プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアーにどの娘を連れて行こうかな?

ツアーには、どの娘(スネアドラムっす)を持って行くか?で悩み、色々と試しています。

スネアを2つセットしていて、ひとつはメインで金属系?ひとつはサブの木製です。

金属系は大阪でゲットした名器のルナちゃん(¥15000)か、ソナーのブロンズのデボラちゃん(¥380000)で悩んでます。

デボラちゃんが来たころ、付いてた響き線もブロンズだったのがしっくりこないので、安いスチールの響き線に変えて使ってました。

今日、何となく、元々のブロンズの響き線に変えてみたのですが、これがいいんです。

来た時にはピンと来なかったのに、良くなってるのが不思議でして。

まさか?とは思って変えてみたんですが、当たりです。

さらに、ルナかデボラか?で悩んでいます。

値段じゃないんです、楽器は。

それにしても、どっちかを残しておかないと、ツアー以外の仕事が出来なくなっちゃいます。

木製も、花子かマキか久美か?で悩んでます。

アニータとニキータとアムロちゃんは居残り決定!です。

連れて行けるのは、せいぜい4つ。

悩みます。

メインセットのサクラは、コーティングアンバサダーとゆう、いわば醤油ラーメンのようなヘッドを張ってます。

今までのツアーは、藍ちゃんにクリアーエンペラーとゆう、塩とんこつ背油ラーメンみたいなヘッドを張ってましたので、派手で、万人受けし、個性も出やすく、誤魔化しもきくヘッドだったのです。

背油もチャーシューもモヤシさえもトッピングしない、醤油ラーメンで行って本当にいいものなのか?が疑問でして。

サクラに背油系はまだ試していないのですが、醤油が一番良さが出るのでは?と信じてはいるのですが。

↑は、何言ってるんだか全然分からないでしょ?

オイラは毎回、ツアーごとにドラムのサウンドを変えて、自分にテーマを持つんです。

オーガスタキャンプの10周年を見てもらうとわかりますが、まぁドラムセットの変わること、変わること。

隣の中村さんは、ずっと同じ楽器に同じアンプです。

トリオバンドだと、ドラムセットで色合いを変えてテーマを感じてもらうのがサウンド的には一番分かりやすいんです。

サクラは、素朴で、古風な、しかし芯の強い、優しい、今の時代にキラリと輝く娘です。

惚れてます。

一緒に初ツアーに出ます。

いろんな場所に連れていきます。

世界で一番イメージ通りの鳴りをしてくれるサクラが、もうすぐ皆さんの前で鳴ります。

スネア、どうしようかなぁ?

悩んでみます。
スポンサーサイト

寒すぎ!

寒い!

寒すぎます。

寒いと思考力が低下してしまうんです、オイラ。

もう3月になるのに、春な感じはありませんなぁ。

ニュースで失業率が4.2%と言っていました。

25人に1人は失業しているのです。

多いです。

なんとかしてもらいたいものですが、相変わらず国会では子供の喧嘩みたいな状態でして。

せめて、音楽は明るいものを届けなきゃ、と必死になっております。

オイラなどは、糸も簡単に失業者に成れてしまいます。

音楽なんていらないよ!と世の中が考えたら、存在さえ危ういのでして。

だから、頑張らなくては!

でも、寒さには負け気味です。

音楽の必要性

なんで音楽をやるのか?

なんで新しい曲を作るのか?

なんて話しを真剣にしてしまいました。

売れるため?

生活のため?

時代に一石を投じるため、とゆう結論になるのですが。

そうゆう作品を作って、売ってくれようとする人達が少なくなったのでして。

すぐお隣の状況を見て、売れ線ってのを提示してくるわけです。

流行がありますから、それも一理です。

が、あえて逆風を吹かせるのも楽しいし、売れ線がつまらないと感じている人達がたくさんいるのでして。

いかに、純粋に世の中に一石を投じるか?がポイントとなりますね。

オイラは、制作で責任を背負うデラルスでは、面白く一石を投じています。

まだ波紋は小さいけど、じわじわきますよ。

ミュージックコンベンションも、世の中に一石を投じています。

だから、腹くくって音楽をやれているのです。

オイラは真剣に音楽に向かいますが、聴く人達にとっては遊びであってもらいたい。

娯楽のひとつになりたいです。

日常にない夢を見させるものでありたいのです。

娯楽以上の気持ちを与えて、騙すように音楽を仕事に変えてはいけないんじゃないか?と語り合いました。

オイラも、デートでお気に入りの曲でムードあげて口説いたことがあります。

お気に入りの曲でセクシーな気分になったり、もあります。

お酒のアテに、旅のお供に、アトラクションのバックに、家事全般に…音楽は必要です。

現実ではない、夢の世界に連れていってくれる音楽もあります。

それを知らない人が日本にはまだ、たくさんいるようです。

オイラのプレイした音楽で子宝授かりました…なんて言ってくれる方がいたら、感動しますね。

音楽って、そうあって欲しいね、と語り合った今宵でした。

もっともっと、夢のある音楽が今の日本には必要ですよね!

明日も頑張ります。

アカデミー賞!

アカデミー賞の授賞式ね、「おくりびと」やりましたね!

もっくん、15年かけて作ったって言ってたなぁ。

すっかりジャニーズの匂いも消え、後輩ジャニーズ達もいい励みになるでしょうね。

あの授賞式は、スラムドック$ミリオネアどれだけ賞を獲るか?に注目していました。

あの映画も、アメリカでの放映禁止運動があったり、スターなしの映画で資金調達が大変だったり、でアメリカのアカデミーがどう評価をくだすか?大変興味ありました。

「ミルク」で主演男優賞を獲ったショーン・ペンのコメントも、痺れました。

ブッシュ政権のベースにあるキリスト原理主義に真っ向反発したアカデミー賞でした。

あ、キリスト教とキリスト原理主義はだいふ違います。

キリスト教信者はアメリカのほとんどです。

が、原理主義者は、ようはあのイスラム原理主義者と同じように、カルト集団ですね。

世の中を知ることが罪な考えです。

いまだに、地球の周りを他の星が回ってると信じています。

バチカンが謝罪した現在も認めようとしない、勘違い集団です。

この団体がバックアップしてブッシュは政治してましたから、そりゃイスラム原理主義と戦争にもなるわけです。

そからの反発したアメリカをアカデミー賞で垣間見ることが出来ました。

で一番感じたのは、女性が階段を登る際に、男性がスッと手を差し伸べ、そのエスコートにさりげなく対応出来る女性、レディファーストのカッコ良さです。

女性をエスコート出来ない男性が多い日本ですが、日本の女性もエスコートに慣れてませんよね。

「After You」の精神があるアメリカでは、よく店のドアなどを開けて先を譲ってくれまして、それを見習いオイラも日本で出来るだけ意識していますが、わざわざ逆の閉まってるドアを開けられて入られたりして。

