プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は限界でした。

まずは、皆さんに感謝します。

ありがとうございます。

そして申し訳ありませんでした。

予定とはまるで違うミュージックコンベンションになってしまいました。

スタッフ、出演者もめいいっぱい頑張りました。

そしてオイラは、スタッフや出演者にも大変な苦労をかけてしまいました。

正直、手放しで終演後を喜べる心境ではありませんでした。

集まってくださった皆さんに想いを伝えるためだけに必死となざるを得ない前浜でしたから。

やはり自然には逆らえないんですね。

でも、皆さんやスタッフや出演者の気持ちも、いつも以上にいただきました。

励ましのコメント、ありがとうございます。

営利目的ではないイベントですから、目標が目に見えないものに向っているミュージックコンベンションです。

今回のような状況でも、我々を支えていただき、一緒になって感動を作ってくださった事に感謝します。

台風被害は凄いようです。

被害額は約10億円!

実にこの時期にこの規模の台風は70年ぶりだそうです。

特に農作物への被害が多いわけです。

一生懸命育てた農作物が出荷前に被害を受けるのを見ると、心が痛みます。

自然の脅威をまた違う形で体感したわけですが、やはり自然とはこうゆうものなのでしょう。

いくら道具が立派に便利になっても、情報が手軽に入る世の中になっても、自然にはかなわないんだな!と実感する一年なのです。

しかし、嵐の後に人の想いで自然とは違う文化や営みを作り出せるのは人間のパワーなんだよなぁ、としみじみ思った前浜でした。

たくさん反省しています。

皆さんの叱咤激励のコメントを受け止めて、次回のミュージックコンベンションにリベンジをさせてください。

たんでぃ~がたんでぃ!

スポンサーサイト

ありがとう!

たんでぃ~がたんでぃ!

素晴らしかった本日っす。

今は言葉がでません。

感謝!

お願い!

お願いがあるんだな。

宮古島にいて、余裕のある人達は、前浜のビーチクリーンを手伝ってくれないかい?

気持ちいい最終日のためにみんなの力を貸して欲しいな。

何も言うまいっ。

だが、一言だけ言わせてくれぃ!

晴れた!

夜の部!

台風も去って、予定通り夜の部を開催します。

28日のチケット、通しチケットをお持ちの方は無料!

ミュージックコンベンションへのカンパも大歓迎!で通常料金をお支払くださったらなお嬉しい!

足元にお気を付けて起こしください!

さ!爆発だぁ。

12時時点

12時時点でのインフォメーションですが、明日は前浜での振替を予定しております。

それによって、申し訳ありませんが、宮古島のミュージシャンの出演を取りやめ、28、29日に出演する予定のミュージシャンをミックスした1日を制作中です。

本当は振替としては明日、公民館で行えばチケットの払い戻しの問題などクリアすることも出来ますし、機材もそのままでスタッフも苦労が減るのですが、晴れる前浜が期待できるのに屋内でイベントするのもミュージックコンベンションらしくないので、前浜でやります。

当初、フリーライブとなっていた前浜ですが、28日のチケットをお持ちの方のエリアを設けて、振替とさせていただくこととなります。

ご理解、ご協力宜しくお願いします。

来年に繋ぐために、皆さんに甘える形になりますが、やはり前浜でみんなで夕日を見る事が一番大切な事なんじゃないか?と、行動に踏み切りました。

ニュアンスで御理解してくださる皆さんに、ミュージックコンベンションを支えてくださる皆さんに、甘えさせてください。


スタッフ、出演者、一同必死に頑張ります。

なお、本日の夜の部は、やれるのならやりたいと考えております。

通しチケット、28日のチケットをお持ちの方は、入場無料として対応することにします。

もちろん、カンパの気持ちでチケットを買ってくださる方もいてくださると嬉しい事情もある今回のミュージックコンベンションですが、今はまだ余計にかかる経費のことより、やりきることで必死です。

みんなで夕日をみましょう。

宜しくお願いします。

また、詳しく動きが出ましたら、お知らせします。

中止!

朝、九時の時点で宮古島は暴風域に入っておりまして、本日の昼の部は中止!となりました。

この先、いろいろ決まりましたらまたお知らせしますが、残念ながら本日の昼の部はできません。

台風体験をお楽しみください。

初日、昼の部が終わりました。

とりあえず、初日の昼の部はなんとか終わりました。

出演者、スタッフ、ボランティア、そして集まってくださった皆さんに感謝します。

明日の事は、わかりません。

どんなに頑張っても、自然にはかなわない。

明日になってから考えます。

さ、今から夜の部がスタート!

宮古島の夜が熱く盛り上がるはずです。

今は、嵐の前の静けさってやつですかね?穏やかな夜です。

今日、昼の部に来てくださった人達!

たんでぃ~がたんでぃ~!

初日!

ついにミュージックコンベンションが始まります。

今年は開催までにいろいろありました。

土壇場にきてさらに台風まで!

自然には逆らえない、と言うのが今年のテーマですね。


でも、開催初日を迎えるミュージックコンベンションです。

ありがとうございます。

明日の夕方くらいから、台風が大接近です。

大変に強い台風です。

多分、今までに経験のない台風体験となる予感?

