスドラは藍チャンとゆう変則的なセットを初めて試します。

リハーサルやって、自分のダメ出しをして、一晩熟成させると、いい仕上がりになってたりします。

それを願いながら、自分を今宵は責めて寝ます。

自分をイジメる神経質な部分と、それを超えられる図太い部分をバランスよく持ち合わせていないと、優れたミュージシャンにはなれません。

明日は、グルーヴを感じてもらうライブにしなくては。

頑張ります。

余計な邪念を棄てて、明日の全てを明日のライブに捧げます。

お休みなさい。

リハーサルしてきましたぜ。

birdのリハーサルを終えました。

言わずと知れた、アルバム発売記念ライブっす。

気持ちよくリハーサルしてきましたぜ。

明日が楽しみですわ。

今日、しっかりウォーミングアップしましたからな。

凄いはず!

あれ?


最後の最後に夕日かよ?

ラスト!

最終日、マッサージに行って、いたるところから来るはずのバーベキューの誘いの連絡が結局来ず、海中公園を視察しようと迎えばやっておらず、池間大橋を往復し、最後にエンダーでモッツァバーガーを食べて毒々しいオレンジジュースをいただいてます。

さ、帰ろ!

明日から仕事だしね。

また仕事の山が過ぎたらまた来よう。

ってか、住むか?

こう毎月来てるなら、部屋を借りたほうが楽かもね?

シティ満喫中

伊良部に2日間いた後の宮古島は都会に感じるのさ。

車は多いし、人も多いし、スーパーマーケットはデカいし、ね。

平良にいれば、歩きで何とかなるからさぁ。

ファミレスもあるしねぇ。

今、都会生活を満喫しているとけろ。

土曜日の夜の西里通りは、やたらに知り合いに逢う。

寂しくない通りなんだな。

でも、禁酒中なんで、うまく逃げてきたぜ。

もう眠いし。

さ、寝るかね?

宮古島に着いた!

なんとか伊良部から宮古島へ渡りました。

またもや台風で新しい体験をしました。

台風の伊良部で、新しい出逢いもありました。

ま、これで明日は羽田まで帰ることができ、し明後日はbirdのライブも出来ますわ。

晴れたり雨降ったりの宮古島ですが、もう少しのんびりします。

台風は行きました。

天気予報では今日は雨。

だけど晴れてるんだなぁ。

風はまだ強いけど、晴れている。

初めて伊良部に泊まった今回の旅でしたが、何もない良さ、閉じ込められる良さが伊良部にはあります。

橋が出来るまでは、フェリーしか宮古島に渡る手段がないですからね。

橋が出来たら変わるんでしょうな?