自分の行為に見返りを求めてるんではないんです。

来る人の為にドアを開け先に行ってもらう余裕が暮らしには必要ですし、それを素直に受け取って会釈で返せる社会のほうが、温かみのある素敵な世の中に思うのです。

先に!先に!を競う暮らしより、お先にどうぞ!の蔓延した暮らしのほうが素敵です。

日本は先に!先に!ですからねぇ。

せまい日本、そんなに急いでどこへ行く!って標語を最近、見ませんねぇ。

出演者発表…?

ミュージックコンベンションの出演者の発表は、もう少し時間下さい。

なかなか出演者やスタッフのリストが集まってこなくて、でして、まぁオイラもリハーサルやライブ続きで頭が回らないってのが一番の原因ですが。

宮古島は27度あるそうですね。

東京と20度近く違う。

すごく羨ましいっ。

ところで、日本が農業寄りになってきましたなぁ。

いい事です。

日本の政治や経済が膿出しのようになってる今、一番大切なものは食料の確保であって、そこを中心としていない日本は、ベースのない音楽なようなものでして、フラフラしちゃうんですね。

いくら経済が強くても、食料が自給少ない国じゃ、外国に振り回されるってもんです。

道路整備の予算の半分でも、農業に使ってあげてもらいたい。

農業は、自然を相手にしているんだから、保証が必要です。

牛乳搾って売っても赤字になるばかりなんです…と言ってる酪農家にもフォローしてあげて欲しい。

漁業もそう。

採れば採るほど赤字になる秋刀魚漁業など、国がフォローしないと、我々の食卓から秋刀魚がなくなってしまいますよ。

話しは変わりますが、行ってみたい世界ってオイラにとっては江戸時代なんですわ。

あの時代、人の工夫で暮らす感じ、コミュニティ、着流しも含め、江戸時代の江戸に行ってみたいっす。

要は、もう発展は望んではなく、欲してるのは、人間のあたたかさや、自然の美しさってことだと思います。

もう少しで、日本も次なる時代に向かいそうです。

その未来は、ロボットが家事をするわけでもなく、車が空を飛ぶわけでもない…テレビ電話機能って余り使いませんものね?…もっと人間生活にシンプルな喜びを得られることに向かうように思えます。

幸せは、身近にありますからね。

昨夜の余韻。

久しぶりなデラルスのライブは、良かったなぁ。

デラルスは、自分以外のメンバーの音が、楽しくて仕方がない。

自分が演奏しない曲も、自分のバンド演奏として発信してる気分になれる素晴らしさがあるんだな。

特に、ノラの歌は、もう30年近く聴いて、一緒にやってきたが、今でもオイラをトロけさせる。

本番中、お客さんより感動しているぞ!オイラは。

まだ、昨夜の余韻に浸っています。

オフ?

昨夜は飲んだ。

つうか、すでにDJやりながら飲んでたんだな。

前の記事、酔ってるなぁ。

なんか、熱い気持ちがあったんだろうね。

今日は、うふふ…オフっす。

寝ます、風呂に何度も浸かります、寝ます。

あ!ミュージックコンベンションのこと、やらなきゃ?

やっぱり休めません。

頑張りますぅ。

子分達へ!

やったね!

やっぱ、ライブでしょう!

デラルスのライブが終わってベロ酔いっす!

やっぱ、ライブっすよ。

サウンドもテンポも色合いも、その瞬間に生まれる音楽をしてきました。

システムが新しくなって、2人くらいに、厳しい口調で接してしまったけど、今の日本の音楽シーンのマニュアルで動いてもらっても困るんで、説明する時間がなく勢いで言ってしまってゴメンね!

ニュアンスをわかってちょうだい。

分からなかったら、サヨウナラ!

オイラは、その瞬間に全てをサラケダスのに命懸けなのさ!

お仕事、なんて気分はないのさ!

これで、デラルスのお客さんが減っても、違うアプローチするから、平気だし、むしろ増えてる気がするのさ!

だって、命懸けでライブしてるんだもの。

ライブって、お金払って、時間作って、着飾って、お客さんは楽しみにくるんだな!

それに対して、いかにその瞬間を予定以上にするか?のみにミュージシャンは命懸けなのさ!

お仕事は、その後の話し。

どっからお金もらってるか、知らないけど、基本はお客さんが払うチケット代なのだよ。

それを満足してもらう時間が作れて、しかも!次に大きく繋がれば、もっと人も来て楽しくなるんだな!

だから、お仕事の連絡を頂いた所にいい顔してても、オイラが違和感あったら言うぜ!

一番大切なのは、お客さんに命懸けになるミュージシャンの在り方を築き上げることなのさ!

現場を見ようぜ!
音楽の関係者さんよ!

ノラのバラードは、命の叫びだぜ!

お客さんには伝わったはずさ。

あれが全て。

だから、みんな気合い入れて音楽シーンを盛り上げようぜっ。

やっぱり、若者は、バブルを知らないが為に、盛り上がりがわからないのかしら?

お客さんの気持ちで、仕事しようぜ!

若者!オイラの子分達よ!

