プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハニー、お願いっ!

男性用シャンプーでSUCCESSとゆうのがあるんだが、今、女性に売れているらしい。

SUCCESSは、男性用シャンプーによくあるトニック系で、洗った後のスゥッと爽快感が売りでして。

坊主頭なオイラの夏の必需品です。

これが何故、女性が使うようになったか?と言うと、彼氏の家にお泊まりなんかしてシャンプーがSUCCESSしかなくて使ってみたとか、旦那さんのSUCCESSを試しに使ってみた冒険心ある奥様方から広がったようです。

女性は新しい良いモノに敏感ですね。

その点、男性は疎いと言うか…あまり新しいモノばかりに興味ある男性も微妙でありまして。

だから、女性用の製品が男性用より優れている場合があるんです。

別モノとして売っているが大体おなじモノ…例えば、女性用わき毛剃りの4枚刃のなんて、男性用の4枚刃髭剃りよりキレテナ~イ!感じで素晴らしい。

これは我が身で検証済みです。

髭剃りがなくて、シャワールームにあったわき毛剃りが目に入って、抵抗はあったけど気合い入れて使ったらアラ?な~んていいんでしょう?って思いました。

まだまだ、この手の話しはありそうですね。

生活用品、必需品に関しては、女性をターゲットに商品開発しているようです。

男性用はあまり新しいモノは出てきませんから。

世の男性に教えてあげてくださいな。

注:余り便利に走りすぎてモノであふれかえっちゃいけませんぜ。

エコっすよ。
スポンサーサイト

秋?

すでに我が町ではキンモクセイが香っています。

9月ですぞ、ギリギリだけど。

さすがに今日はサンダルでは寒くて外に出られません。

宮古島で言ったら1月くらいの寒さです。
参考になりませんが。

ついこの間まで猛暑だったのに、これじゃあ冷房付けっ放しで寝るより体に悪い。

周りは体調崩してる人が多いっす。
皆さんもお気をつけて。

あれよあれよと10月になりますが、10月2日には札幌ベッシーホールでデラルスライブっす。

札幌は寒いのかな?

10月5日は渋谷クラブエイジアでツアーファイナルのパーティーとなりますね。

夏のなごりを…なんて計画したはずが、すっかり秋らしい感じになっちゃいましたが。

あ、台風がまた太平洋側に来ますね。

気を付けてください。

ユンケルより効きます。

何かこう、ポーンと抜けちゃって元気が出ない時に一番良い方法があります。

擬似な恋をしてしまうのです。

実るはずない恋のほうが後々、楽です。

芸能人でもモデルでも、逢ったことのない、逢うはずのない人なんて、ベストです。

そんな人に恋心を抱き、へたれな自分を見つめれば元気とヤル気が出てきます。

今のオイラみたいに。

誰を恋のターゲットにしたかって?

真木よう子、です。

たまらないっす。

ついに、THE女優!って人が出てきました。

オイラの理想を100%備えた女性っす。

以外と背は高くないんですが…。

まずは、逢える舞台に自分を上げていく日々の努力&逢った時に物怖じしない自分への自信の回復ですなぁ。

ヤル気出てきたぞ!

スーツでも新調するか?

サルサ好きかなぁ?

デラルスのライブに見にきて貰えるように、いい作品とすげぇパフォーマンスをしてやるぜっ!

惚れさせてやるぅ!

な~んて、ね。

弱音。

久しぶりに朝から自宅でゴロゴロ出来た。

昼過ぎには活動したけど、ね。

なんだかんだ、自分の家はいいっすよ。

ミュージシャンやってて良かったなぁ、と思うひとつに「旅」が多いってのがありますが、こんなオイラも我が家の良さを実感するなんて、齢44の老いとか言わないで下さい。

40歳になるまでは、安くて狭いアパートに住んでいました。

何しろ旅が仕事みたいなもので、旅は、どんないいホテルをあてがってもらっても一般家庭より狭い、そしていいホテルなんて滅多にあてがって貰えないので、それを苦にしないように狭いアパート暮らしをしていたのです。

旅は今でも好きで、今回も色んな体験をしましたが、いつも帰るところはベッドがギリギリに部屋に入っているホテルなんです。

さすがに最近、齢44にて淋しさを感じてくるのです。

あの殺風景なホテルの部屋に。

誰かと一緒にいたい、とかじゃないんです。

演奏旅行で泊まるホテルはまず、寝るだけ用で、暮らす用じゃないんです。

だから、旅の最中は、暮らしてないわけでして。

とくに、こう秋の匂いもし、冬になるにつれ、暮らしていきたくなるのです。

家でシチューとか食べたくなる弱さが齢44にして出てきました。

しかし、ミュージシャンの仕事は旅です。

色んな所に行けて、美味しいもの食べて、いい仕事っす。

絶対に持ってはいけない弱音が、我が家はいい!なのです。

生まれ育った川崎に戻ったのが弱音の元かなぁ?

それとも、知らないうちにすっかり秋の匂いがする我が家のせいかしらん?