そして伊良部の夕暮れや夜は、泊まらないとわかりません。

将来、ミュージックコンベンションのオマケイベントをやりたいっすわ。

宮古島でさんざんやった後に、シークレットな感じで伊良部でアコースティックライブ!なんて、なかなか痺れますぜ。

SORANIWAの庭でなら、星空見ながらライブがやれそうですし。

それにしても、雨は降ってないけど風は強いし、海は荒れてるので、まだ帰れるか?微妙っす。

沖はものすごいうねりがあるみたいで、波しぶきが凄い。

これもまた絶景っす。

伊良部は、ハワイ島に似た神秘性があります。

宮古島よりも、もっと手付かずな自然があります。

が、そこに今、米軍だの、自衛隊だの、この島には似合わない武力な要素が入ろうとしてきています。

手付かずな分だけ、観光などに対する意識もバラバラなようで、霊感的な商売も横行しているようでして。

難しい問題ですな。

それだけまだ、スペースがあるってことです。

いい意味で、内地から移り住んだ人達が、伊良部の自然を守る必要性を元々の伊良部の住民に示さなければ、伊良部の自然は守らないように思えます。

たかが四キロ先の宮古島なのに、状況はかなり違うのですな。

伊良部の人達が宮古島に行くことがあっても、宮古島の人達はまず伊良部には行きませんからね。

伊良部のことは、伊良部に住む人達がまずやらないといけなくなる感じが、オイラでもわかってしまうくらいなのです。

ま、自然とは人間から見たら不自然な感じがするものなのです。

誰が、何のために作ったのか?なんて考えたらキリがありません。

パワースポットと呼ばれている場所のそばに住む人達も病気になったりします。

今は、与えられたい人達が多いし、自分以外の特別な力に頼りたい人達も多い。

でも、何にも与えてくれないのが本来の自然です。

共存することで、自分の中に何かが生まれるかも知れません。

それは与えられることとは違う。

自分が変わるってことは、自分の外からのエネルギーが自分の中で変化してこそ、変われるのです。

川満のユタは、普通のオバアでした。

そのまま農作業しそうな格好で、ウタキに挨拶をしていました。

与えられるのではなく、共存を望むからこそ、特別じゃないのですな。

自然が起こす現象は、誰かが起こすことではないのです。

こればかりは逆らえません。

自分に起こることは、自分に耳を澄ませればいい。

世の中のカルマってのもあります。

ガキの頃は、仮面ライダーみたいに変身できる夢を見てたけど、実際は自分を変えられるのは自分以外はないのがわかりました。

自然に与えられるのではなく、自然に与えられることをやる。

ゴミ拾いでもいいんです。

それが、自分を変える一番の力となるはずです。

そこを間違えてもらいたくないな!といつも思うのです。

自然が美しく想うのも、自分の心が想うからなのです。

だから、宮古島や伊良部島には共存する気持ち、そして少しでも自然にいいことを与えて帰る気持ちで訪れて欲しいな!と思います。

ダラダラっと。

明け方4時に目が覚めました。

月が出てます。

風が強いけど、台風自体はサビ始まりの曲みたいな感じでして、近づく時は凄かったけど、接近したら風もだいぶ収まり、月まで出てまして。

一冊、小説を読み終わりました。

なかなか面白い小説でしたぜ。

乾くるみ著「リピート」

ある日あるポイントから、約10ヵ月前に戻った人達のサスペンス小説です。

エンターテイメント性の高い、飽きのこない一冊でしたぜ。

台風でのんびりできましたわ。

ジタバタしても仕方ないんで、寝たいだけ眠り、原減ったら食べて、究極のダラダラを味わっています。

さ、今日は宮古島に帰ることが出来るでしょうか?

台風はこれから!

ま、やることないんで、寝て、読書して、テレビっす。

沖縄で作ってるコマーシャルは楽しいっす。

百恵ちゃんのそっくりさんが、プレイバックPARTⅡのような曲で
「坊やは読めるの?車!車!車!・・・轟!」
ってゆう泡盛のコマーシャルにはやられました。

沖縄の地方コマーシャルは気合いが入ってますぜ。

なんでか?宮古島のミュージックコンベンションスタッフの中で、「天体戦士サンレッド」のウケが良くてね。

あの舞台が我が町なのだよ!と言ったら驚いてましたわ。

宮古島のスタッフが、11月の伊香保に来るそうな。

そして明日は、ミュージックコンベンション後夜祭のチケット発売!

よろしくっす?

伊良部ステイ

予定通り、伊良部に閉じ込められてます。

今夜から、激しい台風となりますが、今朝からフェリーは欠航でして。

明日もいつフェリーが動くか?わかりません。

伊良部の旅!となってしまいましたな。

ま、ひたすら寝たり、読書したりしてますが、この先は停電や断水がありそうなので、どう過ごすか?

関東は39度になってるらしいし、秋田や山形は大雨。

本当に今年は、どうかしてますな。

伊良部ナウ!








台風が来る!ってのに、伊良部島に来ちゃいました。

さ、明日は宮古島に帰れるのか?

石垣で行われるはずだった「歌の日」も中止となり、宮古島ロックフェスティバルも中止となりました。

設営できませんし、ね。

自然には逆らえませんからな。

公民館でやる感じでもないんでしょうし。

これまで企画、制作に携わってきたスタッフの苦労を考えると、無念でしょうなぁ。

オイラも今年は、予定通りになど出来ませんでしたからな。

無理やりな感じでやりましたからな。

本当にありがとうございました。

と言うことで、明日はどうなれ!初めて伊良部島に宿泊っす。

SORANIWA!

ちょっと奮発したけど、凄く快適で、料理も旨い宿っす。

で、台風前の伊良部を観光!

まずは渡口の浜へ!

ところが、前の台風のせいか、漂流したゴミが多く、かなり悲惨な浜となっていました。

前浜でもゴミ拾いながら思ったんですが、まずは観光名所の環境を整えてこそ!の観光産業なはずです。

宮古島なら前浜、伊良部なら渡口の浜は、観光の玄関口ですからね。

ここを一番にキチンとしないでどうする?宮古島の観光に関わる皆さん!

今回の台風が過ぎたら、ハイシーズンに入りますから、まず人力でビーチクリーンしましょうよ!