結果じゃなく、現場!瞬間を作るプロデューサーになっておくれ。

全ては、音楽に対する自分からはみ出てしまうパッションなのだよ。

正解はないさ。

己のパッションを信じ、極め、傷つき、もがき、そして喜びをお客さんと分かち合うのが、音楽の一番大切な仕事なんだぜ。

おっちゃんも45歳で、そろそろ君らにおんぶされたい気持ちもあるんだが、君らはまだまだ温いぜ。

オイラが面食らうくらいのパッションで、オイラを置いてけぼりにするくらいなものを作ってくれよぅ。

そしたら、おっちゃん、もっと頑張るし。

ライバル募集中!

あ、前に酔ってブログ書いて、散々怒られたんだっけ?

中川みたいに寝てはないっす。

でも怒られるんで、この辺で。

注:これはオイラの子分に向けて、期待を込めて書いてるんだぜ!

らぶなんだな。

素敵な日曜日!

いやぁ、誕生日のメッセージを皆さんありがとうございます!

昨日は、ライブ同様に一回通したリハーサルで終わりました。

さすがに3日間連チャンは体がキツいんで。

ちょっと早く終わりそうなんで、晩飯をオイラはオーダーせずに、リハーサル後は地元で飲むか?と、すでに準備に入ってました。

晩飯、ひとり食べずにいると、出ましたよ!バースデーケーキが。

その後、地元の行き付けにひとり行くと、バースデーの乾杯、歌、やんややんや!

リハーサルで一緒だった、楽器チームのフクとモニターエンジニアの西が突如現れ、やんややんや!

フクに奢ってもらって帰りました。

バースデー自体は、たいして嬉しくもないし、期待もないんですが、まわりの気持ちが嬉しいっすね。

とても幸せなバースデーでした。

ありがとうね!

スッキリ目覚め、これからデラルスのライブに行ってきます。

いいライブが出来そうな気分?!

素敵な日曜日っすなっ!

何でもない感覚の今日に感謝!

45歳初の朝は、頭と節々に疲れが抜け切れない朝でした。

まぁ、こんなもんでしょ。

皆さんのお祝いが、一番のプレゼントになりました。

ありがとうございます。

モテなぁ…オイラ。

よく30歳代の誕生日は、母に
「また、年食ってしまいました…すんません」
なんて電話してたけど、45歳じゃ、さらに申し訳なく電話も出来ませんなぁ。

気持ち良い朝の太陽にポカポカ当たりながら、こうやって特別ではない地球の日常に45回目の誕生日を迎えた自分が存在している幸せを、特別ではなく幸せに思えることが45歳になったんだな…と実感しているわけです。

今日もリハーサルっす。

かなり体が言ってきました。

が、現在ある日本の音楽シーンの区別化の明確な提示の為にも、気合い入れて頑張らないと、です。

ひと昔前に音楽界は、シングルミュージシャンとアルバムミュージシャンに意識的に分かれていました。

ひたすらシングルヒットを狙うミュージシャン(テレビ向き)と、アルバムにこだわるミュージシャンに、です。

時代は今、一曲一曲をダウンロードするのが主流になってしまいました。

ヘタすりゃ、若い子達は、アルバムの面白さを知らずに青春を送るのですな。

まぁ、アルバムを一枚聞く忍耐力がないかも、ね。

今は、デビューシングルが売れたから初ライブ…なんて、音楽をナメちゃってるアホ業界と使い捨てされるお子ちゃまが、詐欺まがいな音楽を、手軽にダウンロードさせて商売している時代です。

ジャニーズのアイドルの方がずっと真剣に、オーディエンスに向き合ってますよ。

それらがヒット曲として、音楽番付のトップになるわけで、音楽業界が下降するのは、音楽に夢を乗せることができないから!ですね。

ユニコーンがやたらテレビに出てますが、夢ありますなぁ。

ふざけてますなぁ。

この日本の不況を笑い飛ばすんじゃないか?政治家より力あるんじゃないか?と思わせる、あれこそ本来、夢がある音楽っす。

昔はあぁゆうバンドがいっぱいあった。

シングルじゃ表現出来ない世界観を持っていて、アルバムに期待出来るバンドやミュージシャンが。

今、必要なくなった?のではないはずなんです。

音楽業界が、ミュージシャンが、オーディエンスが必要としなければ埋もれてしまって、世に届かなくなります。

だから、オイラはミュージシャンとして立ち向かう覚悟で日々、頑張るのです。

そんなオイラは、誕生日もリハーサル!

明日は、デラルスライブっす!

音楽って、いいっすよ。

あと30分!

さすがに疲れたなぁ。

リハーサル~徹夜でイベント~リハーサル…

やっとツアーの全貌がぼんやり見えてきました。

だが、ミュージックコンベンションの出演者の航空券の予約がちっとも進んでいないっ。

やばっ。

しかし、今夜は寝ます。

明日だな!

明日やれることは明日だな!

デラルスの新録を昨夜、DJして回したら、凄くウケてて安心したぜ!

よし、ねるぜ!

あと30分で45歳かぁ。

なに?

明日木曜日も!リハーサル。

そして夜は、渋谷TheROOMで琉球ホリック。

徹夜さ!

う~ん、DJやりたいっ。

デラルスの新録を回したいっ!

明後日も、しあさっても、リハーサルさ。

気持ちが燃えてるなら、内臓脂肪も燃えないかなぁ。

で、22日は代官山でデラルスつ!ライブっ!

今夜はデラルスリハーサルの後、舞台監督やローディーにおごってきたぜ!

あ、歌詞書かなくっちゃ?

色々、やることが山積みさ。

でも今日は寝ます。

幸せなまま、ね。

ユニコーンの新譜がいいわ。

では、おやすみなさい。

ダイエットになります。

夏のさらなる隠しワザを仕掛ける為には、5月の中盤まで地獄なスケジュールになる!ってことが判明?!

今、デラルスがオリジナルアルバムを半分作り終えたのですが、あと半分を3月中に、そしてもう一枚!隠しワザとして制作するんで、ツアー先からとんぼ返りしてレコーディング、ツアーに戻る…ってゆう生活が続きそうでして。

どんだけ!

山崎ツアーが終わる7月の中盤。

その後は、日本の夏!デラルスの夏!になるように仕掛けるための隠しワザをやるわけです。

いいダイエットでしょ?

痩せないはずがない。

宮古島では肉体美を見せられるかな?