頑張ります。

前日!


ミュージックコンベンション前日は、快晴です?!

今日くらいですので、本日から宮古島に入る方は、めいいっぱい晴れをお楽しみください。

オイラは今から、タイムテーブルを作ります。

当日までわからない、あくまでも仮のタイムテーブルですが。

ここでは発表する余裕も、確実性もありませんが、会場には張り出そうと考えております。

少しでも快適なミュージックコンベンションをお過ごしいただく為に。

会場はアルコールの発売が禁止なのです。

残念。

上手いこと、やっていただけると助かります。

特に初日は、まだ天気も荒れそうにないので、屋内と外と上手いことやっていただけると、です。

会場から少し歩けばパイナガマビーチです。

詳しくは、ホームページ等をご覧ください。

あぁ、昨日と今日がイベントの日ならなぁ、とため息っちゃうくらいの晴天。

さ、タイムテーブルを作ります。

スタートが早まりまして、12時開場、13時スタート!です。

きっちり20時30分までに終わらないといけない会場ですし、ステージの転換や中止の時を想定して、イベント時間を早めに設定して、出来るだけツメツメでやってしまおうと思っています。

3日間やれるとなると、初日に出演したミュージシャンがもう一回!なんてことになるかも知れません。

ですが、暴風域に入る前に出来るだけの出演者を出してしまいたいのでして。

さて、どこまでツメツメに出来るのでしょうか?

川満は2ステージあったから、上手いこと転換もできましたが、宮古市中央公民館はステージが一つ。

まぁ、学園祭のような賑やかさでステージをドタバタ回していきます。

頑張ります。

それにしても今日の天気はなぁ。

お待ちしております。

自然には逆らえません


昨日はいろんな対策に追われ、決断を迫られた日でした。

ついにミュージックコンベンションも、初めての台風体験となります。

この時期に台風が来るのは10年に一度!

珍しい体験ができますぞ!

なんて、明るいタッチで表現してみました。

今朝もすでに風が強いです。

申し訳ないのですが、川満で行う予定でした2日間を屋内で行うことにしようと思っております。

雨も心配ですが、風が一番心配でして。

演奏者も皆さんも、無理して川満でライブを楽しむより、今回は屋内で行う方が状況としては最善と考えました。

そして、暴風域に入った日があるとするなら、その日は中止となります。

野外に舞台を設置、撤去が難しい天候と想像しています。

すでに野外でやるとしても設置しなきゃならない時でして、どうなるか?わからない天候に対してこのような決断を出さなきゃならないことは辛いのですが、より最善な策としての決断です。

今の予測では、前浜はなんとかなりそうな予感がしています。

前浜も、毎年と同じステージは組むことの出来そうもない天候ですが、最終日くらいは自然の中でライブしたいです。

出演者も連絡を取り、この台風が迫る中、全出演者が宮古島へ向かう準備を進めています。

でも、全出演者が宮古島に揃うことが出来るか?は、まだわかりません。

出演日の当日入りを予定しているミュージシャンなどは、まだ予測が出来ない状況です。

それでも、全出演者が宮古島に集まろとしてくれています。

皆さんも不安な状況でしょうが、ミュージックコンベンションは形を変えても開催します。

変更など、詳しくはホームページ等でインフォメーションいたします。

台風一過の晴天を最終日に迎えるドラマチックな展開を予想しているミュージックコンベンションです。

この状況でも楽しめるイベントを制作しようとスタッフもミュージシャンも、いつも以上に努力しますので、よろしくお願いします。

準備万端で2日間はのんびりするはずでしたが、なかなか楽しませてくれる宮古島です。

逆境に燃えるスタッフと、今日も最善を尽くしますぜ。

こうゆう時こそ実力が発揮されるスタッフとミュージシャンが集まっているイベントですから、天候は期待できなくとも内容の濃いイベントになることでしょう。

第2回の翌日の、台風直撃の後のイスラの伝説的な夜を思い出しています。

あれは盛り上がったし、あれでいままでミュージックコンベンションを続けるきっかけとなった台風でした。

何故か盛り上がるのです。

魂が燃えますぜ。

今朝の悔しい青空の下、気合い入れて準備にとりかかります。

とりあえずは


ま、とりあえず大阪からの洗濯物をコインランドリーで洗いながら、ビレッジヴァンガードで文庫を二冊かって、川満の設営に行ってきます。

この先、すっごく大変なくらいに対応に廻らなきゃなりませんから、束の間ののんびりでした。

午後からは対応に追われることでしょう。

どうなるのかなぁ?

