プロフィール

GENTA

Author:GENTA
「美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」について お知らせするBlogです!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古病の処方箋

西麻布にYELLOWとゆう老舗クラブがあるんだけど、6月で17年間の歴史に幕を降ろします。

YELLOWでは八年間「BEAT」とゆう、太鼓を叩くイベントをやってました。

6月4日に一夜限りのBEAT復活をやります。

ゲストは宮古島の初日にトリで演奏したオルケスタ・デ・ラ・ルス。

このイベントの影響は凄いです。

日本の文化の一部を変えたイベントです。

太鼓持ち込みだと¥1500。

みんなで叩いて踊るのです。

宮古病の処方箋としては最適です。
スポンサーサイト

あと359日?

20080531000813
驚きですが、ミュージックコンベンションから一週間過ぎてます。

先週の今頃、我歌小屋で「宮古島ブルース」を歌ってました。

恐ろしいくらいアッとゆう間の一週間。

背中の皮が剥けてきました。

がっつり宮古病です。

東京が寒いのも悪化させてます。

どうしたらいいか?分からないので、カウントダウンしてみました。

今回の宮古病はきついっ!

かなり後遺症がありますが

宮古島から我が町に着く前に横浜に立ち寄りました。
ショッピングビルの中を歩いていると、アジア系の若い2人が楽しそうに、目をキラキラさせながら過ぎてゆきました。

オイラも20~30歳代が終わるまで、あの娘達の瞳のように世界中に旅行へ行き新しいモノに対して驚き、魅力を感じキラキラしていたんだろうなぁ。

キューバに行ったころからだろうか?少しづつ旅に対して変わってきたのは。

で、たどり着いた宮古島。
時代も21世紀となり、流行に感心を持たなくなった時代。

人が次々と作り出してくるものより、やはり自然に心動かされるようになったんだよね。

ミュージックコンベンションでエコロジーって言ってしまうと、本来は矛盾してしまいます。

エコを徹底したら、ライブなんて出来ないっすから。

ミュージックコンベンションで伝えたかったのは、「感謝」と「優しさ」。

この2つの想いを持つことが一番エコに近道だし平和にもなる。

今、オイラはちゃんとキラキラしています。

必要のない時のレジ袋をもらわない、道などに捨てられた気になるゴミは自分が捨ててなくてもちょいと拾ってみる、食事に感謝する、周りの人に感謝する、今日に感謝、地球に感謝、です。

こんな感じで毎日生活出来たら幸せですね。

大阪の宮古島へ!

昨日はライブ終了が遅く、12時ロビー集合で打ち上げへ。

本当はフラフラなところだが、実はどうしてもお話ししたかった方が。

日本のドラマーで崇拝している方が2人いて、ひとりは山木秀夫さん、もうひとりが上原ユカリさん。

そのユカリさんがトータス松本のバンドにいたのだ。

ユカリさんは、オイラが16歳の時にローディーをやってて、当時にいろんな話しをしてもらい、ガキんちょのオイラにはかなり教訓として残っておるのです。

日本のトップドラマーとして、もの凄い功績がある方だが、10年以上も音楽界から離れてしまっていたんです。

皆さんの知ってるあの曲、この曲もユカリさんです。

大瀧詠一さんが12年間、ユカリさんがいなかったから新曲を作れなかった、とまで言わせたドラマーです。

そのユカリさんが、昨日
「ゲンタさん、逢いたかったです」
なんて、あちらのほうから挨拶に来られてビビりました。

ゲンタさん、の「さん」付けは速攻やめてもらいました、が。

やはりユカリさんは凄いっす。

シュガーベイブの曲や、大瀧詠一さんのカバーがあったのですが、ドラマーは張本人ですから、ね。

トータスのバンドのギターは伊藤銀次さん。

ヤバイっす。

「君が噂のゲンタ君かぁ、ユースケからよく聞いてるよ」
と、
銀次さんとユースケ・サンタマリアの話題で盛り上がりました。

そのあとに、ミナミの「ズミ」とゆう店に、ミュージックコンベンションへの大阪からの参加のお礼を言いに行ったら、なんとミュージックコンベンションに出演してくれた大泊一樹君達がいて、結局あさ五時帰り。

ズミは、ミュージックコンベンションの後夜祭みたいに、島人に囲まれて、いこごち良かったんす、もん。

もう今日はフラフラ。

新大阪の駅構内をとぼとぼ歩いていたら
「今回、宮古島には行けなかったんですけど…」
と声かけてくれた女性と熱い握手。

さらにとぼとぼフラフラ歩いてたら
「おぅ、ゲンちゃん!」
とキヨシローさんが目の前に。

お疲れさまでした、ボス!