リハーサル2日目!

リハーサル2日目にして、ツアー候補曲をステージの流れを想定して順番に演奏しました。

曲が多くて、大変です。

2時~9時まで、ご飯休憩以外ノンストップ!

最近は大人数バンドばかりやっていたので、トリオの演奏感を取り戻したのは昨日の後半。

ひたすらやる時期でして。

誤魔化しの利かないライブをやりたくって、必死っす。

長いツアー、また始まると色々変化もしていくのでしょうが、初日に腹くくってライブ出来るようにまずは、ひたすら練習っす。

今回の山崎ツアーはまた、今までとは趣きが違います。

これがちゃんと表現出来るように、まずは音楽がしっかりするように練習っす。

しかし、今日はデラルスのライブのリハーサル!

こっちもメンバーの想いが今、凄いんで、気合い入れないと大変っすよ。

前回のライブ後、2週間くらい背中の筋を言わせましたから。

すでに今朝は、体がピシッとしています。

徐々に体が出来てきているのがわかります。

興奮しているのか?時間に余裕がある睡眠時間を作る為に出来るだけ早寝しているのですが、5時間で目が覚めます。

朝が自分と向かい合う時間になっていまして、今日のイメージトレーニングと目標を自分に言い聞かせます。

帰ってきたら、寝るだけ。

音楽のみ!の生活が続いてまして、まるで20歳の頃のように、自分の中の音楽を引き出そうとしている今年です。

こんなにストイックでいいのか?

大丈夫っす。

疲れた体は眠れば治るし、疲れた頭は家に貼ってある宮古島の写真を眺めて、脳内旅行をすればリラックス!

齢45にして、勝負年に悔いを残さず完全燃焼出来るように、長年培った自分の中の音楽をきちんと表現したくて、たまらない気分でして。

去年、珍しくのんびりした分、体はまだキレが悪いですが、気持ちはノッてます。

この感じを、残りの音楽人生続けられたら、素敵なんですが、ね。

リハーサル!

昨日からツアーリハーサルが始まりました。

サクラがいい音(オイラの相棒っす)で、楽しいっすね。

リハーサルは時間が長いし、覚えなきゃいけないんで、肉体的にも脳ミソ的にも大変に疲れます。

しかし、これをやらずしてツアーには出られません。
まだまだ内容をつめる時期ではなく、ひたすら新曲の練習と昔の曲のセッションです。

ライブの構成作りは、体を使って作るのが基本です。

ひたすら演奏して、想像して、構築していきます。

このリハーサル時期からツアー頭が一番痩せます。

1日8時間くらい叩きますし、覚えるので頭を使うし、痩せるのです。

しかし、ツアーも落ち着き、各地方の名物や〆のメンラーが徐々に肥らせていきます。

このツアーリハーサルの間に、デラルスのライブがあったりレコーディングがあったりします。

体力も精神力もギリギリな状態で今年の夏まで突き進むのでして。

勝負年ですなぁ。

ミュージックコンベンションは、出演者が限界!くらいになりまして、当日の段取りを考えるとビビります。

次は4日間かぁ?

しまいには1週間くらいやりそうな勢いっす。

な~んて。

まぁ、間違いなく去年よりでかいイベントになります。

オイラ、フル活動中でっせ!

実はもうひとつ、まだ言えないプロジェクトを夏前までにやります。

これも凄そうだぞ!

さぁ、今日も気合いでリハーサルだ!

皆さんの喜んでもらえる姿を想像して、活力にして、素敵な時間の構築を練ってきます。

宮古島モード突入!

ムッシュが70歳ですって!

日本のロックの始まりからいまだに現役です。

オイラとは25歳違い!

あ、オヤジと同じ齢なんだ。

やるなぁ、ムッシュ!

宮古島に去年行った方からの書き込みが多く、有り難く拝見させていただきました。

宮古島の感動は、二回目が一番凄いっすよ!

まぁ、どこでも二回目がグッとくるんですが、ねぇ。

今回、初めて参加しようとお考えの皆さん。

来たほうが良いのでは?

きっと、来たら、もっと早く来ればよかったぁ、となりますよ。

ライブは宮古島に行くきっかけでしかありません。

これは皆さんも出演者もスタッフも同じ。

宮古島に逢いに行くわけです。

誰ひとり、仕事をしていないライブなんて、なかなか見ること出来ませんよ!

チケット代は、ライブの設営料金と思って頂ければ。

皆さんの参加でライブが作られているのです。

パッケージツアーならチケット代が含まれている、しかし通常のパッケージツアーより安いので、チケット代を払っている感じでは無くなると思いますが。

プロミュージシャンの定義として、グッドミュージック!ノーマネーはあり得ない!と考える方もいる中で、あえてグッドミュージック!ノーマネーをやるミュージシャンが宮古島に集まるのです。

そこには、各ミュージシャンが持つ、音楽に対する楽しさのみ、の演奏が見られるのです。

こう言っては宮古島に申し訳ないですが、東京からツアーなどで運搬している音響設備のほうが良いわけなのですが、そんな凄い設備じゃなくても、自然の力や会場のムード、そしてミュージシャンの純粋に楽しむ気持ちが、素晴らしい音となって風に溶けていくのです。

今年も、各ミュージシャンがどんな音を奏でるのか?オイラも楽しみにしています。

ダイレクトに音をキャッチするより、宮古島の風に溶かしてから耳に入れたほうが、艶っぽく聴こえるんだなぁ。

午前中は海に浸り、昼過ぎからゆる~く音楽に漂い、日没と共に昼の部を終え、夜の町に行けば5店舗で火照った肌と似た昼の部の興奮が静まるまで音楽が続けられる…こんな3日間は、なかなかないはずです。

リピーターの方にも新鮮さを持って頂けるよう、初参加のミュージシャンが続々と出演します。

あぁ、お客さんになりたいやぁ。

派手な宣伝もせず、5年間あっためてきたイベントです。

集まる皆さんに逢えるのも嬉しい。

オイラがイメージする、らぶでぴーすな姿は、ミュージックコンベンションの会場なのです。

あの空間を味わいに、皆さん集まってくださいな。

多分、日数×壱万円代くらいでパッケージツアーは発売されます。

思ったほど遠くないし、高くもないです。

トータルで考えたら、このお値段で忘れられない記憶が残るのですから、お得なイベントだと思うんです。

と言っても不況な現在。

だからこそ、ハジケなきゃ!ですっ。

書きました。

今年の美ぎ島ミュージックコンベンションの開催文を書きました。

今年は、こんな感じです。



今回、美ぎ島ミュージックコンベンションも第5回目の開催となりました。

宮古島の住民の皆さん、今まで出演してくれたミュージシャン、スタッフ、ボランティアの皆さんに感謝の気持ちを申し上げます。

タンディガタンディ!