なんとも。

まぁ、なんと言うか、予定していた作業が全て組み直しになりまして、お天道様のご機嫌をまずは見てからの作業となることになりまして。

やる気満々なんですが、台風を考えると今日、いろいろ作るはずだったステージも作れずにいます。

スタッフワークを円滑に、余裕を持って行えるように考えた計画でしたが、こりゃまたスタッフには大変な労働をしていただくこととなりそうです。

自然には逆らえないっすから。

強い台風ですが、どうやら雲の広がりは少なく、ピンポイントで責めてくるタイプのようです。

だから、ズレたら問題ないようで。

ただ、もし来ちゃった時を考えると準備もまだ出来ない今日でして。

ミュージックコンベンションの開催をこの時期に選んでるのは、宮古島は空梅雨と言われるほとんど雨の降らない梅雨ですし、台風もこの時期は来ないからなのですが。

今年は梅雨らしい梅雨でして、台風も近くに発生して、参ってます。

朝から土砂降りな雨。

過去、準備段階で雨が降ったことはありません。

去年、本番で通り雨が毎日降ったくらいでして。

ミュージックコンベンション至上、最大のピンチ!を迎えております。

いろんな場合のシミュレーションを想定して、だがしかし準備が出来ない、お天道様待ちの今日です。

過去に一度、台風の前日に行われたミュージックコンベンションがありましたが、あれも晴れてました。

翌日は台風直撃で、ひたすら部屋飲みで、夜になって台風が通過し、集まったイスラは伝説となっています。

さて今年は、宮古島は何を見せようとしているんでしょうか?

天気予報は27日は晴れマークが付いたままです。

台風がズレたら晴れますぜ!

その為のイントロだ!と思っているのです。

コンチクショウ!

まぁ、正直を申しますと、台風が来た場合を考えてのシミュレーションをしながらミーティングしました。

まだまだいろんな事を判断する時期ではないのですが、先にシミュレーションしていろんな対応が出来るようにしていました。

おかしいなぁ。

この時期の台風は左側に逸れていくはずなのに、一号は沖縄本島を直撃したばかりです。

北海道では今日、雪が降ったそうな。

もう、予測ができません。

明日か、明後日にはある程度の信憑性を持った発表ができるか?と思います。

これはまた、かなりな変化がある予定な現場でして。

しばらくお待ちくださいね。

明日にはもう少し具体的な話しが出来るはずです。

やる気満々!ですからね。

うまく左側の上に台風が去れば、ピーカンになるそうです。

その為に台風が発生しているんだ!と思いましょう。

まさか台風でこの時期に悩むことになるなんて、思いもしませんでした。

到着!

宮古島に着いてその足で宮古島で評判のマッサージ店へ!

前に一回行って、その回復力に感動したのですが、今回も約1ヶ月悩まされていた40だか50肩で上がらなかった肩が治りました。

宮古島はそこまで暑くもなく、曇り空が晴れたりぱらついたり、表現するには難しい天気です。

歩いてたらバッタリ、副市長にお逢いしました。
不思議な島です。

これからミーティングっす。

やっと腰を落ち着かせて、ミュージックコンベンションの本格的な制作です。

なんだか、自分の町に帰ってきた感じっす。

いいっすよ!宮古島は。

那覇空港にて

那覇です。

那覇で乗り継ぎ二時間待ちです。

退屈なんで、一旦外に出てます。

那覇は太陽が出ています。

これを天気予報は曇り時々雨と言ってます。

台風が発生してますな。

この台風が雨雲をかっさらって、今週末を晴れさせてくれるのを願ってるのですが。

まぁ、天気予報はあてにならない宮古島です。

晴れる!とイメージするしかないっす。

朝一番に鹿屋を出発して、到着が2時半を過ぎるのでして、距離的に考えると近いはずなのに、我が家から宮古島を目指したほうが早いのですな。

那覇空港の外に出たはいいけど、ロビーには修学旅行の学生が溢れてます。

こりゃ戻るのが大変そうですわ。

宮古島に着いたら、天気の方向を宮古島の人達に聞いて、報告しますね。

まぁ、こんなに梅雨らしい宮古島も珍しい。

梅雨は晴れる!宮古島なのになぁ。

この梅雨空が週末には晴れますように!

明日は宮古島!

鹿屋で、最高な時を過ごしました。

素晴らしい時間に、この先の可能性も感じるイベントでした。

また、今年にもう一回、鹿屋に来る予定ですが、その時にはもっとイベントに深く関わるような動きになりそうです。

またいずれ、インフォメーションしますね。

で、早く寝なきゃ!

明日の早朝にホテルを経ち、宮古島に行きます!

鹿屋はベッピンだらけな町だけど、早めに帰ってきました。

そ!

メインはミュージックコンベンションなのです。

鹿屋が素晴らしくて、すっかり忘れていましたわ。

明日、宮古島に入り、今の宮古島をお伝えしますね。

では、おやすみなさい。

鹿屋にて

昨夜は鹿屋の熱いチームと熱い話し&下ネタで盛り上がったさ。

今後、鹿屋でのライブ制作をお手伝いできたら、なんて話しもね。

高速も電車もない町なんですわ。

でも、この町には熱い想いがある。

こうゆう想いのある町とそこに暮らす人達の情熱を形にしていくことが、これからの音楽シーンを楽しくさせるわけです。

そして、そんな町をいくつ作れるか?が、たぶんこの先、オイラの残りの音楽人生をぶつける仕事になっていくのでしょうな。

鹿屋は、天気予報が雨から晴れに変わり、案の定の晴れ男っぷりを発揮しているオイラっす!