疲れているのね。

メモ。

さすがに6日間、8ライブは身も心も秋風のようにカラカラにさせてくれます。

DJ KAWASAKIとのアゲハのライブは、あっと言う間だったんで、あまり実感はないのですが、楽屋からしてオイラより年上もほぼいなかった。
そして、もはやオイラが熱くなった、日本の音楽業界に対して戦った末に出来た音楽は、今のクラブに来ているお客さんには求められちゃいないんだろな?と感じて寂しかった。

純粋にカッコいい音楽を追求してきたクラブシーンのギリギリの攻防のような感想が残る夜でした。

流行りがなくなってきた21世紀に、どう刺激的な音を届けるか?は、難題の一つであります。

翌日から2日間、4ステージはbirdと福岡で。

オルガン、ギター、ドラムとゆう変則的なバンドなんだが、これが最小ながらbirdのデビュー当時を彷彿させるようなソリッドなサウンドが出せるのです。

宮古島などで見せるアコースティックで、まったりしたbirdも良いのだが、やはりオイラは、ソリッドなサウンドの中に透明感を保ちながら存在できるbirdが一番魅力的だと思っている。

それか出来る最小の編成のバンドなのだ。

世界のナベアツが3でアホになるのも意味深で、楽器のトリオほど自由で広がりを持つアホな編成はないのだ。

2日間、色んな絵が描けたステージだったと思う。

小さな会場の小さい音でのプレイは、ただ音が小さいだけじゃなく、表現の幅を広げられるので、より自分の描きたい絵が描ける。

ただ、小さな音でやるために必要以上に力が入るシーンもあったので注意しなくてはいけないな。

スネアの花子が久しぶりに面舞台に。
いい仕事をしてくれた。

明けて名古屋では4年ぶりのデラルス。

正直、4年ぶりの名古屋は心配だったのだが、お客さんも沢山来てくれて、しかも盛り上がった。

皆さん、男女問わず、着飾って来てくれて華やかな会場に。

名古屋にもラテン気質を感じた。

オイラ自体は、ステージが狭く、他のメンバーの音が近くて大きくて目眩がしたが、NORAの気合いが凄くて感動した。

あまり時間を空けずにまた、名古屋はやりたいです。

昨日は、東京コットンクラブでデラルスのライブ。

半分以上がデラルスのライブを初めて見るお客さんって言うから驚いた。

よく来ていただけるお客さんはきっと、10月5日のクラブエイジアに来てくれるのだろうな?

かなり年輩なお客さんも多いので、丁寧なライブを心掛ける。

最後は満員のお客さんが総立ちに。

毎回、総立ちにはなるのだが、年輩のお客さんまで立って踊りだすとは思わなかった。

感動した。

ひとつになった。

常連さんが、今日は最高だよ!と言ってくれたが、丁寧さと熱さをバランス良く調整出来たライブだったからかも?

ティンバレスのソロも3回とも(普通、サルサのライブなら1回あればいいんだけどね)色を変えられた。

爆発とサブロッソとドープと。

これは自分の裏テーマだったので、嬉しい。

ますます勉強と練習だ!

そして今は、birdとのアコースティックライブの為に、所沢に向かっている。

正夢?

夏バテの余波か?冴えない体調のボクは、病院へ行ったのだが、これと言ってたいしたこともないらしく、重い足をてくてくと歩いていた帰り道。

もうフラフラだぁ、と一休みしていた所、ふと隣を見ると地べたで座っているのはあの仲間由紀恵。

ジョギング帰りなのか、上下揃いのアディダス姿。

元気はつらつな彼女は弱っているボクに「大丈夫っすか?」な~んて言うけど、ボクはその瞬間にユンケルを5本くらいイッキ飲みしたくらいに元気になったのです。

はてさて、二人は初対面なわりに、彼女の男勝りな性格とボクの人生を懸けたトークで盛り上がり、彼女から「家、寄ってく?」とまで言わせたのです。

と言ってもまだまだまっ昼間。
そんな期待もありませんし、そこまで上手く行きません。

快くYESの笑顔でついて行くことに。

あっと言う間に彼女のマンション?に着いたのですが、驚いたのは、そこは売れっ子女優らしくない一般的なアパートと言ったほうが正しいのかも?

部屋にお邪魔すると、中はきちっと整理されていて、6畳くらいの和室に白い高そうな、でもミスバランスではないソファーセットは彼女のセンスの良さと気さくな性格を感じとることが出来るんだな。

そして彼女は冷たい麦茶をコップに注ぎボクに渡してくれた。

あぁ、好きになりそうだ。

でも向こうはコマーシャルに何本も出ている女優さんだぞ?
でも、この質素な暮らしはボクでも可能性があるのよ~んて言うメッセージなのかも?
とかなんとか、妄想してニヤニヤしているとドアがノックされた。

彼女は不安な顔になり
「代わりに出てくれる?」と言うので、ボクが出ていいのか?と言う気持ち半分にハイ!と返事をして玄関に向かいそっとドアを開けた。

そこには下からボクを突き刺すが如く、睨み付けている男がいた。

いや、その奥に、そのまた奥に、列を組んでる団体が一斉にボクをにらんでいる。

アワワ~!
ボクはとっさにドアを閉めたが、信じられないのがこのドア、鍵がかからないのだ。

必死にドアに体重を乗せ、敵さんと綱引き合戦をやっていると彼女、
「あ、ドアは鍵閉まらないし、そのままでいいから…」と訳ワカランことを言っている。

「ほ、ほんとにこのまま手を話していいの?」
と、すでに綱引きも負け戦になりつつなボクが問うと、ウンとうなずくから、ボクはドアの手を離した。

すると、まぁ絵に書いたようなオタク共が次々と部屋に上がりこんで来たからビックリだ。

彼女はオタク共に無視をキメ込んでいたが、オタク共は彼女のシモベの様に彼女に群がり、シモベ達は時々ボクをこの世で一番憎き者として睨み付けてくる?!