ミュージックコンベンションは前浜で今年もやりました。

でも本当にやらなきゃいけないのは、宮古島の観光に関わる人達っす。

宮古島の一番の財産は、美しい自然の姿です。

主に外国からの漂流したゴミですが、オイラが来たときはオイラはゴミを拾いますが、常日頃、宮古島の人達がゴミを拾うことが一番の観光の資源となるわけです。

まずは、これをやらないと!

観光客は、一期一会ですからね。

毎日が初めての宮古島!の連続が観光なのです。

常に恥ずかしくない綺麗な宮古島でなきゃ、観光客には言い訳がききませんからね。

何しろ、渡口の浜は今、酷いっす。

有志でもいいから、いち早くビーチクリーンを!

と、そんな感じだったので、通り池に行き、佐和田の浜に行き、その後の海へ突っ込む道路!で昇天しました。

伊良部の東平安良崎っす。

しかも西向き!

夕日ポイントとしては、素晴らしい過ぎる!

伊良部に宿泊してみなきゃ、わからない夕日や夜があるのです。

夕日が沈んだ頃の佐和田の浜がまた、やばい。

明日はどうなるか?わからないけど、伊良部に泊まってみて良かった。

明日のことは、明日になってから考えます。

フェリーが運航中止になって、伊良部から出られない確率のほうが高いっす。

そうなると、多分26日まで伊良部からは出られません。

サバイバルっす。

それでもいいんだ!

初めて伊良部に泊まる方を選んで、今日は後悔してないさ。

痺れましたぜ。

台風!


またもや台風ちゃんが接近!

今年はおかしい。

何故かなぁ?

オイラか?


今日はピーカンですが、明日あたりから怪しく、明後日は暴風域に入るようです。

ロックフェスティバルもピンチ!

まさかの台風体験が二度と来るとは!

前浜入水


すみません。

ひと浴びしております。

台風の約1ヶ月後

台風のあと、倒れていたサトウキビもすっかりピンと背を伸ばし、街路樹は新しい葉を茂らせ、あの台風の前より清々しい宮古島の景色となってます。

台風は、被害も出しますが、自然としては時には必要なのかも知れません。

こんな鮮やかな宮古島を見るのは初めてです。

新緑に覆われた宮古島っす。

朝めし


朝からステーキ定食っす。

ここは24時間、ステーキが食べられる。

まだ、定食屋は閉まっている時間だったので、ステーキで腹ごしらえっす。

それにしても暑い!

ミュージックコンベンションがこの時期じゃなくて良かった。

梅雨明けの雨降りも台風のリスクも少ない時期ですが、演奏者もスタッフも、皆さんも保ちませんな。

こんな気候は、ロック!でなきゃ!

しっとりやられたら、倒れます。

さ、前浜に挨拶しに行ってきますわ。

準備はしてません

宮古島ってところに行く準備はしていません。

実感がないっす。

この間、宮古島でイベントやったばかりなので、また行くと言うより戻る感じですな。

今回のメインは、ミュージックコンベンションと同じ時期に立ち上がった宮古島ロックフェスティバルを味わいに行ってきます。

いつも時期が近過ぎて、一度も行った事がないのでして。

イベントが始まった当初は、お互いがライバル視していてたいした交流もなかったのですが、七回目ともなると、お互いがお互いを健闘し合う仲となりまして。

やり方やジャンルは違うけど、想いは同じなのです。

大きな違いは、ナイチャーのオイラがイメージする宮古島で聞いたら気持ちいいだろな?と思う音楽と、実は宮古人はロックやロカビリーが盛んで、それを宮古島でやろうとする宮古人の違いがあるわけです。

暗黙に、お互いの出演者を引き抜くような事もせず、いい意味でライバルとして宮古島を盛り上げてきました。

宮古島が音楽の盛んな島になってきたのも、この2つのイベントがあるからでして。

どちらかが欠けても面白くなくなります。

お互い、10回目までは大変だけど頑張ろう!と励まし合ってます。

10回目は、共同開催を目指してまして。

一週間、宮古島が音楽漬けとなる予定です。

まずは、今年のロックフェスティバルを見に行って、先の共同開催へのイメージを膨らましたいのです。

だから、気分はお客さんです。

思いっきりお客さんになって、ミュージックコンベンションに来てくださる人達のことも想像しようと思っています。

宮古島ってところの、今まであまり行ってない場所へも足を延ばして、大使としてのアプローチもしっかりやってきますぜ。

ミュージックコンベンション以降、痺れてる人達へ。

これからハイシーズンとなります。

海は綺麗になるし、マンゴーがあったり、最高っす。

が、高い。

ミュージックコンベンションのオフィシャルパッケージツアーの二倍となりますな。

じゃ、いつがいいか?