だから、ミュージックコンベンションも大丈夫!

今日は、鹿屋のスタッフの想いと集まる鹿屋の人達に向けて、しっかり演奏してきますぜ。

鹿屋に来たら、だんだん宮古島に近づいてきている感じが、人相の濃さで感じます。

南国の濃さが鹿屋の人達にはありますわ。

ゆえにベッピンも多い!

素晴らしいことだ!

美味しい魚と鳥料理をいただきましたぜ!

なんか昨夜でグッと鹿屋に縁を感じまして。

いいテンションで今日のライブができそうな。

そして明日は朝早く、宮古島へ向かいます。

ついに!きました。

あと5日ですからね。

想いを集めたイベントになりますように。

らぶ!

いざ鹿児島へ!

鹿児島に向かっております。

昨夜はまた初めて知る、大阪の旨い店!に出会いました。

たまちゃん。

堀江です、浪速筋です。

お好み、鉄板です。

トマトサワーが売りです。

何を食べても旨かった。

しかも大将はオイラのことを知っていてくれたりして。

驚いたのは、枝豆をさやごとバター焼きにしちゃったのと、チヂミ。

チヂミは今やオイラランキング1位ですわ。

また行こうっと!

伊丹空港まで今日は、地下鉄乗ってモノレールに乗り継ぐ行き方を選びました。

いつもは、難波からバスなんだけど、バスだと旅行者が多い。

地下鉄だと生活の香りがして、関西コンプレックスのあるオイラには、たまらない世界なのです。

また来月!大阪に来るからな!

さ、鹿児島は鹿屋市に向かうわけですが、前回はこのイベントは湖の畔だったので、鹿屋市がどんな町か知らないのです。

初めての町へ向かいます。

ここに二泊したら、宮古島っす。

昨日も、大阪のグランカフェで逢う人達がみんなミュージックコンベンションのことを知っていてくれてて、嬉しかったなぁ。

さすがに鹿屋市じゃ知らないんだろうな。

来年に繋げるために、宮古島の話しを鹿児島でしてきます。

あと、6日!

一週間切っちゃいましたね!

キタ!キタ!

始まってます。

スティックケースにペダルにカウベルと、かなり重い荷物を転がしながら大阪→宮古島への旅が始まってます。

なんだか、久しぶりの本来の仕事のスタイルなので、ウキウキしますわ。

今回の大阪は、のんびりできません。

ついて、サウンドチェックして、ライブやって、寝て、起きて、伊丹空港へ!な感じです。

明日には鹿児島にいるわけです。

鹿児島では、出演者、スタッフ用の手作り旅のしおりをつくらなきゃ!でして。

あと、各出演者へ現地で口頭で伝える話しをメモにしてまとめる作業もあります。

楽勝!っすな、ここまできたら!

と強気な発言をしてみています。

この時期になるといつも思うのですが、出演者やスタッフは仕事に穴を空けてまで参加してくださる。

皆さんも、無理矢理に休みを作って参加してくださる。

この答えが宮古島に行ったらわかるのでしょうね?

今は、なんと言うお誘いをかけてしまったんだろう?とビビってしまう時期でして。

これで、ミュージックコンベンションが楽しくなかったら、どうするんだ?オイラは?

と、小心者の面が強くなる時期でして。

でも、オイラが発起人じゃなかったとしても、このイベントが宮古島であるなら、オイラはお客さんとして行きたいっす。

昨夜も、いろんな人達と話ししていて、どうやら今年は晴れてるイメージしかみんな持っていないようでして。

去年は、そろそろ一回くらい雨が降る回数を重ねてきたんじゃない?なんて思ってたから、降ってしまった。

だから、雨のイメージをみんなして持たないのが、いいのかも?です。

そして夕日をみんなで見て、完結したいっす。

終わりは始まり、ですからな。

あと一週間!

前夜祭、なんだかミュージックコンベンションらしい緩いイベントでした。

これですっかりミュージックコンベンションが始まってしまった感じになっております。

さぁ今日は、今から荷造りをして大阪へ!

鹿児島経由で宮古島に入ります。

オイラのミュージックコンベンションはみなさんよりお先に始まります。

ついにあと一週間!

今年は、開催してみないとわからないことばかりのミュージックコンベンションです。

出演者スタッフだけで250人以上いますからね。

宮古島スタッフも入れたら300人は超えます。

その人数が想いで動くわけでして、オイラも一度リセットして望まなくては、でして。

今日の川崎は暑い!