なんなんだ?この生活は?
と思うくらい、彼女は上がり込むシモベ達を無視して攻防しながら着替えやトイレに行き、シモベ達はその無視された嫉妬か?腹いせにボクを攻めたてる。

だけど、彼女は唯一、ボクには優しく話し掛けて、まるで恋人同士のようなのだ。

それはとても嬉しい半面、シモベ達のさらなる嫉妬を仰ぐこととなる。

ここから、ボクの恋&シモベ達との戦い!が始まった…


彼女はそのあと、着替えてコマーシャルの撮影に。

あのauだ。

何とかシモベ達を振り切ってスタジオまで届けてホッとして、スタッフに囲まれた彼女を見ていると、そう、それはボクの知ってるテレビで見ている仲間由紀恵がそこにいた。

やはり、ボクなんかが好きになるような対象じゃないよな?
な~んて思ってスタジオから帰ろうとすると、打ち合わせ中の彼女が駆け寄ってきて、
「ねぇ、連絡先教えて?赤外線出来る?」と。

ボクは機械が苦手でモゾモゾしていると、
「それ、DoCoMoでしょ?auなら簡単だし、かけ放題もあるんだから…」
………。


と、auの説明聞きながら、赤外線と戦っている時に目が覚めました。

久々にくっきりした夢をみましたぜ。

終わり。

オイラの幸せ感。。

大阪から帰ってきて、昨晩から5連チャンライブ。

このペースで10月半ばまでいきます。

今日は3時間しか眠れなかったけど、熱も下がり、イカツイ兄さん&ギャル3000人前でのライブは、楽しかったんで、その勢いで博多に向かってます。

若い頃ならこれが毎日続いても体力的にへっちゃらなんですが、その頃はこんなに人前で演奏出来るチャンスがなかったからなぁ…今の状況に感謝です。

前の前の記事のコメントに、オイラが体が弱い…と思われてる方が何人かいらしてましたが、実の所、人並み以上に丈夫でして。

ただ、スケジュールが過酷で肉体労働なのと、精神的ストレスの逃がし方が解らなかった頃は、時々ダウンしただけでして。

心配していただいて、ありがとうございます。

以外と大丈夫ですから安心して下さい。

心臓と肝臓だけが人並み以上に強いらしいのですが、エンジンだけがフェラーリな国産車みたいなもので、ほかがくたびれる。

国産車のペースだとエンジンが弱る、、と厄介な体でこざいます。

腹は出てますが、腹筋が割れてたり、摘める脂肪がほぼ無かったりします。

あ、それがメタボリックかぁ?

そんな事はいいとして…。

毎日、一生懸命音を届けて、皆さんの笑顔を見ることが一番幸せだなぁ、としみじみ感じているのです。

大した才能があるわけでもなかったオイラが(ティンバレスだけはちょっと自信あるんですが)今こうしてやってこれたのも、お金を払って音楽!を楽しもうと来てくださった人達に、もっと素敵な笑顔で帰ってもらいたい、と日々ウキウキしながら真剣に取り組めたからでしょうか。

気が付いたら、周りのミュージシャンやスタッフも、表面上を繕う人達はいなくなりまして、どの現場もいい音楽!に真剣です。

ちょっと言い過ぎかな?ハハハ。

そしてまだ、表現出来ないことを必死に勉強、練習中でございます。

余りに出来なくて、凹む日もありますが。

これを全てひっくるめて、幸せとよんでいます。

ライブに足を運んでくれたアナタに感謝します。

よし、今日もやるぞ!

感想、募集中!

流通で苦戦中!と言ってたデラルスのニューアルバム「!CALIENTE!」ですが、Amazonで売り切れ、ラテンチャート1位となりまして、チャートに載らない家内性手工業的な手売りも伸び、まずまずな感じです。

ありがとうございます。

アルバムをご購入された方へ!

どうでした?

今回はあえて、「熱い!」アルバム(カリエンテとはスペイン語で熱い!です)を作ったわけです。

次作の構造もあり、寝かした曲もございまして、次作はまた、まったく違う味、色、匂いのアルバムを晩春にはお届けしようかな?と構造中です。

皆さんの日常で楽しめる時間が、今回のアルバムで作れたら幸いです。

熱い!から癒しにはならないけど、ね!

集中!

今夜はアゲハでDJーKAWASAKIのライブ、明後日早朝に博多に向かい23、24日と博多ビルボードライブにてbirdライブ、25日は名古屋トクゾウにてデラルスライブ、26日は東京コットンクラブにてデラルスライブ…。

楽しく気合いで、丁寧に熱いライブやるっす。

よろしくっ!