さぁ、今から我が町、川崎に帰ります。

地元の仲間とゴミ拾いチームでも作ろうかな?

最強!夏宣言!デラルス!

ゲンタ秘書よりデラルスのライブ告知です!

おかげさまで宮古島でのライブは大盛況。
宮古島を皮切りにORQUESTA DE LA LUZは最強!夏宣言!

宮古島の太陽を手土産に日本各地の皆さまに最強にして最高の夏をお届けするべく、
怒涛の全国ライブ行脚がスタートします!
皆さん踊る準備は出来てますか?

現時点で発表出来るスケジュールは以下の通り。
7月~10月にかけてのスケジュール、まだまだアップしていきますので
詳細はデラルスホームページを要チェックでお願い致します!
(まだまだアップしていないライブもあるのでコマメにチェックお願いします!)

6月4日        GENTA presents BEAT@Yellow出演
6月30日・7月1日  ビルボードライブ大阪
7月2日        広島SUMATRA TIGER
7月3日・4日     ビルボードライブ福岡
7月6日        19thくっちゃんジャズフェスティバル出演
7月14日       丸の内COTTON CLUB(NEW!!)
7月19日       南郷サマージャズフェスティバル出演

デラルスHP
http://laluz.jp/

さぁまずは来週の東京、BEAT@YELLOWからです!
宮古病の人、宮古に行けなくて泣きながら指くわえてた人、集まれっ!

宮古病がぁ!

20080528174004
本日、大阪に入り、現実に戻っています。

すると襲ってくるのが、宮古病。

昨日までの前浜の海でバチャバチャやってたオイラは夢か?と。

いろんな音が聞こえます。

いらない音が。

目付きの悪い人が歩いています。

あぁ、ここは現実。

いろんな事件があったようです。

主に殺人。

平和でラブな宮古島での日々を思い出すと、なんて悲しい現実なんだぁ!と叫びたくなります。

が、あの宮古島の日々も現実だったのです。

みんなで築き上げたラブでピースな3日間も夢ぢゃなく、現実に行われたことです。

かなり昔のことのように、思いますねぇ。

これを体験していない人に語ったところで伝わるはずがない。

伝える文章力があれば、直木賞をいただいてます。

まるで恋をした時のよう…。

そう、これが宮古病。

波CDで緩和させてみます。

皆さんは、宮古病になってませんか?

大丈夫ですか?

宮古島の写真を見てボ~っとするようになったら、初期症状ですから。

続、さよなら、宮古島。

20080527132404
戻る前に前浜でひと泳ぎ、と感謝を述べにまいりましたら、この美しさ!

今日も前浜は美しい。

さよなら、宮古島。

20080527094008
今日は少々、曇り気味な天気。

パイナガマで寝起きのコーヒーとタバコの煙をくゆらせております。

昨夜の宮古島は、静かな、いつも通りの宮古島。

ミュージックコンベンションの3日間が嘘のように、人がいません。

そこにあるのは、宮古島の日常。

ずっとこの期間中、出演者及びいろんな人から受け取ったキーワードがあります。

全てに「感謝」の気持ちを持つこと。

それが平和への近道だし、エコの一番効果のある考えかただし、なにより優しい気持ちになるために必要な言葉です。

今も宮古島の波はリズムを刻んでいます。

この宮古島を離れていく人達のことなんて気にしちゃいないのが、自然の大きさです。

今朝のパイナガマに感謝。

タバコの吸殻を拾って帰ります。

そして宮古島に感謝。

今回も沢山の優しさを教わりました。

ミュージックコンベンションに関わった全ての人達に感謝。

今からオイラは宮古島を離れます。

ありがとうございました!

美ぎ島ミュージックコンベンション イン 宮古島 2008 が無事、終了いたしました。

3日間、合計約5000人の動員でした。

各ミュージシャン、スタッフが率先して行動をしてくれて、去年よりさらにスケールの大きさを感じました。

年に一度の宮古島マジック、と言いましょうか、各ミュージシャンもいつも以上にリラックスしたライブが出来た!と喜んでいただけました。

宮古島の村祭りのようなイベントにしたいなぁ、と長年思っていたのですが、今回は去年以上に宮古島のスタッフに協力をしていただきました。

そして、ミュージックコンベンションに参加してくれた皆さん、ありがとうございました!