宮古島はこんなものじゃありませんが。

だから荷造りも、短パンに半袖シャツだけを詰めて、完全に夏仕様で済む今年です。

体の中にある、カチカチになっている部分が大阪~鹿児島でなくなるといいなぁ。

あの地震以降、体が強張ってしまい、それにミュージックコンベンションの制作で、川崎にいる間は休まることのない感じなんでして。

体が楽だったのは、宮古島に打ち合わせに行った時と、大阪にライブしに行った時。

だから、この一週間で体調も整うことを願っています。

本当に、宮古島にいると力が抜けますからね。

いまだに、常に余震で揺れる感覚で毎日生活していますから、物凄いストレスがあるみたいなんです。

被災地の方達のストレスには比べものにはならないでしょうが。

それを宮古島に溶かして、元気になって帰ってきたいですな。

ほれじゃ、行ってきます。

難しいのよ言葉は

例えば、マッサージ店に行ってマッサージを受ける前に、怪我などありますか?と聞かれるとします。

右側の足首が昔、挫傷しまして、そのせいかふくらはぎが張るんです、と答えたとします。

でも何故、マッサージに行ったのか?と言うと、肩と首が痛いからでして。

肩と首が痛くて、頭痛もするんです、と補足して伝えます。

言葉ってゆうか、相手の受け取り方の難しさで、マッサージ師はすでに足が痛い人だから、と足中心に、しかも痛いならと撫でるようなマッサージをずっとするわけです。

こりゃ勘違いしてるな?と思っても、疲れきった体だとなかなか、それを伝えるタイミングがなかったりします。

もっと強くお願いできますか?

とやっと言ったら

痛いと言ってたので、押さないほうがいいか?と思いまして

と言われまして。

まぁ、擦るくらいならわざわざお金払って時間使って行かないってことをまずわかってもらいたかった今日です。

マッサージって、本当に必要な時は忙しくて行けないものです。

なんとか時間を作って行くのです。

今日は、どこも凝りがほぐれることなく、逆にストレスが溜まってしまいました。

今、自分で揉んでたりしてます。

伝えるのは難しいっすな。

受け取り側もいろんな人達がいます。

テーマより単語にハマってこだわる人達もいますからね。

大事なのは、まずテーマ!

オイラとミュージックコンベンションを共にするスタッフは、そこを大切にするあまり、会話は擬音だらけ、誤字脱字当たり前でやってますが、伝わってます。

誤字脱字のチェック、ご指摘は数多く!

そのかわり、テーマはぶれません。

あれがそれでこれがあぁだから、ビューと行ってパァっと!な感じでも伝わるチームです。

これじゃ許してくれない人達や現場もありますが、相手にしてるふりしてかわします。

さて、ミュージックコンベンションもパァ!とですんで伝わってますか?

男と女が違う嬉しさを朝から考えてます

雄と雌で、声帯の違いがこれほどはっきりしているのは人間くらいか?と思うのですが、どうなんでしょうか?

朝からこんなことを考えてるオイラもへんてこですが。

いろんな生物が地球にはいて、雄と雌とゆう二種の生態をもっているわけですが、昆虫や鳥には見た目ではっきり雄と雌の区別が出来るものもありますが、哺乳類なら人間が一番わかりやすいんじゃないのかな?

もちろん人間は、持って生まれた雄雌の違いにプラスして文化的な違いを作ってもいますが。

でも、見た目だけではなく声帯が違うのですな。

それは、語る声の違いももちろんありますが、オイラが素晴らしいと思うのはやはり、歌なのです。

男性のキーと女性のキーの違いによって、曲作りもアレンジも変わるわけです。

カラオケのキーを変えるのとは違い、楽器はキーが変われば鳴らすポイントも変わり、響きが変わってきます。

男性ボーカルに対してのアレンジと演奏は、女性ボーカルに対してとは違ってくるのですな。

女性も声変わりはありますが、差ほどのものではなく、男性の声変わりは子供の声とはまるで別のキーに生まれ変わるのですな。

だから男性は、新しい自分のキーに馴染むまでの期間が必要となる時期があります。

頭でイメージしている音が肉体的に出なくなるわけですな。

そうして男性は男性のキーになり女性と違う声を持つようになるのです。

オイラはやっぱり雄なんで、女性の声に敏感なのです。

女性の柔らかな声が好きなので、ブラジル音楽が好きなんでしょうね。

女性ボーカルと言えば、今注目はイギリスのジェシーJ。

地上最強の白人ソウルシンガーっす。

アルバムの良さにぶっ飛びました。

名盤っす。

知らない曲ばかりなのに、次の曲が楽しみでワクワクしながら聴いてしまう、すごいアルバムっす。

激しいっす!

今はこれを聴くべし!

騙されたと思って聴くべし!

きっと今年はこれを超えるアルバムは、オイラは出逢わないと思います。

で、なんの話しだっけ?

あとは天気のみ!

自分が人として出来る事をめいいっぱいやって準備を進めてきましたが、もうそれもほぼ終わりました。

あとは現地に入って作業をしていくことになります。

ただこうなると、一番心配なのは天気ですな。

こればかりは、誰がどう努力したってどうしようもない。

せいぜいオイラがリアル照る照る坊主になることくらいしかできませぬ。

珍しく、宮古島は梅雨らしい梅雨が来ているようです。

天気図も、見事に前線が停滞中!

あと約一週間で変化があるのでしょうか?