大阪帰り。

38度の熱が出て四日目。

原因不明の発熱で、喉も痛くない、鼻も大丈夫、お腹も大丈夫。

きっと噂の知恵熱ってのが出てるようです。

大概、発熱しても一晩寝ると熱が下がるんですが、すでに四日目で、医者にもらった薬も効きません。

そんな絶好調な体で大阪にプロモーション&ライブしに二日間行ってました。

大阪のラジオは、和やかで楽しかったっす。

ライブは…会場とバンドが一体になるって、こうゆう事なのね?とゆうライブでした。

何しろデラルスの音楽は、ポジティブな事しかやらず、色んな事が日常あっても辛い苦しいで結び付かず、それを超えた明るさ力強さで一つになってます。

会場のお客さんも皆さん、素敵な笑顔でライブを楽しんでいる、これ以上らぶとぴーすな瞬間はないんじゃないか?と思うほどです。

次は25日に名古屋トクゾウ、26日に東京コットンクラブです。

10月は札幌ベッシーホール、ファイナルの渋谷クラブエイジアもあります。

デラルスで演奏しているのは楽しいですが、それ以上に見に来て下さるお客さんの楽しそうな顔に逢えるのがもっと嬉しい。

あえて言葉がわからない音楽を日本でやる意味は、こうゆう部分に意味があるのです。

リズムとパッションに身を任せるだけのライブって、楽しいですぞ!

大阪のライブに来てくれた皆様、ありがとう。

また近々、お逢いしましょう。

頑張ります

デラルスのニューアルバムが入手しにくい、とかなりの方から連絡をいただきました。

イニシャルってのがありまして、どんな自信作でも、問屋のほうで初段階で仕入れる数は問屋の言い分なのです。

前回のアルバムが、傑作にも関わらず、レコード会社も事務所も(印税もまだもらってません)が、な~んも売る気がなかったので、その煽りが今回、影響しています。

だから、今回は伸ばして売りたいのでして。

よろしくお願いします。

関西の皆様!

9月20日に、台風を吹き飛ばす勢いで、心斎橋クラブクワトロにて、デラルスがライブします。

気合い入ってます。

これは見ないと後悔しまっせ!

かなりたっぷり、ダンサブルにやります。

来てや~!

遂に発売!

オルケスタ・デ・ラ・ルスの待望のニューアルバム「CALIENTE」が発売されましたぁっ!

家庭にまだ一枚もサルサのCDをお持ちじゃない方の為の、アルバムを作りました。

是非、家庭に一枚!

オイラの気持ちを聴いてくれぃ!

正しい?正しくない?

中目黒で野暮った用事を済ませ、腹が減ったので入った駅横のラーメン店の出来事。

カウンターに座ったのだが、隣の服飾もしくは美容師系の女子が店員におそるおそる
「虫が」と。

その女子が食べていたのはつけ麺系で、麺とつゆは別になっているタイプなのだが、どうやらその麺に虫が入っているらしい。

するとその店員(アジア系女子)が、
「この虫は生きていますか?」と。

客女子「はい」

店員「生きているのは店のせいで入ったんじゃありません。後からです」

客女子「はぁ」

店員「どうしたい?」

客女子「?」

店員「半麺作り直す、でいいっ?」

すると厨房で、

店員「お客さん虫入ってた。半麺作り直し」

料理人「つけ麺は1.5人分だから半分は出来ないよ」

店員「半麺でいいよ!」

料理人「でも、半分じゃ少しだよ」

店員「こっち悪くないから、いい」

と聞こえてくるわけです。

客女子は完敗。

正しい判断かどうか?と言うより、間違いなく客女子は二度とこの店には来ないでしょう。

中目黒の駅横なら、麺一人前を出したからって、百円も損しないはず。

しかも、客女子はクレーマータイプじゃなく、単なる虫嫌い。

気持ち良くないんで、食べずに出てきました。

日本が大切にしてきたものを反面教師に感じられラッキーな日でもあります。

正しい、正しくない、とは別の、客に対するサービスの気持ち、商いの根底を裏返しに感じました。

あの店は、あのままじゃもうすぐ無くなってしまうでしょう。

日本の文化に誇りを!

モテ期?

これは七不思議のひとつに数えても良いのでは?というものに「モテ期」とゆうのがあります。

どう頑張ってもモテない時期と、複数からモテる時期とムラが出てくる不思議。

今は誰もいない孤独感を味わっている時にはモテず、好きな人と盛り上がり始めると他からもモテる。

こんな風にバランス悪いことありませんか?

恋をしている時のフェロモンか何か?が他の人も引き寄せてしまうのかしらん?

オイラ、この数年、まったくと言っていいほど、モテなかった時期で、男として自信を無くしてます。

が、この頃ちょっとね。

こりゃ不思議だ。

何かが変わってきてる、ってゆうか、昔の感じに戻ったとゆうか。

モテないよりモテた方が嬉しいわけで、その先に何かあるわけじゃないんですが、ウキウキしちゃいます!

アホね、オイラは。

さて、腕立て伏せでもしますかぁ。

プロモーションな日々

デラルスのアルバムが17日に発売、20日大阪からツアーって事で、プロモーションな日々です。

インディーズレーベルを立ち上げ、事務所も持たず、仲間達とどこまでやれるのか?をチャレンジしている今回は、デラルスにとってメジャーでやってたときより数多くプロモーションしている。

昨日は1人でFM小田原へ!

熱いプロモーションが出来たぜ!

今日は5時に起きて、これからJ-WAVEの生出演だぜ。

自分たちの作ったアルバムが、ちゃんと手から手へと伝わる感覚を感じてるプロモーション期間。

無理してもインディーズレーベルを立ち上げて良かったな、と今は思ってます。

熱いアルバムです。

買ってね!

ライブも熱いっす!

来てね!