いよいよ最終日!

梅雨入りもなんのその。

3日間、晴れました。

残るは4組!

コメントの書き込みが少ない分、ブログを見てる暇もないっ!って感じなんでしょ?

オイラもコメントは少な目です。

毎日、感動しています。

初日からこんな凄くていいのか?

まんまと晴れ!

きれいな夕陽だったし、円の虹も見たし。

夜の部はカチンバが、イスラでライブをやったのは凄かった。

昼の部の素晴らしさには、すっ飛びました。

まずは、初日です。

明日、明後日と盛り上がりたいっす。

おやすみなさい。

やったぁ!

晴れました。

まぁるい虹を見ました。

よい1日でした。

さぁ、始まるぞ!

第四回美ぎ島ミュージックコンベンションが、今日から3日間、宮古島にて開催します。

さて、どんな3日間になるのかな?

初日は川満で、暑い熱いライブします。

あわわ!

今日、宮古島は史上3番目に遅い梅雨入りを発表しました。

いつもなら、梅雨入りにぐずぐずして、一週間後のカラ梅雨の頃を目指しての開催なのです。

こればかりは、オイラの努力でもどうしょうもありません。

宮古島は

宮古島は、例年より涼しいです。

日にあたると暑いですが、軽く上にはおる服があったほうがいいかも?

明日、開催日です!

明日は

明日は雨。

でも、ミュージックコンベンションの3日間は晴れそうな予感。

待ってるよ!

暑いっ!

宮古島は良く晴れてます。
忙しいので、後程。

あと2日!!

朝から仕事を何ヶ所回ったかわからないくらいで、今から仮眠して宮古島に向かいます。

着いたら、取材に打ち合わせにオト~リ。

明日は、舞台設営。

まだまだ、やること山積みですが、明後日は開催日!

これで死ぬなら本望さ!の3日間がやってきます。

あとは、天気の心配。

てるてる坊主は必ず作るようにっ!

お先に宮古島で待ってます。

秘密の、愛情溢れるライブが皆さんを待ってます。

皆さん宮古島に閉じ込められます。

ドキドキですね。

川満会場シャトルバスについて

ゲンタ秘書です。

オフィシャルHPにも掲載されておりますが、シャトルバスの時刻表を転載致します。


5月23日(金)と5月24日の両日、下記の場所から会場へのシャトルバスを運行いたします。
なお、ご搭乗の際、イベント運営協力金として、片道300円の御協力をお願いいたします。

◆シャトルバス運行スケジュール

5月23日(金)

[往路]
宮古島市役所平良庁舎前 14:00 → アトールエメラルド 14:10 → サザンコースト 14:15 → 川満漁港 14:30着

宮古島市役所平良庁舎前 17:00 → アトールエメラルド 17:10 → サザンコースト 17:15 → 川満漁港 17:30着
ブリーズベイマリーナ 14:00 → マリンロッジマレア 14:20 → 川満漁港 14:30着

[復路]
川満漁港 21:00発 → 各方面(バス3台ピストン運行)

5月24日(土)

[往路]
宮古島市役所平良庁舎前 13:30 → アトールエメラルド 13:40 → サザンコースト 13:45 → 川満漁港 14:00着

宮古島市役所平良庁舎前 17:00 → アトールエメラルド 17:10 → サザンコースト 17:15 → 川満漁港 17:30着

ブリーズベイマリーナ 14:00 → マリンロッジマレア 14:20 → 川満漁港 14:30着

[復路]
川満漁港 21:00発 → 各方面(バス3台ピストン運行) 

[参考] 宮古島のタクシー:宮古協栄タクシー TEL 0980-72-0799 他

あと3日!

ここまで来たら開き直りです。

寝て起きて、リハーサル二本立てをやって、寝たら宮古島入りです。

正直、かなり消耗していますが、皆さんのパワーと宮古島の秘めたるエネルギーで、いつも以上にノリノリで3日間のイベントを行う気合いです。

何しろ、宮古島を、ミュージックコンベンションを楽しみにしてくれている出演者やスタッフ、そして宮古島に集まる皆さんの期待していただいている声が嬉しい。

オイラの気まぐれから、これだけのイベントになるまで支え、協力してくれた全国の仲間、宮古島の仲間、宮古島の住民、出演者、各アーティスト事務所の方々に感謝します。

そしてミュージックコンベンションを宮古島を心待ちにしてくれていたアナタに、最大の感謝を送ります。

一足先に、宮古島でお待ちしております。

あと5日!