オイラは、宮古島が、みなさんが来る時は晴れるようにと今、まとめて雨を降らせているんじゃないのかな?と思っています。

あまり雨の宮古島を知らないオイラっす。

宮古島では、オイラが宮古島に入ると晴れる!と噂されています。

オイラが今回、宮古島に入る23日の天気予報は太陽のマークがやっと付きます。

それ以降、天気が晴れていってくれると、イベントのハッピー度数が上がるんですけどね。

みんなで晴れを望めば、奇跡を起こせる!

夕日が見たいぞ!

去年は曇り時々雨な天気だったので、今年はガックリくるようなピーカンの下でイベントしたいですな。

これを努力で叶えられるのなら、一番のポイントとして全力で頑張りますが、人間の力は自然にはかなわないのです。

でも、今ある今年のミュージックコンベンションのイメージはピーカンですよ。

ピーカンを想定してのイベントです。

世の中には、晴れ男や晴れ女、または雨男と雨女がいるようですが、雨が降ったからって雨男や雨女を責めてはいけません。

音楽界きっての雨男がピーカンの前浜で歌った過去の実績のあるミュージックコンベンションなのでして、大丈夫!きっと晴れます。

あと8日で開催ですな。

もうすぐ、みなさんに宮古島でお逢いできるんですな。

楽しみにしております。

晴れてたら、宮古島に感謝しましょう。

お台場にて


機材をかき集め、お台場の先の港に来ました。

この青いとは言えない海と宮古島の海は繋がっているんだなぁ、と思っている所です。

経費を浮かせるために毎年、お台場の港まで機材を積みに来ています。

この先の演技も大切で、演技次第で運賃も安くなるから気合いが入ります。

機材と一緒に想いも載せて宮古島まで船は行くよ~!ってかぁ?な感じっす。

開き直りの時期に入ります

ついにこの日がやってきました!

楽器の積み込みの日です。

これが終われば、ジタバタしても始まらないわけでして、開き直りの日々がやっときます。

かなりな機材を積み込み、船で約一週間かけて宮古島へ!

デュースさん、コマキ通商さん、MSIさん、ベスタックスさんなどの協力のもと、機材が宮古島に向かいます。

もう下準備はすみました。

あとは現地に行って作業するのみ!です。

あと9日!ですからね。

いろいろトライして、新たに取り組む事、出来なかった事、ありますが、今からは開き直らなきゃ!の時期に突入っす。

大変だった時期もこれで終わり!

あとは楽しむだけです。

かなり多くの人達が今年もミュージックコンベンションに集まってくださいます。

しっかりお迎えできるように、準備しておきます。

みなさんもそろそろ疼いてくる時期でしょうな。

東京では明日、渋谷The ROOM にて、午後8時くらいから前夜祭!琉球ホリックを開催します。

お楽しみに!

そして明後日からオイラは旅立ちます。

宮古島への旅が始まります。

みなさんも、本格的な準備が必要な時期ですぞ!

あと9日ですからね!

開き直りも必要!

ついに10日前でして。

オイラは2月に入院して三週間の絶飲絶食で見事に痩せたわけです。

あの頃、この体系でミュージックコンベンションの時に前浜あたりを歩いたら、熱い視線がオイラに集まっちまうぜぇ~!と思ったのです。

が!3月に始まったリバウンド、4月からの努力も虚しく、今年もまん丸なお腹でミュージックコンベンションに参加することとなりましたかな?

夜には思うのです、明日は少ししか食べないぞ!と。

しかし朝になるとお腹が空いておる。

量を食べなきゃいいのか?と高カロリーなものをついつい食べてしまう。

ギムネマ入りの飲み物を毎日飲んでも、燃やすほどの運動をしてなければ燃えないのですな。

これでも、大盛とかセットとかメガとかを止める努力はしているのですが。

オイラは生理現象としてあくびとお腹空いたがあまりなかったのですが、最近はあくびも出るしお腹も空くので、生活の喜びを感じているわけです。

お腹が空く感覚が鈍いので、三週間の絶食も割と耐えられちゃうのですな。

じゃ、なぜ肥るのか?

これは、頭で食べちゃうからです。

お腹は空いていないのに、味が想像できると、その味を知るためについつい・・・がエンドレスに続いてしまうのですな。

ま、言い訳は以上。

残念ながら、まいどの体系です。

オイラが体張って、酒を飲むから肥るわけじゃない!とゆう証明をしましたぁ。

ダイエット出来なかった代表としてオイラが堂々としていれば、同じような人達の救いにもなることでしょうし、ね。

いいのか、それで?

オイラの腹が丸かろうが、凹もうが、前浜のビーチの美しさにはかなわないのです。

そうゆうことにしましょう。

10日前に悩んでも仕方ありません。

どうせ宮古島で美味しいものを食べるのです。

開き直りも必要な10日前!

この夢は来年まで持ち越しですわ。

早過ぎな目覚め

昨夜は11時頃に気を失うように寝ました。

目覚めは4時!

制作の穴を寝ながらにして発見し、こりゃヤバイ!と目が覚めてしまいました。

寝ながらよく見つけたな?と我ながら感心、感心。

今日は朝11時には石神井でリハーサルなので、朝9時半には出発しなければならないんで、このまま起きてようかな?