ずばり、9月末から10月です。

台風のリスクも減ります。

ま、リスクのない時期に台風直撃を喰らった今年もあるんで、胸張っては言えませんが。

料金もミュージックコンベンション時期と変わらなくなります。

日は短くなりますが、暑さも和らぎ海の水温は高く、これがまたいいんです。

3~4日空けば、オイラは宮古島へGO!

今年最後の夏気分を味わえますぜ。

オイラは久しぶりに、梅雨明けしたギンギンの宮古島ってところに明日から行ってきます。

焦げそうです。

うらやましい?

今日も始まりました

ミュージックコンベンションでも台風直撃を味わいましたが、このところの九州の大雨も大変な被害が出てるようで、心配しています。

大丈夫ですかね?

自然の災害は怖いです。

オイラは明日から、宮古島っていうところに行ってきます。

どんなところなんでしょうかね?

完全なるオフモードで旅立ちます。

そして、帰ってきたら、birdのアルバム発売記念のライブが待ってます。

その翌日は、麻布の新世界でグランドギャラリー井出さん絡みのライブでたくさん叩きます。

で、6月が終わります。

7月、8月は、徹底的に動き廻ります。

今あるアイデアをまとめる為に、動き廻ります。

そして、7月には被災地にも行ってこようか?と。

石巻に行って、何が出来るか?わからないけど、その夜には仙台を少しでも元気に出来るような気持ちでDJしてくる1日があります。

オイラが具体的に出来ることがそろそろありそうな気がしてきました。

ただ、今一番大変なのは東北ですが、ついその前までは宮崎が大変だったり、その前は山口が大変だったり、常に自然災害はありますから、この先も何が起こるかわかりません。

今やれることを一生懸命にやる!しかないっすな。

生きるってことは、サバイバルなのですな。

9月から今年いっぱいは、すでに大変な忙しさでして。

すでに来年に向けて企画していかなくては!でして。

もう頭は来年に向かってます。

だから、7月、8月には逢える人達にはたくさん逢って、いろいろと繋げなければ、でして。

逢う約束もたくさんつけています。

野郎ばかり、ですが。

イベントの企画の為に、打ち合わせでいろんな場所にも行かなくては!です。

えらいパワーを必要とする夏がやってきます。

出費もありますわな。

慎ましく生活しないとね。

さて、ともかく明日から宮古島ってゆうところへ行ってくるのです。

皆さんにはあまり望ましくない話題でしょうから、この話も慎ましく。

人見知りな携帯

困ったことに、オイラの携帯の設定が、電話帳にない電話をコールしないばかりか着信履歴さえ残さないのです。

もちろん設定をどう変えていいのか?わかりません。

数日前から、ひとり、ずっと留守電にメッセージを入れてくれている人がいます。

留守電に、ご自分の番号を言ってくれたらいいんですが、ただひたすら折り返し連絡が欲しい!とだけメッセージを残してまして。

折り返しようがないのです。

先方はちょっと怒り気味。

オイラはよっぽどしょっちゅう連絡している人以外には、自分の電話番号をメッセージに吹き込みますが。

それがないんで連絡しようがないのですが。

設定、どうしたらいいんでしょ?

出来る限りの設定をいじったんですが、今だに人見知りな携帯でして。

それでも仕事の相手なら、自分の番号を口頭でメッセージしますよね?

じゃ、先方が多少怒ってても仕方ないことにしよう。

もし、これを見たら、留守電にご自分の連絡を入れてくださいな!

じゃないとかけられません。

全くもって、機械に弱いオイラっす。



後夜祭、チケット発売は25日から!

よろしくっす。

無駄なCDはフリスビーにしてしまえ!(あ、今はダウンロードか?)

宮古島で大破してしまった車の中にbirdの新譜を入れっぱなしにしてしまったせいで、あんなにヘビロテだったのに聞けず仕舞いな日々を送っていました。

昨日、ようやく入手して帰り道に聞きまして。

そのとき思ったことと、昨夜コメントに書かれていたことが同じようなポイントなので、思ったことを書いてみます。

今、音楽業界は低迷しています。

実際、CDの制作費だけを考えても一桁も下がってます。

要は、全盛期のデモテープ制作費以下の経費でアルバムとゆう商品を作らなきゃならないのが現在です。

それで作れるのか?