宮古島の自然を音楽で守る気持ちで続けてきました。

実際は、音楽で自然は守れないのですが、このイベントから発信するメッセージが、宮古島はもちろん、来島者の日々の暮らしにキーワードとして残り、美しい環境作りに少しは影響を与えているならば、幸いです。

日本の経済の中心に建築がありますが、都会に建築物を建てるスペースが失われているためか、日本古来の自然を破壊してまで、の建築が目立つ近年です。

自然を破壊するのは一瞬です。

が、自然を元の形に戻すには想像を絶する時間がかかります。

地球誕生から現在に至るまで永い年月で自然は構築されています。

自然とは、地球の理にかなった形に自然となっているはずです。

それを破壊する人間は、お金儲けの為がほとんどで、その儲けたお金がその後代々受け継がれるはずはなく、破壊も一瞬、お金も一生な程度です。

我々ミュージックコンベンションの出演者、スタッフは、営利目的でのライブをするために宮古島でイベントを開催するわけではありません。

宮古島が好きで、自然の偉大さを知り、いつまでも宮古島の美しさを守り続けたい!と、利益をもらわずに演奏をしています。

収益は、美ぎ島基金に募金させていただき、宮古島の自然保護に利用していただきたく、イベントを行っています。

お金儲けの為のイベントではなく、純粋に宮古島に愛を贈るイベントです。

自然を守るには、自然に感謝の気持ちを持つだけで、かなりの良い環境が作れると思います。

宮古島の夜にきらめく多くの星の中に生命体や文化が存在するのか?どうか?は分かりませんが、間違いなく地球と言う惑星には、生命体があり我々が文化を成し得ているのです。

この奇跡の惑星に生まれた人達が、同じ瞬間と同じ感動を味わう奇跡がミュージックコンベンションにはあります。

宮古島で、利潤もなく、気持ちだけで各アーティストが集まりライブが出来るのも奇跡。

そして、このイベントによって、少しでも宮古島の美しさに磨きがかかったのなば、さらなる奇跡です。

5回も続いたのも奇跡。

奇跡の喜びと、自然への感謝の気持ちでいっぱいになるイベントが今年も宮古島で5月29~31日の3日間、行われます。

よろしくお願いします。

ゲンタ



皆さん、よろしくお願いします。

ユニコーン

ユニコーンって、オイラがミュージシャンとして必死だった頃に出て来たバンドで、同じセクションにいたせいか、やっていることの面白さは学んでも、実際のライブとかには余り興味がなかったんです。

昨夜、ユニコーンの番組を見ました。

バンド!でしたね。

強き頃のソニーレコードの香りたっぷりのバンドでしたわ。

あの頃、バンドがバンドらしくバンドしてました。

オイラが関わった米米、レピッシュ、爆風、パール、電グル等々、皆バンドでした。

今はバンドがなくなったよなぁ。

昨日のユニコーンを見て、正直羨ましかった。

今は、ミュージシャンの力で売れる、とゆうより宣伝力や周りの力で…って感じてしまう。

誰もどれも似かりよった曲だし、アレンジだし、演奏だし。

ユニコーンってゆう中年バンドがあれだけ出来るなら、若者バンドは倍汗かいて頑張れよ!と思う。

結局は、バンドらしいバンドをやっているのが同世代となっているからなぁ。

ユニット、ですか?

商売な香りがしますなぁ。

やはり、世に反骨精神で音楽をぶつけるから、かっこいいのです。

それをバンドでやるからパワーが伝わるのです。

いい大人が、おそ松くんの格好してロックやらないぞ!

あれこそ反骨精神!

ユニコーンにはやられました。

21度?!

今日は東京21度?!

でも安心しちゃいけません。

来週は寒くなるそうです。

今日は、今年の仕事の成功と健康を祈願しに川崎大師に行ってきます。

そして、帰りに川崎1旨い塩ハラミを食べて帰ってきます。

夜は勉強。

ツアーの曲を覚えたり、ミュージックコンベンションの書類作ったり、充実な1日を過ごせそう。

やっぱり暖かいとヤル気が出ますわ。

皆さんも、良い週末を!

来週からオイラも忙しくなるんで、気合いいれなきゃ。

チョコレート!

今日は野望用で二子玉川まで出かけた。

二子玉川の高島屋のバレンタイン特設チョコレート売り場は、凄いことになっていた。

多くの女性がチョコレートを探す瞳が美しく、らぶで溢れているわけです。

ある意味、サンクチュアリなわけでして、オイラは固まってしばらく怪しいオジサンになってしまった。

そのくらい心打たれ、女性が美しく見えたのだ。

義理チョコであったとしても、世の男性は女性に感謝しなさい。

そして、やはり女性は美しい。

春一番!

凄いです、春一番!

10年間で一番早い春一番!

春の訪れっす。

やっと暖かくなるんですね。

テンションが上がります。

久しぶりにWiiフィットやったら、去年のミュージックコンベンションぶりらしく、機械に怒られました。

体重が1.5キロ増えてました。

さぁ、宮古島までに絞るぞ!

Wiiフィットが言う理想体重まで15キロも減らさなきゃなりません。

そんな体重になったら、もて過ぎて困るので、目標としませんが。

15キロも落としたら、着るもの全て買い替えなきゃならないんで、エコじゃないぞ!と言い訳です。

まぁ、5キロを目処に、頑張ってみます。

もう、あと4ヶ月もしないでミュージックコンベンションっすからね!