70年代に入るくらいに、アメリカの若者を中心に平和に向けて様々なムーヴメントが起きました。

それと共にロックが盛んになる時代だったんですね。

幸せ、をどのように位置させるか?を若者が自ら立ち上がって悩み築き上げようとした時代です。

当時のロッカーの標語的な言葉に
「セックス、ドラッグ&ロックンロール」
とゆう言葉があります。

これさえあれば幸せさ!と当時のロッカーは拳を突き上げたのですが、時代的に未熟とゆうか、やはりドラッグをやれば廃人になったり、実際に多くのロッカーが亡くなったわけです。

まぁ、内容はともかく、ミュージシャンはこの3つあれば他には何もいらないんだぜぇっ!と言い切っちゃった潔さにオイラも若き時代は憧れたものです。

かれこれ10年以上前になりますが、キューバに1ヶ月以上滞在した時に、「セックス、ドラッグ&ロックンロール」ないし、
「セックス、ラム酒&サルサミュージック」とゆう経験をしました。

当時のキューバは特にモノがなく、あるのはラム酒、葉巻、自由恋愛(もっと肉感的ですが)とサルサしかない生活です。

カッコつけて、ミュージシャンはこの4つさえあれば最高さ!と言えればよいのですが、キューバに着いて一週間は毎晩、コンビニのサンドイッチやおにぎりの置いてあるコーナーの前に立ってる夢を見る日々が続きました。

初めてモノがないってどうゆうことか?を人生初めて実感した旅となりました。

ない、ってことに慣れてからは楽しい旅になりましたが。(別にこの4つにどっぷりって意味ぢゃないっす←言い訳?))

この旅をきっかけに、「幸せ」の位置を自分でしっかり持つ大切さを知りまして、それからこのミュージックコンベンションに繋がっていっているのです。

「幸せ」は人それぞれの考え方があるでしょうが、それは「豊か」や「便利」とは違う。
単純に、「幸せ」をきちんとキャッチしなくては「幸せ」にはなることはないのかな?と。

大雑把に言えば
「生きてるだけで幸せ」
と感じたら、一番幸せなわけです。

そうなかなかいかないのが人間のサガ(性とゆう漢字で表現するのが恥ずかしい流れですな)でして。

でも本来、幸せとは出来るだけシンプルな所に位置させることが大切なように思います。

ミュージックコンベンションのライブは、各ミュージシャンがいつも行っているコンサートの様な大規模なシステムや機材はありません。

いたってシンプルなセットや機材でのライブです。

が、とても気持ち良い音がします。

それはきっと会場の全員の「幸せ」とゆうスパイスが効いているんでしょう。

あと、宮古島の自然も、ね。

ついに指折りでミュージックコンベンション開催となる日に迫りました。

「幸せ」は誰かにはもらえません。

自分の「幸せ」を知ることから始まります。

宮古島で「幸せ」な気分になっていただけたら、「幸せ」です。

宮古島とは関係ありませんが

子供の頃に通っていた小学校の校庭のすぐ上は、新幹線の線路でして、授業中よくボーっと過ぎ行く新幹線を眺めてたりしました。

何ヵ月に一回位の割合で、黄色い新幹線が通るんですね。

秒数で言ったら3秒位なので見逃しやすいんです。

この黄色い新幹線、友達同士では見ると縁起がいい!とされてました。

今、大阪からの帰りの新幹線の中から対向車線に黄色い新幹線が過ぎて行きました。

皆さんにも、良い縁起をお裾分けいたします。

あと6日!