まず、無理です。

結局は、当時で言うところのデモテープのクオリティーなものを商品として発売していくしかないのです。

昔より機材が良くなり、機材の値段も安くなっているので、各ミュージシャンは自宅に簡易なスタジオを作れる時代です。

機械で打ち込むドラムの音も、昔よりリアルです。

家庭録音は、スタジオ代とゆう大きな経費削減となりますからな、みんなそれをやるようになります。

家庭じゃ、ドラムは叩けないんで、打ち込むこととなるのです。

時代に乗れないオイラは、ミュージシャンのキャリアのスタートは80年代なので、その当時のやり方が染み付いていまして。

オイラは今でもバンドのレコーディングなら、出来た作品を何度かライブでやって、観客の反応とゆう最後の調味料を加えてからレコーディングに入ります。

そうしないと、曲の中のいろんな要素がバラバラなままに感じる。

1日寝かしたカレーのような状態でレコーディングするには、何度かライブで人前にその曲を晒さなければ育ちませんからな。

今の他の現場は、それすらやりません。

いきなり曲に打ち込みでアレンジして歌詞乗せて、作品として発売します。

しかも家庭で。

仕方ないって言えば仕方ない。

経費ないんですから。

そこで考えたのが、今回のbirdのアルバム制作です。

バンドにして、リハーサルを重ねながらアレンジを練り上げ、ライブレコーディングをしてしまう。

アルバム制作費が少なくても、ライブのギャラでなんとか回しながら最低限の活動を保つわけです。

同じ制作費でも、演奏に想いのこもったテイクが残せますし。

そんなこと、今のレコード会社のディレクターで考えられる人は、三人?しか知りません。

アイデアがある音楽業界人は、とっくにレコーディングから足を洗ってしまってますしね。

ディレクターとは名ばかりで、制作が出来ない、金計算とパソコンしかいじれない人ばかりの現状なのです。

まぁ、だからこそチャンスもあるんですが、ね!

birdも、昨日も会場でCD販売していまして、かなりの数が売れていました。

今や、このスタイルでミュージシャンをやるしかない。

いや、これが本来のミュージシャンのあり方なのでしょうな。

そうゆう音楽しか残らなくなる時代ですよ、きっと。

嫌いな方もいらっしゃるとは思いますが、birdの新譜はオイラは心からオススメできますもん。

大切に作ったアルバムですからな。

やらされて作ったわけじゃなく、ミュージシャンが自主的に作りたくて作ったアルバムです。


そう言えば、ミュージックコンベンションでも初日にものすごいパフォーマンスを、しかもトリ前で(オイラの想いからですがね)やり遂げてくれた、怪物!竹原ピストルが話題になっておりますな。

さや侍に出演しているらしく、挿入歌も歌っているようで。

松本人志監督の舞台挨拶で、竹原ピストルの質問に答えた時に、彼に「あんな才能がある人が・・・」と涙ぐんだのがニュースになって、騒然としているわけです。

オイラも、野狐禅のプロデュースを任された頃から、凄すぎる!と思ってましたし、今は更に凄すぎる!

まぁ、話題騒然となっても奴はスタイルを変えずにやっていくでしょうけど、ね。

ミュージックコンベンションの時も、ゲンタ兄貴!一緒に何かやりましょうよ!と言われましたが、竹原ピストルの世界は奴の中で出来上がっていて、オイラが入れば邪魔になるだけかな?と思ってしまいました。