時間があるんで天気予報をチェックしたら、今週末の宮古島は天気が良さそう。

来週はどうなんでしょ?

そのままミュージックコンベンションで検索していったら、MAXさんのメンバーのブログに着きまして、どうやらリハーサルをしているようです。

オイラの知らない所で、いろんな人達がミュージックコンベンションに向けて想いを集めてくれています。

感謝!

不思議なもので、宮古島には縁がないと来ることが出来ない場所でして。

なので、来られた方は縁があるわけです。

縁が深くなりリピーターになる人もいれば、一度きりの縁の人もいらっしゃるでしょう。

宮古島に想いはあるのにまだ行けない方は、今は縁を持つ時期じゃないから、もう少し待とうね!と言う時なのかも知れません。

想いがあっても行かれない方は、縁に敏感なのかも知れませんよ。

もちろん、宮古島に呼ばれる形で訪れる人達もたくさんいらっしゃる。

そうゆう方は、ちゃんと宮古島からの歓迎なるプレゼントが待っているわけです。

縁あって、ミュージックコンベンションでミュージシャンも参加者も集まるんだよな!としみじみ思うのです。

縁がまだな方も、今は時期じゃないとゆう意味が必ずあるはずですから、想いを持っていただけたならいつかきっと参加されるタイミングが来るはず!と信じてくださいね。

リピーターの方も、初参加の方も、宮古島に縁を感じてくれたらいいなぁ。

今年のミュージックコンベンションも、縁によって開催されます。

感謝!

あと10日?

頭の中はすでに宮古島なオイラっす。

寝不足続きですが、宮古島の事で寝付けないなんて、まるで恋っすな。

恋のわりにはちっとも痩せませんが。

ま、忙しいんで外食でチャチャっと飯を済ませてしまうのも痩せない原因でしょうな。

今朝も、牛丼吉野家をキメて、ファンキーな出だしの1日です。

宮古島は外食文化です。

アジアは外食文化な国が多い。

タイなんて、正月と誕生日くらいしか家で料理しないらしい。

外食は体によくない!ってのは昔の話しで、最近は日本でもバランスがよく安い外食が可能になってきましたな。

吉野家は相変わらずですが。

外食文化が進めば、安くてバランスのいい食事が手軽に出来るし、料理の時間を有効に使えるし、確実に食費が安くなり余ったお金と時間が違う文化に使われるようになるんです。

バンコクが凄く発展しているのも、経済が上がっても屋台のご飯はさほど上がらない。

だから文化に国民が興味を持ち、いい感じで発展しているわけです。

宮古島でも、ゴーヤチャンプルー定食がワンコインくらいで食べられます。

財政的には厳しい宮古島ですが、人々がカリカリせずに暮らせるのも、食費があまりかからず生活できるからでしょうな。

宮古島はタクシーが安い。

宮古島の人達はやたらにタクシーを使いますからね。

今たしか初乗り¥410だったかな?

ワンメーターの距離でもやたらに使うのが宮古人です。

そして暗黙の決まりとして、ワンメーター内なら五百円出してお釣りはもらわない。

風吹けば桶屋が儲かる、じゃありませんが、島の中でお金を廻しているわけですな。

島の中だから成り立つのかも知れませんが、日本全体もホントは島なんですよね。

元々、日本だってそんな心意気で暮らしていたはずです。

人と人の間にある心意気で社会が成り立つ。

心意気を今よく言われるルールみたいな堅いお約束事にしてしまうと、それに縛られる人は機械のようにコントロールされて生活しなければならない。

心意気もルールもなくなれば、動物のようにやりたい放題となってしまうのかもしれない。

だからオイラは、自分の企画したイベントには、参加者に心意気や思いやりや粋な部分を持ってしか参加出来ないイベントを制作するわけです。

昔から日本人の美徳としていた部分をお互いに確かめ合うイベントを作り出したいのですな。

これは形のないものですから、わからない人達には理解できないようですが、人生が一生かけての勉強とするなら、この部分を一生かけて勉強するってことなんじゃないのかな?なんて思うくらい大事なものだと思っています。

己の損得勘定で考えるのではなく、我慢することでハッピーになれた人達がいることで良しとする気持ちとか、最近の都会には欠落しつつあります。

権利を主張することがまるで良いことのようになってしまってますが、言わずにも分かり合える社会になりたいものです。

悲しい色やね、の歌詞なんて今の若い人達には理解できないんじゃないのかね?

言葉を発することで、それまでの周囲にあった流れが変わったりします。

それをどっち廻りの流れにするか?までを考えて発言しなきゃならない責任もあるはずでして。

みんなして損得勘定で自己主張しだしたら、最悪な環境が生まれます。

ミュージックコンベンションでは皆さんを信じています。

初参加の人達は戸惑われるかも知れませんが、あれはダメとかあまり言いたくないのです。

皆さんを大人として尊重するなら、いちいち言わない方が自由になれるし、楽しめるはずです。

お互いに信頼関係も生まれますし、ね。

口から出る言葉は、美しくありたいですな。

一生かけて勉強しますわ。

目の前に迫ってます

オイラは23日から宮古島入りです。

なのであと一週間くらいっす。

19日に渋谷でミュージックコンベンションの前夜祭をやったら、翌日は大阪グランカフェ、そして鹿児島のイベントを経て宮古島入りですから、明後日までに船で送るものを用意し、し明後日は港に行き・・・
明日はbirdのリハーサル、明後日はデラルスのリハーサルと、もう宮古島までの時間は迫ってきています。

ついに目の前まで迫ってきましたぜ。

宮古島は準備出来てるかな?