第4回美ぎ島ミュージックコンベンションまで一週間を切りました。

主催者からの文章を宮古島サイドから依頼されたので、書いてみました。



今年で美ぎ島ミュージックコンベンションも4回目となります。
集まっていただいた皆さん、スタッフ、出演者、そして「宮古島」に“感謝”します。

宮古島の美しい自然を目の前にしますと、地球の偉大さに“感謝”したくなります。

現在、騒がれている環境破壊などの問題を世界中が政治的に解決しようと、いろんな検討がされているようですが、人々が全てのものに“感謝”する気持ちを深くもてば、より良い環境作りに一番有効なのでは?と思ってます。

地球の自然に感謝するだけではなく、隣人に感謝し、食事に感謝し、生きていることに感謝することが、全ての環境を美しくするベースになるはずです。

美ぎ島ミュージックコンベンションは単なるコンサートではなく、音楽の感動を通じて、これから我々が守っていかなくてはならないことを感じる3日間です。
難しいことを説法気取りで押し付ける気はありません。

自然の中で音楽を楽しんでいただき、地球に“感謝”する気持ちでいていただければ、何かが一歩進むはずです。

今回は、来島して頂いている方々に「来た時より綺麗な宮古島にして帰ろう」とゆうテーマを標語とさせていただいております。

皆さんと宮古島を“感謝”する3日間にしていきたいと思います。

存分、楽しんでください。

一週間後となりました

一番新しい地球上の便利なモノはインターネットとかメールとかになるのかな?

便利なモノが溢れてて分からなくなってません?

不便があるから、工夫して便利なモノを使用する、ってゆうのが正しい流れで、気が付けば企業の戦略に飲まれて、引っ掛かって、モノだらけ?なんてことになるのが現在です。

一番気になってるのが、地上デジタル化のテレビかなぁ?

別に、アナログ放送だって不便じゃなかったよ?

世代で言えば、白黒で見てた世代なんで。

音楽業界も最近じや、音楽の資料のやり取りをメールでやりたがる。
やってないのが珍しい?くらいに思われてます。

メールだと早い、送料が安い、なんだかんだ…言われてます。

25年間、ミュージシャンやってきて、そんなに慌てて資料を聞く必要を感じないんです。

じゃあ送る側の人達は便利にスピーディーなメールを使うことで仕事が倍こなせるのか?とゆうと、昔より仕事が出来ない方が増えてるんじゃ?と憎まれ口も出ます。

きっと、実務や気働きよりコンピューターを操作するほうに能力を注いでいるんでしょうかね?

ひとりの人間の出来る仕事の質は、道具が良くなったからってそうそう変わるものじゃないんじゃないかな、と?

便利なモノを使いこなすのも、心が必要なんでしょうね。

ネットやメールで、顔が見えない同士でやり取りをする、ってゆうのも心が必要です。

見えないところで悪いことをやっても、神様、仏様がちゃぁんと見ててバチ与えるよ…と教わった幼き日々じゃないですが、見えないところでやったことも、ちゃんと自分を傷付けていきますから。

このブログも、皆さんの顔はひとりひとり知りませんが、心が繋がっていると信じてます。

そして一週間後、顔を合わせるチームです。

楽しみですね。

宮古島は決して不便ではありません。

人が営むには充分、便利な場所です。

しかも大自然とゆう贅沢が付いてます。

何が便利で不便なのか?を計るのも心です。

経済成長の為に、いらないモノを作っては壊す、棄てる、じゃない在り方は、残念ながら我が国の方針としては打ち出されそうにありません。

言葉通りの「豊かな日本」になるには、人間にとっての「豊かさ」を見据えてないと単なる「お金」の話になってしまいますからね。

ミュージックコンベンションで豊かな3日間を過ごせた!と言っていただけるよう頑張ります。

全て、始まりは心から、ですね。

あと8日。

1日が24時間、だなんてよく考えたものだ、と感心してしまう。

1時間を60分にしたり、とか。

その単位の中で僕等は規律を守って生活している。

宮古島にいると、まったく別の時間の流れを感じる。

例えば、日が登り、日が沈み、潮が満ち、潮が引き、満月から欠けて、闇が出来、新月が現れる。

宮古島の人は、こうゆう時の流れを知っています。

なんだか、凄いことを知ってるように思えて、心底感心してしまうのですが、宮古島では、どんな建物より太陽や月が空を支配しているし、周りは海。

生活の一部なんですね。


去年の最終日の前浜ビーチ。

夜、月が来間島の向こうに沈んだ瞬間から、天の川が頭上に光輝きました。

正しくは川ではなく、星の集まりです。

その光は、何万光年もの彼方から今、僕等のところまで光って来たのです。

光の早さで何万年もかかる距離なんて、わからないですが、ドキドキします。

もしかすると、すでに何千年前か?になくなっている星の光かも知れませんし。

僕等が存在する前に物体としてなくなっていたとしても、光は届いて来ますから。

不思議ですよ、ね?