竹原を単なる面白い人と解釈する人達もいるとは思いますが、あの魂の叫び!カッコ悪いとカッコイイの狭間の美学!笑い泣きの躍動感!は他の誰も作れない世界観です。

芸術です。

なぜ、野狐禅を辞めたか?をパフォーマンスだけで納得させられる表現力がありましたからな。

どこからどう見ても、竹原ピストルは全てが竹原ピストルなわけです。

松本人志が竹原を語るだけで涙ぐんだことで、世間は注目するのでしょうが、奴はヒョイとかわして町から町へ、ギター片手に旅して行くのでしょう。

竹原みたいに、売れてなくったって凄いミュージシャンはいるんですわ。

売れてるヤツらよりいつでも凄かったし。

こうゆう奴が認められにくい日本。

こうゆう奴を売ることの出来ない音楽業界。

まだまだですな。

オイラも、日本人がちゃんと音楽を楽しむ文化を持てるように!と日々頑張っていきますぜ。

高崎帰り

高崎から帰ってきました。

洋服屋さんが、その倉庫みたいな場所でやるイベントで、リトルテンポと一緒のライブでした。

地元の有志が頑張って作ってるイベントっす。

地元の人達に囲まれて、和やかなムードのイベントでしたぜ。


こうゆうイベントが各地で作られ、盛り上がっていくことを全国的に望んでるのです。

地元の人達と交流しながら、イベントを作り上げる感じがたまりません。

たくさんの高崎の人達と話ししたり、子供と遊んだり、すごく楽しめるイベントでした。

また行きたいっす。

高崎と言えば、ちょっと先に行けば伊香保っす。

これもそろそろ本腰入れて制作しないと、ですな。

その前に後夜祭!がありますが。

今日はよく眠れそうですわ。

後夜祭!

三週間すぎて、宮古病はどんな塩梅ですか?

ミュージックコンベンションでガッツリ宮古病になってしまった人達や、今年はどうしても行かれなかった人達に送る、もうひとつのミュージックコンベンション!

美ぎ島ミュージックコンベンション後夜祭at逗子・音霊!

ようやくチケット発売!です。

梅雨も明けるだろう7月21日に、逗子で、音霊で、ミュージックコンベンションをしちゃいましょう。

逗子駅から音霊までの道がオイラの青春を奮い立たせます。

逗子のらぶ!な夏を感じに来てくださいな。

ゆったりとした湘南な夏が楽しめますぜ。

詳細は

■タイトル:美ぎ島ミュージックコンベンション後夜祭
■出演:bird/NORA(オルケスタ・デ・ラ・ルス)/やなわらばー/八木のぶお・・・ゲンタ、and more

DJ:黒田大介/佐藤強志/NYORO/清野巌/MAKIYA

■時間 15:00/16:00
■料金:スタンディング5000円/5500円(ドリンク代別)
■チケット発売 6月25日(土)10:00~ ぴあ、ローソン、イープラス、CNプレ
イガイドにて


まだ、発表できない出演者もありますが、追って告知いたします。

かなりアコースティックな感じのライブです。

DJは琉球ホリックチーム!

そのままその深夜は渋谷で琉球ホリックをやっちゃいますぜ。

タフな1日となりますな。

夏は、そのくらい燃えないと、ねっ!

必要な音楽

名古屋からの帰りから同じCDがずっとリプレイされてます。

めちゃめちゃ緩いソウルのCD。

雰囲気モノですな。

メッセージが薄いからこそ、生活にうまく混じってくれる音楽です。

最近、こうゆう音楽を作りたい気分でして。

CDで欲しいなら、そんなアルバムです。

8月は暇だから、そんなのを作っちゃおうかな?

最近の新譜の歌詞に疲れちゃうんですわ。

なんか、音楽ってメッセージだけじゃないんじゃないのか?と。

前浜で聞いたゴンチチさん達の気持ち良さ、みたいなCDが欲しいっすよ。

ただ、ひたすら気持ち良い音楽。

そんなアルバム作りたくなってます。

テンポの遅いアルバムね。

今からの日本に必要な音楽は、これしかありませんぜ。

集って作ろう!っと。

日曜日かぁ

驚くことに、日曜日っす。

先週の日曜日に確か大阪へ向かったんだよな。

早いわ、一週間。

オヤジに昨夜、お前ももう50歳じゃないか!と言われ、ビビっちゃいましたが、中には50歳で孫までいる人達もいるってのに、オイラはまだガキのまま時間ばかりが過ぎていってまして。

こんなペースで生活してたら、一年なんてあっという間です。

今年も半分が終わりますし、ね。

若い時と違うのは、いちいち一年ごとに進む感じじゃなくて、一年をリピートしている感じでいることかな?