頑張ってる仲間達のためにも必死です。

ハハハ。

本来、アルバムを発売するって、こうゆう気持ちで伝えていかなきゃいけないんだよな、と勉強になる日々なのです。

家庭に一枚、デラルスのアルバムを!
よろしくねっ。

事故米

例えば、他より安く仕入れられるものがあり、それを転売することで多額のお金を得られるとする。

しかし、それは安いだけあって安全性に欠けるものだ。

それを転売することによって、多くの被害が出る可能性かある。

だけど、大金は入る。

自分ならやらないですね。

会社のトップになって、社員の生活を考えたりすると、揺らぐ気持ちもあるでしょうが、やりません。

まして、今回は日本人の主食の米ですよ。

バレない、と思ってやっても、神様がどこかでちゃんと見てるって言い伝えがあるじゃないですか。

初めはうまくいっても、毒はやがて全てに廻ってしまう。

そうゆうことを大人が子供に教えていかなきゃいけないのに、いい大人がやってはいけませんよね。

大企業になると、小売店のような気働きはなくなってしまうんでしょうか?

会社じゃないですけど、ディズニーランドなんて素晴らしいスタッフプロデュースをしていると思うんですよ。

金を儲ける、を一番にするのではなく、幸せを与えるを一番に考えて仕事したいですね。

オイラは、出来るだけ小売店な規模で仕事したいです。

自分の仕事を肌で感じてもらえるような。

お金持ちには縁がないようです。

Don't think!Feel!

山崎まさよし君がデラルスのニューアルバムに寄せてくれたコメントの言葉です。

元は、故ブルース・リーが燃えよ!ドラゴンの映画の中で言う名セリフ。

このシンプルな言葉に全てが詰まっています。

「考えるな!感じろ!」

デラルスツアーは9月20日大阪を皮切りに、25日名古屋、26日東京、10月2日札幌、5日渋谷クラブエイジアです。

9月17日にはニューアルバムも発売!

感じてください。

9月11日

9月11日の事を書こうと思ったが、まとまらないうちに日が変わろうとしている。

一言にすれば
戦争も、テロも、なくなって欲しい。

そんなに難しいことなのか?
世界が平和になり、地球上の人達が幸せに暮らすと言うことが?

ジョン・レノンもイマジンでシンプルに歌っている。

みんなで幸せをイメージすれば良い、と!

しかしテロ以降、アメリカはイマジンを放送禁止にして、戦争を煽った。

テロから2年目の9月11日に、グランドゼロにいたが、ニューヨークは戦争を反対する人達が多かった。

テロ当日、ツインタワーの崩壊の映像を見てイラクなどでは喜びのバンザイをするニュースを見て、今でもオイラは悩んでいる。

日本で平和にしていると、分からないことが多いが、だからこそ、平和な国のモデルケースとして、胸を張れる国でありたい。

戦争をしない日本を誇らしく思うべきだ。

そして、世界中の人達に、らぶとぴーすを!

黙祷。

言霊

最近よく反省しているのは、たった一言で傷付けてしまったことがどれだけあったか?って事に気が付きまして。

オイラは恨み辛みがないほうの人間なので、そうゆう言葉を発した時は、表現力の無さか、視野の狭さか、思いやりの無さか、売り言葉に買い言葉になった時です。

昔は、瞬間湯沸し器が如く、すぐに怒ることができる人を羨ましく思った時期もありました。

家に帰ってから「アイツ、変な事を言いやがったな!」な~んて、後になって腹が立つことが若い頃は多かったのです。

今はちょっと違います。

怒るんじゃなくて、相手の心の状態も、言葉ひとつで変えることが出来るのが理解できたのです。

まだとても達人の域には行けてない修行の身ですが。

願いは口にした方が叶いやすいし、目標も現実的にするためには口にした方が達成しやすいのは、経験で分かっていたのですが、最近は祈るように愛情を持って話しをすると、素晴らしいエネルギーが生まれるのを肌で感じました。

あと、自分に言い聞かせているのは、自分の発した言葉に縛られないように、とゆうこと。

言葉には暗示の力がありますから、同じ言葉や同じ内容を繰り返すと、縛られてしまう場合があるんです。

「私はこれが好き!」と、何かを決めつけて繰り返すと、自分にとっての暗示になってメチャメチャ好きになってしまいます。

逆の嫌いバージョンもしかり、ですね。

「こんな事をする人は嫌いだから…」なんて昔に誰かに言ったせいで、今でも自分を戒めてしまって、影でやってしまった自分を自分で傷つけてしまうことってありませんか?

言葉の暗示力は凄いです。

それを集団で、例えばネットでやったら、物凄い暗示力がその集団に起こるわけです。

危ないサイトには、集団暗示による快楽もあるんじゃないでしょうか?