天の川は、太陽系より比べものにならないくらい大きな星の集まり。

地球のような、美しい風景や、その美しさを理解出来る「人間」のような生物や、愛し合うことの喜びを知っている「人間」のような生物や、たかが音を工夫を凝らし結び奏でる「音楽」とゆう形のない時間の芸術に心を打たれる「人間」のような生物が天の川の中にある星に存在するのか…。

なんて、想像してみると、宮古島に集まった自分も含むみんなと共有した時間が、たまらなく愛おしく感じるのです。

美しい地球を同じように感じた時間が。

地球で考えたら偶然な瞬間ですが、宇宙で考えたら必然かも?って。

風景を美しく思えること、音楽に心奪われること、月や星に想いを寄せること、が出来る人間の喜びって、感謝しなくてはいけないくらいありがたいモノです。

宇宙から見れば、地球なんてちっぽけで、人間の一生なんて宇宙時間の単位にならないくらい短い時間。

その中のたった3日間ですが、僕等は美しいモノに感動し、音楽に身をゆだねられる優れた生物なのです。

だから、地球を汚くしたり、憎しみ合ったり、汚い言葉を吐いてはいけないのです。

喜びでいっぱいの宮古島での3日間でいましょう。

誰かに嫌みを言われても、宇宙が味方してくれますから。

良くある質問

ゲンタ秘書でございます。

気が付いたらイベントまであと10日。
今まで頂いた数々の質問の中で代表的なものをまとめておくことにします。


・チケット
ミュージックコンベンションのチケットは会場での販売となります。
前売り価格の設定はありませんので、イベント当日に会場にてお求めください。
売切れの心配もありません。
昼の部のチケットは2日間共通です(2日目のみ一日券アリ)。
夜の部のチケットは夜の会場となる店舗の入り口でお求めください。
3店舗の往来は自由(徒歩移動できる距離)です。
一日分の料金なので、2日目はまたその時にお求めください。

・移動手段
レンタカーが一番便利です。
タクシーも初乗り料金が安いので気軽に乗れます。
イベント会場には駐車場のご用意はありませんので、レンタカーでのご来場はお控えください。
川満会場へは平良市街からシャトルバスを運行(片道300円)しますので、是非ご利用ください。
シャトルバスの運行詳細については近日中にイベントHPと当ブログにてご案内します。
前浜会場へはタクシー等をご利用ください。

・ライブ会場
夕方からの開始とはいえ、日差しが強いので水分補給と日焼け対策をお忘れなく。
川満会場の後方には日除けテントもありますのでご利用ください。
場所取り等の規制はありませんが、ステージ近くにレジャーシートを敷くとあとでグチャグチャになることが予想されます。
日傘についても規制はありませんが、周りの状況を良く見て判断してください。

川満会場では飲食物の販売ブースがあります。
飲食物の持ち込みも自由です。
川満会場の足場は土のグラウンドです。

前浜会場は砂浜がそのままライブ会場となります。
前浜会場には海の家があります。

お子様連れの方も遠慮なく。
会場では地元の子どもたちも大勢あそんでいます。

両会場ともゴミは所定の場所に捨てるか、お持ち帰りください。
両会場ともタバコを吸う方は必ず携帯灰皿をご用意ください。

*出演者の写真撮影は禁止ですのでご了承ください。

・タイムテーブル
主催者側からはタイムテーブルの発表をする予定はありません。
開演時間についてはイベントHPをご参照ください。
終演時間は三日間とも概ね20時~20時半になります。


・清掃ボランティア
詳細は近日中にイベントHPと当ブログにてお知らせします。
当日、会場でもご案内しますので、ご協力お願い致します。

・気候や服装
5月とはいえ、ひまわり満開です。「真夏」と思ってください。
日焼け対策は万全に。
日焼けしたい方も日焼け止めを塗って焼く位が良いです。
油断するとヤケドします。
屋外でのイベントですし、服装はラフな格好が良いと思います。

・その他
ホテルやレンタカー屋さんで貰える「宮古島タウンガイド」は情報の量・質ともに良いのでご利用ください。
ネットでも見れます。
http://www.m-daiko.co.jp/

以上、簡単にではありますが、まとめてみました。
分からないこと・不安なことがあれば遠慮なく質問してください。
しっかりと下調べ・準備をして、万全の態勢で宮古島に着陸し、旅を満喫してください!