一年の繰り返しに慣れている自分がいるわけです。

そんな感じで日々、行動していても、一応いろんな新しい事へもチャレンジしていきたいわけでして。

体はひとつ、1日は24時間ですから、うまくやっていかないとなかなか事は進みませんが。

まだまだ、やりたいことがたくさんあります。

イベントも、ですが、今は先日の琉球ホリックでのセッションで見えた光が気になってしかたない。

長年やってきた中村キタローと初めて同じイメージを持てた瞬間でもありまして。

これを具体的にしたいっす。

今、出来ることを一生懸命にやる!に尽きますな。

さ、今日は高崎へ車で日帰りしてきます。

7月21日の音霊での美ぎ島ミュージックコンベンション後夜祭の件もようやくまとまりまして、アコースティックな緩いイベントをご用意できました。

綺麗な夕日を見ましょうぜ。

お待ちしております。

進化しなきゃ、ね。

朝から両親の事を想う今日です。

ミュージックコンベンションからなんやかんや、かなり長い間、両親とはまともに逢ってなくって、きっと心のどこかで気にしていたのでしょうな。

オヤジはパーキンソン病を患ってから、体の動きが鈍くなるだけじゃなく、気持ちもだいぶ鬱いでしまってまして。

旅行に誘っても嫌がるし、なんだか人生の締めくくりをしているように思えて仕方ありません。

ま、オヤジらしい生き方でしょうが。

気になった時が逢う時。

そんな気分な朝です。

オイラもオッサンなら、両親は老人になるわけですからな。

どうも自分のオッサン具合がまだわかってないオイラでして。

ついこの間くらいな話しが20年前だったりして。

この先、20年たったら70歳手前?って感覚もまだ理解しきれていない。

20年も生きてないかも知れないし、ね?

ただ、あまりにも20年前くらいの記憶が鮮明で、困っちゃうわけです。

昔の大人は、人生は長い!なんて教えてくれましたが、今のオイラなら子供達に、人生は短い!と教えるでしょうな。

地球規模から見たら、オイラの生きてきた47年間なんて、一瞬です。

でも、その一瞬なはずのこの期間に、地球は驚くほどの変化をしてきました。

その変化を見ることの出来た世代です。

間違いなく、地球上の歴史でこんなに変化のあった時代はないはずです。

悪い意味で。

人間の中途半端な頭脳が、エゴとなり、地球を人間の都合で変えすぎましたからな。

それもようやく、落ち着き始めた時期です。

歴史上残るだろう汚名を撤回するべき時期へと移行してきています。

地球が地球らしくあることは、人間にとって決して楽な環境じゃないでしょうが、人間は我慢をすることでまた更に進化する時なのですな。

今年の夏に向け、節電の為にベランダにゴーヤを植えました。

緑のカーテンで直射日光を遮る夏の作戦です。

オイラの進化のひとつでして。

何かひとつでも、ちょっとした努力で地球に優しい事が出来るはず、と楽しみも含めて考えるのが新しいスタイルなんじゃないかな?と。

ゴーヤはグングン伸びています。

不思議です。

土に植え、水をあげてるだけで伸びてきます。

毎朝、ゴーヤの成長具合を見るのが楽しみです。

地球にある、当たり前なエネルギーに驚くし、それがまた新鮮でして。

この夏は、ゴーヤと共に過ごしますわ。

ふらっふらっす

さすがに体もパワーもヘロヘロな1日でした。

ゆっくり風呂に浸かって、夜風を楽しんでおります。


今日は、寝過ぎたくらい寝たのに、今はちゃんと眠いっす。

今日の楽しかった事は、ランチにトンカツを食べた事。

あとはずっとスケジュール関連をボーっとやる1日でした。

最近は、毎日がパーティーじゃ保たなくなってしまいました。

10年前までは毎日がパーティーでしたが。

それから逃げるように、川崎へ引っ越して、静かな夜を過ごせるようになったわけです。

ライブツアーでたくさんの人達に逢って、昨夜もたくさんの仲間に囲まれて幸せでしたが、たまには独りもいいもんです。

電話で数人、仕事の話しをしたのと、トンカツひとつ!と言ったきり、声を発してない1日です。

これがないと、オイラはダメなんですわ。

独りで何日も過ごせるんですわ。

なんか、人前では神経質な部分を見せないようにかっこつけちゃっていることが多くて、独りになってチマチマやりたくなるのです。

練習してるムードとか、努力してるムードを醸し出すのも嫌だし、小心者な部分も悟られないように気を張っていますからな。

もう、誰かに甘えきるような年齢でも立場でもなくなった今、独りで過ごす1日が重要となってきます。

贅沢に、ボーっとしています。

風呂上がりにアクエリアスを飲みながら。

ミュージックコンベンションから三週間ですな。

だいぶ昔なような気がします。

幻だったかのような?