暗示と言ってもさまざで、ついついマイナスイメージを持ちやすいですが、ポジティブにやれば素晴らしい効果もあります。

だから、オイラは「らぶ」とか「ぴーす」とかを連呼するのです。

人に「死ね!」なんて言葉を言い続けていたら、必ず闘いになります。

が、「らぶ」と「ぴーす」を言い続ければ、100%とはいきませんが、平和に向かうはずなのです。

何かの状況を良くしようとするなら、悪い方の内容で訴えるより、ポジティブに考えて、こうなったら理想的だ!と一歩進んで口にすることで、戦いから創造へ変えられると信じています。

日本は大きな戦争をやったせいで、当時は国を挙げてアメリカなどに暴言をスローガンにして言ってましたから、それこそ悪い方の暗示にかかってたようです。

その影響はまだ、日本にあるのかな?なんて感じます。

これからの世代が、汚い言葉の暗示にかからぬよう、美しい言葉をいっぱい勉強していきたいなぁ、などと口に出してみています。

日本には美しい言葉がたくさんありますから。

色なき風

久しぶりに我が家で1日を過ごした。

今日は見事な晴天で、午後6時の夕暮れは、風が秋の香りを運んでいる。

つい先日まで、夜中もうるさかった我が家の前の桜の木にいた蝉の気配はなく、代わりにコオロギの鳴き声が初秋の月を演出している。

なんとも言えない澄み切った夕暮れだ。

このところ、毎日の喧騒で地球とゆうものをなかなか感じる余裕もなかったが、今のこの一瞬の夕暮れに身を投じて、自分を地球の一部として漂わせてみている。

やらなきゃいけないことも、この一瞬だけは忘れていいじゃないか!と自分に言い聞かせ、今日から新しい季節に変わったことを自分に教えてあげる。

ベランダに、蝉の屍を見つけた。

永い間、何年も周りとの接触もなく土の中で暮らし、外に出て夏祭りを一週間して、死んでしまった蝉だ。

その間に、異性と出会い、産卵したのだろうか?

なぜ?蝉が地球に存在しているのか?なんて野暮な事を考えてはいけない。

本来は人間だって大差ないのだ。

人間の歴史が、文明を作り教育があり文化を形成し…現在この地球に生まれた私達だから、人生を語ってしまうわけで、本来の人間は他の生物と似たような動物だったはずだ。

なんてことを蝉の屍に想い、がしかし、この夕暮れを「美しい」と思える感性を得ている現代の人間としての喜びにも感謝したい。

ステレオに響く虫の声と、これほどちょうどいい涼しさとやわらかさはないだろうと思える風と、朱に染まった空に浮かぶ月と、点々と灯る暖かな家庭の明かりが、オイラを動けなくしているのです。

地球に感謝!

らぶとぴーすを!

愛しい人よ!

この前に誕生日で逢ったばかりのオヤジにまた逢ってきた。

オイラにとっては越えられないほどおっかない存在だったのに、迫力がなくなってきた。

この男からオイラが出来たんだ!と最近はしみじみ思う。

愛しい人よ、ありがとう。

今までの人生、何度も恋し、女性からの支えや教えがあって今日のオイラの発想がある。

結果的には別れたわけだが、それまでの愛情やオイラを見つめる眼差しに嘘はなかったし、オイラの惚れた女は今でも素敵な女性だ。

愛しい人よ、ありがとう。

多くの仲間といろんな事にチャレンジしてきた。

オイラは商売が下手なので、仕事で儲けて…の思い出より、金にならないことを必死にやった思い出のほうがずっと濃い。

負け惜しみかもしれないが、財産とは人だ!と信じています。

時期時期でベッタリだったり、ご無沙汰だったりするが、共に必死になった仲間は、成功しようが、失敗しようが、財産です。

愛しい人よ、ありがとう。

そして、オイラの音が好きだ!と言ってくれる方。

オイラのやるライブやイベント、CDにお金を払ってくれる方。

お客様は神様?ってゆうのとは違う、実はもっと身近な想いがあります。

皆さんが稼いだお金を払っての音楽を、それ以上の感動に変えられるよう努力することをテーマに26年もやってます。

だから今でも常に、自分がお金を払っても納得出来るのか?を問いながら制作しています。

それもお金を払っていただける皆さんを神様と崇めるのではなく、もっと身近に感じているからなのです。

いつも、ありがとうございます。

我が青春の町、渋谷は…

ガキの頃は、金があって遊ぶなら六本木、ないときは渋谷だった。

あの探偵物語のドラマの舞台だった町で遊んでいたのさ。

戦争にやられてない道玄坂とか百軒店を、レトロと流行の交差する背伸びした町を、その風を感じて流したものさ。

今日、らぶホテル街(その隣のマンションに住んでいたこと有り)跡地に立つライブハウスでデラルスのライブをやった。 

夜の渋谷の町の酷いこと。

なんなんだろ?これは。

前に渋谷で店やって毎日通ったが、その頃より酷い。

世界的に酷い。

25年前、J・Blakfootとゆうソウルシンガーのアルバムジャケットか渋谷駅前だったのをスゲーと思い、アメリカやヨーロッパも回った90年代には世界一ファンキーな町は渋谷だ!と思ったオイラもいたのさ。

それが今じゃガキ文化の治外法権な町になっちまった。

オイラの好きだった、工藤ちゃんがたたずんだ街角も風俗通りになっちまった。

こうゆうのも、マスコミのコントロールなんだろね?

なにかに支配された国?みたいに渋谷を感じてしまった。

まだヤマンバのいた時代のほうがギリギリだけど良かったかな?

マスコミにコントロールされてない独自の渋谷発信の文化は感じたもんなぁ。

わが青春の思い出の町がまた消えてました。

福岡サンセット!