あと9日!

昔、幼い頃の課外授業で
「あの雲は何に見えますか?」
なんて先生に言われて
「ゾウ!」
とか
「食パン!」
とか答えたのを覚えてます。

今なら、雲は雲ってことになってしまうのかなぁ?

オイラは、地元から公立中学には来ないで欲しいと言われたのもあり、私立の中学、エスカレートに高校と進学し、ミュージシャンになってしまったので、学校で勉強をした記憶は余りないのですが、やはり現代は暗記=勉強とみなしている世の中に感じてしまいます。

知識をつめてゆくのは、確かに勉強の一部だと思いますが、想像力をつけることが実は一番大切な勉強じゃないか?と大人になるにつれ、感じてます。

いくら難しい言葉や四文字熟語を暗記してても、大好きな人に自分の気持ちを伝えようとする言葉を選ぶ時は、相手が自分のこれから発する言葉をどう受け取ってくれるか?の想像力のほうが大切、な様に。

例えば、「優しさ」は想像力から生まれるものです。

想像力とは、未来を見据えること。

実績や、経験や、年齢や、過去で人を計るとそれぞれとは思いますが、未来は皆に平等です。

しかし、人は不器用で、過去には引き吊られます。

常に未来を想像できて、みんなで優しく暮らせれば、理想なんですが。

宮古島の雲は、何に見えるのでしょうか?

あと10日!

太陽の反射に目をこらしながら、透き通る穏やかな海に身を沈め、身をゆだね、流れる雲を見つめながら、自分と地球、自分と宇宙との関係を感じて欲しいな。

1日が24時間だってこと、毎日は繰り返しだか常に新しいってこと、意味が有りそうなものに対した意味は無く、意味を持ちそうにない見落としがちなことに意味を感じるってこと、自分を許すこと、周りを許すこと、自分の優しさを知ること、損得勘定ではなく正しい自分でいること。

自分が「自然」から造られた、地球の自然物だと知ること。

地球の平和を祈ること。

奪い合う歯車より、与え合う歯車のほうを目指すことが、すなわち「愛」であり平和への糸口となり、平和は自分から踏み出してゆくことだと誓うこと。

皆さん、皆さんのひとりひとりの想いを掻き集めて、素敵な3日間にしたいですね。

周りの人達の流れなんて無視しちゃっていいです。

周りに合わせ出来た力より、ひとりひとりが意志を持って創る力のほうが断然でっかいでしょうし。

皆さん想い想いに、自分に自分を問いながら過ごしてください。

宮古島には愛があります。

地球の愛に抱かれてください。

あ、2週間切った!

名古屋に来ています。

昨日の博多もそうだったけど、肌寒い。

半袖、短パンの夏仕様で行ったから、寒いわ。

宮古島はそろそろ、梅雨入りかな?

梅雨入りの一週間は降るから、早く梅雨入りしてミュージックコンベンションにはカラ梅雨になって欲しいっす。

いろいろと詰めの佳境な時期でして、寝ても覚めてもミュージックコンベンションのことばかり。

あっとゆう間にミュージックコンベンションです。

晴れた!

もう、オイラも準備で忙しいっす。

皆さんは準備してますか?

毎年、嫌ってゆうほど日焼け対策と水分補給を説明してますが、甘く受け止めて散々な旅行になってしまう人が多いんですよ。

ケアしてくださいね。

あと、自然は美しいですが、危険も伴います。

地球上の3分の2を占める海の世界は、我々の想像以上に危険な顔もあるのです。

砂浜で海に浸かる程度なら、まず問題はないですが、海の生物の暮らす場所では陸上に暮らす人間にはとても危険な場所です。

気を付けてくださいね。

見て廻る場所、食べたい食事、やってみたいこと、はまとまりましたか?

何しろ僕らは、宮古島とゆう島で数日間、一緒にいるのですから、ケガなどなく皆さん楽しく過ごされることを一番、願っているわけです。

営利目的のイベントじゃありませんから。

我々出演者やスタッフも楽しみ、遠路はるばる旅費と休日を使って訪れる皆さんが楽しむ、以外な~んにもありませんから。

質問はまだ、受け入れまっせ。

楽しむぞ!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。