腕立て伏せ、腹筋、スクワットを毎日続け、食事に気を付ければ、宮古島でマッチョな肉体で前浜をウォーキング出来るはずさ。

去年の水着は太い!もっと細く!とbird姉さんに指摘されたんで、すでに秋口にバーゲンセールでディーゼルの水着を買ってあるのさ!

うっしし!

みんなも前浜で泳ごうぜぃ!

このテンションも、春のせいなのさぁ~。

10周年。

1週間くらい前に、まさか届くとおもわなかったオーガスタキャンプ10周年のDVDが送られてきました。

暇がなかったんでなかなか見られなかったんですが、昨夜チェックしました。

2年目から3年目にかけて、山崎に変化が見られますね。

1年目2年目は、今とは別人ですが、3年目から今と同じ形になってゆくような。

第三次成長期だったのでしょうか?

山崎がアコースティックギターからエレキギターになったり、オイラに関してはパーカッションから始まり(今では貴重な、カバサ回転タンバリン打ち!が見られますね)ドラムセットの変わること変わること。

それに比べ、キタローさんは変化0です、ハハハ。

10年前の演奏から流れで見ていくと、物語があります。

今ではやらなくなった音の切れが昔はあったり…
でも、ひとつ安心したのは、去年のプレイが一番良かった!ってことです。

まだ成長を感じます。

10年分をあっとゆう間に見てしまいましたが、その間には10年とゆう時間が過ぎているわけでして。

10年はあっという間じゃありませんよね、人生に当てはめると。

先10年経っても、ステージの上で今より凄いパフォーマンスが出来ているように日々、努力します。

1日ひとつの努力は、一年で365の努力の結果となる、と信じています。

矛盾しますが、10年ってあっと言う間ですから。

オフ!

久々のオフですわ。

ミュージックコンベンションの件とか、やらなきゃいけない事も溜まってますが、祝日なんで思い切ってオフにしました。

緊張の日々で寝不足だったので昼寝もし、ずっと行きたかった近所のステーキ屋でディナーして、サッカー見て、レッドカーペット見て笑ったオフです。

昨日あがったデラルスの6曲と、ツアー用に送られてきた山崎の新曲の音源を聴いて、音楽やるのにはいい一年になりそうだな!と感じました。

デラルスも山崎も、ですが、大人が大人に向けて真剣に音楽を制作していくタイミングがやって来たように思うのです。

CDの売り上げも大切ですが、それよりも、何故、今、この音楽を新たに発表するのか!に対して真剣に取り掛かれるムードが、今年は感じるのです。

時間に追われ、売り上げに追われて、「商売」の為に作られていく、時代に影も落とせない音楽が、ここ何年もシーンの中心みたいにマスコミに流行らせられていましたから。

身のあるミュージシャンがヤリヅライ時代でした。

だから、反発したくなるミュージシャンもいたのです。

いい作品が出来てきてますよ!デラルスも山崎も。

もちろん、他の大人な実力あるミュージシャンがきっとこの時期に制作しているんじゃないでしょうか?

山崎のアルバムにも、かなり今回は参加しているなぁ。

「HOME」以来の参加量っす。

いつもスケジュール合わなくって、2曲くらいだったし、ね。

いつ出るのかな?
楽しみだぞ。

デラルスの今、制作中のアルバムは、だいぶ先の発売となります。

このアルバムの発売より前に企画アルバムを制作して発売する予定!

二枚も出すのさ。

ツアー中、レコーディングを一枚半やらなきゃならない過酷な日々なのです。

でも、人生の山場な年なんで、やったるでぇ~(なぜか関西風)と気合い入っております。

アルバムは、皆さんが聞く時は、わすが一時間弱で終わってしまいますが、制作には、とてつもない時間を費やします。

一時間がどのような時間として過ごしてもらえるか?を想像しながら作ります。

自分が今、一番良いと思える一時間を追求して、形にして、その一時間を共有して頂ければ…と作ります。

アルバム制作に力を入れなくなってきた日本の音楽シーンに、時代遅れみたいにミュージシャンがアルバムにこだわるのは、そんな一時間を共有出来る人達と繋がりたいからですよね、きっと。

今年は、楽しみなアルバムが次々と発表されそうな予感がします。

ユニコーンの新譜も気になるし、ね。

音楽が楽しくて、興奮していた若い頃のような一年がやってきちゃうかも知れませんなぁ。

と、ゆうことで、貴重なオフは家でボ~っとしていました。

ウンチクですので、見たくない人は見ないで下さいな。

今日はトラックダウン最終日。

天気も良いし、早く終わるのを信じて、帰りに久々の乾杯も兼ねて(疲れと寝不足と安心感で即ダウンでしょうが)歩いて、電車で早稲田まで行きます。

この季節、春はもうすぐだぜぃ!と言わんばかりの暖かな日差しがワクワクさせますね。

ゆっくりとした足取りで、見慣れた駅までの道にある小さな季節の移り変わりを感じながらの通勤?は喜びと感謝の気持ちで嬉しくなるから極力、車は使わずに電車で仕事に行きたいのです。

まぁ、帰りに飲める、とゆうオマケ付きですが。

季節が移り変わるように、1日1日過ぎてゆく中で、少しの事でいいから心掛けているキーワードがあると、一年でかなりモノの見え方感じ方、自分自身の在り方に変化を感じます。

優しさ、とゆうキーワードをオイラに投げてくれたのは、宮沢和史。

通しリハーサルの時に
「優しい気持ちで叩いてみて!」
と言われて、全曲を優しい気持ちでプレイしたら、今までと全く違う音楽の質になったて驚いたのを覚えています。

優しさ、とゆうキーワードを心に持つだけで、こんなにも全てが変わって見えるのか?と。

感謝、とゆうキーワードは、宮古島の人々や宮古島の自然に教わりました。

宮古島で地球を感じたときの感謝は、うまく文字に出来ませんが、自分が生まれてきた偶然、そんなことも含め考えている喜び、地球とゆう惑星の素晴らしさ、その地球の持った驚異的なエネルギーを大昔から感謝とゆう形で共に暮らしている宮古島の人々…