福岡のサンセットライブにbirdと出演してきた。

らぶでぴーすなイベントだったぜ。

ライブ中、感極まって泣けてきたね。

お客さんのらぶでやられたのさ。

来年も出たいね、できればデラルスを出したい。

あの海岸にデラルスは気持ちいいはずだぜ。

今日は今から渋谷でデラルスがゲスト出演のライブをします。

サンセットで味わったらぶを渋谷に振りまくぞ!

ってね!




角界は大丈夫かぁ?

大麻疑惑な角界で、ひとり逮捕、ふたりが尿検査で陽性だって!

大麻を美化する人達もいるけど、日本国ではいけないと法律で定められているのだから、いけないのだよ。
いい、とされる外国の国でやりたきゃやりなさい、ってね。

大麻と言えばミュージシャン、ミュージシャンと言えば大麻、みたいに言われてた時代もあったけど、今ではお相撲さんだけじゃなく、学生やサラリーマンがやってるんだから、ねぇ。

タバコより害がない、常習性がない、色彩感覚や音感が良くなる、平和になる…だの言って正当化しようとしてる人達もいるが、法律を変えない限り犯罪だからやるべきではない。

オイラなんて、酒飲んでもしっかりしていたいので、別の自分になりたい…な~んてラリッちゃう奴等の気持ちがわからん。

それにしても、相撲と大麻の結びつきがわからん。

取り組みが楽しくなるのか?

なになに、陽性反応が出ても犯罪にならないから、秋場所に出すって?

日本の国技はどうなっちゃうんでしょ?

横綱はモンゴル人、連れてきたロシア人は大麻疑惑。
強さを追究し過ぎて外人に無理やりなちょんまげさせて、これを国技と言ってしまうことって、なんか今の日本を象徴しているような。

守る、と言うことも、とても素敵な仕事なのに、伝統やシステムを変えてまで追究して、将来をなくしているような気がする。

いや、守るじゃあまい時代です。

戻す、くらいの気持ちが日本には必要な時代です。

日本人が長きに渡って作ってきた伝統、気質、誇りをとり戻すくらいでなければ、ですよね?

しつこくデラルスジャパンツアー!

オルケスタ・デ・ラ・ルスがニューアルバムの発売を記念してジャパンツアー!

すでに東京コットンクラブはソールドアウト?
CLUB‐asiaはまだあるぜ!

ノリに乗ったデラルスのライブで夏を締めくくろう!

全米を制した時より凄いと言われているパフォーマンス
今、最高のコンディションでのライブを各地に届けるぜ!ジャパンツアー!

お見逃しなく!


オルケスタ・デ・ラ・ルス
ニューアルバム・リリース・パーティー「iCaliente!」Japan
Tour
9/20(土) 大阪CLUB QUATTRO
OPEN 18:30 START 19:30 問:GREENS 06-6882-1224
http://www.greens-corp.co.jp
前売:¥4,000(税込・スタンディング・ドリンク別)
   ¥4,500(税込・指定席・ドリンク別)
当日:¥4,500(税込・スタンディング・ドリンク別)
   ¥5,000(税込・指定席・ドリンク別)
取扱:チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード301-583)
ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:57105)
イープラス http://eplus.jp
協賛:SMIRNOFF

9/25(木) 名古屋 TOKUZO
OPEN 18:30 START 19:30 問:ジェイルハウス
052-936-6041
前売:¥4,000(税込・自由・別途オーダー要・整理番号付き)
当日:¥4,500(税込・自由・別途オーダー要・整理番号付き)
取扱:チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:301-706)
   ローソンチケット 0570-084-004(Lコード:41366)
イープラス http://eplus.jp
協賛:SMIRNOFF

9/26(金) 東京 COTTON CLUB
OPEN 17:30 SHOWSTART 19:00 問:COTTON CLUB
03-3215-1555
詳細はCOTTON CLUB HPにて:http://www.cottonclubjapan.co.jp/

10/2(木) 札幌 BESSIE HALL
OPEN 19:00 START 20:00 問:BESSIE HALL 011-221-6076
前売:¥4,000(税込・オールスタンディング)
当日:¥4,500(税込・オールスタンディング)
取扱:BESSIE HALL 011-221-6076(電話予約可能)
HABANA 011-219-8870
EL MANGO 011-512-0195
協賛:SMIRNOFF


ニューアルバム・リリース・スペシャルパーティー
「iCaliente!」Japan Tour
10/5(日) 東京 club asia
OPEN 18:00 CLOSE 23:00 問:ホットスタッフプロモー
ション 03-5720-9999 http://lultimo.jp/
前売:¥3,000(税込・ドリンク別・整理番号付き)
当日:¥3,500(税込・ドリンク別・整理番号付き)
取扱:チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:303-067)
   ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:76134)
   イープラス http://eplus.jp

札幌!

オルケスタ・デ・ラ・ルスの「CALIENTE」アルバム発売ツアーの札幌の詳細が出ました!

ツアーの東京コットンクラブはソールドアウト!

9月20日大阪クワトロ、25日名古屋とく蔵、26日東京コットンクラブ、10月2日札幌ベッシーホール、そしてスペシャルパーティーは10月5日渋谷CLUB asia です。

youtubeで、最新PV「情熱の花」を見ることが出来るそうな噂か…

さぁ、道産子の皆さんお待たせしました。

詳細はこちら!