もう暑いのかな?

オイラも荷物のことなどであたふたしていますが、皆さんもそろそろ本格的に準備する時期になりましたな。

オフィシャルパッケージツアーの販売も明日くらいで終了ですしね。

ま、なんでもある宮古島なので、必要なものだけをカバンに詰めてくるだけで大丈夫っす。

新しくなったマックスバリュのあたりには、大型の薬屋、ダイソー、西松屋、ビレッジヴァンガードまでありますから。

初めて宮古島に行く人はガッカリするくらい、なんでもあります。

普通の暮らしが出来るのが宮古島の魅力なんですが、ねっ。

しかし、日本国憲法とはまた違う島ならではな法律が存在している宮古島です。

一番驚くのは、車の遅さ。

かろうじて動いているような車によく出会います。

旅行者は、限られた時間内でいろいろ満喫したいから焦ってしまいがちですが、島の車は止まってるように走ってます。

これにイライラしているとしたら、まだ心から宮古島に入り込んでいない証拠ですからね。

宮古島の正装はかりゆしとなります。

沖縄の移民がハワイでかりゆし代わりに発展させたのがアロハシャツとなります。

ハワイでもアロハシャツは正装となります。

だからオイラは、宮古島では常に正装なわけです。

これは便利っす。

上等なアロハを持っていけば、お偉いさんに逢う時やキチンとした席にも対応できてしまうんです。

酒の席では、会話で頷くタイミングは乾杯となります。

何度も何度も乾杯します。

乾杯も、先輩などと乾杯する場合は、先輩より下に杯を付けなければなりません。

オイラは先輩と思って下にすると、相手はオイラへのリスペクトでさらに下にしてくださって、そう言われても先輩は先輩なので下にすると、相手はイヤイヤそれじゃ立場が・・・と、乾杯の低空飛行な状態が生まれちゃう。

乾杯の練習をしてくださいな。

これが慣れちゃうと、乾杯の少ない都会の飲み方が寂しく感じてきますぜ。

大好きな習慣です。

とは言え、宮古島にはオト~リとゆう儀式的な飲み方もあります。

これは、イッキ飲みと勘違いされやすいのですが、宮古島での大切なコミュニケーションツールであり、神聖なる儀式?のようにも感じています。

なので、オト~リをするなら、正しいやり方で廻すことをオススメします。

しっかりとした手順でオト~リは廻ります。

ここで説明すると、長くなりますから、宮古島の人達にキチンとやり方を教えてもらうのがいいです。

オイラも、お偉いさんにオト~リを廻せるほどの腕前になりましたが、倒れて入院しました、ハハハ。

まぁ、酒あっての宮古島!と酒飲みのオイラは思うのです。

体よりも心を大切にしたいなら、宮古島で酒を飲むべき!

ビールもいいですが、やはり島酒!ですよ。

宮古島は泡盛の名産地ですからな。

仕込みも水も酒には大切でして、土地の人達の味覚感覚もいい酒を育てるのです。

飲むなら、5年以上の古酒を。

クースーと言います。

5年モノくらいなら、宮古島は水をガバガバ入れて水割りにして飲みます。

ロックやストレートで飲んでいる人達など見たことありません。

宮古島に染まるなら、水割りです。

宮古島の酒を宮古島の水と氷で割って飲む。

これが、甘いのです。

こんな旨い酒はありません。

水割りも、コップでチマチマ作りません。

泡盛をボトルで頼むと、水と氷と一緒に空っぽのピッチャーがついてきます。

これに泡盛を3分の1くらい、水を3分の2くらいで割って作り置くのですな。

この飲み方も宮古島特有です。

これが旨い。

なによりも旨い酒です。

この味は、宮古島の人に初めは作って覚えるしかない味です。

宮古島についたら、シャイな宮古人に積極的にいろいろ聞くのがいいです。

シャイですけど、ね。

宮古島の人達は、皆さんとどう接していいのか?わからないでいます。

でもせっかくだから、一緒に盛り上がりたいのです。

島の人達が積極的にフレンドリーにならない感じが宮古島の魅力の一つなのでして、シャイな分だけ気持ちは熱いのです。

そのかわり、オジイやオバアには気をつけて!

都会のおとなしいおじいさんやおばあさんとは違い、一番偉いのがオジイとオバアな島です。

年功序列ですからな。

70歳くらいじゃまだ若造な島なのです。

迫力ありますよ、オジイは。

何度も脅かされているオイラです。

でも、オジイは女性には甘いんですけどねっ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。