感謝とゆうキーワードを心することによって、生活が豊かになりました。

赦す、とゆうキーワードは、だいぶ前に全てを出し合った女性に、別の男性が出来て…あぁゆう時って、自分の存在理由を必死に探したり、プライドが引き千切られた気分になることが一番の辛い所ですから…大好きなその女性が別の男性を好きになってしまった事自体に苦しんでしまっている事など目にも入らない状態になってしまって…でも二人で慈しんだ日々には嘘がなかったわけで…全ての出来事、自分自身も彼女も赦してみたのです。

その恋愛は終わりましたが、今でもその彼女とはお互いに大切な家族のような関係ですし、恋愛していた頃の思い出は美しいです。

赦して、恋愛の恋の部分はなくなり、愛だけが膨らんだのです。

赦す、は今でも難しいキーワードですが、愛とは赦すこと!と心に誓っていると、赦すことによって始まるストーリーがよい結果につながっていっているのです。

ブレない、とゆうキーワードは、今一番大切なキーワードです。

要は初心忘れべからず、です。

人間は曖昧なので、経験によって、時間経過によって、ブレてきます。

欲深い人間は、もっと!もっと!とより刺激を求めます。

これは押さえても、押さえられませんし、資本主義とは、その部分を刺激する社会でして、次々と刺激してきます。

オイラのやっている音楽もそうです。

そんな社会の中、情報や経験で頭の中がグシャグシャになってしまうわけです。

自分がいいと思えるか?の判断が付かなくなるわけです。

すると例えば、かわいいバッグの基準が自分じゃ決められないから、値段の高いブランドバッグを持って安心感を得たりするのです。

あ、ブランドバッグがいけない!とは言ってませんよ。

ただ、ジャージ着てコンビニで買い物している10歳代のギャルの財布がブランドだと、違うだろ!と思います。

まぁ、そんな風に自分に判断力がなくなってしまうんですね。

時代の移り変わりや経験、情報によって初心に描いていたモノも姿や形が変わってしまう事の方が多いから、です。

でも、自分の芯にあるモノって、そう簡単には変わらないはずなんです。

髪型変えて、服変えて、優しさも感謝も赦しも心掛け、傷付き喜び、愛し裏切られ、色んな事の変化があったとしても、裸の自分の進もうとしている命の力はブレちゃいけない、と心掛けています。

結果が出ようが出まいが、芯を貫き通す事が生きていることの満足感となります。

誰にも気付かれない芯でいいんです。

自分がブレない芯を持った上で暮らし勉強すれば、周りの変化や余計な情報にも対応していけるのです。

視野は広く、だがブレない!は究極の難しいさですが。

なんか、ウンチク言ってしまいました。

書いているうちに熱くなってきまして。

あ、遅刻だぁ。

トラックダウン

トラックダウンは演奏より緊張します。

トラックダウンの意味が分からない人におおざっぱに説明すると、皆さんが聴いている音楽は右と左の2チャンネルで、ステレオ方式で聴いてます。

レコーディングは、いっぱいのチャンネルに録音されます。

歌は1チャンネルにまとめても、コーラスに4チャンネルくらい、ドラムセットだと10チャンネルくらいに分けて録音されます。

プレイするってことは、中華料理で言う所の下準備であり、ソース作りであり、料理の種類や特徴を出すための分量決め、油通し等々な感じです。

そのまま皿に乗せても食べられないことはありませんが、トラックダウンとはそれらを混ぜて炒めたりあんかけにしたりする作業ですね。

いっぱいの素材を2チャンネルにまとめる作業です。

この炒め方で全てが決まるのですが、何しろ2チャンネルしかないので、配分が難しいのです。

小さい音で聞こうが、大きな音で聞こうが、同じように伝わるように仕上げなきゃいけない。

今までの努力が更に良くなるか?台無しになるか?がかかっているのです。

もちろん、基本的にはエンジニアが作業をします。

こちらは出来上がりをチェックして、さらなる注文をつけて、よりイメージにちかいサウンドにしていきます。

演奏時の音量など意味がなく、つまみを上げればその音だけ大きくなったり小さくなったりするので、かなりしっかりしたイメージと、出来た音の見極めをしなくてはいけません。

人間っていい加減で、気分によって音量も音質も変わって聞こえてしまうのです。

パーティー聴覚と言うんですが、マイクでパーティーを録音するとざわざわしているだけですが、各自はその騒音の中で相手の声だけを聞き取り、会話が出来る!ことを言います。

耳をすませば…ってのも、そうです。

鳴っている音量が小さく、通常は聞こえないが、耳をすませば…の小さい音は常に同じ音量で鳴っているわけでして、耳をすませば聞こえるのです。

このトラックダウンの時は、邪念を捨て、耳をすまし、また耳を通常のBGM時に切り替え、自分のイメージと重ね…なんて、超能力者みたいなことをやらなくてはなりません。

しかも、オーケー出したら、それが皆さんに届ける製品となるのです。

緊張しますよ!

待ち時間も長く、ついついお菓子などを食べ過ぎ、プレイもしないので、太ります。

トラックダウンの後は、人の話しも耳に入ってきません。

何を正しいとするか?がない音楽の世界で、どうゆう作品を誰の何の為に作るか?をビシッと持っていないと、イメージ出来ません。

これを毎日やると、頭が変になってきます。

今、デラルスのアルバムの六割を録音しましたが、あと4割は来月、そして5月半ばまでにもう一枚?レコーディングしなくてはなりません。

あまりに凄いので、天下一品ラーメンを食べ、気を紛らわせたつもりが、もたっています。

皆さんが毎日を楽しく過ごせるように、と思って作っている音楽です。

踊りながら聞けば、ダイエット効果もあります。

早く内容を知りたい方は、2月22日に代官山ループでライブがあります。

きっと、今回レコーディングした曲を沢山やります。

明日、6曲が仕上がります!