10/2(木) 札幌 BESSIE HALL
OPEN 19:00 START 20:00 問:BESSIE HALL 011-221-6076
前売:¥4,000(税込・オールスタンディング)
当日:¥4,500(税込・オールスタンディング)
取扱:BESSIE HALL 011-221-6076(電話予約可能)
HABANA 011-219-8870
EL MANGO 011-512-0195
協賛:SMIRNOFF

政治ってこれで良いのか?

日本は、政治のトップがいきなり辞めちゃうんですね。

ビックリするけど、さほど動揺もせず、こうゆう事に慣れちゃった自分がいます。

前にも書いたけど、日本が経済的に世界の上位にいたのは昔話。

今はアジアの他の国で日本より豊かそうな国は沢山あります。

ミュージシャンを仕事にしているオイラが偉そうに言えた立場じゃありませんが、もっと日本は自国で食料を生産できないとダメなんじゃないのかな?

人間、食べなきゃ生きていけないのだから、その基本の食料を輸入に頼り切った体制が、足腰弱い日本にしているような気がしてならないのです。

戦後、復興の為の建築業界と政治は密な関係で日本経済を伸ばしたのだろうけど、もうその関係を伸ばしたり、維持したり、も狭い日本じゃ壊して作り変えるか、無駄な施設を作るしかなさそうだし、どうなんでしょ?麻生さん?

正しくは分かりませんよ、オイラには。

でも、素人考えでもそのくらいは感じるのに、政治家はそんな事を言ってるのを聞いたことがない。

ヨーロッパの国では、農産物に対しての国からの保証がしっかりしているので、農家も安心して働けている、と言う話しを聞いたことがあります。

なんと言っても、日本の政治は市民から遠過ぎますよね?民主主義と言いながら。

政治に関心のない国民に、勝手気ままな政治家、ってなってしまったら、いい国になるはずありませんもん。

内閣総理大臣を国民投票で決められれば、総理大臣もあんな辞め方は出来ないと思うんですが。

な~んで、自分勝手に好き勝手、言ってます。
間違ったことを言ってるかもしれませんが、余りにも政治が遠いのでオイラはこの位の知識しかないわけです。

悪しからず。

早起きで出来る事

昨日は12時半に床につき(この10日間くらい、四時過ぎに寝る癖がついてました)寝室が湿気ていたので空調をドライにしていたのだが、そのまま寝てしまった様で、寒くて朝5時半に目覚めてしまいました。

エスプレッソを入れ、ベランダに出て朝日を浴びると、我が町の目覚めとリンクしたみたいで、寝起きの一服も爽やかなのです。

ベランダの植物に水をあげ、バナナを一本いただき、本日するべき事をシュミレーションしていると気力も増してきます。

今日とゆう日は予定通りにはいかないだろうけど、いかなる事が起こっても自分らしい対処が出来るように心の柔軟体操をしておく…そんな朝です。

残暑のベランダに鳴く蝉はまだうるさいけど、オイラの頭は澄み切っています。

家から坂を下り、登校する学生を逆行して、余ってる時間を散歩に充てれば、町行く人の姿に物語を想像できます。

皆さん、よい1日でありますように!なんて祈りたくなります。

さぁ、今日も1日が始まります。

こんな日もある

今日は昼からデラルスのプロモーションのラジオ出演やって、別の打ち合わせもやって…でした。

事件はその後!

来年のスケジュールの大幅変更?!

アンド、

今、動かしているプロジェクトの空回り発覚?!

あたふたしてます。

まぁ、今夜に悩んでもな~んも出来ないんで、動くは明日。

今宵は、まな板の鯉です。

こんな経験は初めてじゃないんで、見てろよ!と燃えています。

逆境に強いタイプっすから。

周りのあたふたのほうが大変でして。

こうゆう時ほど、力を抜いてスゥイーっとやらなくてならないのです。

それにしても、参りました。

そうゆう日もあるんす、ね?

頑張れ!日本男子

アメリカでは男の理想として
「日本人女性を妻にし、家庭でチャイニーズフードを食べる」
とゆう言い伝えがある。

まぁ、オイラが聞いたのは20年くらい前なので、今も言っているかどうか分からないが。

世界のいろんな国を旅したが、日本人女性の人気はものすごい。

その反面、日本男子の人気の低いこと。

この開きは何だろう?

多分、日本男子は自分のランク付けをする人が多いんだと思う。

この人より上だけどあの人より下…みたいな。

だからアメリカやヨーロッパでビビっちゃう。

それじゃ、女性にはもてませんぜ。

はてさて、人気ある日本女性ですが、今でも世界に誇る大和撫子がどのくらい存在するのでしょうか?な~んて。

日本には「忍ぶ」とゆう奥ゆかしい言葉がありまして、日本女性のイメージにはピッタリです。

が、最近じゃ電車で化粧するギャルなんかも出没し、ちっとも忍んでおりません。

ギャルがこんな風になってくると、反面にいた男子が頑張るのかなぁ?と思いきや、さらにダラダラしている。

彼女のブランドバッグを持ってあげることを優しさと勘違いしている。

ありゃ、持たせるギャルにもいけないな。

二人共、カッコ悪いんだから、ね。

しかし、女性のセイにしないのが日本男子と言うもの。

世界に誇る大和撫子を作るのも男子の生きざまで女性を虜にするしかないのです。

素敵な男子が増えれば、女性は輝くことでしょう。

世界中の女性が憧れの日本男子になればよいのだ!



んー?何を伝えたかったんだか?

日本男子、頑張ります。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。