明日には、音霊の後夜祭の件をはっきりさせなきゃ。

そして、次なるイベントも、ね。

でも気合いが入りませんわ、今日は。

そんな日はボーっとさせといてくださいな。

幸せなサイクル

さて、朝五時半になろうとしてます。

琉球ホリックが終わって、なんかいい気分っす。

人の繋がりといい、ナイスな音楽といい、幸せな明け方っす。

音楽で結びついた人の繋がりは、いいものです。

ナイスな音楽でひとつになれる人達と仲間でいられる喜びでいっぱいな毎日ですな。

音楽な現場には、音楽以外の要素はいらないっすな。

音楽で幸せになれるだけで良いっすな。

それの為になら、努力を惜しまないっす。

やっと調子が上がってきましたわ。

今年はいろんな事があったりで、なかなか調子が上がってこなかったっすからね。

大変なご時世もあって、なかなかスムーズに事も進まなかったりしましたが、なんとなくこの方向じゃないと今はダメかな?なんてものが見えてきました。

人それぞれ、好きな音楽はあるでしょうが、やっぱりジャンルではなく、本気度のある音楽をやりたいですわ。

人が集まるからいい音楽ってわけではないっすからね?

もしかしたら、本気度の高いライブの方が難しく捉えられていて、人の集まる数が少ないかも知れない。

でも、やっぱり本気度の高い音楽を今はやるべきなのです。

もう、そうゆう音楽にしか、いいオーディエンスは集まりませんな。

もう子供相手の音楽をやる気もありませんし、ね。

うろたえている音楽業界に揺さぶられるくらいなら、ミュージシャンが自ら、自分の音楽を極めて表現して、その音楽で一人ひとりと繋がっていくほうが純粋でいいに決まってますわな。

これ、音楽の話しだけじゃなく、世の中のいろんな事に言える重要な事のような気がしてます。

今や、そうゆう時代っす。

皆さんがナイスな音楽を求めて支払ってくださるお金で生活をして、オイラは皆さんに本気度の高いライブを提供して、廻していく。

他の仕事に対しても、そうですな。

美味しいご飯屋で廻し合ったり、小説家に対して廻し合ったり、クリーニング屋に対して廻し合ったり、まぁいろいろありますが、人気や商売気より本気度で評価しちゃうのが現代っす。

小売店な発想が一番いい!ってことな現代なわけですな。

それで、暮らしていけるなら、それ以上な幸せはありません。

みんなで廻していけば良いのですから。

幸せなサイクルっす。

大きく稼ぐ為の発想じゃなくて、一人ひとりに届ける為の努力の日々。

これが世の中に蔓延することが、幸せな世の中への一歩です。

江戸時代の日本が地球の歴史上、一番幸せだったと言われてますが、まさにこれがしっかりあったからでしょうな。

量産される大衆的な企業の在り方に、そろそろ飽きてきて、うまいバランスで自分の為だけのモノを取り入れる時代へと変わってきていますからね。

オイラは、自分が幸せであるために、本気度の高い仕事の取り組みをします。

自分に課せられた仕事を本気でやることが、幸せのサイクルを生むことだと思ってます。

みんなして本気でやれば、世の中は幸せでいっぱいになりますぜ。

今宵、琉球ホリックでは、そんなサイクルが廻ってるように感じて、幸せだったのです。

オイラはイベントを本気でやり、来てくださる人達はイベントで元気になり、自分の持ち場で本気度の高い仕事をしてくださるのでしょう。

みなさんの仕事がオイラの知らない人達に向かって、幸せが広がっていくのを想像しただけで、オイラも幸せな気分になれます。

幸せは、広げてゆくものです。

間違っても、奪うものではありません。

オイラはそう信じています。

やったね。

楽しみにしていたデラルスツアーも終わってしまいました。

東京、大阪、名古屋と、本気でツアーしてきた充実感があります。

たくさんの人達とエネルギー交換してきました。

デラルスをやっていて一番素敵なのは、今回のツアーでまた成長している部分です。

まだまだ進化する中年バンドです。

努力して成長する喜びをまだ続けられていることに幸せを感じるのです。

それを仲間と一緒に支え、刺激し合える関係にも幸せを感じます。

どのライブも全力で取り組みましたが、自分として上手くいったな!と思えるライブが、どうしても出てきちゃう。

でも、スタッフが良かった!と言ってるライブとは別日だったりするから面白い。

完璧!とこちらが思っているものより、多少ドタバタした方がライブとしては面白いんでしょうな。

毎日、必死でしたが、聴く人達には毎回が初回ですから、ね。

限界までプレイしました。

名古屋ブルーノートのスタッフが、今年一番かっこいいプレイだった!と絶賛してくれましたぜ!

来てくださった方達にも、パッションが伝わってくれたら嬉しいっす。

フラフラになりながら、渋谷にいます。

琉球ホリック!

甘えてきます。

19日には高崎でbirdのライブ。

それまでのんびりイベント制作しますわ。

後夜祭と伊香保を作らないと、ね。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。