大人なんだな。

最近やっと大人らしくなってきたのかな?と自分で感じるようになりました。

やりたいことをやりたいようにやってきて、しがらみにももまれ、ブレないように初心を忘れず、爆走してきて、ここ数年やっと今まで関わってくれた人達を感謝し、ひとつひとつ思い出して行く日々となり、あぁ大人になってきたのかな?と思うのです。

散々、周りに迷惑をかけながら、ヤンチャな坊主は前のみを爆走してましたから。

そんな中で更に思うのは、この先に自分の音楽の証を作ること、ですね。

ガキの頃から、音楽で描きたい夢がありました。

ピアノもギターも弾けないんで打楽器を始めたわけです。

打楽器が大好きで始めたんじゃないんです。

音楽が好きで、打楽器なら出来そうだから、なんです。

今やってるデラルスのレコーディングは、叩くことより描くほうの仕事が多いっす。

別に自分が叩かなくってもいいんだよなぁ、描ければ。

ただ、その音楽のニュアンスを他人がやるより自分が叩いたほうが描きやすいだけでして。

音楽生活30周年の際はソロアルバム作りたいですね。

その為にも、今年からやることに対して結果を求めようとしています。

まずはデラルスのアルバムですね。

頑張ります。

毎晩、宮古島!

今、この時期、ある方法で毎日、宮古島がテレビで見ることが出来るんです。

それは…
夜も更けた時間帯のスポーツニュース!

オリックスが今年も宮古島でキャンプしています。

野茂英雄も行っているので、毎晩のように宮古島が映る!

晴れてますねぇ、宮古島。

暖かいんでしょうね。

毎年、この時期の宮古島は、すっきりしない天気なはずですが…
ミュージックコンベンションの天候が心配になります。

異常気象ではありませんように。

昨日も、今日も、仕事人のチャーリーの頑張りに付き合うべく、スタジオ通いです。

正直、1日くらい休みたいっす。

ボーっとしたい。

そんな時はスポーツニュースのオリックスキャンプを見て、擬似バケーションな気分になってみるしかないっ!

日差しがポカポカと、眠くなります。

それにしても、オイラの知り合うブラジル人は、真面目で仕事の鬼ばかりです。

頭が下がります。

頑張ります。

録り終わった!

とりあえず、デラルスのニューアルバムの半分を、ファーストセッションを録音し終わりました。

今は夜の11時。

あとはトラックダウンのみ!だし、今夜は飲むぞ!

明日の分が空き日になったのですが、エンジニアのチャーリーが、出来るだけの仕事をしてから余った日が出来たらオフにする、と日本人より真面目な姿勢なので、明日もスタジオには行きますが。

もうレコーディングも楽になってきたので、チャーリーを連れて、並木橋は有昌のシイタケそばを食べに連れていったら、大変喜んでいました。

シイタケって言葉を知ってるくらい好きらしい。

チャーリーは、英語、スペイン語、ポルトガル語が出来るんですが、ノラが英語の歌を録音する時は英語で話しかけ、スペイン語の歌の時はスペイン語になります。

発音のチェックをしてくれるので、助かります。

取り敢えずの6曲は、すでに今の時点でもご機嫌なので、トラックダウンしたらもっと凄いのでしょう。

グラミー賞を狙います。

そんな夢を想像しながら、録音した音を繰り返し聴きながら今宵は堕ちて潰れてとろける夜にします。

周りの人の優しさや思いやりに感謝しながら。

ありがとう!

小春日和

今日の東京は小春日和って言うんですか?ポカポカと暖かな日差しで気持ちいいです。

お陰で遅刻しています、トホホ。

デラルスのレコーディングも佳境に入り、昨日から歌のディレクションの為のスタジオ入りなので、車を使わず電車で通っています。

昨日も早く終わるか?と思いきや、終電になってしまいました。

こりゃすぐに眠れないなぁ、と思い、最寄り駅のひとつ前で下車。

レコーディングは緊張感と耳と頭使い過ぎで、眠れないんですわ。

これを緩和するには麦で出来たシュワッとする大人のジュースが一番効くのです。

高津はバグースとゆう隠れ家的なレゲエバーでシュワッと、しました。

昨日に引き続き、生中3杯で眠りの世界の扉が開きましたね。

恐いっすよ、自分のバンドのレコーディングは。

目標は世界で600万枚売ること…でして、夢はでかいっす。

どんなにバンドの状態が良くっても、曲に魅力がなきゃ皆さんまで届かなくなるんで、レコーディングはまさに曲作りの作業、全力で制作しております。

震えが来るほどカッコいいテイクがレコーディング出来ています。

やりたい事をやれてます。

今、持っている音楽に対する情熱を全てぶつけたレコーディングが出来ています。

と言うわりには遅刻ですが、すんません。

だって小春日和なんですもの。

ネットオークション

周りで、ユニコーンのチケットが取れない!って、やたらヘルプの連絡をもらいますが、ユニコーンの再結成は、このところ続いている再結成の中でも一番人気らしく、チケットが取れないようですなぁ。

もちろん、オイラもどうしようもありません!

で、オークションにすでに出品されているらしいのですが、これが高い!と。

もう完全にダフ屋状態でネットオークションに出してますよね?

これって、規則を決めて取り締まる法律を作るべき!です。

前に、山崎の千秋楽のチケットが13万円でやり取りされていると聞いたことがあります。

オイラとキタローさんで
「オークションで俺達より稼いじゃうヤツがいるぜ!」
なんて冗談も、シャレにならない事態です。

せいぜい、買ったお金と同額で譲るなら、わかります。

上乗せ料金は商売ですよ!

ダフ行為でしょ?

その高いチケット代は、売った人の個人の儲けになっちゃうのです。

その人達がオークションで値を上げることにより、チケット代の基準が見えなくなり、通常のチケット代まで高くなる可能性もあります。

高いチケット代は、ライブに関わっている人達には何も還元されないんです。

これを商売としている人達のせいで、純粋にチケットを所得しライブを楽しみたい人達がチケットをゲット出来なくなっているのです。

これは、音楽を愛する人達にとって、とても重大な犯罪なのです。

ダフ屋は取り締まれても(裏社会は分かりませんが、あの方達は、儲ける代わりにいざ!と言うときに何かしらしてくれるシステムがあるのでしょうか?)ネットオークションは取り締まる基準が作られていない。

これは大変おかしな事だと思うのです。

どうすればいいのかなぁ?

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。